高速船 クイーンざまみ. document.getElementById("tabirai_sidebar_info_recomend_feature_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; 本州・九州と奄美・沖縄を結ぶフェリーの全路線をリストにしてまとめてみました。所要時間や料金、上手な利用法もご紹介。さまざまな割引運賃、とっておきの裏技まで、格安旅行の基礎知識やさまざまな方法を、わかりやすくまとめたサイトです。 那覇から宮古島へは、jalとanaの2つの航空会社が運航しています。朝の7:30分に那覇からの始発便が出発して19:40分の宮古島出発の便で那覇まで帰ってこれるので、まる1日宮古島で遊ぶことができるんです! 那覇から宮古島(石垣島)は 50ccでも17000(18000)円。 250ccで23000(25000)円。 と高く、いまやLCCのジェットスターの東京~那覇間のフライトだと4回分になるのですよ。 しかも運行便は毎日ではなく、週2~3回。 一度、那覇⇒石垣島をフェリー渡航したことがあります。 琉球海運も有村産業も、週1~3便運行されていますよ。 宮古島を経由するか、石垣島の後に宮古島に寄るかで異なりますが、所要時間は概ね10時間30分から12時間30分です。 document.getElementById("tabirai_sidebar_info_recomend_feature_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; 座間味港と阿嘉港間のフェリー料金 片道 200円. 沖縄本島から宮古島までの距離は約300km離れています。実は東京から名古屋までと同じです。さらに、かかる時間や費用についても、詳しく説明していますので、沖縄本島から宮古島の距離感をつかんでください。 ご注意事項通常、月曜日は1便のみ(午前便)の運航となります。臨時便やドックダイヤのご案内もありますので、お知らせもあわせてご覧ください。那覇(泊)→渡名喜島→久米島(1月1日~12月31日)便 … 那覇空港から最も早く泊港フェリーターミナルに行くにはやはりタクシーを利用するのが一番です。那覇空港のタクシー乗り場で「とまりんまで」もしくは「泊港まで」と言えばOKです。一番早くて便利です。 約20分: 1500-2000円: バス } 宮古島は、那覇から280kmほど南東に浮かぶ離島です。人が多く賑やかな沖縄本島に比べ、宮古島の空気はどこまでも穏やか。大自然の素晴らしさを満喫しながら、のんびりと休養することができます。また、宮古島の中には「東洋一美しいビーチ」と評されることもある //-->, 那覇から運航している航空会社. document.getElementById("tabirai_sidebar_info_recomend_feature_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; 那覇市から宮古島、石垣島までフェリーで約何時間ですか。また、距離も教えていただけませんか。 船の速度によって変わりますが那覇から宮古島までは約9時間。石垣島までは約14時間。現在どちらの区間 … 沖縄 那覇 (oka) 発-宮古島 (mmy) 行きの格安飛行機チケットならスカイスキャナーで検索。1,200社以上の航空会社・lccと旅行代理店・旅行サイトが提供する航空券をまとめて比較し、沖縄 那覇から宮古島への最安値の航空券を素早く簡単に探し出すことができます。 いよいよ今シーズンも夏到来ですね~。綺麗な海が見たい!リゾート気分を満喫したい!と沖縄旅行の計画を立てている方も多い... 石垣島は、日本の最西端「与那国(よなぐに)島」や最南端の「波照間(はてるま)島」、そして沖縄県の中では沖縄本島の次に大き... この安さと(便数の多さによる)柔軟性が、那覇からの飛行機の大きな魅力と言えるでしょう。. 宮古島は、那覇から280kmほど南東に浮かぶ離島です。人が多く賑やかな沖縄本島に比べ、宮古島の空気はどこまでも穏やか。大自然の素晴らしさを満喫しながら、のんびりと休養することができます。また、宮古島の中には「東洋一美しいビーチ」と評されることもある「与那覇前浜(よなはまえはま)」や、島内でもトップレベルの透明度を誇る海の中にサンゴ礁が映える「吉野海岸」、巨大な岩のアーチが印象的な「砂山ビーチ」など、海遊びにも写真・動画撮影にも向いたスポットが多く、こちらの目的で訪れても楽しめる島です。, 今回は、そんな宮古島へ関東から遊びに行くための二つの方法「羽田空港からの直行便」と「那覇空港からの飛行機」を、料金・所要時間・時刻表といった情報を交えて徹底的に比較してみました。, ・羽田から早朝(JAL)と昼(ANA)に出発する直行便も便利!片道は約170分です!, 【片道料金(大人)】JAL・ANAともに6,020円~(早期予約割引。普通運賃はJALが20,000円、ANAは18,300円), 那覇から宮古島へは、JAL(正確にはJALグループのJTA=日本トランスオーシャン航空とRAC=琉球エアーコミューター)またはANAの飛行機で行くことができます。2015年まではスカイマークという選択肢もありましたが、現在この路線は廃止されています(※2020年を目標に復活を検討中)。, JALとANAで料金にほぼ差はなく、平均約50分という所要時間も同じです。便数はJALがANAの約2倍となっていますが、ANAの09:40発・12:35発の便はJALの隙間時間を絶妙に埋めていて、7時から18時までの間「ほぼ1時間に1便(14時と16時と17時は2便)」という状態になっています。, これだけの数があれば、JALやANA、あるいはPeachのようなLCCで何時に那覇に着いても(次の便の出発まで)長時間待たされる心配はありませんし、「那覇に数時間滞在してから(または1泊してから早朝に)宮古島に向かう」ような場合でも、出発時刻に縛られずに旅行計画を考えることができます。, 最大の早期予約割引(※搭乗日の75日前まで)を利用し、やや遅い時間帯の便を選べば、那覇から宮古島までの料金は7,000円を切ります。同じ時期のLCCの成田→那覇は約7,500円ですから、理論上は片道14,500円で関東から宮古島に行けることになります。, 実際には、「そこまで早い段階で予約できない」「予定している出発日に、LCCに最安値で乗れるとは限らない」といった理由で、もうすこし増えると思われますが、この安さと(便数の多さによる)柔軟性が、那覇からの飛行機の大きな魅力と言えるでしょう。, 【片道料金(大人)】JAL・ANAともに19,890円~ (早期予約割引。普通運賃はJAL:63,400円、ANA:57,900円), 羽田からの直行便の出発時刻は、JALが早朝・ANAが昼と、対照的になっています(※帰りの「宮古空港→羽田空港」の直行便は、JALが19時半頃・ANAが15時半頃と、逆にANAの方が早い時間になります)。, 那覇からの飛行機を使う場合ほどの柔軟性はありませんが、「ゆっくり出発して早めに帰りたい場合はANAで往復」「宮古島で長時間遊びたい場合はJALで往復」というように、数種類の組み合わせが考えられるのは、なかなか便利と言えます。, 料金だけに注目するなら、直行便よりも「那覇までLCC+那覇からJAL・ANA」の方が魅力的ですが、直行便では出発から到着まで途切れること無く大手航空会社ならではのサービスを受けることができます。, また、所要時間の短さも直行便の魅力です。羽田から那覇までの飛行時間は約160分、成田からの場合は約180分で、那覇からは約50分ですが、乗り換えの待ち時間もあるため、単純な合計(210~230分)よりもだいぶ長くなってしまいます。この待ち時間は、那覇空港で給油のみ行い、そのまま宮古空港へ飛び立つ乗り継ぎ便の場合でもゼロにはなりません。, 羽田発・那覇行きの便に10~20分プラスするだけで宮古島に到着してしまうのは、やはり快適です。「一刻も早く宮古島の土を踏みたい」「なるべく早めに自宅に帰って身体を休めたい」という想いが強いなら、直行便がおすすめです。, ※新型コロナウイルスの影響により、ダイヤの変更や運休になる可能性がございます。 最新の運行状況は各航空会社の公式ウェブサイトよりご確認ください。, 料金の説明には、各社の公開している資料に記載されている9・10月の数字を使っています。, 宮古島でのんびりとすごす時間を長くしたい場合は、移動時間を短くできる直行便が便利です。一方、交通費を節約し、余った旅費を宮古島で遊ぶために使いたい場合は、那覇からの飛行機がおすすめとなります。, 今回の比較で使用している最安値は、「搭乗日の75日前まで」という最大限の早期予約(購入)を行った場合の金額です。75日、言い換えれば2ヶ月半というのは、予想以上に長いものです。たとえば8月の下旬に旅行を予定しているなら、5月の中旬までに下調べを終えて決断しなければいけません。もしも8月の初めや7月に出発するなら、そのタイミングはさらに早まります。もちろん、これ以降も航空券の予約(購入)は可能ですが、料金はどんどん値上がりしてしまいますから、できるだけ早めの行動を心がけましょう。, 「旅行の準備で悩むのは避けたい」「でも安く行きたい」という場合には、旅行会社の販売している宮古島ツアーを調べるという方法もあります。, 宮古島は人気のある島ですから、「いつでも必ず」と断言することはできませんが、「2泊3日で○○円~」のような、とても魅力的なツアーが見つかることもあります。直行便と那覇経由の比較と同時に、こちらも調べてみることをおすすめします。, トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。, Copyright @ 2015 trlpper All Rights Reserved. document.getElementById("tabirai_sidebar_info_area_txt_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; } 沖縄の海を堪能するなら船旅がおすすめ。沖縄へもフェリーで、沖縄に着いたら島々を高速船やフェリーで巡る旅。あわただしい日常を離れ、ゆったりした沖縄の時間を体感できるだろう。ここでは日本各地から沖縄、沖縄本島から周辺離島、石垣・宮古エリアの離島間の船情報を紹介。沖縄旅行の魅力でもある船旅を完全サポート。, . 宮古島と言えば... うん、関東だと羽田から直行できるよ。楽に行くなら直行便が一番だけど、那覇経由の方法にもメリットがあるから、よく比べてみてね!, 那覇で乗り換えるのが安いのはわかるんだけどさ、いくつも時刻表を見てると、なんか眠くなってきちゃうんだよね……, 細かく調べるのが面倒な人には、やっぱり直行便がおすすめかな。交通費はちょっと高くなっちゃうけどね, 片道なら『ちょっと』って言えるかもしれないけど、往復で考えるとそれが2倍になっちゃうじゃない? せっかく南の島に行くなら、交通費を節約して思いっきり遊びたいわ, そういうことなら、がんばって那覇で乗り換える計画を立てた方がいいかもね。旅行会社のツアーもびっくりするほど安いことがあるから、それもチェックしてみるといいんじゃないかな. document.getElementById("tabirai_sidebar_info_all_japan_txt_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; マルエーフェリーの鹿児島航路では鹿児島から沖縄を繋ぐ旅客船「フェリーあけぼの」と「フェリー波之上」を運航しお客様に快適な船旅を提供いたします。 多良間島と宮古島を結ぶフェリーたらまゆうを運航しています多良間海運です。 多良間島にはフェリーたらまゆうをご利用下さい。 沖縄県宮古島市平良字下里108-11 沖縄発(那覇港・本部港・兼城港(久米島)等)のフェリー・船のネット予約。那覇港など沖縄から鹿児島(与論港、鹿児島新港、和泊港 等)や沖縄(那覇港・本部港・兼城港(久米島)等)などへの航路情報一覧です。マイカー(自動車)プランなども多数用意しております。 乗り場は泊港北岸です (北岸チケット売り場でのご購入が便利です) 消費税増税に伴い、令和元年10月1日より、船舶旅客運賃及び料金が改定となりました。 ・那覇~座間味港・阿嘉港料金 今回は、沖縄旅行のプロが教える!宮古島観光ガイドをご紹介します! マルエーフェリー株式会社の東京航路では東京・鹿児島・沖縄間で生活用品から産業資材まで、人と物をむすび、より安全(Safety)、迅速(Speedy)、確実(Surely)な物流輸送をめざして、海陸一貫輸送体制でお客様のニーズにお応えしています。 document.getElementById("tabirai_sidebar_info_all_japan_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; 沖縄-宮古島間は、かつてフェリーが運行していましたが、現在では運行しておらず、移動手段は飛行機のみです。格安で航空券を予約するには早期購入割引の利用が必須で、最大で半額以下の料金で予約できます。今回は、沖縄-宮古島間の飛行機の料金、時間についてまとめました。 function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { 久米島へのアクセス方法をお教えします。沖縄本島から約100キロ離れた久米島にアクセスするためには、那覇からの飛行機かフェリーを利用します。今回は那覇・泊港から出航するフェリーの運賃や予約方法を詳しくご紹介します。 日本各地から沖縄へ、さらに離島へのフェリー情報を網羅。フェリーや高速船の料金一覧を紹介。沖縄旅行のウェブマガジン「たびらい沖縄」はおすすめ観光情報が満載。現地・沖縄から旬な情報をお届け … document.getElementById("tabirai_sidebar_info_area_txt_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; } 日本各地~沖縄のフェリー情報をまとめました。沖縄行きのフェリーは、大阪(神戸)、鹿児島の2カ所から。飛行機よりも長旅になるが、船の中で沖縄到着後の旅のプランをじっくり立てるのもいいだろう。出航地ごとに所要時間、便数、料金を紹介します。