2017.05.25 は「いい」ではなく、「まあまあ」という評価なんですが。, 英国人なら”Good! ©Copyright2021 トコトン英語.All Rights Reserved. Excellent!” の時点で、ホームズが教授、ワトソンが生徒、という配役だと気づいていたはずです。”The Yellow Face” などの短編の場合、”as a professor” とか、ズバリ書いてくれていますから、わかりやすいんですが、「バスカヴィル家の犬」は長編なので、まわりくどいですね。, では、Perfectly sound! 放送時期2018年; ホームズとワトソンは日本人で、両方とも女性。 様々なものの歴史や由来、また言葉の意味などなぜそうなったのか?ということを探っていくサイトです。, 2019/1/5 ホームズとワトソンの関係、というのは簡単と言えば簡単、複雑と言えば複雑で、やはり二人の関係に注意をしておかないと、ストーリーの理解が深まらないことがあると感じます。. シーズンごとに、ホームズとワトソンの関係に影響を及ぼす人物が登場し、ふたりの環境が変化していくのも見どころのひとつ。 とはいえ、ふたりはあくまで相棒としての信頼関係で、男女の仲になることはなさそうなのですが。 こんな方におススメ シーズン2の事件の影響から一時的にイギリスに帰国したホームズが、かつてワトソンにそうしたように自らの探偵技術を教え込んだ弟子。ホームズがニューヨークに戻る際に同伴し、継続して師事を受けて … ホームズとワトソンのように円滑なバディ関係は、相手が自分の欠如した面を最初から備えていることを基にしています。 自然と互いが互いを補い合えるために、うまく調和するというワケです。 ホームズとワトソンは本作で男性・女性という異性同士で登場するも、その関係性は原作どおり。共同生活のなか友情を育み、見ている者をドキドキさせてくれる。 サー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場する。 フルネームの「H」は、妻に「ジェームズ」と呼ばれた事があるため、「ジェームズ」と同じ意味の「ヘイミッシュ」だと推測されている。 シャーロック・ホームズとともに、メアリ・モースタンと結婚(「四つの署名」)まで221Bに同居し、生活をしていた。元軍医で第二次アフガニスタン戦争で、肩(足という説もある)を負傷し、本国へ送還されたあと、スタンフォードに紹介され、シャーロック・ホームズとの生活に至った。ホーム … 「エレメンタリー」のシャーロックは、奔放な恋愛(というより遊び)をしているという点も異色。さまざまな美女を連れ込んでは同居相手のワトソンを辟易させている彼ですが、本気になるとめちゃくちゃ一途だったのです。長年アイリーンを忘れられなかったホームズを射止めたのは高機能自閉症の天才プログラマーで、猫の詩集(!)を贈ったり、デートも一緒にコーヒーを飲むだけだったり、いつもの傲慢さは影を潜め、彼女を気遣う何ともいじらしいシャーロックの一面を見ることができるのは本 … 図書館からの依頼を受けたシャーロック・ホームズ(ジョニー・リー・ミラー)はキティ(オフィリア・ラヴィボンド)に仕事を振って、現場に行かせます。表ざたになっては困ると内密に捜査をして欲しいとラファエルに念を押されました。 地図が保管してあった引き出しを見たキティは、ピッキングの跡があるモノと無いモノがあることに気づき、内部の人間が何らかの関与をしているとにらみます。ただし、共犯なのか、脅 … 【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】シーズン1のあらすじとネタバレ。変わり者ののシャーロック・ホームズがわずかな証拠から、推理と洞察力を駆使して難事件を解決に導くミステリードラマ。相棒のワトソンとのやり取りも見どころです。 ホームズとワトソンの関係. なので、ホームズをよく知らない人も安心して欲しい。 「ホームズとワトソンが一緒にキャンプ」 原作を知らない人は、どうして男2人でキャンプに出かけているのか不思議に思うかもしれない。 実を言うと、ワトソンはホームズの同居人であり友人なのだ。 今回は、憂国のモリアーティに登場する、 シャーロック・ホームズ についてご紹介します。 ウィリアムのライバルであり、犯罪卿の正体を探る名探偵! そんな シャーロックの魅力 について、 かっこいいシーン やウィリアムやワトソンといったキャラたちとの関係とともに解説していきます。 とひねった返答です。だって、「完璧」ではホームズが推理を追加できませんからね。ちなみに、ストランド版 バスカヴィルの家の犬を翻訳したときは、それぞれ、「70点!」「85点!」「満点かな!」のようにしました。, ホームズが教授、ワトソンが生徒なんて、あたりまえの設定じゃないか、それが分かったところでなにか変わるのか?と疑問になるでしょうが、意外にもあれこれ納得できる部分があるんです。, 「ワトソン、君は自分自身を越えた」ということですけど、先生が生徒に言うなら?たとえば「ワトソン、君にしては上出来だよ」となりますね。こんな言い方は、先生と生徒以外では使えないはずです。, そのあと、ワトソンからステッキを取り上げて、じっくり調べたホームズは、こうつぶやきます。, 有名なセリフですよね。「面白いな。初歩だが」という訳が多いのですが、すでに教授と生徒というシチュエーションになっているのですから、これは、elementary, intermediate, advanced (初級,中級,上級) の elementary と考えるべきでしょう。ホームズはワトソンに問題を出し、けっこうまともな答が返ってきたので、自分で調べ(ひとりだけルーペを使うのは、反則ですよね)、「興味深いが、初級問題だったからな」と負け惜しみを言っているわけです。, “You know my methods.” と、頭ごなしに決めつけてますよね。偉そうじゃないですか。「メソッド」と「アプライ」いずれも学校くさいです。数学で、応用問題が解けない生徒に対して教授が「公式は覚えているんだろう?それを当てはめてみろ!」とか、そういう口癖を思い出したりしませんか?, そもそもホームズがワトソンにステッキを調べさせ、その答えを評価する、という冒頭のエピソードはなんのためにあるのか、ということですが、これは「バスカヴィル家の犬」全体の縮図になっているのです。, この物語で、ホームズは自分の代理としてワトソンをバスカヴィル館に送り込み、ワトソンはホームズに「レポート」を送ります。つまり、ワトソンのステッキの調査と回答を大きく展開したのが「バスカヴィル家の犬」全体のプロットになるのです。巧みな構成だと思います。単なる「つかみ」のエピソードに見せて、ちゃんとした導線になっているんですから。, ワトソンは「フィールドワーク」の最中に、ホームズがロンドンで逃がした男を捕まえてやろうと決意し、こう思います。, It would indeed be a triumph for me if I could run him to earth where my master had failed. ホームズはその鋭い観察眼と天才的な推理力で捜査をしていきますが、ワトソンの医学的知識や聡明な頭脳から発するなにげない助言が、事件解決の糸口になることもあり、2人の間には次第に協力関係ができあがっていきます。 とか評価をするシーン、洋画の学園ものでもありますよね。ちなみに、Good! 「先生が逃がした男を捕まえれば、絶対にこっちの勝ちのはずだ」, ワトソン、けっこう根に持ってますね。ホームズをぎゃふんと言わせてやる、と文句のつけようのない回答を目指しています。, この教授 vs 生徒という構図は最後の場面まで、途切れることなくつながっています。問題が解決し、ホームズが教授として解決の過程を講義することになるのですが、ワトソンが何を訊いてもホームズは即答します。こういうとき、生徒は先生の鼻をあかしてやろうと、無茶な質問をしたりしませんか?そうすると先生は、「おいおい、そんな質問はないだろう。いくらなんでも、そこまでは答えられるもんか」とか言いつつ、「まあ可能性は3つあるかな。その1…. ホームズとワトソンは、この元ヤクザの殺害が、極秘の国家安全保障に関係していることを見抜く。 第7話「殺しのオーナメント」 SOBER COMPANIONS ごく身近で起こった連続殺人事件を調査するうち、ホームズはこれがマイケルの犯行だと確信する。 (2) ホームズとワトソンの関係 これは時期によって違いますが、最初期はルームシェアをしていましたが、その後ワトソンが結婚し医院を開業したため、時々訪ねてくるという感じになったようです。 ワトソンが遺した13の未発表のホームズの事件簿. 「ホームズとワトソンは親友なのに、なんで名字でしか呼ばへんのかな??」 そして、そんな時、図書館で偶然見つけた「シャーロック・ホームズ」関係の研究本(笑)。 これを読んで、その理由を知りま … バスカヴィル家の犬の冒頭、ホームズはワトソンに依頼人が忘れたステッキについて推理をしてみろと言います。. 女性ワトソンの設定にしたことにより、友情、母性、愛情など、原作にない新しい関係性を生んでいます。 日本(Hulu):ミス・シャーロック/Miss Sherlock ドラマの特徴/女性ホームズ&ワトソン. ワトソン医師の失われた文章が発見された! ファイルの中には、これまでに日の目を見ることのなかった13のシャーロック・ホームズの事件が、その忠実な相棒の手により丁寧に報告されている。 一見すると穏やかで道徳的、かつ常識的な思考を持つ人物であるが緊急時には躊躇わず銃を使い、腕も一流であることがドラマ内で披露されている。このように、無意識に危険を好む一面も持ち合わせている。「ピンク色の研究」事件解決後、心理的外傷が治癒へ向かっていることを示すシーンにより、それが示唆されているが、それが本来の意味(一般的な市民として生活への適合)の治癒への足がかりとなっているともいえまい … の上なので、Perfect!と来るぞ、と思わせて、 …ly sound! 英国の作家、アーサー・コナン・ドイルが発表した作品群・シャーロックホームズシリーズに登場する探偵。初出は1887年発表の『緋色の研究』。 世界でもっとも有名な探偵の一人であり、ホームズ自身の名が、推理小説における『名探偵』の代名詞としても使われる。 推理小説そのものはエドガー・アラン・ポーがその先鞭をつけたが、このホームズの登場とその人気によって、「探偵が難事件を解決する」という『探偵物』の様式が確立した。その結果、探偵物を含む推理小説が、大衆の読み物としての … 2013年から CBS で始まった『 エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY 』は、舞台が21世紀のニューヨークであり、ワトスンに相当する役は「ジョーン・ワトソン」という、元外科医で薬物依存者回復支援員となった 中国系アメリカ人 女性という設定であり、 ルーシー・リュー が演じている。. シャーロック・ホームズシリーズは、今日で言うところの「読切連載」という形式で雑誌に掲載されました。 このため、毎回のように新しい登場人物が現れますので、ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は それほど多くありません。 短編小説「ボヘミアの醜聞の中で」でホームズはこう言っています。「ボズウェルがいないと途方に暮れてしまう!」。これは自分とワトソンの関係を、サミュエル・ジョンソンと伝記作者のボズウェルの関係に置き換えているのです。 特に相棒のワトソンとの関係性は、「探偵と語り手(=読者)」という一種のテンプレを確立させている。日本に限らず、このプロットに影響を受けた作品は多い。が、ドイルも『モルグ街の殺人』から影響を受けていると思われる。 エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY,日本最大の海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV。「ブラックリスト」「スコーピオン」「クリミナル・マインド」など話題作、大ヒット作、日本初の海外ドラマが大集結!視聴方法、番組表、番組動画など公開中! Pride and Prejudice「高慢と偏見」(Oxford Bookworms). ホームズとワトソンの関係性がよーく見える『シャーロック・ホームズ』本編映像が到着 2010.3.12 Fri 22:04 【アカデミー賞】ファッションチェック! その2…. 2019/2/5 は?これは、Good!, Excellent! ホームズ・シリーズのおもしろさはあらためていうまでもないと思います。少年少女向けに訳されたこのシリーズではそのシンプルもあってでしょうか、ワトソンとホームズの関係がくっきりと浮きぼりにされていてとても気になりました。 深読みシャーロック・ホームズ エンタメ, しかし、彼は天才的な名探偵の単なるお手伝いではありません。実はホームズに匹敵するような存在です。ワトソンがいなければホームズもいなかった。そう断言してもおかしくないような人物だといえます。, ホームズとワトソン、2世紀を超えてもなお世界中の人々を魅了し続ける2人の関係について、私なりに解説してゆきます。, コナン・ドイルによる探偵小説、『シャーロック・ホームズ・シリーズ』が出版されたのは大昔です。19世紀末から20世紀をまたぎ40年間に渡ってイギリスで刊行されました。, 以降、100年以上に渡ってドイルの原作を基にした無数の舞台やTVドラマや映画がほとんど途切れることなく製作されてきました。, それによって21世紀の今でもシャーロック・ホームズという名は世界中に知れ渡っているというワケです。, シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソン。この名探偵と助手の関係は、基本的に天才と凡人と言えます。昨今の日本でもいわゆるバディ(相棒)ものが流行っていますが、その最も典型的な形の1つとも言えるでしょう。, 年はホームズの方が1つか2つ下で、ロンドンの一角でルームシェアをすることから2人の関係は始まります。, ホームズは探偵業を気ままに営む一方、ワトソンは医学博士号も持つ由緒正しき医師。しかし、探偵業の主導権は完全にホームズにあります。, ホームズは犯罪科学の幅広い知識を元に、天才的なセンスと鋭い観察力、また這いつくばってでも事件を解決しようとする情熱によって、数々の難事件を解決してゆきます。, 「Elementary, my dear Watson」(初歩的なことだよ、ワトソン君)というものです。これはホームズの推理力に驚いたワトソンに対する、ホームズの決めゼリフです(ただし、原作ではこの台詞は出てきません。あくまで舞台でのセリフです)。, このElementary(エレメンタリー)というのは英国では初等教育を指します。つまり日本語で言えば「小学生レベルだよ」という感じになります。ちなみに2012年からアメリカCBSで放映されているTVドラマ『エレメンタリー、ホームズ&ワトソンin NY』も、このセリフから来たものです。, このエレメンタリーの一言は、ホームズの底知れぬナルシズムを感じさせるばかりか、彼のワトソンへの接し方をも明示しています。探偵業において、ホームズは学校の先生でワトソンは生徒のようなもの。つまりは師弟関係にあるといえます。, しかし、ここがおもしろいのですが、本業である探偵の仕事から離れれば、ホームズとワトソンの関係は一変します。, ホームズは一筋縄ではいかない男です。探偵業では極めて理知的かつ精力的に働きますが、私生活では相当の遊び人になり変わります。, 女遊びこそしないものの、ヴァイオリンを弾いたり、ひんぱんにタバコを吸ったり、気まぐれにピストルを撃ったり、はてはドラッグにまで手を出します。そのため薬物に関する知識はハンパではありません。, 生真面目なワトソンはやはり、そんなホームズの自堕落さを許さず、たびたび注意を与えます。つまり、ワトソンはホームズにとって母親的な存在と言えます。探偵業の師弟関係は、私生活において母子関係に一変することになります。, ワトソンが「ホームズの伝記作家を務めている」という点も、この母子関係の一つとして捉えられます。, 原作『シャーロック・ホームズ・シリーズ』は、基本的には「名探偵ホームズの活躍を助手のワトソンが伝記として書き記す」という体裁を持っています。小説世界が実際にあるかのように見せかける、いわゆるメタ小説といえます。そのために「ホームズが実在するのでは」という噂がこの原作にずっとついて回っています。, ワトソンが伝記作家を務めるのは、「名声に興味のないホームズに代わって、彼の功績を後世に残したいから」という理由です。, その元には、母性愛ともいえる何かが感じられます。つまり、子どもの活躍を世に自慢したい母親のような切なる思いが垣間見えるのです。, 一方で、ホームズの活躍を書き記すワトソンの姿は、歴史的な偉人には常に偉大な黒子がいるということを物語ります。どんな偉人も、それを語り継ぐ人々、またはそれを書き記す著述家なくしては存在しえません。, その意味で、シャーロック・ホームズという偉人は、ワトソンなくして存在しなかったと言えます。もちろんすべては架空の世界であり、実際に書き記したのはワトソンではなく著者のコナン・ドイルになるのですが。, ホームズとワトソンのように円滑なバディ関係は、相手が自分の欠如した面を最初から備えていることを基にしています。自然と互いが互いを補い合えるために、うまく調和するというワケです。, その段階を過ぎると、彼らは積極的に自分の欠如を相手に強く求めるようになります。ホームズとワトソンの場合だと、ホームズがワトソンに生真面目さを求め、ワトソンがホームズに閃きを求めるようになるということです。, 2人の人格がスイッチする(入れ替わる)ようになるのです。自分がなれないために相手に求めていた人格が、自らに戻ってくるようなことが起こります。まるで壁に投げたボールが自分に跳ね返ってくるようなことが起こるのです。それは倒錯的な相補関係とも言えます。, 例をあげましょう。ホームズは一度、ワトソンに代わって自らの事件を伝記にしようとします。ワトソンがあまりに読者サービスにすぎる書き方をするため、もっと自己流の文体で書いてみようと思ったからです。しかし、出来上がった原稿はワトソンが書くような生ぬるいものになります。, 一方で、ワトソンはホームズの才能にほれこんでいながら、時に推理に挑戦しようとします。自らの推理力を披露して、ホームズを一回でもギャフンと言わせたいと思っています。特に『バスカヴィル家の犬』の中などでは、あの勝ち気なホームズを大いに感心させることに成功しています。, このように、ホームズとワトソンには人格をスイッチする時があります。おそらく、ここは著者のドイルも意識的に書いたのではないのかも知れません。, しかし、私にはホームズとワトソンがこうも長く世界中の人々に愛されている理由の根源が、ここにあるように思われるのです。, 他にこの2人とよく似た関係として、ビートルズのジョンとポールがいます。ホームズとワトソン同様、イギリス人の2人は天才と凡人の典型的なバディ関係にあります。もちろん彼らの方は実在するのですが。, ちなみにジョンはシャーロック・ホームズの大ファンで、ワトソンが書かなかった伝記としてホームズのパロディ作品を自ら書いているほどです。, 一般的にジョンは創造的なリリックを得意とし、ポールは商業的なメロディを得意としています。しかしプロデューサーのジョージ・マーティンによれば、その逆であったことも多々見受けられたのだそうです。, ホームズとワトソン、ジョンとポール。もしかすれば彼らは互いの欠如を補い合う上に、時には人格ごとスイッチすることで、1つの完全な人間になろうとしていたのではないでしょうか。, そして、そういう完全な円を描くバディ関係だからこそ、多くの人がそこに限りのない愛着を覚えるのではないか。私にはそんなふうに思えます。, ワトソンは助手であり弟子であり母であるといえます。そして、そこには倒錯的な相補関係が垣間見えます。, ぜひ『シャーロック・ホームズ』の世界に深く浸ってみてください。きっとあなたの解釈が見つかるはずです。. 日本語表音及び和文表記は「ワトソン」。. tandtad, ホームズとワトソンの関係、というのは簡単と言えば簡単、複雑と言えば複雑で、やはり二人の関係に注意をしておかないと、ストーリーの理解が深まらないことがあると感じます。, バスカヴィル家の犬の冒頭、ホームズはワトソンに依頼人が忘れたステッキについて推理をしてみろと言います。そして、ワトソンがこういう人物だと推理するとそれに対して、ホームズはこう答えます。, 実質的に good と excellent だけの文をなぜ調べるのかですが、じつは、最初はスルーしていたのですが、このあと、ワトソンが追加の説明をしたときのホームズの返答に、まてよ?と思い始めたのです。, ピンときませんか? そう、欧米の学校の評価と同じなんですよ。 Good❗, Excellent❗ と ❗ がついているところで、既にわかっておくべきでした。先生が生徒に答えさせて、それをすぐ Good! その3….」とか答え、最後は「ああ、こんな時間か、講義はここまで。メシでも食いにいこう」などと閉める。講義の切り上げ方としてよくありそうじゃないですか。これがそのまんま「バスカヴィル家の犬」のラストシーンなんです。.