電子入札. 気象、事件事故 【気象】2020年は23個の台風が発生(29日現在)。このうち奄美地方へは4回接近(速報値)し平年値3・8回と比較し微増。 台風14号は、西日本や東日本へ、接近・上陸するおそれがあります。24時間降水量は、過去にない記録的な大雨を予想している所も。警戒ポイントと、接近前の対策をまとめました。台風14号 地方ごとの警戒ポイント台風… ご覧になりたい地域を選択してください。地域は 実況観測データ・ 天気予報 ・ 防災に関する情報 に反映されます。 台風は今後、過去最大級に匹敵する特別警報級の勢力で6日明け方に奄美地方南部と北部が暴風域に入る見通し。最接近は南部が同日昼前、北部が同日昼過ぎの見込みで、名瀬測候所は、これまで経験のない記録的な暴風、高波、高潮の恐れがあるとして、厳重な警戒を呼び掛けている。 夏から秋にかけて多くの被害を出すのが台風や大雨による災害です。沖縄や九州はその中でも特に多くの台風が接近・上陸する土地であり、これまでも様々な被害がありました。この地域にはどれほどの台風や大雨が起こり、どのような災害が起こったのか、この記事でご紹介します。, 30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「大規模災害の被災者を救助・救命する」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!, 設問数はたったの3問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?, 以下の表は1951年から2019年に発生した台風17号までに各地に上陸した台風の数をまとめたものです。鹿児島が圧倒的に多いほか、上位10県のうち九州が第1位、第5位、第6位、第9位と4つもランクインするなど、この地方での上陸数が多いことが伺えます。, これまでも台風の上陸によって、九州地方や沖縄県では甚大な被害が発生したことが幾度もあります。, 過去20年を遡り、1999年以降でこの地方で大きな被害をもたらした台風を紹介していきます。(出典:気象庁「災害をもたらした気象事例(平成元年~本年)」), 1999年には台風16号と台風18号が沖縄県や九州地方を襲っています。これらの台風は、この地方だけでなく、中国地方や四国、関西、東海地方などにも大きな被害をもたらしています。, 台風16号では9月14日に種子島付近で発生した後北上し、14日17時ごろに宮崎県南部に上陸しています。その後四国を横断して、近畿地方から中部地方を通り、長野県上空で熱帯低気圧になりました。台風が通った宮崎県では200ミリを超える期間降水量を記録し、全国で以下のような被害を出しています。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(前線、台風第16号 平成11年)(1999年)9月14日~9月16日)), 台風18号は9月19日に沖縄県の南海上で発生し、発達しながら北上しました。強い勢力のまま熊本県に上陸し、九州北部を通り山口県に再上陸しています。その後日本海を進んで北海道に再上陸しましたが、25日に網走沖で温帯低気圧に変わりました。この台風で沖縄県の期間降水量が555ミリ、宮崎県諸塚村で486ミリを記録しています。また強い勢力であったことから南西諸島や九州・中国地方で最大風速が30m/sを超える暴風となるところもありました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第18号 平成11年(1999年)9月21日~9月25日)), 2001年は台風16号が発生していますが、この台風は過去の台風の中でも変わった進路を通った台風でもあります。ただその威力は大きく、沖縄地方に被害をもたらしました。, 台風16号は9月6日に西表島の北海上で発生して東に進行、7日7時半ごろに沖縄県本当南部を通過し、同島東海上でループを描いた後北西に進みました。その後8日3時半ごろ同島の中部を通過しました。3日間にわたり、同島西海上でループを描いた後、南海上で停滞した珍しい台風ですが、これにより沖縄本島では中南部で300~400ミリの大雨となりました。また那覇市では期間降水量が551.5ミリ、長時間台風が停滞した久米島では期間降水量が967.5ミリにもなる記録的な大雨となったほか、久米島で最大瞬間風速50.8m/sを観測する暴風となりました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第16号 平成13年(2001年)9月6日~9月13日)), 2003年は台風10号が沖縄・九州地方を襲っています。この台風でも記録的な大雨や暴風を観測しました。, 8月3日にフィリピンの東海上で発生し、7日に沖縄本島を通過、その日の午後には勢力を強めながら北上し、高知県室戸市付近に上陸しました。九州には上陸しなかったものの、熊本県や宮崎県では400ミリを超える大雨となり、沖縄県名護市で最大風速29.9m/s、最大瞬間風速48.7m/sの暴風を観測しました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第10号 平成15年(2003年)8月7日~8月10日 」), 2004年は複数の大型な台風が接近、上陸したことにより多くの被害を出した年でもあります。, 8月19日にマーシャル諸島近海で発生した台風は、大型で猛烈な勢力となり、30日午前には鹿児島県串木野市付近に大型で強い勢力で上陸し、九州を縦断しました。九州地方で600~800ミリの大雨を記録するなど、各地で猛威を奮った台風16号により全国的にも非常に多くの被害が出ることになりました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第16号 平成16年(2004年)8月27日~8月31日)), 8月28日にマーシャル諸島近海で発生した台風第18号は、9月5日に大型で非常に強い勢力で沖縄本島北部を通過し、7日午前には長崎市付近に上陸して九州北部を横断しました。これにより九州地方ではこれまでの記録を更新する最大瞬間風速50m/s以上の猛烈な風を観測しています。また九州地方の一部で900ミリを超える大雨を観測するなど、非常に勢力の強い台風だったことがわかります。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第18号 平成16年(2004年)9月4日~9月8日)), 10月13日にマリアナ諸島近海で発生した台風は、19日に沖縄本島から奄美諸島沿いに進み、20日には大型の強い勢力で高知県土佐清水市付近に上陸しました。九州は南東を通過しただけになりましたが、それでも期間降水量が大分県で500ミリを超えるなど九州地方で日降水量の記録を上回る大雨が降りました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第23号 平成16年(2004年)10月18日~10月21日)), 2005年は台風14号だけでしたが、、非常に大きな台風であり、記録的な大雨や暴風をもたらした台風でもあります。, 台風14号は8月29日21時にマリアナ諸島近海で発生し、大型で非常に強い勢力に発達したまま九州の南海上に接近し、広い暴風域を維持したまま九州地方の西岸に沿って北上、9月6日には長崎県諫早市付近に上陸しています。この台風により宮崎県では9月の月間平均雨量の2倍を超え、1,000ミリ以上の雨が降りました。宮崎県南郷村神門では1,322mm、えびの市で1,307mm、鹿児島県肝属郡肝属町肝属前田で956mmなどを記録しています。また4日には南大東島で最大瞬間風速55.6m/s、6日には種子島で59.2m/s、屋久島で58.1m/sも観測されています。宮崎県を中心として全国で人的被害や住宅被害が相次いで起こりました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第14号 平成17年(2005年)9月3日~9月8日)), 2006年は台風13号のみですが、大分県や佐賀県で記録的な大雨を記録するほどの勢力を持つ台風でした。, 9月10日21時にフィリピンの東海上で発生したこの台風は、強い勢力を保ったまま、沖縄地方を通過し、九州地方に上陸したためこの地方に暴風をもたらしました。沖縄県竹富町西表島で最大瞬間風速69.9m/s、17日に長崎県長崎市野母崎で46m/sとなるなど観測史上1位を更新した場所もあります。また16日に1時間降水量が大分県佐伯市蒲江で122ミリ、佐賀県伊万里市伊万里で99ミリなど記録的な大雨となった地域もあります。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第13号 平成18年(2006年)9月15日~9月20日)), 2014年は短い期間に同地方を襲った2つの台風により、記録的な大雨と暴風が大きな被害をもたらしました。, 7月4日にマリアナ諸島付近で発生した台風8号が、大型で非常に強い勢力を保ったまま沖縄本島と宮古島の間を通過しました。その後10日には鹿児島県阿久根市付近に上陸し、九州を通過した後は本州南岸を東に進んでいます。沖縄本島地方では記録的な大雨となったほか、沖縄・奄美や九州南部を中心に暴風となったことで大きな被害をもたらしました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第8号平成26年(2014年)7月6日~7月11日)), 2015年は台風9号から台風12号の連続的な襲来と前線との影響で、広範囲で大雨と暴風が起こり、土砂災害や河川の氾濫など甚大な被害が広がりました。, 6月2日から7月26日にかけての日本付近に停滞する梅雨前線の断続的な活動の活発化に加え、台風第9号が沖縄地方に接近しました。さらに7月16日から17日にかけて台風11号が、7月23日から26日にかけて台風12号が日本に接近し上陸したことで被害が広がった災害です。これらの影響により、九州南部や奄美地方で総降水量が2,000ミリを超えるなど、各地で大雨となり、台風第9号や第12号の影響で沖縄県や鹿児島県を中心に暴風や強風となりました。大雨や暴風などにより、土砂災害、浸水害、河川の氾濫などが発生し、各地で甚大な被害が発生しています。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第11号、第12号 平成27(2015)年6月2日~7月26日)), 2017年も大型の台風が2つ接近、上陸しています。これにより死傷者や住宅被害を多数出す災害となりました。, 台風3号は7月2日に沖縄の南で発生し、東シナ海を北上して7月4日に長崎市に上陸しました。前線の影響もあり、総雨量が長崎県壱岐市芦辺で567.5ミリ、大分県日田市日田で500ミリなど、7月の月降水量の平年値を上回る大雨が降る地域もありました。この大雨による河川の氾濫や浸水被害、土砂災害により福岡県で死者22名、行方不明者1名、大分県で死者3名を出しています。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第3号  平成29(2017)年6月30日~7月10日)), 2018年は沖縄・九州地方に留まらず日本各地で甚大な被害を出した豪雨が発生した年です。これにより非常に多くの死者や住宅の被害を出すことになりました。, 6月28日以降、華中から日本海を通って北日本に停滞していた前線と6月29日に日本の南で発生した台風7号の影響で記録的な豪雨となった災害です。九州北部をはじめとした多くの観測地点で24時間、48時間、72時間降水量の値が観測史上第1位となるなど、広い範囲における長時間の記録的な大雨となりました。これに伴い福岡県、佐賀県、長崎県など1府10県に特別警報を発表し、最大の警戒を呼びかける事態になっています。この影響で河川の氾濫、浸水害、土砂災害などが発生しています。被害も甚大で死者、行方不明者は多数、全国各地で断水や電話の不通などライフラインへの影響、鉄道の運休などの交通障害が発生しました。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第7号 平成30(2017)年6月28日~7月8日)), 9月21日にマリアナ諸島近海で発生した台風24号は、沖縄の南を北西に進み、非常に強い勢力で沖縄地方に接近した後、30日に和歌山県田辺市付近に上陸しました。この台風により、南西諸島及び西日本の太平洋側を中心に、これまでの観測記録を更新する猛烈な風または非常に強い風を観測した所がありました。鹿児島県奄美市笠利では最大風速40.0m/s、最大瞬間風速52.5m/sを記録しています。, (出典:気象庁「災害をもたらした気象事例」(台風第24号  平成30(2018)年9月28日~10月1日))(出典:内閣府防災情報のページ「平成30年台風第24号に係る被害状況等いついて」), 世界では地球温暖化などの影響を受けた気候変動が起こっています。日本も例に漏れずその影響を受けていますが、近年は気候変動のこれらの影響で大雨の発生数の増大や台風の大型化が起こっていると考えられています。今後も影響を受けると考えられており、短時間強雨や大雨の発生数増大、発生頻度や降水量の増大も予測されています。そのため集中豪雨や台風が多発する夏期にはこれらに対する防災が大きな課題となってくるとも言われています。, 大雨や台風は様々な水害を引き起こします。洪水や河川の氾濫、土砂災害、津波とどれも私たちの脅威となる災害ばかりであり、この災害による死傷者の発生や住宅の全壊や半壊、浸水などの被害も考えられます。, 全てを防ぐことは難しいですが、命を守るための備えは必要です。防災グッズの準備や避難経路、避難場所の確認、大雨や台風発生時の早期の避難などができます。, 季節的なものではありますが、しっかりと防災の意識を持ち、身を守る行動を心がけることが大切です。, グループメディア:BITDAYS | DELIGHTmedia | GANMA!ニュース, gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。, 1951年から2019年に発生した台風17号までに各地に上陸した台風の数見ると鹿児島が圧倒的に多い. は、きょう31日午前6時現在、沖縄の南にあり1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。 計画; 東北地方太平洋沖地震被災地への支援について; 台風に伴う施設休館・行事予定変更・その他生活関連情報 台風15号の暴風域に入っている奄美地方!南部に泊めているシープリンセスが気になるので、見に行ってきました。発生直後は暴風域に入らないとのことだったので、普段係… 過去最大の台風だとニュースで・・・ | 奄美大島のダイビングサービス・マリンスポーツ奄美. 台風第22号による被害状況; 台風第21号による被害状況; 霧島山に関する情報(令和2年1月3日更新) 台風第18号による被害状況; 9月4日からの大雨による被害状況; 8月24日の鹿児島湾を震源とする地震; 台風第5号による被害状況; 7月11日の鹿児島湾を震源とする地震 台風10号は沖縄や奄美、九州に特別警報級の勢力で接近または上陸する予想です。記録的な暴風や大雨、高潮、高波に厳重な警戒が必要です。台風10号特別警報級の勢力で接…(2020年9月5日 6時12分59秒) 過去最強クラスの勢力に発達する見通しの台風10号は5日午前、沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら進んでいる。6日午後から7日にかけて奄美、九州に接近または…(2020年9月5日 13時48分0秒) が四国地方に上陸し、各地で大雨や暴風をもたらして多くの被害を出しています。 ここから本文です。 過去の緊急情報. Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー. 鹿児島県は15日、台風19号に伴う被害状況(第11報)を発表した。暴風雨にさらされた奄美群島の農作物については調査中で判明していないが、基幹作物・サトウキビには折損や葉の裂傷、塩害など深い爪痕が残った。キビが成長するこの時期、2週連続の台 い雨が降りだし、台風が通過する20日まで、鹿児島県(特に奄美大島)や岡山県などを中心に全国各地で大雨が降り、それに伴 … 台風情報 ; 海上警報; 早期天候情報 ... 九州南部・奄美地方の季節ごとの天候の特徴; 農業気象ポータルサイト; 気候リスク管理サイト; 過去の気象データ・ダウンロード ; 案内・その他. 鹿児島県奄美大島豪雨(2010å¹´10月)。ntt西日本が過去に経験した主な大規模災害等事例をご案内しています。 2021å¹´1月の鹿児島の過去天気をまとめています。1961年からの全国の過去天気データを網羅。 5分ごとの実況(雨雲レーダー) 防災情報 警報・注意報 台風 土砂災害マップ 洪水マップ 河川水位 火山 地震 津波 避難情報 避難場所マップ 緊急・被害状況 災害カレンダー 防災手帳 防災速報. 【台風速報】台風10号「ハイシェン」奄美大島に中心気圧920hPaで接近、あまり勢力を落とさず過去最強クラスで九州へ。9月3日22:44 . 特別警報級の勢力で接…(2020å¹´9月5日 6時12分59秒) žãŒç¬¬1位、第5位、第6位、第9位と4つもランクインするなど、この地方での上陸数が多いことが伺えます。 (出典:国土交通省 気象庁「上陸数」,2019) 【台風速報】台風10号「ハイシェン」奄美大島に中心気圧920hPaで接近、あまり勢力を落とさず過去最強クラスで九州へ。9月3日22:44 9月3日22:44 【台風10号】暴風・強風が吹き始める前(9月4日)に台風への備え完了を 「安全な場所への避難が不可能」気象庁緊急記者会見 過去20年間で九州・沖縄に甚大な被害をもたらした台風. 台風9号が接近する沖縄は、次第に猛烈な風が吹き、外出が極めて危険な状況に。 台風9号 次第に非常に強い勢力へ 沖縄・奄美 大荒れ. 奄美群島は、奄美大島・喜界島・加計呂麻島・請島・与路島・徳之島・沖永良部島・与論島の8島。人口は計105,318人(2019年7月1日集計) 奄美群島の主読紙. 気象庁は5日、同日午前9時の観測で、日本の南の熱帯低気圧が台風14号に変わったと発表した。今後は発達しながら北上する。8日には奄美・沖縄、9日は鹿児島県本土に接近する恐れがある。気象庁は予想進路を絞り込めておらず、予報円が大きいため、最新の位置情報に注意が必要だ。 奄美(名瀬)の今日の天気、明日の天気、気温・降水量・風向・風速、週間天気、警報・注意報をお伝えします。周辺の地図やお店・施設検索もできます。 これまでも台風の上陸によって、 九州地方や沖縄県では甚大な被害が発生 したことが幾度もあります。 過去20年を遡り、1999年以降でこの地方で大きな被害をもたらした台風を紹介していきます。 1: 2020/09/03(木) 23:35:33.91 ID:BtTb6xVt9. 平成2年台風第19号(へいせい2ねんたいふうだい19ごう、国際名:フロー/Flo)は、1990年9月に紀伊半島に上陸し、日本列島を縦断して大きな被害を出した台風である。台風は秋雨前線を刺激したため、風害も去ることながら大雨による災害が目立った。, 1990年9月13日9時に、グアム島の南東海上で発生した台風19号は、発達しながら北西へ進み、17日には沖縄の南東海上で急激に成長し、中心気圧890hPa・最大風速60m/sという猛烈な勢力となった[1]。 ちなみに、ピーク時の最低気圧は、速報段階では910hPaとされていたが、後に米軍機の観測によるデータによって、890hPaに訂正された。900hPa未満の中心気圧が観測されたのは、1987年の台風9号以来であった。その後台風は北東に進み、19日20時過ぎ、中心気圧945hPa・最大風速45m/sという非常に強い勢力で、和歌山県白浜町付近に上陸。当初は18日にも西日本に上陸するという予想であったが、進行速度が落ちたために19日の20時過ぎにもつれ込んだ。そして、勢力を次第に弱めながら北陸地方・東北地方を経て、20日12時前に岩手県宮古市付近から三陸沖へ進み、温帯低気圧へと変わった[2]。, この台風は、気象庁の観測では平成に入って最強の台風の1つでもあったため、気象庁は1961年の第2室戸台風以来となる強い台風として警戒を呼びかけた[3]。, その一方で、11から15日にかけて、秋雨前線が本州上をゆっくりと南下したため、前線が台風に刺激されて活動が活発化し、一部で雷や竜巻を伴った大雨となった。栃木県壬生町・宇都宮市では台風に誘発されて発生した竜巻により、全半壊67棟、負傷者25人の被害となった[4]。台風が沖縄近海に達した17日頃から、九州地方や四国地方、紀伊半島などで強い雨が降りだし、台風が通過する20日まで、鹿児島県(特に奄美大島)や岡山県などを中心に全国各地で大雨が降り、それに伴う災害が発生。高知県では1時間に70mmを超える激しい雨が降ったほか、期間降水量は、四国地方や紀伊半島の山沿いの一部で900~1,100mmに達し、兵庫県豊岡市で515.5mm、愛媛県伊予三島市で569mmとなったほか、四国地方や中国地方、近畿地方や東海地方の広い範囲で平野部でも200~400mmに達した。また東北地方でも、北部を中心に期間降水量が200~300mmになった[2]。, 台風が強い勢力で通過したため、高知県室戸市室戸岬で最大風速43.3m/s(最大瞬間風速61.2m/s)を記録したほか、南西諸島や九州地方から東海地方にかけて、一部で最大風速が20~30m/sとなった。20日には、静岡県石廊崎で8.07mの有義波高を観測している[2]。, ちなみに、同じく「台風19号」である、この翌年の台風が一般的に「風台風」とされているのに対して、こちらは「雨台風」であったというイメージが浸透しているが、両方共に混同されやすい。, なお、この年は太平洋高気圧の勢力が例年以上に強く、秋以降になっても後退しなかったため記録的な暖秋となっていた。そのため、台風が日本列島に接近しやすい状態になっており、台風19号が上陸した11日後の9月30日には台風20号、10月8日には台風21号、12月間近の11月30日には台風28号が類似する進路でそれぞれ和歌山県に上陸した。, デジタル台風:台風199019号 (FLO) - 詳細経路情報(Google Maps版), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=平成2年台風第19号&oldid=80498043. 爪痕. 2020.09.04. 奄美(名瀬)の天気予報。今日・明日の天気と風と波、明日までの6時間ごとの降水確率と最高・最低気温を見られます。 ニュース. おすすめ記事. 過去の緊急情報; 奄美大島沿岸部に漂着している油について ; 台風19号に関する情報(24日午後5時現在) 台風24号に関する情報(10月5日17時15分現在) 台風17号に関する情報; 台風10号に関する情報(9月10日9時現在) 申請書ダウンロード. の根室半島通過について (2016-09-23) 台風の発生ペースと年間発生数 (2016-09-19) 台風に過敏すぎ? (2016-09-18) 最も発表回数が多い注意報はどれ? (2016-09-07) トラフ地震関連情報 噴火警報・予報 噴火速報 降灰予報 天気予報 天気分布予報・時系列予報 週間天気予報 奄美の雨雲の動き(実況~6時間後) 詳細を見る. そこで過去20年間を遡り、そのような台風についてまとめました。 2003年(平成15年) 2003年は強い勢力を持った台風10号が四国地方に上陸し、各地で大雨や暴風をもたらして多くの被害を出しています。