年収450万円の住宅ローンの平均はいくら?借入限度額は2500~3000 ... 【月々11.8万】4000万円借りた場合のローン返済額. 住宅購入を「合理的」に考えていくと、住宅ローンの借入金額が大きくなるということは、土地や建物の不動産価格も上がっていくのが一般的です。 仮にこれらの不動産を「仲介」で購入した場合、不動産業者に支払う仲介手数料は高額になります。 また、ケース・バイ・ケースではあるもの� 住宅ローンを利用するときには、事前にさまざまな情報を集め、金利や借入額などについて理解することが重要です。本記事では、住宅ローンのさまざまな平均について統計データを用いて紹介します。また、住宅ローンの審査のデータも見ておきましょう。 破綻することのない安全な住宅ローンを組むためには、どのくらいの借り入れ金額が妥当なのか、安全な借入可能額を算出する計算方法をご紹介します。無理して組んだ住宅ローンの借入は、借り入れできる金額であって返済できる金額ではありません。 中古住宅と新築戸建て住宅により平均借入金額には差があります。当然のことながら 新築物件のほうが、物件価格が高い という理由からです。 それぞれの平均借入額は以下の通りです。 住宅ローンの平均借入額. 住宅ローンの平均借入額は地域別だけでなく、購入対象となる住宅種別によっても大きく異なります。 一戸建て住宅(土地付き注文住宅)を購入する場合の、住宅ローンの平均借入額(全国)は3,637万円で、さらに首都圏の平均額は4,261万円です。 住宅ローンの家の種類ごとの平均借り入れ金額は、注文住宅が3004万円、建売戸建が2827万円、中古戸建が1540万円、新築マンションが2396万円、中古マンションが1166万円というデータ結果になっています。 お借入額について、楽天銀行住宅ローン(金利選択型)は500万円以上1億円以内、フラット35または「固定と変動」は100万円以上8,000万円以内となります。 フラット35の金利は、ご加入される団信の種類に応じて異なります。 住宅ローンを組む前も組んだ後も、周りの住宅ローン事情って気になりますよね? どれくらいの返済額が平均なのか 住宅ローンを組んでいる人の年齢はどれくらいが多いのか 頭金はいくら用意したのか 固定金利か変動金利か などなど。 住宅ローン借入額の平均は? 次に、先輩たちは住宅ローンをいくら借り入れたのかを見てみよう。調査結果では、「2000万円~3000万円未満」が32.0%、「3000万円~4000万円未満」が31.0%と、それぞれ約3割を占めている。 年収別に住宅ローンを借りても大丈夫な目安の金額と、銀行や金融機関から貸してもらえる借入可能額を計算して比較してみました。まさか、こんなに借入可能額と目安の金額に差が出るとは思いませんでした。 年収500万円の住宅ローンは一体どのくらいの金額を借りられるのか。年齢別に合わせてフラット35、変動金利制の場合とでそれぞれ分けて解説。また実際の月の返済額も解説|平均年収.jp 年収500万円の住宅ローンは一体どのくらいの金額を借りられるのか。年齢別に合わせてフラット35、変動金利制の場合とでそれぞれ分けて解説。また実際の月の返済額も解説|平均年収.jp 年収400万円の住宅ローンは一体どのくらいの金額を借りられるのか。年齢別に合わせてフラット35、変動金利制の場合とでそれぞれ分けて解説。また実際の月の返済額も解説|平均年収.jp 年収800万円の住宅ローンの平均借入額を年齢別・種類別(フラット35、変動金利制)で徹底解説します. 住宅ローンの頭金の平均額は? 以前はフラット35をはじめ、多くの住宅ローンで“ 融資可能額は購入金額の 8割 まで ”としていました。そのため、残りの2割は住宅ローン利用者が頭金として現金を用意する必要がありました。 住宅ローンの借入可能額は年収で変わります。また、年収以外の金利や返済期間などによっても変化します。今回は、住宅ローンの借入可能額の計算方法や注意点を解説するとともに、年収300・400万円での借入可能額のシミュレーションも紹介します。 居住用として住宅を購入した首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)に住む20~49歳の男女3,585人を対象に、住宅ローンの平均借入額について調査しました。今回は首都圏1都3県のエリアによって、地域の特色が出た興味深いリサーチ結果をご紹介します。 三菱UFJ銀行のプレミアム住宅ローンをご紹介します。固定特約期間が選べる「固定3年」「固定10年」「固定20年」の3つの固定金利プランをご用意しています。当行では住宅ローン相談会は無料で行っており、新規お借り入れやお借り替えのシミュレーションも可能です。 住宅ローン人気記事ランキング. Point! 住宅ローンの平均借入金額と世帯年収の目安 . ≪住宅ローン借入時≫ 事務手数料; 金融機関に支払う事務取扱です。金額は金融機関により異なり、借入額に関わらず「3万円」「5万円」「10万円」などのように定額を負担する場合と、住宅ローンの借入額に対して「1.5%」「2%」など一定の率を負担する場合に分かれます。 まずは、住宅購入者が用意した自己資金の平均的な金額を、統計データを参考にチェックしてみましょう。 平均は3割前後 政府統計( 平成29年度住宅市場動向調査報告書 )によると、分譲住宅の購入資金と、注文住宅の建築資金の自己資金の割合は、以下のようになっています。 住宅ローンの借り入れ金額はいくら? 住宅ローンの平均借入額は、注文住宅3,004万円、分譲戸建住宅2,827万円、分譲マンション2,396万円、中古戸建て住宅1,540万円、中古マンション1,166万円となっています。新築物件のほうが借り入れ金額は大きくなります。 住宅ローン控除で最大いくら戻ってくるのか徹底分析。住宅ローン控除の恩恵を100%受けるには、年収667万円以上、借入金額5,294万円以上が必要。年収440万円の方は、住宅ローン減税の活用率 … 40代で夢のマイホームの購入を検討している場合、一体どれくらいの住宅ローンの借り入れが可能なのでしょうか?もちろん人によって用意している頭金の金額は違いますし、毎月の収入金額もさまざまです。そもそも、購入する住宅の価格によっても話は変わっていきます。 」また、「 住宅ローン借入額の平均はどの程度なのか? 」などのご質問を受けることが多いです。 今回は、住宅金融支援機構が実施している「平成24年フラット35利用者調査報告」から、平均的なマイホーム購入金額と資金の内訳を見ていきましょう。 年収500万円の世帯が住宅ローンを利用する際の借入可能額の目安と、実際に無理なく返済できる現実的な借入金額を決める方法について、ファイナンシャルプランナーとして活躍されるラポール・コンサルティング・オフィス代表の竹国さんに、解説していただきました。 詳しく見る ... 住宅ローンQUICK 審査 ジャパンネット銀行 住宅ローン申込ナビ. フリーランスや自営業の方はこちら. 国土交通省の住宅市場動向調査によると、住宅ローンの借入額と購入資金は下記の通りとなっています。 住宅ローン控除とは、10年以上のローンを組んだ際に10年間は借入残高に応じた金額が消費税から還付される制度です。 返済期間が10年以上あるということが条件となっているため、期間短縮型を選んで返済期間が10年未満になった場合は控除を受けることができなくなってしまいます。 まず住宅購入の方法については、71.5%がローンを利用しており、現金で一括購入は8.7%、相続は7.5%でした。さらに購入時の年齢については、「25〜29歳」が最も多く23.3%となり、20代で購入した人は全体の47.4%、30代で購入した人は38.0%となりました。 国土交通省の調査によると、住宅ローンの平均返済額は約8.7万円~10.9万円となっています。 以下表に物件種別ごとの平均借入金額と平均返済額をまとめましたので、ご覧ください。 住宅ローンの平均返済額は月々10万円前後. 住宅ローンの借入額と年収倍率の平均 実際に住宅を購入されている方は、どのくらいの金額の住宅ローンを利用しているのでしょう。 借入額の平均. Copyright © Grooveagent.Inc, All Rights Reserved. 住宅ローンを銀行から活用する場合、どれぐらい借りることができるかどうかが大きなポイントになってくるでしょう。年収をどれぐらいもらっているのかでもかなり異なってきますが、平均的にどれぐらいの額になるのでしょうか。年収で異なる借入金額住宅ローン 破綻することのない安全な住宅ローンを組むためには、どのくらいの借り入れ金額が妥当なのか、安全な借入可能額を算出する計算方法をご紹介します。無理して組んだ住宅ローンの借入は、借り入れできる金額であって返済できる金額ではありません。 【2020年10月22日更新】元銀行員監修。自分の年収の場合、住宅ローン借入額はいくらが安心なのか?ローンの落とし穴を踏まえ、10年後に悔やまない住宅購入のため、ずばり年収別に詳しく解説します。そのほか「住宅ローン審査でチェックされるポイント」も必見です。 3 40代の住宅ローン、いくら借りるのが平均的? 3.1 40代の住宅ローン借入額の判定; 4 40代の住宅ローンでこだわりたいポイント. 平均年齢:33.2歳; 住宅ローン借入平均額:シングル2522万円、ファミリー2750万円; 月々の平均返済額:シングル74,243円、ファミリー81,262円; 年収倍率:5.6~6.1倍; 返済負担率:22.6~24.2% 平均年齢は33.2歳と年収400万円未満のデータより若くなっています。 住宅ローンの借入可能額は、各種条件によって異なります。年収や金利、返済期間など複数の要素が関係しますが、工夫次第では上限を引き上げることも可能です。また、借入可能額が少ない場合の対処法もあるため、各種ポイントを把握してローンを組みましょう。 あなたの借入可能額を審査 . 住宅ローンの借入額と年収倍率の平均 実際に住宅を購入されている方は、どのくらいの金額の住宅ローンを利用しているのでしょう。 借入額の平均. 住宅ローンを組む際世間のボーナス払いしている人の割合やその金額について徹底解説します。 とはいえボーナス払いしてない人も多いから絶対ボーナス払いしなきゃいけない訳ではないのでご安心ください。 これを読めば一目瞭然です。ぜひお役立てください。 住宅を購入するときには多くの人が住宅ローンを利用します。しかし住宅ローンだけで購入するケースは多くはなく、たいていの場合は購入代金(住宅価格)の一部を自己資金でも支払います。この自己資金で支払う分の購入代金が頭金です。 自己資金(頭金)を増やせば、住宅ローンの借入額を減らせますし、商品によっては借入金利が下がる場合があります。しかし、頭金を増やし過ぎて手元資金が少なくなると、急な出費や収入減少などに対応できなくなる恐れもあります。また、「このためのお金が欲しい!」という何かに出会 主要都市銀行の金利目安は、価格.com住宅ローンに掲載の各金融機関の新規借り入れ時に適用の金利から、平均金利を算出したものです。 購入可能額の目安は、諸費用は購入価格(借入可能額と頭金の合計)の5%で算出しています。 何かと不安が多い住宅ローンで、世の中の人が「いつ、どのくらい借りているか」などの平均額を、国土交通省のデータなどをもとにご紹介していきます。, ただし、データはあくまでもデータです。むしろデータを鵜呑みにして借りすぎないようにしてもらいたい…というのが本記事で最も強調したい点です。データを見ながら、住宅ローンを利用する際の注意点をお伝えしていきます。, こちらは国土交通省の平成28年住宅市場動向調査報告書からのデータです。住宅ローンの平均借り入れ金額は、注文住宅を購入する人の場合が最も高く、3,004万円、中古マンションを購入する人の場合が最も低く、1,166万円となっています。, これを見て意外に高いと思う人も、逆の感想を抱く人もいるかもしれません。しかし平均額がどうあれ、その数字だけを参考にして住宅ローンを組んでしまうのはおすすめできません。最も大きなポイントは、その住宅ローンの返済額が実際に「返せる額」かどうかだからです。, 借り入れ金額の平均がどれくらいなのかを知っておくのも大事ですが、それよりも本当に目安にすべきなのは、次の項目で説明するそれぞれの世帯ごとの「返済負担率」です。返済負担率を目安にするということは、自分たち家族がこれから毎月支払っていく支払額に問題がなさそうかどうかをチェックするということです。, もしも「他の人がこれくらい借りているから」という理由だけで住宅ローンを組んでしまうと、将来、家計が圧迫されて返済が滞るおそれがあります。, もしも住宅ローンが破綻すれば、住宅を売却して手放さざるを得なくなってしまうでしょう。事実、2018年に「競売物件」となってしまった住宅は、戸建てとマンション合わせて2万件近くも存在します。, 返済負担率とは、改めて説明すると「年収に占める年間返済額の割合」のことです。住宅ローンを組むときには、金融機関の審査基準の一つとして返済負担率が適用され、銀行ではおおむね30~35%以上を基準としています。, 例えば、年収が400万円なら、その35%は140万円です。つまり、140万円が住宅ローンで銀行から借りられる年間返済額の上限ということになります。, しかし、借りられるお金=返せるお金ではありません。一般的に、返済負担率が20~25%であれば、今後数10年に及ぶ返済の負担を常識的な範囲内に押し留めておくことができると言われています。 住宅などと比べて買い入れる金額が少ないことから、融資の際の審査なども簡易的で利用する人も多いローンの一つです。 マイカーローンとは. ここで注意したいのは、 住宅ローンの平均値は必ずしも適性額だとは限らない ということです。 まずは、住宅ローンの平均借入額を見てみましょう。 国土交通省の調査によると、平成30年の住宅ローンの平均値は下記の表の通りです。 住宅ローンの借入期間が長いと金銭的だけでなく精神的にも負担が大きくのしかかりますが、一方では団体信用生命保険に加入することで、契約者に万が一のことがあった場合に、住宅ローンの返済の無い住宅を家族にのこしてあげることができるメリットもあります。 ・利用料無料でいつでも気軽にチェック可能。 SUUMOで物件さがし. Point! 注文住宅の魅力といえば、まず思い浮かぶのは「自分たちの希望を反映させられる」ことでしょう。とは言っても、際限なく予算をかけるわけにはいきません。 まず、2018年5月に国土交通省住宅局から発表された「平成29年度住宅市場動向調査」から、注文住宅の購入資金を紐解いてみましょう。 「住宅市場動向調査」によると、注文住宅の購入資金(土地、建物)は全国平均で4,334万円、三大都市圏平均で4,472万円でした。 平均年収は全国で698万円、三大都市圏で734万円ですので、注文住宅の購入資金 … 一般的には、みなさんどのタイミングで家を買っているのでしょうか。年齢別・年収別に家を買うタイミングを調べてみました。 国土交通省の調べによると、住宅一次取得者(初めて家を買う人)の購入時の年齢は、新築の場合30代後半、中古の場合40代前半が平均となっています。 購入の際に住宅ローンを組むとなると、完済までにかかる期間がだいたい30~35年となるため、定年までの収入等も考慮し、このタイミングでの購入が妥当と言えますね。 世帯年収の割合を見ると、どの住宅の種類でも400万円~… “住宅購入では頭金を2割入れた方が安心”という目安を聞き、住宅購入前の目標にしている方も多いかもしれません。では、他の人がどのくらい頭金を準備しているか、住宅ローンの返済において頭金にはどのくらいの効果があるか、考えてみましょう。 年収800万円の生活を完全解説します. 年収600万円の人が住宅ローンを3000万円借りる。一般的に年収の5倍以内なら問題無いとされている住宅ローンの借入額ですが、本当に問題ないのでしょうか?徹底解説します。 年収800万円の住宅ローンの理想金額とリアルな生活・返済事情 . 1 ローン返済額みんなの平均はいくら? 「住宅購入とお金」全国実態調査; 2 収入合算・ペアローンについて徹底解説!; 3 マイホームを建てる! その時に知っておくべき3つの … 住宅ローン控除とは、10年以上のローンを組んだ際に10年間は借入残高に応じた金額が消費税から還付される制度です。 返済期間が10年以上あるということが条件となっているため、期間短縮型を選んで返済期間が10年未満になった場合は控除を受けることができなくなってしまいます。 借りられる金額で絞って住宅さがしをしましょう。 SUUMO. 住宅ローンの利用可能額は、年収300万円~400万円なら1,100万円~1,500万円、年収500万円の場合は1,880万円です。今回は「年収別の住宅ローンで借りられる額」と共に「返済できる住宅ローンの金額の決め方」を詳しく紹介します。 住宅ローンを組む前も組んだ後も、周りの住宅ローン事情って気になりますよね? どれくらいの返済額が平均なのか 住宅ローンを組んでいる人の年齢はどれくらいが多いのか 頭金はいくら用意したのか 固定金利か変動金利か などなど。 2018年に「競売物件」となってしまった住宅は、戸建てとマンション合わせて2万件近く, 結論を言えば、住宅ローンを組むときに世帯年収をもとに借り入れ額を決める人もいますが、あまりおすすめできません。夫婦が, というくらいが妥当です。少なくとも、夫婦の年収をすべて合算しないと購入できないような物件は、家族を幸せにしてくれる物件とは言えないでしょう。. 住宅ローン借入額の平均は? 次に、先輩たちは住宅ローンをいくら借り入れたのかを見てみよう。調査結果では、「2000万円~3000万円未満」が32.0%、「3000万円~4000万円未満」が31.0%と、それぞれ約3割を占めている。 一方、同調査によれば、1世帯当たりにおける年代別平均借入金額は次のようになります。上記の平均貯蓄額と比較すると、住宅ローンや教育ローンの負担が大きい世代では、借入額が貯蓄額をはるかに超えるということがうかがえます。 <年代別平均借入額> ここで再び上のグラフを見ると、実際に住宅ローンを組んでいる人の多くが返済負担率20%以下で抑えていることが伺えます。, 教育資金、介護資金、老後にかかるお金、病気の治療代や入院費など、何にいくらお金がかかるかは世帯によって異なります。他の家族のケースを真似るのではなく、あくまで自分たちの場合は年間と月々の返済額をいくらに設定すべきなのか、返済負担率をどのくらいに抑えるべきなのかを考える必要があります。, 住宅ローンを借りる=マイホームを購入する世帯主の年齢層と平均年齢は上のグラフのとおりです。どの住宅も30代後半から40代前半で買うという人が多いようです。また若い世代は中古の戸建もしくは注文住宅よりも分譲戸建て、中古マンションよりも分譲マンションを買う傾向があることも見て取れます。, では、住宅ローンを借りるのにベストなのは何歳なのでしょうか。例えば40歳で住宅ローンを組んで返済期間30年とすれば、完済する年齢は70歳になるといったような完済時の年齢や、教育資金を確保できるか、定年後も返済を続けられそうか…といったことを考えるのも大事です。, それは「健康であるうちに住宅ローンを組む」というものです。なぜなら、「団体信用保険(生命保険)の加入」が住宅ローンを利用できる条件の1つだからです。, 団体信用保険とは、債務者(住宅ローンを借りる人)が住宅ローンの返済途中で死亡または高度障害になった場合、ローン残債を死亡保険でまかない全額返済するという仕組みの保険です。, 「1年前に手術した」「持病がある」…などの健康面に問題があると団体信用保険に加入できない可能性があります。しかも一般的に、年齢を重ねるほど健康リスクは高くなります。, 住宅ローンを組んで家を買うタイミングについて考えるときは、現在の年収や今後のライフプランと同時に、健康状態についても考慮に入れておいてください。, 年収についてもデータを見ておきましょう。これも住宅の種類によって異なりますが、平均世帯年収は600万円~750万円の範囲内となっています。, ただし、世帯年収ということは、この数字は世帯主1人に限られたものではなく、共働きの場合の合計年収も含まれていることを示しています。, そこで気になるのが、「年収に占める年間返済額の割合」である返済負担率を考えるとき、その年収とは世帯主1人の年収なのか、夫婦の合計年収なのかという点です。, 結論を言えば、住宅ローンを組むときに世帯年収をもとに借り入れ額を決める人もいますが、あまりおすすめできません。夫婦が2人で1つの住宅ローンを契約するペアローンは、例えば妻が出産や育児で収入が途絶える時期があると途端に返済が厳しくなる可能性があります。さらに言えば離婚した場合は非常に揉めやすいというリスクもあります。, 世帯年収で考えることやペアローンを組むことが必ずしも悪いとは言いません。しかしペアローンを利用するなら、夫婦どちらもマックス金額で考えるのは破綻しやすいので避けるべきです。, ペアローンは片方の収入を50%程度と想定して組む…というくらいが妥当です。少なくとも、夫婦の年収をすべて合算しないと購入できないような物件は、家族を幸せにしてくれる物件とは言えないでしょう。, 住宅ローンの平均返済期間は、住宅の種類によって24.7~33.2年の幅があります。, この返済期間については長めに設定することをおすすめします。理由は、月々の負担が減り、現金をプールすることができるからです。月々ギリギリの返済額を設定して返済期間を短くするより、余裕を持てる返済額に抑えて貯蓄をする方が安心です。, そして、住宅ローンの返済に回せるだけの貯蓄ができたときには、「繰り上げ返済」をするようにします。繰り上げ返済には銀行によっては手数料がかかることがありますが、多くの場合は利息を軽減でき、住宅ローンの完済時期を早めることができます。, 最後に、住宅ローンの頭金の平均額についても確認しておきます。グラフを見ると803~1,333万円の幅があることがわかります。自己資金比率は21.4~44.3%となっています。, しかしながら、金利が低い現在の状況を考えると、頭金を多く用意することにはそれほど大きなメリットがあるとは言えません。今、賃貸住宅に住んでいて、頭金を貯めるために住宅購入の時期を遅らせているのなら、むしろ家賃として住宅資金が流出してしまうデメリットの方を問題視すべきです。, 現在は「頭金を少なく、繰り上げ返済を多く」というスタイルで住宅ローンを組むのがトレンドです。ある程度の安定した年収があるのなら、頭金が少なくとも住宅ローンを組んでしまった方が得策となることが多いでしょう。, ここまで借り入れ額、返済額、返済負担率、年齢、世帯年収、返済期間、頭金の額…と住宅ローンに関する様々なデータを見てきました。平均額などを知れば自分が住宅ローンを組む際の参考になるでしょうが、一方、本記事で挙げた注意点を知っておくこともとても重要です。, とくに世帯ごとの最適な返済負担率の設定は、購入すべき住宅の価格を知るための大きな要素になります。自分の家族のライフプランに沿った返済負担率を知るには、ファイナンシャルプランナーなどの専門家のアドバイスを得ることが役に立つでしょう。, セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。, 元銀行員が教える!住宅ローンの年収別目安と返済額を抑えるコツ5選【チェックリスト付】, 「不動産仲介・住宅設計・住宅建築」をワンストップで手がける『ゼロリノベ』。その専門家集団の監修のもと、単に情報をまとめただけの軽い記事ではなく、真剣に住まいを考えるユーザーに役立つ”リアル”な情報をお届けしています。. 仮に3000万円の借入を25年で住宅を購入するとして、10年間の住宅ローン控除はおよそ250万円。 掛かってくる金利はおよそ全期間で500万程になるので、控除を受けるよりも現金一括のほうが支払っている金額は安くなるという計算ができます。 住宅ローンの借入期間が長いと金銭的だけでなく精神的にも負担が大きくのしかかりますが、一方では団体信用生命保険に加入することで、契約者に万が一のことがあった場合に、住宅ローンの返済の無い住宅を家族にのこしてあげることができるメリットもあります。 住宅ローンの借入れを考えている方は、どのくらいのローンを組むべきか悩む人も多いことでしょう。, ここでは国土交通省のデータを中心に、様々な平均値を紹介します。無理のない住宅ローンを組むために、今回紹介したデータを参考にしてみてください。, 国土交通省の「平成29年度住宅市場動向調査報告書」から、住宅の平均購入価格を紹介します。, まずここでは、注文住宅、分譲戸建住宅、中古戸建住宅、分譲マンション、中古マンションの五つのタイプの住宅でみていきます。, 平均購入金額の高い順から、注文住宅は4,472万円、分譲マンションは4,192万円、分譲戸建住宅は3,840万円、中古戸建住宅は2,857万円、中古マンションは2,393万円となっています。, 全てのタイプの住宅で、住宅を購入する人の平均年齢は30代~40代です。若い世代では、中古物件より新築物件が好まれる傾向にあり、反対に、中古物件は50代~60代の方に需要があります。, 住宅ローンを組むときは、団体信用生命保険の加入が条件なので、健康で働けるうちに住宅資金を借入れ購入していることが伺えます。結婚や出産など、家族が増えるタイミングで住宅の購入をしているようです。定年までの返済期間を考え、いつごろの購入がベストなのか早めの計画が大事といえます。. 住宅ローンの平均借入額. 住宅ローン借入金額によって、月々返済金額がどのくらい変動するのか、理想の月々返済額を実現するにはいくら借りればいいのかをこちらでシミュレーションしていきます。 30代の「マイホーム」と「お金」のリアルに迫るシリーズ。第2回の今回は、対象範囲を広げて「30代の人が実際に買った家の頭金や月々の返済額、借入金額」を年収別に調査。「自分と同じぐらいの年収の人はどの程度頭金を用意して、いくら住宅ローンを借りているの? 国土交通省の住宅市場動向調査によると、住宅ローンの借入額と購入資金は下記の通りとなっています。 住宅を購入するときには多くの人が住宅ローンを利用します。しかし住宅ローンだけで購入するケースは多くはなく、たいていの場合は購入代金(住宅価格)の一部を自己資金でも支払います。この自己資金で支払う分の購入代金が頭金です。 住宅ローンの平均値はどのくらい?金利や期間など選択肢の多い住宅ローンですが、決めるときには自分の生活基準や考え方に合う方法であることが重要になります。しかし周囲の人へ直接聞くのは少し戸惑う話題でもあるでしょう。迷ったときは住宅ローンの借入額 2.住宅ローンの平均借入額 株式会社リクリート住まいカンパニーが2018年3月に公表している「 2017年首都圏新築マンション契約者動向調査 」および「 2017年関西圏新築マンション契約者動向調査 」によると、新築マンション購入時における平均借入額は以下のようになっています。 マイカーローンとはその名の通り自動車購入時に組むローンの事で、金融機関の他にも自動車販売会社独自のディーラーローンも存在していて、様々 国土交通省の「令和元年度 住宅市場動向調査報告書」によると、全国の注文住宅の住宅購入金額の平均は、新築の注文住宅で4,615万円です。 その内、いくら自己資金を準備しているかというと、 平均1,254万円 で、金融機関、親戚・知人などからの借入金額の平均は 3,361万円 となります。 住宅ローンの借り入れ金額別に見た年収600万円の返済額. 平成28年度、住宅金融支援機構による「フラット35利用者調査」によりますと、注文住宅の平均建築費3,320万円、土地付き注文住宅の必要資金3,955万円、マンションの平均購入価額4,267万円となっており、地域や住宅の規模によっては4,000万円の住宅ローンを組む人もいらっしゃるでしょう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 住宅購入のときには、頭金と銀行からの借入れを住宅購入資金に充てますが、ここでは、住宅ローンの平均借入金額を紹介します。, ここでも金額の高い順から、注文住宅は3,004万円、分譲戸建住宅は2,827万円、分譲マンションは2,396万円、中古戸建て住宅は1,540万円、中古マンションは1,166万円となっています。新築物件価格は中古物件価格より高いので、当然借入れ金額も新築物件のほうが高くなります。, 住宅ローンを借入れするときの平均金額をみてきましたが、それでは住宅ローンを組むときには、どれぐらいの平均年収なのでしょうか。ここでも国土交通省のデータを参考にすると、どのタイプの住宅であっても、住宅ローンを組むときの平均世帯年収は、600万円から750万円ほどです。この金額は世帯主だけの年収ではなく、共働きの場合は合計年収になります。, ここで気になるのは、共働き世帯の借入れについてです。次に、共働き世帯がよく利用するペアローンについて説明します。, ペアローンとは、夫婦がそれぞれ1つずつローンを組み、2つのローンを一つの住宅の返済に充てることをいいます。1人で借りるよりも融資額が大きくなり、さらに、住宅ローン控除を2人分利用できるなどメリットがあります。, しかし、女性は妊娠や出産により収入が変動する可能性があります。ペアローンを利用するときは、2つのローンのうち1つのローンは、実際の収入の50%ぐらいを目安に借入れすることをおすすめします。, 住宅ローンを借入れるときの平均年齢は、全てのタイプの住宅で30代~40代です。住宅を購入をするときの平均年齢と同じような結果になっています。, 住宅ローンの平均頭金は、分譲マンションの場合の1,333万円から分譲戸建住宅の803万円の幅に収まっています。自己資本比率は、21.4%から44.3%です。, 昨今の金利の低さを考えると、多くの頭金を準備することにそれほどのメリットはありません。時間をかけて頭金を準備するより、繰り上げ返済を利用するほうがよりメリットがあります。, ここでは、住宅ローンを返済するときのさまざまな平均値を紹介します。住宅ローンをどれぐらいの期間で、いくらずつ返済していくのか、日々の生活にとても影響がある数値ですのでよく考える必要があります。, 住宅ローンの平均返済期間は、中古マンションの24.7年から注文住宅の33.2年となっています。少しでも早く返済を済ませたいと思われますが、返済期間は金利も低いため、長めにするほうが生活にゆとりが持てます。日々貯蓄に励み、ある程度の金額が貯まったときに繰り上げ返済をするようにします。繰り上げ返済で手数料を取られる場合もありますが、ほとんどの場合、利息を減らすことができローンの支払い期間は短くなります。, 住宅ローンの平均返済額は、注文住宅で一番大きく11万円ほどで、一番小さい平均返済額は中古マンションの8万円ほどになります。新築物件と中古物件の価格には大きく開きがありますが、月々の平均返済額にはそれほどの開きはありません。, まず、返済負担率とは、年収に占める年間返済額の割合のことをいいます。ローン申請の一つの審査基準であり、30%から35%までを上限として融資されます。ここで大事なことは、借入れ可能な金額と返済金額がイコールではないということです。データによれば、平均返済負担率は20%から15%です。通常、20%から25%が無理のない返済負担率と考えられており、データもそのような数値を示しています。, 借入れ限度額いっぱいでローンを組むと、先々、予測できないことが起こったときに対処できなくなります。子どもがいれば、成長するにつれ増えていく教育費のことを考える必要があります。また、年齢が上がれば介護資金も必要です。気持ちに余裕を持って生活できるように、無理のない返済負担率でローンを借入れるようにしましょう。, 人生の一大イベントである、住宅の購入にはさまざまな悩みがつきものです。こちらで紹介した数値はあくまでも平均値ですので、住宅ローンを申請するときは、自分の収入やライフスタイルをよく考えて借入金額と返済金額を決めましょう。, 国土交通省の平成29年度報告書では、住宅の平均購入価格は、注文住宅4,472万円、分譲マンション4,192万円、分譲戸建住宅3,840万円、中古戸建住宅2,857万円、中古マンション2,393万円となっています。, 住宅ローンの平均借入額は、注文住宅3,004万円、分譲戸建住宅2,827万円、分譲マンション2,396万円、中古戸建て住宅1,540万円、中古マンション1,166万円となっています。新築物件のほうが借り入れ金額は大きくなります。, 金利の低さを考えると、多くの頭金を準備することにそれほどのメリットはありません。時間をかけて頭金を準備するより、繰り上げ返済の利用を選択する人が増えています。, 住宅ローンの平均返済期間は、もっとも短い中古マンションで24.7年。最長の注文住宅では33.2年です。返済期間の長さはデメリットとは限りません。毎月の返済額は抑えられ、家計負担が少なくなります。余裕があるときに繰上返済をして返済期間を短縮しましょう。, オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。, 「HOME4U」では、厳選した1,500社の優良企業から最大6社にまとめて査定依頼できます. 」また、「 住宅ローン借入額の平均はどの程度なのか? 」などのご質問を受けることが多いです。 今回は、住宅金融支援機構が実施している「平成24年フラット35利用者調査報告」から、平均的なマイホーム購入金額と資金の内訳を見ていきましょう。