ミュラーが反逆したロイエンタールの助命を乞うて、ラインハルトから強く拒絶された時も、ヒルダが居合わせていれば説得できたのでは、と残念がっている事や、ミッターマイヤーがロイエンタールの息子のフェリックスへの処遇について、ヒルダにラインハルトへの口添えを依頼している事から、諸将たちからラインハルトへの緩衝役として認識されていたようである。, オーベルシュタインとは、ラインハルトと組織的に影響を与えかねない人物として、互いに牽制していたが、結局のところ対立が顕在化する事はなかった。原作小説ではそもそも会話をする場面が無く、石黒監督版アニメでは、ミュラーの処罰について対峙する場面が追加されている。, ヒルダはヤンとも面識を得る機会はなかったが、情報によってその特異なキャラクターをほぼ完全に分析しており、ヤンの限界を的確に見抜いていた。また、その限界を称賛すべき気質とも評価して好意的であり、帝国軍での異色の役割はオーベルシュタインではなく、ヤンのような人物と考えていた。戦術家としてのヤンには「無限とすら思われる智略」と把握を不可能として、尊敬と恐怖の念を抱いている。ちなみに原作小説ではラインハルトに、ヤンと戦うべきではない、もしくは無視するべきと、いさめる事が8回にもおよんでいる。, 2020/10/12(月) 21:44:26 ヒルダとラインハルトとの縁談があがった時には、地位から身を引く決心を行い、ヒルダが皇妃となる前には辞意を表明して、後任の国務尚書にミッターマイヤー元帥を推薦する。しかしラインハルトが保留したため、しばらくは職務を継続する事となった。, 五十台半ばの老紳士。ゴールデンバウム朝の貴族にあっては稀有な善良、温和、良識、誠実といった美徳に恵まれた人物であり、貴族間のみならず領民からの信望もあった。地位と権力に興味を示さず、マリーンドルフ家と先代から託されたキュンメル家の資産を堅実に管理して、衣食住に不自由しない生活を送れれば十分と考えていた。リップシュタット戦役以降には没落した貴族達に対しても一定の配慮を行い、僅かながら資産の保障を行っている。 ワルター・フォン・シェーンコップ: 三木眞一郎; オリビエ・ポプラン: 鈴木達央; ダスティ・アッテンボロー: 石川界人; ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ: 花澤香菜; フレーゲル: 古谷徹; アーサー・リンチ: 二又一成; ナレーション: 下山吉光 フランツ・フォン・マリーンドルフ(Franz von Mariendorf)は銀河英雄伝説の登場人物。 蒙昧な人々からは、誠実以外に取柄が無く令嬢の七光りで要職に就いた人物と冷笑される事もあった。家令であるハンスやラインハルトの提督達からも見てもヒルダの印象の方が強く「ついでのように伯爵様も国務尚書になってしまった」「マリーンドルフ嬢とその父君」と思われていたらしい。人柄の良さから真価は分かりづらいが、人間としては作中でも指折りなほどに「できた」人物であり、ラインハルトやヒルダからの評価は高い。 ID: +ma6ofZsdp, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 発売24年目の衝撃 SFC版「ストリートファイターZERO2」“真豪鬼”を使える隠しコマンドが掘り起こされ話題に, 4か月女児が飼い犬の下敷きになり死亡か 米小児科学会「小さな子供と犬や猫を決して一緒に放置しないで!」, もう車輪降ろすの!? マリーンドルフ伯フランツの長女。ラインハルトの首席秘書官。後に幕僚総監に転身するが、ほどなくラインハルトと結婚、アレク大公を出産して国母となる。ラインハルトの死後は息子の摂政となり「ローエングラム朝の育ての親」と評された(産みの親はラインハルト)。 ID: Rii8WWvoUu, 2020/06/05(金) 08:42:33 リップシュタット戦役では中立を望み、叶わないようであれば門閥貴族連合に属する考えだったが、娘のヒルダに説得されて翻意、リヒテンラーデ=ローエングラム枢軸(正確にはラインハルト個人)に与する事を決断。ラインハルトは伯爵家の帰属を良しとし、伯爵家は新体制下でも数少ない門地を安堵された貴族となる。また、ラインハルトはヒルダの才幹を評価して秘書官として登用した。, ローエングラム王朝の樹立に伴い、初代の国務尚書に任ぜられる。ラインハルト時代の国務尚書は首席閣僚として皇帝の補佐役を担い、宰相ほどの権限はないものの大臣としての序列は第一位。軍務尚書であるオーベルシュタインよりも上席にあった。甥ハインリッヒが起こした「キュンメル事件」では娘と共に係累者として自主的に謹慎するが、連座は不要としてラインハルトにより解除される。, フェザーンに大本営が移されると、帝都オーディンに残り国事を担当。 ID: faYSewcFzX, 2020/11/15(日) 22:26:25 ID: 1+zBCNHbgz, 2020/11/26(木) 16:53:42 ID: +ma6ofZsdp, 2020/11/13(金) 12:52:51 ID: 1+zBCNHbgz, 2019/11/27(水) 04:27:18 2020/12/11 - 「ノイエ銀英伝」×三越のイベント、チェス・ティーセットなどグッズ販売や資料展開催 ニコニコニュース - news.nicovideo.jp「ノイエ銀英伝」×三越のイベント、チェス・ティーセットなどグッズ販売や資料展開 … 成田空港特有すぎる着陸法…なぜ発生? パイロットが語る理由とは. 次なる波乱がこの首都星オーディンより始まるとは誰もが予想し得ない中、ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ伯爵令嬢はオーディンのマーケットに立ち寄っていた。 そこで1人の麗人と出会うことから波乱の幕開けが開始されていいきます。 回廊の戦いの前には、ラインハルトの無用ともいえる軍事行動に対する帝国本土での批判の声を考慮し、控えめに諫言を送るも聞き入られなかった。当時は中枢が三分(オーディン、フェザーン、大本営)にされており、国政を一時預かる者として気苦労が絶えなかったという。帝都がフェザーンに遷されると同地に移り、娘と共に前フェザーン代理総督ニコラス・ボルテックの旧宅に入居する。 ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフは「銀河英雄伝説」の登場人物。CVは勝生真沙子(石黒監督版アニメ)、花澤香菜(Die Neue These)。, ラインハルト・フォン・ローエングラムの首席秘書官。公的にはフロイライン(未婚の女性の敬称。お嬢さん)、またはフロイライン・マリーンドルフと呼ばれ、私的には通称のヒルダと呼ばれる事が多い。作中の第三人称の語り手はヒルダの方を多用している。, 帝国暦468年生まれ。銀河帝国ゴールデンバウム王朝のフランツ・フォン・マリーンドルフ伯爵の長女。母親を亡くしている。読書と野歩きを趣味とする、しっかり者のかしこい女の子であった事から、親しい者からは「男に生まれていれば尚書や元帥にもなれる」と評価されていた。しかし、10歳にもならぬ頃から散文的な見識を持つヒルダは、同じ貴族の姫君たちからは「かわいくない」と決めつけられて距離を置かれ、本人はあきらかに無理した風情で「かわいくなくてもいいもん」と断言していた(かわいい)。, マリーンドルフ伯は理解のある人物であり、娘の心配はしても、貴族社会の桎梏に収めさせる事はせず、その個性を尊重させている。そういった環境からか、体制側の人間でありながら、共和主義的な価値観を持つという、本人もいささか不思議がる人物像が形成され、英雄ラインハルトによってゴールデンバウム王朝が滅亡し、貴族社会が致命的な打撃を受けるという未来を、いち早く予言する事になるのである。, リップシュタット戦役前夜では、中立もしくは門閥貴族側に加わろうとするマリーンドルフ伯を説得して、リヒテンラーデ=ローエングラム枢軸の方につかせる事を決断させる。マリーンドルフ伯から伯爵家の全権を任せられてラインハルトの元帥府へと赴き、伯爵家の家門と領地の安堵を約束させている。この時にヒルダが示した政治・外交感覚をラインハルトは高く評価し、後に帝国宰相になると首席秘書官の席を用意する。, 戦役が開始されると、ラインハルトへの取りなしを頼んだ一部の貴族たちとの折衝役を務め、また帝国宰相クラウス・フォン・リヒテンラーデの動向にも注意を払い、後背の敵となりうる旨をラインハルトへ警告している。, ラインハルトの側近としてのヒルダは、単なる秘書官ではなく、同じ智者として、助言者としても重用されており、ラインハルトの代理人として姉アンネローゼ・フォン・グリューネワルト伯爵夫人への説得役を依頼されるまでの信託を受けている。ラインハルトのメンタルを察知できる立場から、ジークフリード・キルヒアイスを失ったラインハルトの人間性が崩壊し、第二のルドルフ大帝になるのではと懸念しており、「パウル・フォン・オーベルシュタインを相手取ってでも」と砕心する事になる。, ”神々の黄昏”作戦では、中佐待遇となって軍服を着用し、ラインハルトに近侍する。ヤン・ウェンリーとの直接対決を望むラインハルトに、重ねて決戦を避けるように諫言しており、自由惑星同盟の首都ハイネセンを落とす事を説くが、ラインハルトに受けいられる事はなかった。, ヒルダ最大の功績の一つが、バーミリオン星域会戦の勝敗を覆した事である。ラインハルトの配慮によって一度は戦場を離れたヒルダであったが、強引に高速巡航艦を借用し、初戦のヤンの大攻勢を見届けると、可能な限りの速度で、エリューセラ星域のウォルフガング・ミッターマイヤーに救援を依頼する。「今から反転しても戦場には間に合わず、ラインハルトは敗れる」と断言し、先に同盟政府を降伏させて、ヤンへ停戦命令を出させる作戦を提案する。, この案を支持したミッターマイヤーと、彼の要請をうけたオスカー・フォン・ロイエンタールによる奇襲によってハイネセンは占拠される、ヒルダは一刻も早く停戦命令を引き出そうと、ラインハルトの名を騙るまでの事をやってのけ、戦死寸前であったラインハルトを救う事に成功させる。ヒルダに誤算があったとすれば、ナイトハルト・ミュラーの反転が間に合っていた事である。もっとも、そのミュラーごとラインハルトを屠ろうとしたヤンの戦術指揮能力が、ヒルダの予測を超えていた事もあり、結果として帳尻が合う事にもなった。, 会戦におけるヒルダの行動は彼女も自覚するように、出過ぎたまねであり、どんな叱りを受けても当然ではあったが、ラインハルトは不問とし、命を救ってもらったと謝意をしめしており、ミッターマイヤーとロイエンタールにも厚く酬いる事を約束している。後世の戦史家からは、ラインハルトの壮大な戦略に内包するものと考えられている。, ラインハルトが皇帝となり、ローエングラム王朝が開始されると、皇帝首席秘書官(大佐待遇)となり、マリーンドルフ伯も国務尚書に任じられる。従弟のハインリッヒ・フォン・キュンメルが起こした皇帝暗殺未遂事件では、現場に居合わせており、その死を看取る事になった。親族の不祥事にマリーンドルフ父娘は自主的に謹慎するが、ラインハルトによって連座は不要と解除されて、宮廷に復帰する。, 大親征でもヒルダは従軍し、各勢力の動向を的確に言い当てて適切な献策を行い。マル・アデッタ星域会戦では、敗北が決定的となった同盟軍指揮官アレクサンドル・ビュコックへの降伏勧告をするように進言している。, 自由惑星同盟の滅亡により、統帥本部総長ロイエンタールが新領土総督になった事で、帝国軍の再編成が行われた時には、統帥本部はラインハルトが統轄するところとなり、補佐役としてヒルダに幕僚総監の席が用意されたが、「一兵をも指揮したことのない身では諸将にはばかりがある」として辞退し、カール・ロベルト・シュタインメッツが幕僚総監に内定する事となった。, 回廊の戦いの前では、これ以上の軍事行動は無益として、何度も痛烈にラインハルトに諫言をするが、聞き入れられる事はなかった。シュタインメッツが回廊の戦いで戦死すると、あらためて幕僚総監(中将待遇)に就任を要請され、拝命する事となる。ちなみに回天篇で一度だけ「ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ中将」と表記されている。, ヴェスターラントの虐殺の遺族による皇帝暗殺未遂事件において、激しく打ちのめされたラインハルトの為に、一夜の関係を結ぶこととなる。責任を取るためラインハルトは「夏の終わりのバラ」を手にヒルダに求婚するが、マリーンドルフ伯の配慮もあって猶予がもうけられ、女性として情操的な問題に直面する事になる。自分との結婚がラインハルトの幸福となるのかと思い悩んだが、懐妊した事、アンネローゼから祝福を受けた事、ラインハルトへの理解を深める事によって、快く受諾する。, ラインハルトとの結婚によってヒルデガルド・フォン・ローエングラムとなり、幕僚総監を辞して皇妃(カイザーリン)として冊立される。ヒルダの場合、皇帝の配偶者にとどまらず、帝国の共同統治者となる事も意味していた。そして、二世皇帝となるアレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラムを生んで国母となり、ローエングラム王朝の存続を確立させる。, ラインハルトの病が篤くなると、アンネローゼと共に献身的に看病を行うが、不治の病であり、ラインハルトは死を悟ると、アレクサンデルとフェリックス・ミッターマイヤーとの間に友誼を結ばせて、父親としての愛情を示したものの、帝国の実権そのものはヒルダに委譲して、実質的な後継者として指名している。この時の遺言にひとつに、自分の死後に摂政となるヒルダの名において、現存する6人の上級大将に帝国元帥の地位を、先任の1人の元帥に帝国首席元帥の称号を与えるというものがあり、「獅子の泉の七元帥」の由来となる。, 「皇妃(カイザーリン)、あなたなら、予より賢明に、宇宙を統治していけるだろう。立憲体制に移行するなら、それもよし。いずれにしても、生ある者のなかで、もっとも強大で賢明な者が宇宙を支配すればよいのだ。もしアレクサンデル・ジークフリードがその力量を持たぬなら、ローエングラム王朝など、あえて存続させる必要はない。すべて、あなたの思うとおりにやってくれれば、それ以上、望むことはない……」, ラインハルト崩御直後のヒルダの立場を「銀河帝国の摂政皇太后として銀河の頂点に立った」としており、後世の歴史家たちから「ローエングラム王朝を創ったのは皇帝ラインハルトであるが、それを育てたのは皇妃ヒルデガルドである」と評価されて、新たな支配者として王朝を軌道にのせた事が示唆されている。, ミッターマイヤーから「一個艦隊の武力にまさる智謀」と評される作中でも屈指の謀臣。また、ラインハルトの「皇妃は予よりはるかに政治家としての識見に富む」という言葉は、最大ののろけが入っているにしてもヒルダが非常に優秀な政治家である事は確かで、ラインハルトの政務における「帝国軍の双璧」たりうる人物として、キルヒアイスとブルーノ・フォン・シルヴァーベルヒ工部尚書と共に、ヒルダの名が挙げられる。構想力だけでなく実務能力も高く、大本営の運営は彼女が負うところが大きかった。, そして何より「ラインハルトは覇業の出発点においてキルヒアイスをえ、王業の終着点においてヒルダをえた」とあるようにヒルダの真価は、ラインハルトを補佐して守り立てる能力である。ヒルダの奇跡的な個性も、ラインハルトの抜擢によって世に出る機会を得たもので、その存在はキルヒアイス同様に、ラインハルトにとってはごく自然の現象であった。, 暗くくすんだ色調の金髪を短くし、ブルーグリーンの瞳は活力に満ちて輝き、冒険精神に富んだ美しい少年のような印象を与えている。ラインハルトにおさおさ劣らない硬質の美貌の所有者であり、冗談まじりにアテナ神やミネルヴァ神にも例えられる。結婚を機に髪を伸ばし始め、顔立ちも女性的な柔和な印象をもつようになる。肥満をしない体質のせいか、かなりの甘党。, 人間的に健全で明るく、バランス感覚に長けており、宇宙の支配者たるラインハルトを直視して、直言できる勇気と精神力の持ち主でもある。いっぽうでマリーンドルフ伯が冗談めかして「いろいろ知っている娘ですが、自分が女であることだけは知らんのではないか、と、ときどき心配になるのですよ」といった抜けてる面もあり、オーベルシュタインを笑わせる事は出来なかった。 ID: uwIwbs0FUp, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 発売24年目の衝撃 SFC版「ストリートファイターZERO2」“真豪鬼”を使える隠しコマンドが掘り起こされ話題に, 4か月女児が飼い犬の下敷きになり死亡か 米小児科学会「小さな子供と犬や猫を決して一緒に放置しないで!」, もう車輪降ろすの!? ID: XAaeAp+KlT, 2020/06/29(月) 14:11:36 ID: hF/Xa7gutA, 2020/02/10(月) 16:13:46 ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフは「銀河英雄伝説」の登場人物。 CVは勝生真沙子(石黒 監督版アニメ)、花澤香菜(Die Neue These)。. ID: hF/Xa7gutA, 2020/08/30(日) 21:49:06 ID: a7Y8eURBTc, 2020/10/15(木) 13:13:27 伯爵領はカストロプ星域付近に存在。マリーンドルフ家はゴールデンバウム王朝にあっては、非主流で地味な存在として続いていたが、領主級の貴族として、それ相応の領土と軍隊を常設している。, 親族のマクシミリアンが起したカストロプ動乱では、戦端が開かれる前に説得に赴いたが、血迷ったマクシミリアンに監禁される。マクシミリアンは隣接するマリーンドルフ伯爵領の併呑を試みて地方王国の建設を図るものの、伯爵家の警備隊は善戦し、帝都に救援を依頼。やがてキルヒアイス指揮の討伐軍により動乱は短期間で鎮圧され、伯爵を救出、伯爵領は守られる事となった。 アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラムの外祖父。キュンメル男爵家に入った年下のきょうだい(性別不明)がおり、ハインリッヒ・フォン・キュンメルを儲けている。現在はハインリッヒが男爵家を継いでおり、病弱な甥の後見人にもなっていた。カストロプ公爵家とも縁戚関係にあり、財務尚書オイゲン・フォン・カストロプとマクシミリアンの父子がいた。 また、ヴェストパーレ男爵夫人を共通の知人として、メックリンガーとも知り合っていた可能性がある(ヒルダがメックリンガーを伴ってキュンメル男爵を訪問している。ただし、ヒルダがラインハルトの秘書となったのちのことであり、同僚としての親交である可能性もある)。ケスラーとは柊館の警備時にチェスを闘わせる事もあった。オーベルシュタインからは、娘が皇帝に近すぎる事からいささか猜疑の目を向けられており、苦手意識を持っている。 成田空港特有すぎる着陸法…なぜ発生? パイロットが語る理由とは. ID: CV0jmIFGhC, 2019/10/13(日) 15:55:21 マリーンドルフ伯フランツの長女。ラインハルト・フォン・ローエングラムの首席秘書官。後に幕僚総監に転身するが、ほどなくラインハルトと結婚。アレクサンデル・ジークフリード大公を出産して国母となる。ラインハルトの死後は息子の摂政となり「ローエングラム朝の育ての親」と評された。なお、「ローエングラム朝の産みの親」はラインハルトである。 帝国暦 488年 8月 16日 オーディン キュンメル男爵邸 ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ 「では、ヴァレンシュタイン司令長官はピーマンとレバーが嫌いなのですか?」 「そのようですわ、男爵。入院中は良くぼやいていらっしゃいました」 犀利なだけでなく母の知人であるマグダレーナ・フォン・ヴェストパーレ男爵夫人には少女らしい快活さで応じ、また、ウルリッヒ・ケスラー上級大将を「ケスラー大佐」と呼んで、友人でもある侍女のマリーカ・フォン・フォイエルバッハとの間を取り持つといった愛敬のある面も見せている。, ラインハルトとは結婚前まで基本的に公人関係に徹していたが、精神的に波長が合う事もあって、無意識に打ち解けており、ヒルダのほうでは多少意識するところがあった。当時からも、後世からもヒルダとラインハルトとの婚姻がはたして恋愛によるものであったのか?と意地悪く疑問視されるが、じつは、ごく普通の形でフラグが立ちかけた事がある。外伝「千億の星、千億の光」において、ヒルダは共通の知人であるヴェストパーレ男爵夫人から、いずれふさわしい男性を紹介する事を仄めかされており、またラインハルトの方でも恋愛について「やってみてもいいが、どうやって相手をさがす?」「(女性の好みに)べつに条件なんかない。そうだな、頭がよくて気だてがよければ充分だ」とキルヒアイスに語る場面があった。, 父親であるマリーンドルフ伯とは理想的な父娘関係であり、自分の資質を最大限に伸ばしてくれた父親に対する敬愛の念は深く、マリーンドルフ伯が凡人という評価はヒルダにとっては心外なものであった。従弟のハインリッヒの事は弟のように可愛がっており、彼の為にエルネスト・メックリンガーに見舞いを依頼している。, 義姉のアンネローゼの関係も良好で、ヒルダは「姉弟にとっては自分は異分子」「嫉妬するには高すぎる存在」として立てている。アンネローゼのほうでも、ヒルダがラインハルトにとって自分以上の存在になる事を望んでおり、柊館炎上事件では身を挺してヒルダをかばい、彫刻つきスタンドを凶器にテロリストを血祭りにあげている。, キルヒアイスとは面識を得る機会はなかったが(石黒監督版アニメでは出会っている)、カストロプ動乱でマリーンドルフ伯と伯爵領を救ってもらった借りがあると思い、墓参りに訪れている。ヒルダは当初は歴史の観測者に甘んじるつもりであったが、キルヒアイスの死によって、彼の喪失をもっとも多く補う事となる。キルヒアイスが生きていれば自分などがでしゃばる必要などない、とわきまえていたが、彼に続く傑出した補佐役となり、両者に差異があるとすればラインハルトは、ヒルダに対しては言葉づかいを崩す事はなく、アンネローゼから言われても、結局あらためる事は無かった点がある。, 帝国軍の諸将で最もヒルダに好意的であったのはミッターマイヤーである。ヒルダの打つ手がことごとく当たるのを目の当たりにして、自分に権限があるのなら皇妃に推薦する、とまでに全幅の信頼をよせるようになる。もうひとりの双璧であるロイエンタールとの間柄は微妙で、思考型のヒルダが勘を基底にロイエンタールを危険視しており、ロイエンタールもそれに気づいている節があった。自分の実質的な後任である幕僚総監に、ヒルダが座る事をあまり歓迎しない様子が、ヒルダの主観で観察されている。 ID: +ma6ofZsdp, 2020/10/29(木) 20:11:29 「ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ・・・」 無意識か、否か。 再度娘の名を口にして、ラインハルトは苦笑した。 「食事の相手をしてもらうのが楽しみだ」 知的刺激を受けるとはいえ、猛者達に囲まれて、ではいくらラインハルトでも味家ない。 一人娘のヒルダは貴族令嬢に相応しからぬ資質を持って生まれたが、最大の理解者となり、その個性を心配する事はあっても掣肘を加える事はなく育て上げた。ラインハルトの事は主君として尊敬していたが、同時に人間としての未熟さも洞察しており、「天才少年」と分析していた。娘の婿には、平凡で近くを見る、野心の少ない男を望んでおり、ラインハルトを婿にするには精神的に胃腸が弱いとされる。だが、ある出来事により両者の限界を見てとると、道理を心得た年長者として振る舞い、その貫禄を十二分に示した。 フォン・ローエングラム,ヒルデガルド【von Lohengramm】 468- 帝国。摂政皇太后。 ラインハルトの皇后。 フランツ・フォン・マリーンドルフ伯爵の娘。内戦に際して、マリーンドルフ家を代表してラインハルトに 味方になる旨を告げる。 ID: a7Y8eURBTc, 2020/11/13(金) 10:51:29 ID: oL1HylQgC7, 2020/11/16(月) 01:29:50 派手ではないが深い知性と洞察力の所有者で、世俗の事にも無能ではなく、政治家として国政に対する判断力、人事の感覚も確かであったが、積極的に時代を切り開くタイプの人物ではなかった。伯爵の助言は結婚や自重を促す常識的なもので、ラインハルトに感銘を与える類のものではなかったが、ラインハルトにしても伯爵に求めていたのは工部尚書ブルーノ・フォン・シルヴァーベルヒのようなブレーンではなく、過不足なく職務を果たす能力であった。 妻は帝国暦485年時点で故人となっているが、独身時代にマグダレーナ・フォン・ヴェストパーレ男爵夫人の学校で古典音楽の講師をしていた事がある。娘にヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(ヒルダ)。 ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフは微笑と共に新人秘書官補佐を迎え入れた。 (これが・・・ローエングラム公の・・・ラインハルト様のフィアンセと言われている人!?) 一瞬緊張するカトリーナ。これには訳がある。 * * * * * 銀河帝国ゴールデンバウム朝の貴族、マリーンドルフ伯爵家の当主。 妻は帝国暦485年時点で故人となっているが、独身時代にマグダレーナ・フォン・ヴェストパーレ男爵夫人の学校で古典音楽の講師をしていた事がある。娘にヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(ヒルダ)。 アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラムの外祖父。 キュンメル男爵家に入った年下のきょうだい(性別不明)がおり、ハインリッヒ・フォン・キュンメルを儲けている。現在はハインリッヒが男爵家を継い … 『ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ ノイエ』の関連ニュース 「三國志14 with パワーアップキット」のSwitch版に「銀河英雄伝説」コラボDLCの無料配信が決定。 ID: OltotJp+nD, 2020/10/29(木) 21:42:05 歴史にも造詣があり、ラインハルトを西暦17世紀の「北方の流星王」(スウェーデンのカール12世?)になぞらえている。また、外戚の危険性を知り、国舅である自身の立場が決して安泰とは考えなかった。実際、ゴールデンバウム王朝自体、寵姫の弟ラインハルトにより滅亡している(厳密には外戚ではないが)のでむべなるかな。, 2019/10/11(金) 11:10:40 相手は二十歳になったばかりのヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ伯。 この婚姻により、マリーンドルフ伯に連なる貴族たちは、ヴェルとリヒテンラーデ侯爵の連合に与する事になる。 ただし家門と領地が安堵されるのは、それを望んで自主的に証文を求めてきた者たちのみであった。 こ ID: kfnEq11wiI, 2019/11/27(水) 20:20:40 CVは中村正(石黒監督版アニメ)、田中正彦(Die Neue These)。, 銀河帝国ゴールデンバウム朝の貴族、マリーンドルフ伯爵家の当主。 ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ 人柄 くすんだ短めの金髪と少年めいた硬質の美貌の持ち主だが、それ以上に活き活きと輝くブルーグリーンの瞳が活力に満ちた印象を与えている。ラインハルトと並んだ姿を「アポロンとミネルバ」に例えられている。 ID: a7Y8eURBTc, 2020/11/15(日) 01:54:06 『ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ 画像』の関連ニュース. ID: kzIeELXc/Y, 2020/06/02(火) 23:54:35 「銀河英雄伝説(田中芳樹)」より、銀河帝国ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(通称ヒルダ)の名言・台詞をまとめていきます。 スポンサーリンク →アマゾン初売り1月2日9:00~5日23:59へ ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ ラインハルトの首席秘書官。後に妻(皇妃)。通称ヒルダ。 詳細は「ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ」を参照. ID: oL1HylQgC7, 2020/10/12(月) 21:59:12