®é¡ã‚’本人に精算しようと思いますが、どのような手順で行なえば良いのでしょ 保険料などの社会保険料や、雇用保険料、労災保険料などの労働保険料のことをいいます。社会保険料や労働保険料の仕組みをしっていないと正確な仕訳を計上することができません。 保険料を含めた社会保険料を給与額から控除した金額に応じた所得税が源泉徴収されるはずなので、所得税が多く徴収されていると思われます。その所得税分を会社に返金要求したら返ってくるのでしょうか? 雇用保険の過徴収について; 給与の誤払いの精算について; 社宅費控除と源泉徴収票; 請求より受領が多くなった時の仕分け方を、教えて下さい。 源泉徴収で消費税控除ミスしたとき; 未収金過徴収の時の返金仕訳; 源泉徴収額を間違えた場合; 教えてください ®ã—引くときに、「預り金」で仕訳していることを前提にしています。 従業員へ給与を支給したときの仕訳については、以下のページを参照してください。 従業員へ給与を支給したときの仕訳 社会保険と厚生年金の返金について会社の給与計算ミスで一昨年9月から昨年8月までの1年間、社会保険と厚生年金を2ランク分税務多く支払っていたことがわかり、先日通常の給与明細に記載する形 で返金していただいたんですが、返金分に所得税がかかっていました。社会保険と厚生 … 過徴収した社会保険料を返金した結果として源泉徴収税額が増えたのは給与の再計算を行ったからでしょうか? 年末調整対象外ですから社会保険料を返金するだけで給与の再計算は必要なかったのではないでしょうか。 こし方が今一つ分からず、悩んでおります。従業員一人の分ですが、徴収月を間違え、ひと月早くに高くなる保険料を、徴収 【税理士ドットコム】社会保険料の金額が改訂されていたことに気付かずに、間違えた金額を給与として振り込んでしまいました。過剰徴収してしまった分の社会保険料を翌月の給与で調整して振り込んでもよろしいでしょうか。 給与の会計処理が苦手・・・そんな声をよく聞きます。たしかに、給与の支払額と手取給与の額は一致しません。何で引かれてるの?僕の(私の)給与はこの額じゃないの?と言った声もよく聞きます。そこで、今回は給与計算に係る会計処理の過程を、・給与仕訳・社会保険仕訳・労働保険 … 給与の仕訳は、発生時と支払時で分けるのが一般的です。源泉所得税、住民税の預り金のほか、社会保険料、雇用保険料の預かりの仕訳に注意が必要です。特に、社会保険料、労働保険料は、会社負担分と従業員負担分を正確に区別しないと、決算の数字にも影響が出てくることになりま … 業したばかり、経理初心者といった方の参考になればと … 中している従業員の社会保険料についてご紹介します。 社会保険料を返金しただけでは収まらない場合がありますのでご注意ください。 余計なこととは思いますが、貴殿の過去の質問に2回回答しておりますが、その回答に対して理解できたのかできなかったのかの反応がありませんし、他の回答者に対しても何ら返事を返してい … ®ã—引かれる所得税を払い過ぎていれば還付金が戻り、少なければ追加徴収されます。年末調整で還付金が戻ってくる人とは?そもそも源泉徴収税額とは?返金・払い戻しの仕組みをチェック!なお年末調整の還付金が戻るのは12月の給料日が … 保険や厚生年金保険の社会保険料は、従業員負担分と会社負担分を合わせて、会社が支払います。 この経理処理は、そんなに難しくはないのですが、当月徴収と翌月徴収の違いなどで、間違って処理をしているケースがあります。 となさっていると思います。そうであれば、被保険者に 多く徴収した分を返金する際、返金の仕訳の前に 法定福利 10 / 預り金 10 という仕訳が必要になると思います。 もしも多く徴収した分がそのまま預り金で残っている 社会保険料額を間違って控除していたときの処理. 『社会保険料の「支払時」の処理方法』につきましては、2種類の処理方法が存在します。 またこの結果、『社会保険料の「徴収時」の処理方法』につきましても、2種類の処理方法が存在します。 ここでは、この『社会保険料の「支払時」・・・ 社会保険料の(役員・従業員からの)徴収時期について解説いたします。会社設立をお考えの方、設立後であっても 処理の時期を整理して理解しておきたい方は、是非参考になさってみてくだ … 社会保険の取得日と喪失日が同月にあることを同月得喪と言います。社会保険料の徴収などは1か月単位になりますから、取得して1か月に満たず喪失してしまうというのは制度としては例外的な状況ですが、残念なことに入社後すぐに辞めてしまう従業員も少なからずいるのが現実。 筆】法人や個人で事業を行っていると、返金したり返金されたりする場面があるのではないでしょうか。通常の取引に関する仕訳は大丈夫でも、返金のようなイレギュラーな対応については、仕訳の仕方がわからないかもしれません。 業績や税金計算に影響が出るため、返金が発生 … 社会保険料の個人負担徴収の誤りについて 会社側の給与計算時のミスで、個人負担の社会保険料を少なく徴収していたことが判明しました。社会保険料の納付額に誤りはありませんでしたが、その分、会社負担額が多くなっていました。本来であれば、遡って個人から徴収すべきなので … 毎年7月10日。 月は社会保険料を取らないやり方で前任者より教わりました。このやり方で退 「社会保険料の支払取引」に係る「仕訳」につき、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。 「社会保険料の支払取引」の「意義」と「会計的な取引内容」 「社会保険料の支払取引」に係る「仕訳」 &nb・・・ した社員から、最終月の給与で社会保険料が多く控除されすぎていたので、返してほしいと連絡が入りました。調べてみると確かに多く控除しすぎていたようです。本人に控除しすぎていた分の社会保険料分の金額を返却したいと思 社会保険料の(役員・従業員からの)徴収時期について解説いたします。会社設立をお考えの方、設立後であっても 処理の時期を整理して理解しておきたい方は、是非参考になさってみてくだ … 保険料・厚生年金保険料) 毎月の月末に前月分を納付。例えば、10月分の保険料は11月末に納付する形となります。社会保険料には納期限について特別な取り扱いはありません。 ④雇用保険料. 年末調整では、当該年度に払い続けた源泉所得税等を精算する手続きです。源泉所得税等の決定、過不足金の還付と追徴、納付をする必要があります。経理上では仕訳が必要で、その仕訳を流れに沿って見ていきましょう。 通勤費が遡って変更となったことで、社会保険料の等級も昨年まで遡って修正が必要になりました。そして、徴収済の社会保険料が変更となりますと、今度は昨年の年末調整の金額も修正が必要になってしまいます。今回の通勤費の変更申請漏れは本人の責任によるところになりますので … 『「労働保険料の支払取引」に含まれる「概算保険料の支払取引」』に係る 『法人税法に基づく「取引の内容」』及び『法人税法に基づく「仕訳」』を、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。 「労働保険料の支払取引」・・・