『仮面ライダージオウ』(かめんライダージオウ、欧文表記:kamen rider zi-o)は、2018年 9月2日から2019年 8月25日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜9:00 - 9:30 (jst)に全49話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ作品 、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。 EPISODE17 ハッピーニューウォズ2019, 常磐ソウゴのRoad to the King! 当ブログ運営者。幼少期に仮面ライダーに出会い、見たり止めたりを繰り返すが、「仮面ライダーエグゼイド」によって作品の食わず嫌いを克服し仮面ライダーに本格的にのめりこむ。同時にS.H.フィギュアーツの造形美に魅せられフィギュア集めを始める。今はS.H.フィギュアーツの素晴らしさを伝えるためにブログを日々更新中。, S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーエターナルレビュー! このカッコよさ"永遠"に手の中に!. 「仮面ライダージオウ 第48話」見るならテラサ!初回15日無料、月額562円(税抜)でおトクに見放題!ドラマ・バラエティ・アニメ・映画・特撮など幅広いジャンルの作品や放送終了後の見逃し配信、オリジナル作品など豊富なラインナップ!レンタル作品も充実。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オーマジオウの前に無防備なソウゴですが、オーマジオウは一切手を出すことなくソウゴと話し始めていました。, 過去の自分が消えたら自分も消滅するからと本人はいってますが、ベルトを捨てて未来を変えろって言うような人物ですから何とも言えません。, いずれにしてもオーマジオウに敵意がないことを明らかにしたソウゴは、我々自身も気になっている疑問を投げかけました。, これまでオーマジオウは各仮面ライダーのライドウォッチを使ったり手をかざしただけで爆発を起こしたりと、誰が見てもチート級の強さを誇っていました。, が、ジオウⅡの未来創造、グランドジオウのライダー召喚と言った特殊能力を披露したことは一度もありません。, せいぜい手をかざすだけで自由にソウゴやカッシーンを過去に送るといったぐらいしかシーンがありませんでしたが、今回オーマジオウの力が明らかになりました!, だから世界を1つに融合させて、1つになった世界をオーマジオウとなったソウゴに破壊させる。, 新たな王を擁立するためにタイムジャッカーがあったのに、その頭角であったスウォルツが本当はオーマジオウにしようとしていたとか…。, その事実を聞かされるソウゴですが、それを聞いてもなおソウゴはオーマジオウにはならないと断言。, オーマジオウは、ソウゴがこの先何をどう判断するのかを楽しみにしているとソウゴに伝え2019年に戻しました。, でもオーマジオウは、「無駄かもしれんが」とつぶやくと空に手をかざし粒子状のエネルギーを発射。, そのエネルギーはツクヨミの下へ行き、ソウゴが忍ばせたウォッチが熱を帯び輝きを見せたのです。, これが後にとんでもない展開を生み出すことになるとは、この時点ではまだ誰も知りません。, ちなみにこの一連のシーンの一歩前で、ツクヨミとゲイツが過去のソウゴに助けられたことで自分たちも過去に行けばいいということを明らかにします。, もしかしてゲイツ達が2018年に来たのって、ソウゴが関わってたってことなんですかね?, アナザーディケイドに召喚された魔進チェイサーがツクヨミを襲撃しようとしていたのです。, でも前回ゲイツが剛のことを喋ったり、ウォズがチェイスも仮面ライダーであったことを明かしていたことでチェイスの頭は混乱していました。, 拳を振りかざそうとしても途中で躊躇いが起こり止まるといった自分でも理解不能な事態に戸惑っていました。, そんな時にタイミング悪くツクヨミを探していたアナザーディケイドが登場、自分が変わって始末すると妹に容赦なく拳を振り下ろそうとする!, 進ノ介や霧子や剛と出会ったことで知った人間の心を、時空の歪みによって残していたチェイスがそれに反するアナザーディケイドに牙をむく…最高に燃える展開。, しかし魔進チェイサーもアクアと同じようにオーロラカーテンを利用した方法で攻撃をかわされてしまい、力を込めた回し蹴りによって致命傷を負ってしまう。, チェイスはゲイツから聞かされた言葉に人間の美しい心を感じ取り、人間の素晴らしさを感じながら消えていきました。, 栄光のナンバー「000」もこの前のパラドックスロイミュードとは違って、綺麗に消えていきました。, ドライブ本編のゴルドドライブの攻撃から剛を庇った後のシーンをオマージュしたようなシーンでした。, 魔進チェイサーだけでの登場でしたが、少しだけ仮面ライダーチェイサーの映像も出てきたりしたのでファンにはたまらないシーンになったでしょう。, チェイスが消滅したことによってあたりは静寂に包まれていましたが、それを破壊したのがアナザーディケイド。, 人間の心の美しさにチェイスが触れていたのに、ほんとどうしようもない兄です(お前人間じゃねぇ!), これまで過去に行ってレジェンド達からウォッチを託される側だったソウゴが、自分にとっての未来に行ってツクヨミにウォッチを渡す。, そのツクヨミはウォッチを持ったまま2018年に行くことになるから、ウォッチをずっと持っていたことになる。, 次にスウォルツが、相変わらずどこから出したか分からないジクウドライバーを投げつけツクヨミに渡す!, ウォッチを装填するとジオウⅡと同じような待機音が鳴り、後ろには針時計の中から月が現れだんだん三日月になっていく。, セーラームーンのOPのような変身、頭部の三日月のシルエットに「ライダー」の複眼、ファムの如く真っ白なボディにマント。, 令和最初の女性ライダーはゼロワンのバルキリーだと思ったのですが、まさかツクヨミが令和最初の女性ライダーになるとは!w. レジェンドのプレッシャーと戦い、走り続けた1年間, 常磐ソウゴのRoad to the King! 仮面ライダージオウ第21話をネタバレ感想で振り返り、2月3日の放送を見逃した方には無料動画を紹介します。 昭和第2期. 仮面ライダージオウ第26話 ネタバレ&感想! イルサルバトーレ!ゲイツリ… ジオウ ネタバレ 2019.5.14 仮面ライダージオウ第35話ネタバレ&感想! 釈由美子さんの圧倒的演技力が… ジオウ ネタバレ 2019.4.23 仮面ライダージオウ第32話ネタバレ&感想! 仮面ライダージオウ 第48話「2068:オーマ・タイム」 世界を滅ぼすために、ソウゴを利用して全ライダーの世界を1つに融合したスウォルツ。� 怪人が溢れ出る世界の中で、士は「世界を捨てても、人々だけは助けないとな」とソウゴに第4の道を提示する。� 仮面ライダージオウ第48話ネタバレ感想戦:最終章その⑤決戦!ジオウvsオーマジオウ 2019年8月18日放送の仮面ライダージオウ第48話「2068: オーマ・タイム」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編 … モモタロスから電王ウォッチを受け取り、再びグランドジオウウォッチを手にしたソウゴは、ついに仮面ライダーグランドジオウに変身する! グランドジオウはクウガ、ビルドと平成ライダーを繰り出し、アナザー電王を攻撃。 『仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME』主題歌+本予告ダブル解禁!! 仮面ライダーディケイドのスピンオフ作品「rider time 仮面ライダージオウ vs 仮面ライダーディケイド 7人のジオウ」の第3話の内容をネタバレ紹介いたします! 第2話は生徒会長選挙を巡り、光ヶ森高校の … 仮面ライダージオウ第48話「2068:オーマ・タイム」の見逃し動画を視聴できる方法をお伝えします! 【ニュース】 『仮面ライダージオウ スピンオフ rider time』第1話3月31日(日)配信決定!!プレミアム上映会にご招待! プレミアム上映会にご招待! EPISODE30 2019:トリニティはじめました!, 仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズCPが明かす、“覚悟”と“これから” (2/2), 「ジオウVSディケイド」「ディケイドVSジオウ」ユウスケ役・村井良大や武田玲奈が出演, https://twitter.com/cron204/status/1092035437403623425, https://twitter.com/cron204/status/1089901143474372608, https://twitter.com/cron204/status/1090995045400903680, 常磐ソウゴのRoad to the King! 『rider time 仮面ライダーディケイドVSジオウ/ディケイド館のデス・ゲーム』の配信を記念して、『仮面ライダーディケイド』テレビシリーズの第1話~第9話までと、『仮面ライダージオウ』第1話〜第16話を2021年3月31日まで期間限定無料配信中! [4]」「祝え、次代の王の誕生を。[5]」。, 平成仮面ライダーシリーズの20作品記念作品にして、テレビシリーズでは、最後の作品[6][7]。これに関連して「Since2000 平成20 Kamen Rider Kicks」の記念ロゴマークも新規に製作され、公式サイトや関連商品、オープニングのタイトル表記時などに使用されている。, 時計をモチーフとした本作品では、主人公のジオウをはじめとする仮面ライダーたちも時空を巡って戦う「タイムトラベルライダー」として位置付けられている[8]。シリーズ第1作『仮面ライダークウガ』から第19作『仮面ライダービルド』までの各作品の時代を含めた、さまざまな時空を巡るタイムトラベルという要素やジオウが「未来の魔王」であるという設定は、20作品目に相応しい壮大なスケールを志向したことに起因する[9]。, ジオウたちは歴代平成仮面ライダーたちの力を持つアイテム「ライドウォッチ」によって彼らの力を使用できるほか、ストーリー面でも歴代平成仮面ライダーたちとの出会いが強調されたものとなっている[10]。歴代平成仮面ライダーたちとのクロスオーバー作品である点は、シリーズ節目の作品であった第10作『仮面ライダーディケイド』とも共通しているが、本作品ではそれとの差別化を図るべく「レジェンドから逃げない」というスタンスが、企画段階より明確に打ち出されている[9]。その『ディケイド』の主人公である門矢士 / 仮面ライダーディケイドは、ジオウたちの前に大きく立ちはだかるキャラクターとしての展開が予定されており[11]、『ディケイド』が『ジオウ』以上にレジェンドを扱う作品であったため、その設定から当初は数話のみの登場を想定していたが、反響の大きさと説明など便利であることから、もっと出てくれないかという話になり、最終盤では『ディケイド』の完結編的なエピソードとしても描かれている[12]。その多くが聖人君子の主役の平成仮面ライダーの中で自虐的・偽善的に「自分は破壊者だ」と言えるディケイドは、唯一悪者として扱える仮面ライダーとなっているため、物語に大きく関わっている[13]。シリーズの設定的な根幹の片棒をいずれかの形で担いでもらうため、ゲストではなくある種の特別扱いが必要と考え、有り体として敵と思い、ラスボスではなく中ボスとして3月ごろに倒されるという想定であった[14]。, 東映プロデューサーの白倉伸一郎は本作品を平成仮面ライダーシリーズの集大成とした理由について、平成が改元となることと平成仮面ライダーシリーズが20作品目を迎えることが重なったことを挙げているほか、前作『ビルド』が玩具売上や映画興行などは好調であったものの視聴率的には苦戦したことから[注釈 1]、視聴率が4割向上した『ディケイド』と同じくレジェンドの要素を取り入れたことを述べている[15]。当初、白倉はレジェンドを扱わない方向性でも企画を検討していたが、共同プロデューサーの武部直美から「それは逃げです」と言われ、現在の方向性に改めた[16][17]。, 作品内容については、同じく歴代仮面ライダーを扱った『ディケイド』が各作品を知らない人に向けて再構成したものであったのに対し、本作品ではジオウとオリジナルの仮面ライダー、そしてアナザーライダーとの三つ巴の戦いを軸としている[15]。白倉は『ディケイド』や本作品と同じくタイムトラベルを題材とした『仮面ライダー電王』などとの差別化は考えておらず、面白い要素であれば1度やっていても気にしないとする方向性を語っている[15]。一方でタイムトラベルについて白倉は、設定が複雑になりがちであることから消極的であったが、監督の田﨑竜太から「時計顔のライダーが時間移動しなかったら詐欺ですよ」と指摘されたことも理由に挙げている[16][18]。『電王』と同様にジオウたちがタイムマジーンで過去に行ってアナザーライダーを追いかけるが、過去では怪人から見たジオウたちは「はじめまして」の相手で、ライダー側と怪人側の因縁が作れなくなっており、白倉もそれを紐解く答えは今でも分からないという[14]。, 本作品では、スーパー戦隊化してきたフォーマットを打破することがテーマではなく、逆に統括する作品にするため、近年の作品の流れに則っている[14]。そのため、『ゴースト』以来に初手から1号ライダーと2号ライダーが共通のベルトで変身するという流れだったが、前作『ビルド』がバディものであったため、ウォズやツクヨミを登場させることで混ぜっ返している[14]。, 時計というモチーフは、平成という時代を象徴する仮面ライダーであることから選ばれ、当初のデザイン案に、「ライダー」と顔に描いてあるデザインを白倉が気に入り、時計の要素を足すことで現在の形となった[19]。一旦はメカニカルで格好いいデザインに決定しかけたが、歴代仮面ライダーと並んだ時に面白みや主役感に欠けることから後付けとして複眼に文字の要素が加えられ、パイロット監督の田﨑の提案で必殺技にも文字を取り入れられた[15][16][20][21][19]。, 歴代仮面ライダーの要素については、当初はディケイドとの差別化から歴代ライダーをモチーフとしたロボットに乗り込むという案であったが、予算やスケジュールなどの問題から歴代すべてのロボットを登場させることは難しいと判断され、等身大のロボットも考えられ、「乗るロボ」から「着るロボ」という発想からライダーのアーマーになるというものになり、ロボット・アーマー・ミニメカの3種に振り分けるという案に切り替えられた[20][19][18]。しかし振り分けにより歴代ライダーに扱いの差が生じることや振り分けの基準が難しいことなどから、歴代ライダーの要素はアーマーに一本化され、ロボットの要素はタイムマジーンに、ミニメカの要素はコダマスイカアームズやメモリドロイドなどに残された[20]。, パイロット監督の田﨑は、各時代の描写について各作品の世界観との整合性や厳密な時代考証よりも各仮面ライダーに会える時代を描くというスタンスであることを述べている[22]。オーマジオウのいる時代設定は、シリーズ第1作『仮面ライダー』の100年後である2071年にするという案も存在したが、第1作との関連に気づく視聴者がどれだけいるのか疑問視されたため、見送られた[15]。, 当初はレジェンドライダーのライダーアーマーは2018年内に登場し終え、平成2期のレジェンドキャストの登場もそれに合わせて終える予定であったが[19]、レジェンドが登場する方が『ジオウ』らしいとの声が挙がり、また番組が進むに連れ各作品の俳優陣にも『ジオウ』の内容が知れ渡り出演を待ち望む声もあり、後半もレジェンドライダーを中心とした平成1期もフィーチャーした内容となった[23][19]。番組当初のレジェンドライダーが変身できなくなるという設定は、レジェンドが変身しないことについては、本作品の物語の主軸はレジェンドではなくジオウを描くため、レジェンドは盛り立て役としてあってほしいためであり、『平成ジェネレーションズ』と称された作品群ではレジェンドがどうしても駆けつけ変身係となってしまっていたため、それを1年間かけてやるのは世界観を含めてどの番組も全然異なるもので特別なものであるということが伝わらず、オリジナルのよさを毀損することになってしまうことになる。そのため、タイムジャッカーの介入によって、あくまでifの世界だが、ライダーでなくともどこかで生きているという描き方にすることで歴史が変わったことで駆けつけられない理由を描いており、レギュラーの新人キャストがレジェンドキャストに負けないよう配慮したものであった[23][14]。後半でレジェンドライダーも変身するようになったのは、話題作りや中だるみ対策のためであり、4月は、入園・入学・進級シーズンであり、子供の生活サイクルに合わせて番組の楽しみ方を緩やかに変えるため、新生活の明るいムードを取り入れるため、その一環としてレジェンドの取り扱いを変化させている[14]。東映プロデューサーの武部直美は設定上「レジェンドライダーの作品世界と地続きの2019年」になったことで変身できるようになったと説明している[23]。, EP21・22の「龍騎編」で当時の雰囲気を意識した作りが評判を得たことで、元の物語から地続きの話を制作することとなり、EP29・30からそのようなアプローチの回が増えることとなった[24]。, 最終話の結末について、白倉は平成ライダーとの関わりで歩んできた本作品の登場人物らが自分たちの時間を獲得したハッピーエンドと設定しているが、どう受け取るかは視聴者次第だと述べている[25]。, 9月から12月、1月から3月、4月から終わりまでの3章仕立てとなっている[14]。, 人間に歴代平成仮面ライダーの力を与えてアナザーライダーと呼ばれる仮面ライダーに変える未来人たち[56]。オーマジオウに代わる時の王者の候補を探し、新たな王を擁立することで正当な歴史を改変しようと目論む[ep 12][57]。自身と対象以外の周囲の時間を一時的に静止させる能力を持つ[注釈 17]。瞬間移動や衝撃波を放つ能力を持つ[ep 34][ep 35][56]。, 2068年の未来のソウゴとされるオーマジオウとは何らかの関わりがある模様で、現代(2018年)のソウゴのことは「若いジオウ」と呼んでいる[ep 12]。目的は共通であるものの、候補者として選ぶ対象は各々異なっており、また対等な立場にあるものの、メンバー間の関係も良好とは言えない[ep 27]。, EP43にて、ウールとオーラに時間を静止させる能力を与えたのがスウォルツであり、時の王者の候補を擁立することはウールとオーラを煽るための詭弁であり、真の目的は自らが時の王者として君臨することであることが明かされた。, 一部のエピソードでは「NEXTレジェンド」として、本編終了際に次回登場となる他作品の人物が姿を見せることがあるが、以下の登場EPの記載では省略する。, ジオウとゲイツ、ツクヨミは本作品のキーアイテムライドウォッチで変身する。ジオウとゲイツ、ウォズとツクヨミには共通して、複眼や足裏、装備などには文字がデザインされている。, 常磐ソウゴが変身する仮面ライダー。「全ライダーの力を持つ魔王」と形容される[98]。過去の平成ライダーの力を託されることで、その力を宿したライダーアーマーを身にまとうことが出来るようになるが、ゲイツはこれを「過去のライダーの力を奪い、オーマジオウへの道を歩んでいる」として警戒している。, ジオウライドウォッチを使用して変身する基本形態[35]の変身音声は「仮面ライダージオウ!」[87]。複眼インジケーションアイ[35][87]に「ライダー」の文字がある。, EP21・22に登場。裏ソウゴがジクウドライバー(ミラーワールドバージョン)とジオウライドウォッチ(ミラーワールドバージョン)で変身する鏡の中の異世界のジオウ。ジオウと瓜二つの姿をしているが、顔の文字やドライバーが反転している[78]。, 明光院ゲイツが変身する仮面ライダー。複眼や足裏、装備など内は各形態に共通して黄色いひらがな文字がデザインされている。, ゲイツライドウォッチを使用して変身する基本形態の変身音声は「仮面ライダーゲイツ!」[123]。複眼に「らいだー」の文字がある。, 白ウォズと黒ウォズが変身する仮面ライダー[134]。ジオウやゲイツと違いミライドウォッチとビヨンドライバーを用いて変身する。, ウォズミライドウォッチを使用して変身する基本形態の変身音声は「スゴイ!ジダイ!ミライ!仮面ライダーウォズ!ウォズ!」[53]。複眼にシアンで「ライダー」、両肩に「カメン」の文字がある。, EP48、LAST(最終回)に登場。ツクヨミがツクヨミライドウォッチで変身する仮面ライダー。複眼に「ライダー」の文字がある。, 専用武器はないが、ジオウIIに匹敵する戦闘力を持ち[59]、生体エナジーを高収束させた光刃ルミナスフラクターを拳に生成して戦うほか、時を静止する能力を使用する[142][45]。, 現代(2018年)から50年後の2068年の世界で君臨する「魔王にして時の王者」。力と恐怖によって人々を苦しめ、希望のない世界を創り出した。未来の常磐ソウゴがオーマジオウドライバーで変身した姿であり、レジスタンス勢力からは「最低最悪の魔王」と呼ばれている[ep 2][146]。変身前は初老の姿で単独で2068年の世界を支配しているため、周囲には特に配下の姿はなく、一人で王座に鎮座している[146]。, 外見は現代(2018年)のソウゴが変身するジオウに似ているが、全体的に黄金の装飾が追加され、複眼も禍々しい形状に変化している。, EP01での戦闘においてはライドウォッチなどのアイテムや武器は一切使用せずに、念じるだけで炎や爆発を起こす、手を振りかざしただけで念動力で向かってきた大量のミサイルを空中で静止させる、襲いかかってくる大量のタイムマジーンを手を触れずに衝撃波で投げ飛ばす、最後には念じただけでレジスタンスの人間、ミサイル、タイムマジーンなどの物体を黒い塵にして消し去ってしまうなど人知を超越した力を持っており、ツクヨミやゲイツがいたレジスタンスを壊滅させた[146]。全てのライドウォッチを持っているため、全ライダーの力を使えることが可能で、オーマジオウドライバーにはライドウォッチを装着するスロットはオミットされているが、右胸のオーナメントスロットによって同時に6個のライドウォッチを起動することが可能で、手に取ったライドウォッチを起動するだけでオリジナルとなる仮面ライダーやジオウのアーマータイムを上回る強大な力を発動し[146][147]、ディケイドの力により未来に送られた過去の自分であるソウゴと対峙した際は、ジオウディケイドアーマーがライドヘイセイバーより発した必殺技を対応するライドウォッチの力を使用して相殺してしまったが、倒そうとはしなかった[146][ep 6]。さらにグランドジオウになったソウゴすらも撃退する力を見せ、グランドジオウ同様平成ライダーを召喚可能であり[78]、グランドジオウが召喚したドライブを逆に操った[ep 18][146]。, その力の強大さから、オーマジオウ以外の新しい時の王者を擁立しようと暗躍しているタイムジャッカーからも「化物じみた強さ」だと恐れられている[ep 12]。, 自分こそが最高最善の魔王であり、人類を救ってきたと豪語する。絶望するソウゴに彼の未来を変えるため、ドライバーを捨てるように諭し、ソウゴとツクヨミを元の時代に送り返し、ソウゴがドライバーを破壊したため一時消滅したが、その後ソウゴが再びジオウに変身したため復活し、若き日の自分なら夢を捨てることはないと述べている。, 海東によってオーロラカーテンを通じて現代にいるソウゴと対峙し、「全てのライドウォッチを手にすることが王への道。覇道へとつながる道しるべだ」と宣告する[ep 25]。, グランドジオウの力を手に入れたソウゴと再び対峙をするも、ソウゴ自身がドライブライドウォッチを正式に継承していないことからグランドジオウすら撃退する力を見せつけた。そしてソウゴを回収に現れたウォズを「賢明な判断」と称賛し、そこで過去の時代で何者かが時間の流れを変えたことを感じ取った[ep 18]。, 2019年のソウゴのことは、あくまでも自分の過去であり、どれだけ抵抗してもいずれ自分と同一の存在になると思っていたため「若き日の私」と呼んでいた。しかし自らが仲間を持たず単独で魔王となった故に、ゲイツ・ウォズたちとの友情で生まれた仲間の力であるジオウトリニティは自らが得られた力ではなかったため、2068年の世界に三度現れたソウゴがジオウトリニティとなったことで自分の経験してきた人生とは別の道を歩んでいると納得し、自分とは異なる未来を生み出す可能性を見出して、「無意味だが…」と言いつつも、オーマジオウの力の意味を伝えたり、ツクヨミの持つブランクウォッチに自らの力を分け与えるなど手助けを行い[ep 10]、スウォルツとの最終決戦後に、精神世界の中で残された世界を王として支配せずに新たな世界を創造し直す道を選んだソウゴに対して「面白かったぞ、お前に会えて」と笑いながら告げている[ep 11]。, カラーリングはゴールド・マットブラック[147]。額には「カメン」の文字とその周囲に顔の表面に「王」という文字が溝のディテールとなって刷り込まれ[19]、複眼には赤く先端が尖った「ライダー」の文字、エングレーピングや鋭利な爪がデザインされている[147]。背中には時計の短針と長針をモチーフにした白いプレートアパラージタが装着されている[147]。, オーマの日にゲイツがオーマジオウを倒し救世主となった「救世主ゲイツの歴史」に存在する仮面ライダーたち[149]。, EP17・EP18に登場。神蔵蓮太郎がシノビドライバーで変身する並行世界の2022年の仮面ライダー。『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』にも登場。決め台詞は「忍と書いて刃の心!仮面ライダーシノビ!」[130]。, 武器はシノビドライバーから錬成した忍者刀シノビブレード[59][152][80]で、水や竜巻の忍術[59]を駆使する。, 『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』に登場。今生勇道がハッタリドライバーで変身する並行世界の2022年の仮面ライダー。決め台詞は「お前を片腕5秒で倒す。ハッタリじゃなくてマジでな!」[130]。, EP19・EP20に登場。堂安主水がクイズドライバーで変身する並行世界の2040年の仮面ライダー。決め台詞は「救えよ世界!答えよ正解!」[130]。, 専用武器はなく徒手空拳で戦うが、その代わり言霊のように主水が攻撃に交える○×クイズで相手を縛ることができ、クイズが不正解なら敵に電撃を落とす[152][80]。, EP23・EP24に登場。真紀那レントがキカイドライバーで変身する並行世界の2121年の仮面ライダー。決め台詞は「鋼のボディに熱いハート!仮面ライダーキカイ!」[130]。, 専用武器はなく徒手空拳で戦い、敵の動きを瞬時に分析し、最も有効な戦法を繰り出す[142]。攻撃すると氷のエフェクトが現れる。, EP35・EP36に登場。時空を超えて宇宙より飛来した正体不明の未来[注釈 49]の仮面ライダー[142][59][130][80]。, 変身者は存在せず[130]、その正体をウォズは「時空の歪みからこの世界に迷い込んだ異物」[130]、スウォルツは「純粋な力」と推測している[ep 35]。その存在は黒ウォズやタイムジャッカーですらも知らない。, 宇宙の法に則って全ての者は滅びる定めと言い、地球を破滅させるため[130][80]、ソウゴたちだけでなく、タイムジャッカーやアナザーキバにも襲い掛かる。その後は、無差別に街を襲撃するが最期は一時的に共闘した一同の必殺技を受け、消滅。流れ出た力はブランクウォッチに吸収され、ギンガミライドウォッチとなる[ep 35]。, 太陽光[80][59][130]をエネルギー源とする。両手からはピュアパワーを元としたエナジープラネットを形成して自在に操り、重力場の防御壁で相手の攻撃を防ぎ、エナジープラネットを作り出すことで衝撃波やエネルギー波を放つ[80][142]。また、大気圏突入時には適合者を包む巨石形態ロックプロテクションルックへと変形する機構を持つ[142]。, タイムトラベルの機能を持った時空転移マシン[93]。機体に組み込まれた特殊ユニット時空転移システムによってタイムトラベルが可能となる[158][93]。さらにビークルモードから人型戦闘モード(ロボモード)への変形機能も搭載しており、使用するライドウォッチにより、頭部ユニットにそのライドウォッチを模した単眼のフェイスモジュールが付き、能力を付加する[59]。コクピットにはビークルモードは座って、人型戦闘モードは立って操縦する[94]。, 仮面ライダーだけではなく他の勢力も使用しており、2068年ではフェイスモジュールのない単眼の量産型[93][94]がある。, タイムジャッカーが契約した人間を変貌させて生み出すジオウに代わる時の王者候補で、本作品における敵怪人にあたる[26]。本来の仮面ライダーの変身者と違って仮面ライダーになる力が足りないため、仮面ライダーに酷似した力と外見を持ちながらも禍々しく歪んだ姿となる。また、胸部や背中などには元となったライダー名の英字表記とそのアナザーライダーが誕生した西暦の年号[注釈 51]が刻まれている。, 作中世界ではタイムジャッカーがアナザーライダーを生み出すと、アナザーライダーが正規のライダーとして扱われる。そのため同じライダーの力は同じ時間に共存できず、変身者だけではなく歴史そのものが変わってしまう[注釈 52][注釈 53]。また、アナザーライダーは基本的に生まれた時代で同じライダーの力[注釈 54]でしか倒せない[165]ため、条件を満たしてない場合は倒してもその都度復活してしまう。それとは逆にオリジナルにとってアナザーライダーの力は弱点にもなり得る[ep 17]。また、シノビやリュウガのようにオリジナルの変身者がアナザーライダーになる場合もあるが、リュウガのようにオリジナルがすでに存在しないライダーは、ライドウォッチを生成できないため、オリジナルの力では倒すことが不可能である。, 例外としてクイズはアナザークイズやクイズミライドウォッチを生み出されても力と記憶を失わず共存していたが、2040年から白ウォズがクイズの変身者であった主水をアナザークイズが生み出される前に連れて来たことによって、起こったタイムパラドックスのためであり[77]、アナザーキカイはタイムジャッカーが生み出したものではなく、ソウゴの夢の中で創造された未来で生まれた仮面ライダーキカイによる影響のもので、頭部にある本体が樹などの有機物に寄生することで変化するものであり、人間を触媒にすることで力を安定させることが可能となる。また、アナザーブレイドやアナザーアギトなど、アナザージオウ以外のアナザーライダーが誕生した時期が、オリジナルのライダーが活躍していた時期と合致しない場合、アナザーライダーが誕生した後も、オリジナルの変身者は仮面ライダーとしての能力と記憶を失っておらず[ep 28][ep 25][ep 20][ep 26][ep 1]、この事象について士は時空の歪みやツクヨミの過去との関連を示唆しており[ep 22]、後に士はその原因が別の時間軸にいたツクヨミが来たことによる時空の歪みであることだと明かす[ep 21]。, タイムジャッカーと契約してアナザーライダーとなった人間は、それまでの記憶・理性を失うわけではないが[注釈 55]、自らの望み・欲望・野望を実現させることを最優先に行動するため、時には他者に危害を加えることも厭わない。その場合は、そのアナザーライダーが生まれた理由を反映した何らかの条件を満たす相手を襲うことが多い。またアナザーライダーとなった人間は、タイムジャッカーと行動を共にしたりタイムジャッカーの指示に従うことが多いが、北島祐子 / アナザーキバや矢車想 / アナザーカブトのようにタイムジャッカーの意に沿わない行動を取る者もいる[ep 34][ep 35][ep 22][ep 23]。, タイムジャッカーが契約者として選ぶ人物は、本来なら本人の望まない結末を迎えるはずだった者[注釈 56]であり、その運命を少しだけ変え回避させることと引き換えに契約させアナザーウォッチを体に埋め込み、アナザーライダーに変身させてしまう。これはいつか全時空のライダーたちが争い、王を決める戦いのための候補者となるらしい[166]。複数のタイムジャッカーが違う時代で同じ相手と契約を結ぶことも可能であり[ep 27][ep 39]、別のタイムジャッカーが再度アナザーウォッチを起動させることも可能。, 飛流は元のアナザーライダーの契約者の残滓で作成したアナザーウォッチを使い、他人を強引に契約させることができる[ep 9]。, またアナザーライダーの状態でも、ライドウォッチを埋め込まれればオリジナルライダーに変身が可能である[ep 26]。, 過去の平成仮面ライダーシリーズと同じ役柄で出演した役者は、二重鉤括弧で出演した作品名を示す。, 主演の奥野壮は4作連続の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の受賞者かつ、初の2000年代生まれのライダー主演俳優となった[175]。奥野の起用についてテレビ朝日側チーフプロデューサーの佐々木基は、10年以上になるバレエダンサーとしての経験からくる身のこなしの軽さと美しさ、そして浮世離れしたオーラ・存在感が、時をかける高校生という設定に非常に合致していたと言及している[101]。また東映プロデューサーの白倉伸一郎は、「王としての素質」を体現する若者を見つけることは難しいと考えていたが、普通の18歳とは異なる視点で世の中を見ている奥野の「非日常感」がこれに相応しく、運命的な出会いであったと述べている[16]。, ジクウドライバー音声およびオーマジオウの声、オープニングナレーションを演じる小山力也は、初めにジクウドライバー音声で起用され、その後オーマジオウ役で本編への参加を打診され、オープニングナレーションは急遽決定したという[179]。, 未来の仮面ライダーの変身者については、「オリジナルのライダーになった途端に全然関係のない人になるのは納得がいかない」というAPの小出の考えから、東映ヒーロー作品のOBがキャスティングされたが、チーフプロデューサーの武部やメインライターの下山が担当していた戦隊2作品のキャストが出演したことは意図したことではなく、未来ライダーがデザイン先行で選ばれていたことからそのデザインに近い戦隊の出演者が選ばれたからであるという[14][24][183][注釈 76]。, 本作品のプロデューサーはテレビシリーズとしては『仮面ライダーディケイド』以来の白倉伸一郎[14]、『仮面ライダー鎧武/ガイム』以来の武部直美が担当[24]。白倉は自身が登板した理由について、レジェンドを扱う作品には様々な綱渡りが必要となることから、それを他人に背負わせるのは忍びなかった[15]、また自身が担当することが会社にとって一番痛みが少ないと考えたこと[16]などを挙げている。, メインライターは、『仮面戦隊ゴライダー』を手がけ、本作品がテレビシリーズ初参加となる下山健人が担当する[183]。白倉は、本作品の制作にはシリーズの知識を持ちつつ全体を俯瞰する視点が必要と考え、シリーズ初参加でありかつ東映での実績のある下山を起用したことを述べている[15][16]。他に仮面ライダーシリーズへの参加は『仮面ライダーゴースト』以来となる毛利亘宏も第9話から参加する[223]。, パイロット監督は『仮面ライダービルド』から引き続き田﨑竜太[21]、クリーチャーデザインは『仮面ライダーオーズ/OOO』以来の出渕裕[169]のほか、前作『仮面ライダービルド』から引き続き篠原保が担当する[224][225]。また、劇伴音楽については平成仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダークウガ』を担当し、仮面ライダーシリーズへの参加は『仮面ライダー電王』以来となる佐橋俊彦[226]が担当する。, 王様を目指す主人公の作品のため、インド映画『バーフバリ』にハマっていた白倉からの提案でインド系やインド王朝をイメージしてインド音楽がコンセプトとなった[226][18]。, 2018年9月2日から12月23日まで、東映特撮ファンクラブにて配信されたスピンオフ。テレビシリーズの放送内容(#16.5では冬映画の補完がメインとなっている[144]。)と連動しており、登場人物が台本を手にして進行する朗読劇風のスタイルで、キャラクターの掘り下げ・キャストがスタッフが撮影の片付けをしている中を台本を読みながら行き、それをカメラで追い掛ける・機材やスタッフの見切れ・テレビシリーズの設定の説明や制作事情などを補完するメタフィクションとなっている[246][144]。朗読劇ではあるが、舞台のように人物が動き回ったり、映像作品ならではのカット割りをして映像作品として捉え、編集の効果も狙っており、それと同時に実験的な作品を作ろうとした考えから始まった[144]。登場人物はテレビシリーズよりもキャラクターを崩しており、出演者のアドリブも多く[246]、ウォズ役の渡邊は同作品の言い回しが関係しているという[144]。またテレビシリーズでのレジェンドゲストも多く出演している[246]。スケジュールの都合上、#2.5から撮影している[144]。ウールは同作品には登場しなかったが、#12.5ではテレビシリーズのオープニング用として撮影されながらも、未使用に終わったカットを使用している[144]。, 監督はテレビシリーズのチーフ助監督の大峯靖弘が、脚本は東映プロデューサーの白倉伸一郎がそれぞれ担当した[246][144]。大峯はチーフ助監督としてスケジュール管理も行っていたことから、テレビシリーズ撮影の合間を縫って短時間で撮るという体制であった[246]。第4.5話の飯島寛騎と瀬戸利樹は別日に撮影しており、編集で共演しているように演出している[246]。#13.5で使用しているユルセンのぬいぐるみは大峯の私物である[246]。#15.5に登場する仮面ライダーツクヨミは、テレビシリーズに登場するか未定の時期に撮影されたため、変身後の姿が見えるか見えないかギリギリのところで止めており、ツクヨミライドウォッチは大峯がツクヨミのことを「ツクさん」と呼んでいたこととジオウのカタカナやゲイツのひらがなに対して、アルファベットということとなり、「TSUKU」という文字が表示された。撮影で使用したものは、ジオウライドウォッチをベースに大峯のラフスケッチを基にデザイナー助手の小林桜がデザインを担当した[144]。, 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のスピンオフが好評だったことから本作品でも企画された[24]。, 2019年3月31日より東映特撮ファンクラブで配信の仮面ライダーシノビが主人公のスピンオフドラマ[247]。欧文表記:KAMEN RIDER SHINOBI。3週連続で全3話が配信された。2019年10月9日にDVD / Blu-rayが発売。, 『ジオウ』テレビシリーズでのシノビの描写に力が入れられていたことから、これを活用するために制作された[17]。17話の撮影中、監督の柴﨑が『児雷也豪傑譚』の三つ巴をモチーフとして同作品の内容が決まっていった[64]。蓮太郎はテレビシリーズの大学生という設定で話を組む予定だったが、白倉から「『ジオウ』のことは気にしなくてもいい」という提案で、一から自由に設定を組むこととなり、可愛い妹系のくノ一を登場させ、妹の紅芭を巡るという話の方向性となった[154][153]。企画から撮影までは1ヶ月という短さで行われた[17]。, 2019年3月31日よりビデオパスで配信の城戸真司 / 仮面ライダー龍騎が主人公のスピンオフドラマ[251]。『仮面ライダー龍騎』のテレビシリーズ最終回から16年後を舞台にした後日談で[251][252]、ミラーワールドが『ジオウ』の世界に現れたことで始まる新たなバトルロイヤルを描いている[253]。監督の柴﨑は、「当時の龍騎を再現するのではなく、今だからこそ作れる龍騎の良さも組み合わせている」といい[254]、柴﨑や脚本の井上も脚本を書くにあたって龍騎のテレビシリーズ全話を見返したという[255]。同作品では仮面ライダーファムは登場せず、代わりに『仮面ライダーディケイド』で登場した仮面ライダーアビスが登場し、合計13人でライダーバトルを繰り広げる。2019年9月11日にDVD / Blu-rayが発売。, 元々は、『龍騎』と同年に放送していた『忍風戦隊ハリケンジャー』の10年後を描いたVシネマ『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』が制作されていたことを受け、2017年に『龍騎』のキャスト陣から15周年企画として提案されていたものであったが[17]、20作記念で全ライダーが登場する作品があるため、止めていた。そのため、キャスト都合で作られたものではないため、出られないキャストも出てきたという[14]。「それぞれのキャラクターが2019年に生きていたら?」というのをベースにビジュアル的にも当時の再現をしないものとなった[64]。これとは別に東映とニトロプラスによる『龍騎』の舞台化が検討されており、実現には至らなかったがこちらの企画は舞台『仮面ライダー斬月』へと繋がっていった[119]。, 2021年2月9日より東映特撮ファンクラブで配信のスピンオフドラマで、仮面ライダージオウと仮面ライダーディケイドのW主人公となる。3週連続で全3話が配信[120]。, 2021年2月9日よりTELASAで配信のスピンオフドラマで、仮面ライダージオウと仮面ライダーディケイドのW主人公となる。3週連続で全3話が配信[120]。, RIDER TIME 仮面ライダーディケイド VS ジオウ ディケイド館のデス・ゲーム, 白倉は、ソウゴらが根本的な部分で相容れられないのは立脚する時間軸が異なるからであり、ソウゴは時間軸を変えることで共に人生を歩むことのできる世界を作り出したと述べている, ただし、それはスウォルツが陰で暗躍していたことや、ツクヨミが士によって救出されていた事実を知らなかったため、ゲイツがそう誤認していただけであった, 演じた押田はこの初変身の際、歴代2号ライダーのオマージュとして地獄兄弟(矢車想 / 仮面ライダーキックホッパー・影山瞬 / 仮面ライダーパンチホッパー)をイメージしている。, 押田が白倉から聞いたところによると、当初は第1話の柔道部員を最終話に再登場させる予定であったがスケジュールの都合がつかず、ゲイツが柔道部員として登場することになったという, この際、ツクヨミがソウゴの名前を叫びながらファイズフォンXを撃ったことや、スウォルツが跳ね返した銃弾で飛流が気絶したことが原因で、飛流は自分がバス事故に巻き込まれた挙げ句に両親を失う元凶がソウゴだと誤解してしまった。, ソウゴが初めてジオウトリニティに変身した際には、「多分」や「きっと」などの曖昧な表現を使っていたため、ソウゴからは「ねえ それって本当に祝ってる?」と指摘されており, 最終話でソウゴがオーマジオウに変身した時には、ソウゴの方からウォズに祝辞を述べるよう命じていた, 同じタイムジャッカーやジオウ、ゲイツの場合、時間を止められても意識のみは影響無く動く。白ウォズや黒ウォズの場合はノートの能力でタイムジャッカー同様、能力を無効化することが可能で、動くことも可能。, ハカランダのロケ地となっている店は、原典と同じ店である。現在も営業していることから本作品でも使用することとなり、またハカランダの看板も当時のものを店が保存していたため、そのまま使用している, 原典では自ら懇願して矢車のライダーキックで倒されたが、生死の明確な描写はされていなかった。, ただしソウゴが理系全般に弱いため、「よくわからない式」や「理解不能」、「むずかしい数式」などといったあやふやな文字が発生する。, ジオウとゲイツ、ウォズが各形態に変身または変身前でも、強制的に通常形態へと戻り(変身し)、ゲイツとウォズは腕時計へと変形する。また、それぞれが異世界や異なる時間にいたとしても、変身決定権はソウゴにあるため、ウォッチの力によってひとつの世界に呼び寄せられ融合することが可能, ソウゴ・ゲイツ・ウォズのいずれかにイマジンが憑依している場合は、意識の主導権がイマジンにあるため、イマジンも共に融合され、憑依者の代わりに意識の主導権を得ている。因みに、ジオウトリニティの変身が解除されると、イマジンは憑依者の身体から強制的に分離される。, 右肩:クウガ、右腕:アギト・龍騎、右足:ファイズ・ブレイド、右腿:響鬼、右腰:カブト、右胸部:電王・キバ、胸部中央:ディケイド、左肩:ダブル、左腕:オーズ・フォーゼ、左足:ウィザード・鎧武、左腿:ドライブ、左腰:ゴースト、左胸部:エグゼイド・ビルド、頭部:ジオウ, アギトアーマー、龍騎アーマー、ブレイドアーマー、響鬼アーマー、カブトアーマー、電王アーマー、キバアーマー, 劇中、ジオウとゲイツの両者が変身したアーマーだが、変身者が異なるため、身長と体重以外のスペックは異なる, 古代エジプト王国のファラオは「大いなる門」を意味し、日本の天皇を (仮面ライダージオウ1話)(動画) (仮面ライダージオウ)1話(動画)(1話)無料ネタバレあらすじ! ジオウは主人公が高校生という事で、フレッシュさがあって良いですね。 1年が終わる頃には俳優としてどんな成長をみせてくれているのかも楽しみになります。 EPISODE25 アナザージオウ2019, 常磐ソウゴのRoad to the King! 現在放送中の仮面ライダージオウ(テレビ朝日にて毎週日曜あさ9時)の次回予告『ep47「2019:きえるウォッチ」8月11日放送』にて、「チェイス」の姿がありました。筆者はチェイスの大ファンなのです。 ここでは仮面ライダージオウの次回予告につ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ジオウ補完計画」でのネタでしかなかったツクヨミの変身が、最終回目前で本当の変身と化してしまうのは驚きましたね!, オーマジオウはこれまで最低最悪の魔王と言われてきましたが、今回のを見ていくとオーマジオウって本当に最低最悪なのかなって思ってしまいました。, なんか過去の自分を孫のよう見ている感じもしたいりして、ちょっとだけ好きになりました!, 平成仮面ライダーの歴史が来週で終わる…何だろう、幼いころは意識もしていなかったけどあれからずっと続いていたシリーズがいったん幕切れするのはやっぱり切ないw, さらにゲイツが命尽きて倒れるようなシーンがあったりと衝撃的な映像が流れていました。, ここまでのソウゴの決意とは真反対なことが起き放題な最終回ですが、それ以外にもこれまで出てきた仮面ライダーのラスボスも登場!, そして公式からは、我々がテレビの前で土下座するほどのスタッフ&キャストが集結していると言っていました!, 公式がここまで言うんですから何かあるんでしょうが、そこは深入りせずに見るとしましょうw, 平成仮面ライダーの集大成、仮面ライダージオウ最終回を絶対リアルタイムで見ましょうね!!, 仮面ライダージオウ最終話 ネタバレ&感想! 逢魔の力は全平成仮面ライダーの力! あばよ平成!よろしく令和!.