彼の「笑う男」はバットマンシリーズの悪役ジョーカーのモデルとしても知られている。, 銀河英雄伝説 自由惑星同盟 1: 風吹けば名無し 2020/10/11(日) 12:58:16.30 ID:Byhzq2W4d 原作読み直したんで発表するで 2: 風吹けば名無し 2020/10/11(日) 12:58:40.70 ID:Byhzq2W4d 10位 ナイトハルト・ミュラー上級大将 帝国軍の提督で「鉄壁」の異名を持つ 3: 風吹けば名無し 2020/10/11(日) 12:59:13.34 ID:Byhzq2W Die Neue Theseではヤンが内心で「それこそ予測ですら無い、一方的な期待にすぎない。帝国人民が現実の平和より空想上の自由と平等を求めているとどうして言える?遠征計画そのものも無責任なら運用も無責任極まりない」と今回の決定を侮蔑し、まだ軍属で無かったユリアンも一部始終をヤンから聞いて「やめちゃえば良いのに」と言ってのけた。しかし、やめたくてもこの無謀で無責任で杜撰な作戦を決定した政治家達を選んだのは他ならぬ同盟市民であり、民主主義の末期症状は既に回復不能の状態に達していたのである。 「同盟単独の勢力を一〇〇の中の四〇から五五まで持っていく。そうなったら、もはやフェザーンは手も足も出ない。銀河に『同盟の平和』が訪れる。ロボス元帥と俺たちの手でな」 アンドリューは「ロボス元帥」に力を込めた。 「君自身はどうなんだ? 2018/06/14 (木) 『銀河英雄伝説 Die Neue These』第10話・幕間狂言 今日の主役は君だ!アンドリュー・フォーク! イゼルローンの無血開城によって同盟側に傾いた天秤を、帝国側に修正するために同盟軍の出兵計画を帝国側にリークするルビンスキー。 些細な出来事として片づけられたが、これは地球教による陰謀の一端であった。地球教大主教であるド・ヴィリエから「民主共和制の英雄」、「ヤンを殺して地位を回復しろ」と唆されてしまい、精神も真面ではなかったフォークは既に同盟が滅亡していたことも理解できずにそれに乗ってしまう。彼には武装商船を与えられ、帝国との和平交渉の会談に赴くヤンを襲撃するよう仕向けられたが、実はそれさえも地球教の計画の一端であり、帝国軍に偽装した地球教の駆逐艦によって背後から攻撃を受け、フォークは武装商船もろとも爆散し死亡することとなった。 ロボスにアンドリュー・フォークと言う若い少尉が制圧射撃を提案してきた。 (若いのに痩せすぎだな。ちゃんと食ってるのか) フォークの容姿と顔色の悪さにロボスは他人事ながら心配をしてしまう。 後々まで自由惑星同盟に禍根を残したのが帝国領侵攻作戦である。 階級は准将で、自由惑星同盟の軍司令部において作戦参謀を務める。士官学校を首席で卒業したエリートだが、プライドが高く尊大で陰湿な人物であった。 ヤンをライバル視していたとはいえ、本来フォークは一介の作戦参謀に過ぎず自分には権限が無いにもかかわらず勝手に規則を作って前線で働く将軍達の邪魔をして、ロボスの後ろ盾もあってか将官級の中で一番下の准将であるにもかかわらず階級が上のヤンや他の将軍達に対しても遠慮せず無礼な態度をとったり、作戦会議の最高責任者であるシトレ元帥から発言の許可が出ていないのに勝手に喋りだす上、求められていない自己PRで目立とうとしたりと、組織内の上下関係すら理解していない。 2020/11/16 17:10:17 「ハーメルン」のお気に入り小説一覧 Web小説投稿サイト「ハーメルン」における管理人の閲覧小説一覧. 略歴. 銀河英雄伝説は以下の動画配信サービスで視聴出来ます。見逃してしまった方も配信開始日から1週間以内なら以下のサイトから無料で視聴する事が出来ます。↓今すぐ銀河英雄伝説の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓こちらの記事でご紹介している銀河英 ID: fmnH2o9Ced, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 新海誠「『ハンチョウ』大好きなんです」→『君の名は。』パロディ回が圧倒的感謝の無料公開, 「SLAM DUNK」がアニメ映画化 井上雄彦「【スラムダンク】映画になります!」と3回報告, 【ミス1度で即日解雇!】コロナで1都3県に緊急事態宣言が発令される中、不当解雇の緊急事態を解決しました!. 更に人間性については上記のとおりでシトレからは「他者を貶めて自分を偉く見せようとする」、ビュコックから「幼児と同程度のメンタリティしか持たない」、クブルスリーから「自分を特別扱いする」、更には捨て駒にした地球教のド・ヴィリエ大司教からも「実力もなく栄光を求めた愚者」、「士官学校を卒業したときに死んでいれば、恥多い生涯を送ることもなかった」と実力、人格共に酷評されている。極めつけはアッテンボローから「フォーク自身が死ぬのが文明と環境のため」と吐き棄てられ、存在そのものを否定されている。 至極もっともな正論で叱責されたフォークはヒステリーを起こし、それによる盲目で倒れてしまう。挫折感が異常な興奮状態を引き起こす事が原因で、治療方法は「逆らわず、挫折感を与えず、全てがフォークの望むように運ぶ」という戦争でなくとも無理としかいいようのないもの。この幼児のワガママを聞いたビュコックはフォークの末路を察して清々し、改めて総参謀長のグリーンヒルにロボスの所在を問うが、何とロボスは作戦行動中に昼寝をしており、しかも「敵襲以外で起こすな」などと不適切の域を超えて任務放棄としか言いようのない愚行に及び、グリーンヒルもその命令を守るという形で愚行に協力していた。ロボスとフォークだけで無く、グリーンヒルにも愛想を尽かしたビュコックは通信を切り、ヤンの提案は文字通り時間の無駄に終わった。, 当然ながら干上がった同盟軍はラインハルトが率いる名将達に蹂躙され、ロボスはただの負けにしないというもはや無意味な見栄のために撤退では無く全軍をアムリッツァ星域に集結させた。この時点での同盟軍はヤンの第13艦隊とビュコックの第5艦隊以外は殆どが全滅か降伏しており、もはや敗北は決定したようなものであった。しかも、この無意味な決定でただでさえ甚大な被害を受けた同盟艦隊は更に犠牲を出す結果になってしまう。 ヤンの奇策もあって辛うじて同盟軍艦隊は撤退に成功はするが、同盟軍は作戦に投入した20万隻の内、全艦艇の八割を失って参加した3000万将兵の内2000万つまり3分の2が戦死または行方不明になった。各艦隊も第13艦隊以外は壊滅状態に陥り、もはや艦隊の再建は不可能となって辺境星域のパトロール艦隊に回されるなどの形で解体された上に第13艦隊自体も全体の3割を失い、イゼルローン駐留艦隊への再編に伴って、人員の入れ替わりが起きて実質的な戦力が低下した。これにより、首都直営の第1艦隊と作戦不参加の第11艦隊そしてヤンの第13艦隊以外の艦隊戦力を同盟は失ってしまった。 ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です! ・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です ・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。 このことから、ダスティ・アッテンボローには「作戦の内容じゃなくて、作戦案を作った人で決まるんですか!?」と嘆かれていた。 「銀河帝国いやゴールデンバウム王朝は滅びるべきです。可能であれば私自身の手で滅ぼしてやりたい」 「ですが私にはその力量がありません」 「私にできることは新たな覇者の登場に協力することただそ … 以上の出来事が重なり、帝国と同盟の大規模な戦闘が起こらなかった為、長年戦闘に晒され続けてきた国境と呼ばれる両国家の最前線では、一時的な平和が訪れていた。 だがそれは、銀河全土を巻き込む大混乱の予兆に過ぎなかったのである。 ・ ・ ・ 銀河英雄伝説で例のアレ、まさかの新ネタ。銀英伝を読んだ(観た)人なら誰もが抱く「うわコイツぶん殴りてえ!」という願望を、ここではシェーンコップさんにやっていただきました。さすがシェーンコップ! 俺たちにできないことを平然と以下略。 ②フォークはただの士官学校主席卒業ではなかった 同盟は多数の惑星国家? を擁する連邦で、その軍は統一されてはいるものの士官学校は色々な惑星にあったと思われます。 その中でも首都惑星の士官学校と言えば「軍大学」みたいなものなのでは。 ID: U4iTdb16D1, 2020/09/22(火) 23:45:09 銀河英雄伝説で例のアレ、まさかの新ネタ。銀英伝を読んだ(観た)人なら誰もが抱く「うわコイツぶん殴りてえ!」という願望を、ここではシェーンコップさんにやっていただきました。さすがシェーンコップ! 俺たちにできないことを平然と以下略。 この一連の人事でシトレとキャゼルヌはロボス、フォーク、グリーンヒルの愚行による完全なとばっちりであり、石黒版でアッテンボローはキャゼルヌの左遷に不服で「あの作戦自体が狂っていた」と作戦そのものを非難した。その狂った作戦で同盟政府も作戦そのものへの反対及び撤兵を主張したトリューニヒト、レベロ、ルイ以外はこの歴史的大敗の責任を取って辞任したが、トリューニヒトが議長になったことで同盟は更に深刻な事態へと追いやられる。幸いだったのはキャゼルヌがすぐにヤンの要請によりヤン艦隊の一員に加わり、イゼルローン要塞運営の総責任者となってくれたことである。また、壊滅した第10艦隊の分艦隊指揮官であったアッテンボローも同様にイゼルローンへ着任する。 1: 名無しの暇人さん 2020/02/21(金) 15:26:38.46 ID:3oSoMqdkd 引用元: ・ワイ「『三國志14』で『銀河英雄伝説』コラボか…キャラの能力はどうなってるんやろ? ID: BZNJQYI6xT, 2021/01/05(火) 18:15:39 実質、フォークは能力以上にコネと派閥で出世していると言う所が見受けられる。, 上記通り士官学校を首席で卒業し、いずれ軍で最高の地位つまりは元帥の地位を得ようとしているが、強力すぎるライバルとしてエル・ファシルの英雄つまりはヤン・ウェンリーがいるために彼を目の敵にしている。ヤン自身がフォークに何かしたわけでも無く、フォークの場合は自分こそが同盟の英雄という誇大妄想に浸り、ただ自分の出世の邪魔をしている程度の認識しか出来ておらず、潜在的な脅威への警戒心ですらない。 声優:古谷徹(石黒版)、神谷浩史(Die Neue These) 階級は准将で、自由惑星同盟の軍司令部において作戦参謀を務める。士官学校を首席で卒業したエリートだが、プライドが高く尊大で陰湿な人物であった。 第13艦隊司令官・ヤン・ウェンリー少将によってなされたイゼルローン要塞陥落を契機に、帝国領侵攻作戦を立案する。しかし、この作戦は第10艦隊司令官・ウランフ中将から指摘されたように作戦目的が曖昧で、作戦遂行も「高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対処する」の一点張りで、中 … 概要だけでは収まりきらないので、次項で彼の「罪」について記す。 フォークの罪. そもそも帝国領侵攻の作戦案は本部長のシトレからの決裁も得ず、無断で私的ルートで評議会に持ち込むという不正を行っている。クブルスリー本部長暗殺未遂の際も予備役から現役に即座に復帰しようと人事部で正式な手続きもせずロボスのように本部長権限を頼りにして、アポ無しでしかも本部内で移動中に呼び止め直談判するという組織内の基本的な規則すら守れておらず、それを正論で咎められればたちまちに逆上してクブルスリーを射殺しようという暴挙に出ており、協調性すら皆無である。万が一にもクブルスリーが復帰を承認していたら、救国軍事会議の情報を売り渡していた可能性も皆無ではなく、そうなればおそらくトリューニヒト派に迎え入れられて本当に英雄と祭り上げられて増長が止まらない最悪の事態に発展し、軍を私物化して同盟は二度のラグナロック作戦を待たずに自滅していただろう。 ID: G42rElfSpM, 2020/12/07(月) 07:15:35 ナチスに抵抗しつつ生涯で100本以上の映画に出演した名優である。 士官学校を首席で卒業。同期にはアレクサンドル・ビュコック元帥の副官を勤めたスーン・スールズカリッターがいる。卒業後、作戦参謀として宇宙艦隊総司令部勤務となる。, 時系列上で初めて名前が出るのは外伝「千億の星、千億の光」内、第六次イゼルローン要塞攻防戦(直接の登場はない)。宇宙艦隊司令長官ラザール・ロボス元帥のお気に入りの部下であり、ウィレム・ホーランド少将の提案と並行して同様のミサイル艦による要塞攻撃作戦を立案・提出したことで、同作戦の採用に大きく寄与した。, 作中の初登場は1巻黎明篇第七章「幕間狂言」(石黒監督版アニメでは第12話「帝国領侵攻」、Die Neue Theseでは第10話「幕間狂言」)。自由惑星同盟軍准将として、帝国領侵攻作戦において作戦参謀を務める。, 初登場時26歳という年齢よりやや老けて見え、血色が悪く肉付きの薄い顔とされる。といっても容貌そのものは悪くないレベルだが、(ヤンの偏見が混じっている可能性はあるものの)目つきと口もとがなんかイラッとくる感じ(超意訳)の模様。前述のように士官学校を首席で卒業した点では秀才であるが、後述する事柄により戦略面においてはほぼ無能であった(ただし、上記のミサイル艦作戦は迎え撃って頓挫させたラインハルト・フォン・ミューゼルにも評価されており、まったく戦術眼がないわけではない)。, キャラクターとしては純然たる嫌われ者・やっかい者である。銀英伝の嫌われ者としては帝国のオーベルシュタイン軍務尚書やラング内務次官、同盟のトリューニヒト議長などがいる。だが、彼らが人々からは嫌われながらも優れた策略を行ったり、私人としては善良な人間であったり、強い政治生命力や洞察力を有しているのに対し、フォークにはそのような優れたものは一切存在しない。肥大したプライドと口先だけの男で、見るべき点は何もなく、声を当てた古谷徹からも「自分が今まで演じて来た役の中でも特にイヤな奴で嫌い」とまで言われる始末である。, 故に銀英伝ファンで「私はフォークのファンです」などという人は、殆どいないと思われる。, 彼の最大の罪は生まれてきたことであるが、ここでは本編で描かれた彼の軍人としての罪を記述する。, これらから政治家とフォークは利害が一致し、それを受け入れる世論の土壌があったことがわかる。フォークは個人的なコネで作戦案を最高評議会に持ち込み、これを最高評議会は「軍部からの作戦案」として承認した。話の流れからこの作戦案が、当時のシトレ統合作戦本部長の決裁を受けていないことは明白であるが、そのようなものが何ゆえに軍部からの作戦案として公式に承認されたかは不明である。, 肝心の作戦案は「多数の同盟艦隊で侵攻し」「臨機応変に対応する」という、作戦の目的が全くないものであった。会議に同席していたアレクサンドル・ビュコックは「要するに、行き当たりばったり」と酷評し、同じく同席していたウランフらも呆れていた。フォークには「軍事行動はそれを実施・成功することにより、政治及び社会目的を達成する助けとなる」という、軍事の常識が全く欠如していたことは明白である。また彼の作戦案を承認した政治家も、その軍事常識を欠いていたと言わざるを得ない。, 戦果とは政治目的や戦略を満たす為の道具に過ぎず、戦果それ自体はなんらの目的性を持つものではない。具体的に作戦のなにをもって「成功」あるいは「政治目標の達成」とするものがなく、目標・目的の不明確さにより実施に伴う兵力や財政、物資負担がどの程度になるかの算定も困難で、さらにはフォークに補給を重視する概念が欠けていたことから、作戦の失敗は必然であった。侵攻軍司令官であるロボス元帥に精細さが欠けていたのも、大きな影響があったと言えるだろう。, 同盟軍を迎え撃つラインハルト・フォン・ローエングラムは周到な焦土戦術を取っていた。この為、同盟軍は解放の大義を満たすために大量の物資を占領した諸惑星に投じざるを得ず、物資の消費量が著しく増大。後方主任参謀のアレックス・キャゼルヌは補給計画を修正して要求に応えようとするも、イゼルローンの貯蔵・生産能力は限界に達し、各艦隊は深刻な物資不足に陥る。各艦隊は補給を急ぐよう司令部に求めるが、これに対する総司令部の答えは「各艦隊が現地調達すること」であった。元々焦土戦術で現地に物資が無いにも関わらず、同盟軍にそれを取られてしまえば、諸惑星の住民は飢えて死ぬしかなくなる。同盟軍の略奪に反抗した住民らは暴動を起こす。侵攻部隊は行動の限界に達していた。, ビュコックは撤退を司令部に進言するも、対応したフォークはまともに取り合わなかった。これに対し、ビュコックは次のようにフォークを強く叱責している。, 「貴官は自己の才能をしめすのに、弁舌ではなく実績をもってすべきだろう。他人に命令するようなことが自分にはできるかどうか、やってみたらどうだ」, これでフォークは転換性ヒステリー症を起こして卒倒してしまう。代わりに対応したグリーンヒル大将に、ビュコックはロボス元帥への直接進言を依頼するも、ロボスが昼寝をしていたために適わなかった。, 同盟軍の限界を見計らい、ローエングラム艦隊は同盟軍の輸送船団を撃破。つづいて全面的な攻勢に出る。物資不足で士気が下がり、また分担ごとに諸惑星を占領したために戦力分散していた同盟軍は、ローエングラム艦隊の攻勢に対し圧倒的に不利になる。次々と艦隊が撃破されていくなか、ロボスは残存艦隊をアムリッツァ恒星系に集めて反撃に出る。しかし時既に遅く、勢力を大幅に殺がれていた同盟軍は敗北してしまう。ヤン・ウェンリー指揮の第13艦隊の活躍により、ビッテンフェルト艦隊に大打撃を与えることと、敗北した艦隊をイゼルローン方面に撤退させることには成功したものの、被った被害は尋常なものではなかった。, これらの要素が同盟の帝国に対する戦略的不利につながり、後の同盟滅亡へと繋がっていく。, 作戦失敗における決定的な原因を作ったフォークだったが、ビュコックに叱責されて卒倒した後に病院に後送され療養に入ったため、それ以上の追及はされず、責を負うこともなかった。ありえん。, ラインハルトの陰謀とも知らず、一部憂国軍人らが救国軍事会議を結成してクーデターを起こした。これに煽動されたフォークは、決起に先立ちクブルスリー統作本部長の暗殺を試みた。彼は幸いに一命を取り留めたものの、この負傷が辞任の一因となる。クブルスリーは良識派の軍人で、ヤンのことも高く評価している人物であった。, 救国軍事会議はヤンが制圧したことで失敗に終わったが、軍人への不審を利用したトリューニヒト閥による干渉は酷くなる。この軍内部の腐敗進行と負傷による体調悪化が、クブルスリー勇退の要因となった。さらに後任が、トリューニヒト閥で平時の管理に特化した才能の(このような非常事態の人事としては最悪の)「ジャガイモ野郎」ドーソン大将であったことから、同盟軍は完全な機能不全に陥った。, 救国軍事会議の罪は当然ながら、これに参加しクブルスリーに危害を加えたフォークの罪は重い。, 以上だけでも相当な罪だが、これ以上に後世の人々の怒りを買ったのがヤン暗殺への加担である。, ヤンがイレギュラーズを率いてイゼルローン要塞に立て篭もり、帝国軍と回廊の戦いを行っていた頃、フォークは精神病院に収容されていた。この精神病院が何者かに放火され全焼するが、この事件の死亡者名簿の中に入っていたフォークは、実際には地球教徒によって身柄を確保されていた。地球教はヤン暗殺を確かなものとする為の撒き餌として、フォークを使った。ド・ヴィリエ大主教はフォークをそそのかし、ヤンを暗殺するようにけしかける。ヤンに対する嫉妬からくる敵意を救国的と思い込んだフォークは、彼らの意図したように行動する。, 回廊の戦いの後、ヤンとラインハルトの会談が行われる事になった。ヤンは巡航艦「レダⅡ」に乗り会談場所へと向かうが、これをフォーク指揮の武装商船が襲う。しかし、実際の暗殺部隊は帝国軍の駆逐艦に乗る地球教徒の帝国兵であり、彼らはフォークの武装商船を撃破して助けたフリをしてレダⅡに接舷、移乗。ヤンを始め、パトリチェフやブルームハルト、ロムスキーなど軍・官の要人多数を暗殺。エル・ファシル革命政府を崩壊させて和平会談を阻止した。, フォーク自身すでに精神の正常を欠いていたうえ、地球教徒に騙されたのも間違いないが、しかし彼は自分の矮小なプライドから、最期までヤンの足を引っ張る選択をし続けたのだ。, 2020/09/22(火) 23:42:26 (´・ω・`)アンドリュー・フォークが銀河統一に貢献したことは間違いない。
もう、同盟軍を大遠征で壊滅させるわ、ヤンを暗殺するわと、同盟軍を壊滅状態に単独でおいやった時点で凄いお … 略歴. 尚、この愚行の元凶であるフォークは治療のために入院及び予備役准将となると共に『アムリッツァで2000万の将兵を殺した低能』と同盟軍内で信用を失い、その悪名を広めた。そして、愚行の片棒を担いだ挙げ句にただの負けを歴史的大敗に悪化させたロボスも当然のことながら軍内部の信用を完全に失って辞任し、同じく片棒を担いだグリーンヒルは査閲部に左遷となった。また、作戦失敗の責任を取ったシトレも辞任を余儀なくされ、補給計画失敗の責任を負ったキャゼルヌも僻地の補給基地へ左遷された。 ユリアン・ミンツ(Julian Mintz)とは、『銀河英雄伝説』の登場人物で、ヤン・ウェンリーの養子にして、彼の後継者。 CVは佐々木望(石黒 監督版)、梶裕貴(Die Neue These)。. ID: 0zmOGetMKs, 2020/12/14(月) 05:24:08 日頃から同世代でありながら自分よりも出世が早いヤンに対して少なからぬ不満を持っていた。そのためヤンに自らの作戦案に疑問を持たれた際は上官であるにも関わらず、強い口調でこれに反論していた。その態度は他人から見ても礼節を欠くものだったが、自尊心だけは人一倍強いフォークは改めようとはしなかった。 帝国の侵攻作戦が失敗に終わり自らの軍人としての栄達の道がふさがれた後はヤンを恨むようになり、同盟滅亡後は地球教に踊らされてヤンの暗殺を企図した。 銀河英雄伝説 Die Neue These第10話「幕間狂言」 イゼルローン攻略前は同盟軍の侵攻を黙って見過ごしたのに、今回の帝国領への出兵話は帝国側に情報を… 1: 名無しの暇人さん 2020/02/21(金) 15:26:38.46 ID:3oSoMqdkd 引用元: ・ワイ「『三國志14』で『銀河英雄伝説』コラボか…キャラの能力はどうなってるんやろ? 無謀ともいえる出兵計画が通ったときの. 声優:古谷徹(石黒版)、神谷浩史(Die Neue These) 銀河英雄伝説で例のアレ再投稿+α。前に投稿した際は「ろくすっぽ線も整えてないからそのうち消そう」→「あれ? お気に入り数がえらいコトに」→「しかしワタシは消す消す詐欺はしないの … アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie [ˈændruː kɑːrˈneɪɡi] 、俗に [ˈkɑːrnᵻɡi, kɑːrˈnɛɡi] とも, 1835年 11月25日 - 1919年 8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。 崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。 2018/06/14 (木) 『銀河英雄伝説 Die Neue These』第10話・幕間狂言 今日の主役は君だ!アンドリュー・フォーク! イゼルローンの無血開城によって同盟側に傾いた天秤を、帝国側に修正するために同盟軍の出兵計画を帝国側にリークするルビンスキー。 要するにフォークは徹底的に甘やかされ、物事の一から百の全てが自分の思い通りに行かなければだだをこね、自分が悪いことを理解できない幼児もしくは幼児未満の精神年齢なのである。, 彼の悪行はいずれも同盟に致命的な打撃を与え続けてきたが、最も代表されるのがこの帝国領侵攻作戦、別名アムリッツァの愚行。, イゼルローン要塞をヤンが無血攻略したのが原因で政府や市民は帝国への勝利が容易と錯覚してしまい、和平を望むヤンとシトレの思惑とは裏腹に更なる攻勢に出ることになってしまう。しかも、最悪なことにこの当時の政権は支持率が大幅に低下しており、アスターテの戦死者の遺族補償やイゼルローンの捕虜達の食事の費用によって経済が圧迫され、社会面でも軍備維持のための民間からの人材移動による社会システムの悪化が市民の生活に打撃を与え、これらの不祥事で政権の支持率はイゼルローン攻略で回復しきれるものではなかった。ジョアン・レベロとホワン・ルイがイゼルローン攻略という絶好の交渉材料を得たためにそれによる停戦条約の締結を主張していたのだが、帝国打倒という安っぽいヒロイズムに傾倒した上に本気でそれを考えてもいないコーネリア・ウィンザーらは社会の窮状を理解せずに次の選挙で確実に勝つために今回の作戦を軍部に命じた。それこそ、ヤンを超える戦果を望むフォークが私的ルートで政府に持ち込んだこの作戦なのである。最悪のタイミングで最悪の存在同士の利害が一致してしまい、反対したのは社会や財政という観点及び政府の度の過ぎた権限濫用から反対したレベロとルイ、そして国防委員長だったヨブ・トリューニヒトの三人であった。 間桐慎二:新しいアニメでの中の人繋がりでこのキャラを連想した人も多いはず。 (画像は全て藤崎竜の「銀河英雄伝説より」) 「銀河英雄伝説」でアンドリュー・フォークの. ID: U4iTdb16D1, 2020/11/09(月) 04:02:16 ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です! ・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です ・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。