ベトナム戦争中オーストラリア軍108名が南ベトナムの農園地帯“ロングタン”で南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)軍約2,000名を相手に戦った「ロングタンの戦い」を壮絶に描く、史実を基にした本格戦争映画 『ウォーキング・デッド』スティーヴン・ユァン主演、A24最新作の日本公開が決定&インタビューが到着!! アメリカ製のベトナム戦争映画や,続 々と出版されるベトナム戦争研究を見れぱ 明白である。 しかしながら,こ うしたアメリカの映画や研究の主な関心は,当 然のことなが らアメリカの戦争としてのベトナム戦争である。この小論では,一 般にある程度 ベトナム側が描いたベトナム戦争映画。発売元の彩プロのキャッチコピーは「アメリカが決して語らないベトナムの真実」。まさにそのとおりだと思うが(苦笑)、タイトルの「ベトナム激戦史1967 攻防ケサン基地」とは似ても似つかない内容。 ベトナム戦争の真実をご存知でしょうか・・・。あの有名な路上での処刑写真は、私達の日常とは真逆の世界ですよね。数々のピューリッツァー賞受賞写真とともに、あまりにも過酷、苛烈で残酷なベトナム戦争の裏側や処刑風景を画像で振り返りましょう。 ベトナム戦争体験者の暴露映画. 映画「ベトナムの風に吹かれて」が気になるあなたにおすすめの関連作品をご紹介します。 ほかに奥田瑛二、柄本明ら脇を固める日本の名優たちに加え、ベトナム側のキャスト陣も好演。 映画「ベトナムの風に吹かれて」と一緒に見たいオススメ関連作品. 「ベトナム戦争から何を学んだのか」地獄の黙示録 ファイナル・カット bloodtrailさんの映画レビュー(感想・評価) Tweet Facebook Pocket Hatena 4.1 全 58 件 ベトナムの統一をめぐる戦争。1960年に結成された南ベトナム解放民族戦線が、1961年、北ベトナムの支援のもとに南ベトナム政府に対して本格的な抗争を開始し、1969年には臨時革命政府を樹立。 その間、1963年には米国が全面的に軍事介入したが、1973年の和平協定により撤退。 2005 ベトナム 監督:ドアン・ミン・トゥアン 出演者:クォク・トゥアン、ルー・ハー、トゥアン・トゥーほか 86分 カラー ベトナム側が描いたベトナム戦争映画。発売元の彩プロのキャッチコピーは「アメリカが決して語らないベトナムの真実」。 ベトナム戦争の真実をご存知でしょうか・・・。あの有名な路上での処刑写真は、私達の日常とは真逆の世界ですよね。数々のピューリッツァー賞受賞写真とともに、あまりにも過酷、苛烈で残酷なベトナム戦争の裏側や処刑風景を画像で振り返りましょう。, 元々ベトナムはフランスの植民地支配下にありました。そこへ、日本が攻め入り、戦争に勝ち、日本の植民地なります。しかし、1945年に日本は敗戦。そして植民地支配から離れ、ベトナム民主共和国が生まれます。そこでフランスがまた戻ってきてしまい、コーチシナ共和国という国をベトナム内に作ってしまいます。ベトナム民主共和国が北、コーチシナ共和国が南となり、ベトナム内で南北戦争となり、内戦でドロドロの戦争が始まることに。北はベトナム、南はフランス状態でしたが、ここで北にソ連と中国が加担、そしてアメリカやその他の国が南に加担し、ソ連・中国 対 アメリカという構図となってしまいます。アメリカは圧倒的攻撃力で攻めますが、ジャングルを利用した北ベトナム軍勢を倒しきれず、消耗。倒すのを諦めて撤退します。アメリカがいなくなった南側は北側に降参し、ベトナム戦争は終結します。ベトナムの粘りにより勝ち取ったアメリカの敗戦という珍しい戦争だったのですね。, 「サイゴンでの処刑」と言われるピューリッツァー賞を受賞した有名な画像。撃たれた兵士は、即死しました。, 銃を向けられているのは解放戦線側の兵士グエン・ヴァン・レム。警察に捕えられ、連行される途中に当時警察総監であったグエン・ゴク・ロアン将軍により路上で射殺される有名なワンシーン。撮影したのは、AP通信社のエディ・アダムスです。この写真は、ロアン将軍の独断による処刑のシーンとして世界中に広まっていきました。, グエン・ヴァン・レムを連行中の写真。この時既にアメリカ兵を殺した後であり、処刑されるということは分かっていたでしょうね。, 殺害後。残虐な行為ではありますが、アメリカ兵も殺されているので気にもせず殺せたことでしょう。, この処刑写真が世界に広まったことにより、ロアン将軍のその後の人生に、とても大きな障害となりました。殺されたベトコンはアメリカ兵を何人も殺した直後で、その場にもしロワン将軍と同じ立場でいたなら誰もが殺したであろうという状況だったにも関わらず、写真ではそんな細かい詳細は伝わりません。その後ロアン将軍は米国に亡命し、政府の支援でピザレストランを経営していましたが、店のトイレに「お前のやったことは忘れないぞ」というメッセージが書かれたそうです。それを機に廃業。最後は癌で亡くなりました。撮影した写真家であるアダムスはそのことをとても後悔しており、「将軍はベトコンを殺したが、私はカメラで将軍を殺した」という言葉を残しています。, 引きずられるベトコン兵士。戦争に慣れると残虐行為に対して冷淡になってしまうのだそうです。, 南ベトナムで撮影された画像。戦争では残虐行為が当たり前となり、死体で遊ぶ光景はよく見られるようです。段々と感覚が麻痺してしまうのですね・・・。, 解放戦線兵士の首をとって楽しそうに笑う一枚の画像。戦争はこんな残虐行為も麻痺させてしまうのですね。, 戦争中は死体があるのが当たり前。戦争中は殺すのが当たり前。殺し方も気にしないのが当たり前。道行く人も死体をどうすることもなく、ただ放置していますね。, 足かせをつけられた被害者のイメージ。陰鬱な空間で動けなくされた人の心境を思うと、本当に怖いですね。, 処刑待ちの人を入れた小さな檻の画像。こんな小さな鉄の檻に入れられ、処刑を待つ心境は・・・絶望でしかなかったでしょうね。, トラの檻と呼ばれる拷問、処刑場の画像です。ここで拷問を受け、虐待を受け、最後はギロチンで処刑されていたようです。戦争では当たり前の光景だったのでしょうけど、現在から考えると、本当に信じられないような残虐行為ですね・・・。, バラバラになったベトコン遺体を片手で持ち上げる兵士。米軍の残虐な様子を写したアメリカ従軍カメラマンがいたので、多数の画像が残っている。, 体の大部分が無くなってしまっているベトコン兵士の遺体を片手で持ち上げるアメリカ軍兵士の画像。アメリカ軍兵士の表情は笑っているのでしょうか。死体を見るのも慣れすぎて、感覚はとうに麻痺している様子です。, 戦争の条約で少年兵は使ってはいけないこととなっていますが、いざという時にはそんなことは言ってられないのが実情。画像はベトナム戦争時に、捕虜になった南ベトナム解放民族戦線の少年兵です。現在も少年兵は世界中にいるそうで、なんとその数は約25万人にもなるのだそうです。, 13歳の時新聞配達のアルバイトをし600円のボックスカメラを買ったのが写真との出会いだった沢田教一氏。その後、戦争カメラマンであるロバート・キャパに憧れライカを購入。生涯ライカを愛用したそうです。, 青森県生まれのカメラマン、沢田教一氏。戦争カメラマンのロバート・キャパの撮影したピューリッツァー賞受賞作品を見てライカを手にします。その後上京し、サンケイ新聞写真部に入りカメラマンとして仕事をする内、ベトナムに行くことを決意。戦争が激化している時でした。そして下記で紹介されるピューリッツァー賞受賞をした「安全への逃避」などを撮影し有名になります。, 沢田教一を有名にした画像「安全への逃避」。家族で戦争の戦火から逃げる必死の様子が、戦争の怖さを世界中に伝えました。, カメラマンとして世界的な名声を手に入れた沢田さんですが、カンボジアで取材している時に何者かに銃撃されて亡くなりました。, 戦争カメラマンをしていれば仕方のないことなのかもしれませんが、カンボジアを取材している時に何者かに撃たれて亡くなってしまいました。その時に愛用していたライカも盗まれてしまったらしく、最後の写真は残っていないそうです。もし残っていたら最後に何を写していたのか、知りたいですよね。, カメラマン酒井淑夫のピューリッツァー賞受賞作品の画像。戦争が一時的に止まり、じっと雨をしのぐ様。, 酒井淑夫氏は、沢田教一がベトナムで撮影した「安全への逃避」に影響を受けてベトナムにいくことを決意。激しい戦争写真も撮影していましたが、モンスーンによる豪雨を受け銃撃戦が止まっている時の静けさを撮影した上の画像でピューリッツァー賞を受賞しました。, 「崩れ落ちる兵士」、スペイン内戦中の兵士が銃弾で倒れたところを写したもの。沢田教一氏が影響を受けた有名な写真家、ロバートキャパのピューリッツァー賞を受賞した写真の画像です。戦場カメラマンとして有名な写真家であったキャパですが、北ベトナムで地雷を踏んで死亡しました。, 沢田教一氏が憧れた有名な写真家、ロバートキャパのピューリッツァー賞を受賞した写真の画像。撃たれた瞬間を撮影しており、とてもリアリティがありますよね。, ナパーム弾攻撃を受けて逃げる9歳の裸の少女「キム・フック」。少女の表情から、悲惨さ・痛みが伝わりますね・・・。, ナパーム弾攻撃を受けて逃げる9歳の裸の少女「キム・フック」を見たカメラマンのニック・ウット氏が撮影したピューリッツァー賞受賞作品「戦争の恐怖」少女は背中に大変な火傷を負っており、熱い、痛いと叫んでいたそうです。, 重度のやけどを負ってしまい、跡が痛々しく残っています。17回も皮膚の移植手術を受けたにも関わらず、いまも激しい痛みが残っているのだそうです。, 写真を撮影した後、ニック・ウット氏はキム・フック氏を病院に運びますが、医師は助からないと言ったそう。しかし絶対に助けるようにお願いし、奇跡的に助かったのだそうです。背中にはひどい火傷跡が残っていますが、キム・フック氏は現在も生きており、2児の母となりました。, 現在のニック・ウット氏とキム・フック氏。交流があり、一緒に食事をしたりするそうです。, 今回のベトナム戦争まとめはいかがでしたでしょうか!戦争の残虐さが、画像からひしひしと伝わってきますよね。中でも有名なのは逃げる少女を写した「戦争の恐怖」だと思います。火傷を負い裸で逃げる少女を見ると誰しもが戦争反対と思うでしょうね。こういった過去の悲しい出来事をしっかり直視し、戦争の怖さをしっかり感じておくのは、今を生きる私達にとって大切なことだとまとめながら感じました。またこのような悲しい戦争が起こらないように、一人一人に何が出来るのかを一緒に考えていきましょう!, 【残酷】ベトナム戦争写真集。ピューリッツァー賞から沢田教一の作品画像までのページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。. 異色戦争大作!これまで、全面的に描かれなかった北ベトナム軍、ベトコン側の動きを重視、アメリカ軍の強大な軍事力に反撃する、その戦略とは!」とある。もう慣れたので逆に楽しいのだが、確かに共産側の視点で描いたベトナム戦争物はレアである。 4月25日(土)より東京・新宿武蔵野館、大阪・シネ・リーブル梅田ほか、全国順次公開 今年はベトナム戦争終結から40年の年だ。当時の取材映像を収めたドキュメンタリー映画「ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実」が25日から、全国で順次リバイバル上映される。 1968年制作のアメリカ側から見たベトナム戦争、又は戦意高揚映画。ストーリ的にはいかに北ベトナム政府軍が汚くアメリカが素晴らしいかと言う内容。ガバメントの事をジョン・ウェイン・ライフルと言うのはこの映画からだそうです。 当時読んだ人気漫画「サイボーグ009」シリーズのベトナム編は今でも記憶に残り、子供にもこの戦争が意識された時代だった。その後もベトナム戦争を扱った米映画、日米の作家や記者の本に触れ続け、この戦争の影響を受けてきた気がする。 ベトナム戦争終結40周年。アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞に輝くドキュメンタリー映画の最高傑作!【原題】Hearts and Minds /【監督】ピーター・デイビス /1974年/アメリカ/112分/エデン/DCP上映 ベトナム激戦史1967~攻防ケサン基地~ 史実をベースに、北ベトナム軍の不撓不屈の戦闘を再現した戦争映画。激化する1967年のベトナム。米軍がケサン基地で近代戦を展開するのに対し、北ベトナムはゲリラ戦法で密林を行く。 ベトナム戦争での知られざる激戦を、オーストラリア映画界が総力を結集、ハリウッドスタイルでリアルかつ臨場感満載に描く本格戦争映画となっている。 『ジョジョ・ラビット』(公開中) (C)2019 Twentieth Century Fox. まずベトナム戦争では、アメリカのF4C「ファントム」とF105「ザンダーチーフ」にたいして、北ベトナムのミグ17と21が戦い、特にF4Cとミグ21は史上初の超音速戦闘機同士の空中戦として話題をまいた。 ベトナム戦争最中の映画なのでこの内容・結末はしょうがないでしょう。ジョンウェイン(だけが)やる気満々。 アメリカ陸軍全面協力なのでこういう内容になるのは当然、ただ、一方的にアメリカが強い、という映画にはなっていない。 映画「プラトーン」公開時パンフレット この「プラトーン」は、いうまでもなくベトナム戦争映画である。 戦争映画には、そもそも、必ず敵味方がいる(もちろん闘争の映画はみんなそうだが)。 戦争の悲惨さや巻き込まれる人たちの思いなど、「戦争映画」からは多くの学びが得られます。「日本の戦争」を描いた話題作や「ベトナム戦争」が舞台の作品、さらに衝撃の「実話」を元にした戦争映画まで、学びの多い「戦争映画」をアニメ作品も織り交ぜてピックアップしました。 ベトナム激戦史1967-攻防ケサン基地-(洋画-歴史・戦争)のネット動画配信。あらすじ、キャスト・スタッフ、予告編などの情報もご紹介!動画視聴で楽天ポイントが貯まる楽天TV(Rakuten TV)! ベトナムからBLMへ――「アメリカの罪」が今を撃つ! スパイク・リーの最新作にして真骨頂『ザ・ファイブ・ブラッズ』, 日本アニメ界の巨匠・押井守監督が大絶賛! ベトナム戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』, ショーン・コネリーとハリソン・フォードの関係とは―― 『インディ・ジョーンズ』での思い出をフォードが振り返る!. 第92回アカデミー賞®<脚色賞>授賞 ベトナム戦争 (左上より時計回りで) テト攻勢で防御にあたる海兵隊員と南ベトナム軍(1968年) 第14歩兵連隊第2大隊の兵士を運ぶuh-1d(1966年) ベトコンが潜伏したと見做され焼却される村落 ベトナム人の犠牲者: 戦争:第二次インドシナ戦争 : 年月日:1955年 11月 - 1975年 4月30日 13)ベトナム戦争を主題としたアメリカにおける文学や映画が「われわ れアメリカ人にとってベトナム戦争とは何であったのか」を繰り返し示そ うとしたように,聞き取られる側の難民の「声」もアメリカ人とベトナム ベトナム戦争をアメリカ側から描いた映画は良く見るのですが、ベトナム兵側から描いた映画はありませんか? グェンホンサン監督「無人の野」(未DVD)やジョナサンフー監督「SONGOFTHESTORKコウノトリの歌」(ファインビデオよりDVD)など貴重だと思うのですが ただ、映画に象徴されるように、アメリカ側に比すれば、ベトナム戦争を主題にしたベトナム側の作品は限られている。 今も、枯葉剤の被害者と膨大な行方不明者が存在するという現実がある。 『アナ雪』の有名夫妻が主題歌を作曲!? ベトナム戦争は、アメリカが初めて負けた戦争だと言われています。圧倒的な軍事力を誇るアメリカが負けるなんて意外に思われるかもしれません。この記事では、ベトナム戦争において、ベトナム人がどうやってアメリカを撤退させたのかについて具体的に書いていきたいと思います。 1987年. 「ワイスピ」シリーズ最新作の場面写真が着弾! 初登場ジェイコブを演じるジョン・シナのコメントも到着!! 『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』(2015年)のトム・ハーディ、『レディ・プレイヤー1』(2018年)のタイ・シェリダン、『IT/イット』シリーズ(2017年〜)のビル・スカルスガルドが、ベトナム戦争映画『本当の戦争の話をしよう(原題)』で共演することが明らかになった。, 本作は、作家ティム・オブライエンが、ベトナム戦争の前線で戦った若い兵士たちとともに経験した彼自身の体験・苦悩を描き、ピューリッツァー賞を受賞した大ヒット同名短編小説集の待望の映画化作品となる。監督を『スノーホワイト』(2012年)のルパート・サンダーズ、脚本は『ブルー・ダイヤモンド』(2018年)のスコット・B・スミス。製作にはハーディのほか、『スプリング・ブレイカーズ』(2012年)のデヴィッド・ザンダーらがつとめる。, 出演者には『ビール・ストリートの恋人たち』(2018年)のステファン・ジェームズ、『セットアップ ウソつきは恋のはじまり』(2018年)のピート・デヴィッドソン、『ムーンライト』(2016年)のアシュトン・サンダーズ、『マグニフィセント・セブン』(2016年)のマーティン・センスマイヤー、『シークレット・アイドル・ハンナ・モンタナ』(2006年~2011年)のモイセス・アリアス、『ユーフォリア/EUPHORIA』(2019年〜)のアンガス・クラウドらも名を連ねる。, 監督のサンダースは「原作小説は美しく仕上げられた作品で、これまでに読んだ本の中で最も刺激的な作品のひとつ。戦争中の若者というテーマを超えて、私たち全員にある人間の深い感情の風景を探求していると思います。私たちはこのような激動の時代に生きており、30年前にティムが探求した愛、恐怖、死をテーマにしたこの作品は、今もなお、強力に心に響くことでしょう。」とコメントを発表している。, ベトナム戦争を描いた映画といえば、オリバー・ストーン監督自身のベトナム戦争での実体験を描いた映画『プラトーン』(1986年)が第59回アカデミー作品賞を受賞している。戦争を体験した若者の苦悩はいかに描かれるのか、期待したい。, “ゾンビ強盗映画”爆誕!D・バウティスタ×Z・スナイダー監督『アーミー・オブ・ザ・デッド』ファーストルック到着!. 北ベトナム側の推定戦死者数は117万7千人、南ベトナム側は28万5千人。 そして南北合わせた民間人の死者数は458万人以上にのぼりました。 ベトナム戦争の概要把握に最適の一冊 ベトナム戦争の直接、参加したアメリカ退役軍人は誰よりもこの戦争と敵側をよく把握したでしょう。9年間にわたり、ベトナム共和国政権の顧問を務めていたアメリカ軍のアンドレス・サウバゴット元大佐は上司の命令に従い、ベトナムに赴きました。 マーベル最新ドラマ『ワンダヴィジョン』Disney+で配信間近!, 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』スピンオフ『フュリオサ』の公開時期が決定! 主演のアニャ・テイラー=ジョイが心境を明かす!. ベトナム戦争を描いた映画といえば、オリバー・ストーン監督自身のベトナム戦争での実体験を描いた映画『プラトーン』(1986年)が第59回アカデミー作品賞を受賞している。戦争を体験した若者の苦悩はいかに描かれるのか、期待したい。