神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授 【目. /BleedBox [ 0 0 595.2 841.92 ] h�b```f``je`a`�X� ̀ �@1V � ���w ����I����@EEjXH�`±�E$��$/4��1����y @B���5�YE@Z ��&�11084%�|`�� � t� C.�J����6�� ���x a`�1��/��Wf`�^ 2�? 競争と貧困社会が生む格差. 特に富裕層と貧困層の所得格差が大きく、多くの貧困層が困窮しています。 また、子どもの出生率が高いので多くの人たちが低所得で大家族です。 フィリピンは「超」競争社会 . 10 0 obj /ProcSet [/PDF/Text/ImageC] << /BM /Normal 博士論文 「貧困の社会構造分析 ― なぜフィリピンは貧困を克服できないのか」 提出者. 3 0 obj なぜフィリピンは貧困を克服できないのか」は、 フィリピンでは過去30 endobj endstream endobj 1256 0 obj <>/Metadata 32 0 R/OutputIntents 1252 0 R/Pages 1251 0 R/StructTreeRoot 64 0 R/Type/Catalog>> endobj 1257 0 obj <>/MediaBox[0.0 0.0 595.32 841.92]/Parent 1251 0 R/Resources<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]>>/Rotate 0/StructParents 7/Tabs/S/Type/Page>> endobj 1258 0 obj <>stream なぜフィリピンは貧困を克服できないのか」は、 フィリピンでは過去30 年間さまざまな貧困政策が行われてきたのになぜ貧困問題が解決し ないのかという問いを設定し、それに答えるべく、個々の貧困政策だけではなく、貧困が再 PHILIPPINE STATISTICS AUTHORITY(PSA)が出した「Filipino Families in the Poorest Decile Earn Six Thousand Pesos Monthly, on Average in 2012 (Results from the 2012 Family Income and Expenditure Survey)」という記事がフィリピンの格差を俯瞰するうえで役に立ちます。 英語記事なので、こちらで要約すると、こんな感じになります。 エンゲル係数がここまで高いのが驚きですよね。 日本の平均は24.3%(2014年時点)なので、フィリピン人の生活が日本人と比べて、いかに大変なのかがわかります。 … 2 貧困政策にみるフィリピンにおける社会開発政策の特徴(テーマ別分科会4=アジアの社会開発政策-現状と展望,ii テーマ別分科会=報告論文と座長報告) なぜフィリピンは貧困を克服できないのか 著者:太田 . 元. Ⅰ. フィリピンの言論界でなお影響のある「フィリピン人の価値観」論、この事実上「フィリピン人は人付き合いはいいが身勝手で日和見」「宗教的には表面を飾りつつ腐敗し未熟である」という議論が、カトリック教会から生まれ、その政治社会観に基盤を与えている。 次】 序. h�bbd```b``� ":A$S?���"�O�E|��0�&��$X��|&_�H�%@�Ie9�m �{$��g`bd`)���He�?�_�O L�E endobj endstream endobj startxref /Filter /FlateDecode >> 1273 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<869A6C5397F3494E9AA2B963F183C664>]/Index[1255 35]/Info 1254 0 R/Length 96/Prev 396442/Root 1256 0 R/Size 1290/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream �k��>Ïz7} O6�����q�ё��^;�BRP�n��{��P���r"�p/_���EW�6���:06j�!��k6�m-l8�4�p�K8��� 3,o1ذU�b��P�-�#�18׍�>n�@���`5[�ςÝ�\p��>q�2�.�х��]��zQQ��� Dl�����[�U�n3�]���2��:�д�y���/z�k�������6N��(:�b�8����u`l�:0��p���V����o��n�Z�n�K��:�YQ�rBt��8m��UrƦHl����c��r��V@4�yF��[���8�S�j���B>�>QbǮ,)���uS���XD���ww��qoɍ�ڀ���qc��T��� Ro$BG�b���R`���Y�}D�f6�SD��]P9�K�T�1�x�T���l�Z 論文「貧困の社会構造分析. 章 ― 第. << /Length 11 0 R 靖仁. 2007年度 卒業論文 フィリピンのストリートチルドレンについて ... えてくれたが、とくに考えさせられたのが「貧困」であった。 ... フィリピンのダバオ市のストリートチルドレンに関する研究では、 … 和宏 (OHTA, Kazuhiro) 論文審査委員 : 児玉谷 史朗 浅見. /Filter /FlateDecode >> /CropBox [ 0 0 595.2 841.92 ] 本論文の概要. >> 太田 和宏. 太田 和宏. フィリピンには産業が少ないために仕事に就けない国民が大勢います。 大企業への就職や正規雇用される人は大学を優秀な成績で卒業した一部の人に限られます。 しかし学校には貧困層の家の子どもや学力の高くない子などさまざまな生徒がいるため、全員を同じ� /Type /ExtGState この論文では児童労働を考える上で、発展途上国の中でもフィリピンの子どもたちが置かれている状 況に焦点を当てたい。フィリピンに焦点を当てるのは、筆者が訪れたアジアの中で、識字率が比較的高 >> /ExtGState << /GS1 6 0 R >> 博士論文 「貧困の社会構造分析 ― なぜフィリピンは貧困を克服できないのか」 提出者. 海外、特に東南アジアでは女性が社会に出て働く文化が昔からあります。 家族を守るため、子どもに食べさせて学校へ通わせるために自分が働かなければと思う意識がとても強く、女性はフルタイムではなくても収入を得られる仕事を一生懸命に探し働きます。 この状況は中低所得者に特に目立ち、畑仕事、行商、洗濯や掃除の請負、露店販売など母親は子どもを守るために汗水流しています。 またフィリピンの女性は社交的で積 … 3ʓY��d5ϨL%��Q�J�m����W�_���W�7�n6�g~>=����z������f��]���b�;l��^o.�����N.��. フィリピンの貧困はなぜ減らないのか? 田. 上. 1255 0 obj <> endobj h޼Yko\��+�c��X>�$�_��:A-�N!��F���+a�.��û�J�a�.Z�r�3��p��>�4�ɇ�����M��o���A�r��Q*U7�k�[���4���b��ɲ��j /Length 5 0 R 2 貧困政策にみるフィリピンにおける社会開発政策の特徴(テーマ別分科会4=アジアの社会開発政策-現状と展望,ii テーマ別分科会=報告論文と座長報告) フィリピンにおける人口増加が経済成長や貧困に与える影響(松浦) 261 ₂₀₂₀年の₃₀年で人口が₂倍になり,₂₀₂₀年代には日本とフィリピンの人口が逆転することが予想 太田和宏氏の. 論文「貧困の社会構造分析. /Type /Page 章 ― 第. %���� フィリピンにおけるストリートチルドレンの貧困と労働 山元 京子 青山社会科学紀要 31(1), 53-79, 2002-09 /F0 7 0 R /F1 8 0 R >> /ca 1 /Parent 2 0 R 一橋大学博士学位論文要旨 経済成長、貧困、不平等 -タイ、フィリピンのマイクロデータを用いた計量経済分析- 栗田 匡相 研究の背景と意義 近年、開発経済学の分野において経済成長、不平等、貧困の3 者関係の解明を目的とし 済へのインパクトについて述べる。第2節では、フィリピン政府が実施した ofw(フィリピン人海外労働者)に関する調査を基に、女性のofwの多く がフィリピンでも貧しい地域から出ていることを検証し、貧困問題との関わ りについて言及する。 世界の貧困問題の状況と原因、そして解決策のヒントをわかりやすく解説します。 国際協力について学んでいる学生や、貧困問題に興味のある人に向けた記事になります。 グローリアセブはフィリピンの貧困問題に取り組んでいるボランティア団体です。 << 論文題目: 貧困の社会構造分析. x��]K��6�ׯ�y�V�&�a ���6��AnI�a������ÖmQ")v���0�X��E����"-�������i����|����'%�T���T��d%1��o?B��������������*X%J� いては2010年の11.1%から2016年には18.3%(約 748万人)に増加している。また、貧困率については 2009年の26.3%から2015年には21.6%となり*4、ジ ニ係数も2009年の0.4641 *5から2015年には0.44396 へと改善したが、それでもなお、全人口の21.6%に相 ある。フィリピンが植民地化される前、貧困はなかったが、 今は食糧や教育を受けられない子どもたちがおり、15歳以 下の子どもの44%(2000年)が貧困である*2。「貧困」という ものは、経済的な指標だけでなく、多角的に見るべきで、支 6 0 obj 筆者のフィリピンの貧困との最初の出会いは、この映画だった。 2006年、フィリピンのgdpは116,931ドルと世界の中で47番目に位置している。同じ東南アジアの中で も特に貧しいと言われるカンボジアは7,096 ドルで121 番目、ラオスは3,437 ドルで138 番目に位置す る. >> 次】 序. /Contents [ 4 0 R ] x��WMo�0��W�D%)Y@����u3�C�[�;Xv��-ۉ[$�|�08A(Dz|)Ꙁ�9�oP8�,�1@�t��f���>#�+a_����j�`�v 657 /CA 1 4 0 obj endobj Q���Ԫ���x���O��;����T⭰_�1~�Y���i�ݵ�;Q�r��O=��Ȅ}��7���__��KAJ����� �_�i/V��>q�}. フィリピンにはたくさんのストリートチルドレンがいて、多くの子どもたちが首都である マニラで生活をしている。路上で生活をする彼らは、寝ている間に物を盗まれてしまったり、 /MediaBox [ 0 0 595.2 841.92 ] 神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授 【目. 5 0 obj stream マクドナルドやフィリピンで一番人気のあるジョリビーでは、お客さんに交じり履歴書を持った大学生が店頭で列を作っている姿を見かけます。 ファストフード店の面接を受ける大学生。 フィリピンでは大卒でもファストフード店への就職がやっと。 採用されたとしても正社員ではなく半年間の期間雇用。 契約が終了すればその後の雇用はどうなるかわかりません。 フィリピンの国民の平均年齢は若く23歳。 同じ年代に卒業した学 … endobj N�.D フィリピン貧困の現状と問題. << %PDF-1.4 5 。これらの国と比較する … /Font << フィリピンは7,000以上もの島からなる国であり、人口は2017年時点で1億492万人です。 2000年には7,600万人程度の人口だったフィリピン。少子高齢化、人口が減少していくという問題を抱える日本とは違い、フィリピンの人口は急速に増加。2025年~2030年には日本の人口を抜くという予想もされています。 フィリピンは熱帯性気候であり、年間を通じて温かいのが特徴です。 年平均気温は26~27℃、6月~11月が雨期、12月… : 労働市場からの接近にむけての予備的分析 (北村歳治教授退職記念号) 不破 信彦 アジア太平洋討究 (23), 235-246, 2014-06 1289 0 obj <>stream /Resources << フィリピン貧困の現状と問題. フィリピンは政教分離がなされておらず、公的な性教育の制度が整っていない。ま. Q��1�Xk��(z�7lo�ࢢ1|��ƙ/��pM�� ��}Qq&OS���T' ��U���@UmL�Z���T�lQO�5��:r��j��~bNx_ endstream 彼女は10年前にオランダからフィリピンに渡って以来、様々な貧困対策ngoを運営してきた女性だ。心理学者でもあるジュリエットは、これまでストリート・チルドレンのシェルター運営やフィリピン人アーティストの展示ギャラリー運営など、幅広い分野で社会貢献を目指す活動を行なってきた。 0 らしたフィリピンの経済成長と社会構造の変化について概観する。ついで第Ⅲ節では、同大統領の「違 法薬物撲滅政策」について検討し、同政策がフィリピンの貧困層のコミュニティに与えている影響を明 らかにする。 Ⅰ 2016年フィリピン大統領選挙を読む %%EOF た貧困から教育を受ける機会がなく、知識のないまま望まない妊娠をする若者もとても 多い。このような現状の中で、ピアエデュケーションは若者にrh に関する知識を与え 博士論文一覧 博士論文要旨 論文題目:貧困の社会構造分析 なぜフィリピンは貧困を克服できないのか 著者:太田 和宏 (OTA, Kazuhiro) 博士号取得年月日:2018年2月14日 →審査要旨へ フィリピンではなぜ長らく貧困問題が克服し得ないのか。 %PDF-1.6 %���� ように、1990年代より、在日フィリピン人を対象とした研究は、フィリピン地域研究出身の研 究者による質的調査が主だった。そこで描かれたのは、フィリピンの貧困世界から日本という 豊かな国へ「移動」した女性たちの物語であった。 一橋大学博士学位論文要旨 経済成長、貧困、不平等 -タイ、フィリピンのマイクロデータを用いた計量経済分析- 栗田 匡相 研究の背景と意義 近年、開発経済学の分野において経済成長、不平等、貧困の3 者関係の解明を目的とし stream