自筆譜の表紙には、патетическая Симфония (悲愴 交響曲)No.6と書き込まれている. ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」 第1楽章 Op.13/Sonate für Klavier Nr.8 "Pathetique" 1.Satz Grave-Allegro molto e con brio - ベートーヴェン - ハ短調 4分の4拍子/2分の2拍子 序奏付きソナタ形式[序奏部]Graveの序奏はフォルテ・ピアノ(fp)の指示によってディナーミクのコントラストが追求されている。 第1部で《悲愴》ソナタ、第2部で《熱情》ソナタを余すことなく分析。第3部で《ヴァルトシュタイン》 《テンペスト》の概括的な分析。 wr04-231 ほか [図書] 諸井三郎『ベートーヴェンピアノソナタ 作曲学的研究』 音楽之友社, 1965年。 ベートーヴェンのピアノソナタ第8番には「大ソナタ悲愴(Grande Sonate pathétique)」という標題が付けられています。 悲愴とは「悲しく痛ましいこと。また、そのさま。」と辞書では出てきます。 悲愴を作曲していた頃は、ベートーヴェンが耳の異変を感じ始めた時期でもありました。 「ベートーヴェンの難聴」と「悲愴」の関連はわかっていませんが、少なからず関係していたのかもしれません。 ベートーヴェン自身が標題を付けた作品は少なく、合計32曲あるピアノソナタにおいては第8番以外には第2… ベートーヴェン 生誕250周年記念 Beethoven 250th Anniversary ベートーヴェンの生誕250周年を記念し、指揮者でDJの水野蒼生氏によるスペシャルコンテンツやベートーヴェンの人気タイトルをご紹介。Amazon.co.jp限定は、メガジャケ付。 コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ) ベートーヴェンへの旅 ピアノ・ソナタ全32曲演奏会 4月26日(日)に開催のVol.2 in 横浜 ・桜木町「悲愴」の鈴木淳史さん(音楽批評)による曲目解説をご覧いただけます。 コンサートの予習に是非ご覧下さい。 ベートーヴェンのソナタの動画を集めました。ライブ演奏もあります。 ベートーヴェンピアノソナタ第5番の解説は こちら ベートーヴェンピアノソナタ集一覧a( 1番~10番)は こちら ベートーヴェンピアノソナタ集一覧b(11番~20番)は こちら 【徹底解説】ベートーヴェン「悲愴」第二楽章 難所と練習のポイント 出だしのAdagio cantabile はゆっくりしすぎない. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven 、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い 、1770年 12月16日頃 - 1827年 3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。 音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる 。 第二楽章の冒頭部分の叙情的なメロディは、モーツァルト『ピアノソナタ第14番』から強い影響を受けたとされ、テレビcmなどで頻繁に用いられている。 ソプラノバス内声の順番で、とも言われるのですが、 (ピアノ初心者は特に)バスと内声を両方とも抑えた方がバランスが取りやすいです。 (また、今回の音源のようにバスを抑えた演奏もよく聴かれます。) 内声には右手の強い指(1や2)が来てしまうので、タッチは浅く浮かせましょう。 どうも、音大生のこうきです。今回はベートーヴェンの遺した「新約聖書」とも呼ばれる32曲のソナタから、発表会にオススメな作品を10曲解説をしてみました。ニックネームが付いた作品が良い作品ではないので、ご注意!ワルトシュタインの邦訳分かる? 『悲愴 ひそう』または『大ソナタ悲愴』は、1798年頃に作曲されたベートーヴェン(ベートーベン)のピアノソナタ。 ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『大ソナタ悲愴』("Grande Sonate pathétique")は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。作曲者の創作の初期を代表する傑作として知られる。 Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス Amazonアウトレット 訳あり商品を お手頃価格で販売: Prime Now 好きな時間が選べる。 ピティナ・ピアノ曲事典(作品) - ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」/piano soloの用語解説 - 出版の際にベートーヴェン自身によってフランス語で「悲愴的大ソナタ」とタイトルが付けられた。1797年から翌年にかけて作曲されたと推定される。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... カール・リヒノフスキー侯爵(Karl Lichnowsky, 1761年-1814年), アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 - 1982年12月20日), ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第14番「月光」&第23番「熱情」&第26番「告別」. 悲愴(ひそう)とは。意味や解説、類語。《原題、(フランス)La Pathétique》ベートーベンのピアノソナタ第8番の標題。ハ短調。1798年ごろの作。第14番「月光」、第23番「熱情」とともに三大ピアノソナタとよばれる。《原題、(ロシア)Pateticheskaya》チャイコフスキー作曲の交響曲第6番の標題。 StarryWayスーパーレッスンを開始しました! スーパーレッスンとは? 一緒に頑張ってくれる方を募集! (ピアノ演奏音源・楽譜・デザイン&プログラムなど、一から丁寧に制作します。 ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『大ソナタ悲愴』("Grande Sonate pathétique")は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。作曲者の創作の初期を代表する傑作として知られる。, 正確な作曲年は同定されていないものの1798年から1799年にかけて書かれたものと考えられており、スケッチ帳には作品9の弦楽三重奏曲と並ぶ形で着想が書き留められている[1]。楽譜は1799年にウィーンのエーダーから出版され、早くからベートーヴェンのパトロンであったカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵へと献呈された[1][2]。本作は作曲者のピアノソナタの中で初めて高く、永続的な人気を勝ち得た作品である[3]。楽譜の売れ行きもよく[4]、気鋭のピアニストとしてだけでなく作曲家としてのベートーヴェンの名声を高める重要な成功作となる[5]。, 『悲愴』という標題は初版譜の表紙に既に掲げられており[6]、これがベートーヴェン自身の発案であったのか否かは定かではないものの、作曲者本人の了解の下に付されたものであろうと考えることができる[7]。ベートーヴェンが自作に標題を与えることは珍しく、ピアノソナタの中では他に第26番『告別』があるのみとなっている[1]。『悲愴』が意味するところに関する作曲者自身による解説は知られていない[8]。標題についてパウル・ベッカーはそれまでの作品では垣間見られたに過ぎなかったベートーヴェンらしい性質が結晶化されたのであると解説を行っており[1]、ヴィルヤム・ビーアントは「(標題は)気高い情熱の表出という美的な概念の内に解されるべきである」と説いている[8]。, ミュージカル・タイムズ誌に1924年に掲載された論説は、本作の主題にはベートーヴェンも称賛を惜しまなかったルイジ・ケルビーニが1797年に発表したオペラ『メデア』の主題と、非常に似通った部分があるとしている[8]。他にも、同じくハ短調で本作と同様の楽章構成を持つヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノソナタ第14番の影響も取り沙汰される[3]。とりわけ、第2楽章アダージョ・カンタービレの主題はモーツァルトの作品の第2楽章に見られるものと著しく類似している[9]。また、未完に終わった交響曲第10番の冒頭主題が同主題に類似したものだったという研究成果が発表されている[注 1]。グスタフ・ノッテボームは本作の終楽章が構想段階ではヴァイオリンとピアノのための楽曲であった可能性を指摘している[1]。, このピアノソナタはベートーヴェンの「ロメオとジュリエット」期の心境[3]、すなわち「青春の哀傷感」を写し取ったものと表現される[10]。描かれているのは後年の作品に現れる深遠な悲劇性とは異なる次元の哀切さであるが、そうした情感を音楽により伝達しようという明確な意識が確立されてきた様子を窺い知ることが出来る[10]。劇的な曲調と美しい旋律は本作を初期ピアノソナタの最高峰たらしめ、今なお多くの人に親しまれている[1]。, イグナーツ・モシェレスは、1804年に図書館でこの作品を発見して写しを取って持ち帰ったところ、音楽教師から「もっと立派な手本を基にしてスタイルが出来上がるよりも先に、そんな奇矯な作品を弾いたり勉強してはならないと注意を受けた」と回想している[8][11]。ベートーヴェン自身は持ち前のレガート奏法を駆使し、あたかもその場で創造されたものであるかのように弾いたとアントン・シンドラーは証言している。その様子は既によく知られていた本作と同じ曲が演奏されているのかと耳を疑うほどであったとされる[11]。, 本作はピアノソナタ第14番(月光)、第23番(熱情)と合わせてベートーヴェンの三大ピアノソナタと呼ばれることもある。約100年後にロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーが交響曲第6番『悲愴』を作曲しているが、その第1楽章にはこのピアノソナタの冒頭主題とよく似たモチーフが使用されている[7][10]。, ソナタ形式[10]。譜例1に示されるグラーヴェの序奏が置かれ、展開部とコーダでも姿を見せる[10]。同様の手法は選帝侯ソナタ第2番 WoO.47-2(1782年-1783年)の第1楽章にも見られる。, 急速な半音階の下降で序奏部を終えると主部が開始され、第1主題がトレモロの伴奏に乗って現れる[10](譜例2)。, 譜例2が発展して緊張の高まりを迎え、落ち着きを取り戻すと次なる主題が変ホ短調に提示される(譜例3)。, さらに管弦楽的な広がりを持った変ホ長調の主題が続く[12](譜例4)。同主音の短調長調による対照的な譜例3と譜例4はいずれもソナタの第2主題となり得る性格を有しており、こうした構成に関しては第3番のソナタの第1楽章で行われた主題配置が先例となっている[10]。譜例2によるコデッタが提示部を結び反復記号が置かれるが[10][13]、この反復を受けて曲の冒頭に戻るか、主部の開始点に戻るかは奏者によって意見のわかれるところである[8]。, 提示部の反復が終わるとト短調で譜例1が再現されて展開部となる[10]。展開部は第1主題に基づいて勢いよく開始するが、その中に序奏部の音型がリズムを変えて巧みに織り込まれている[10][12]。展開部の半ばほどで既にト音を執拗に鳴らす左手のトレモロの音型がペダルポイントを形成しており[12]、十分に準備された後に4オクターヴに及ぶ下降音型から再現部に入る[13]。再現部では第1主題とヘ短調の譜例3の間に新たな推移が置かれ、譜例4はハ短調となって現れる。コデッタがハ短調でクライマックスに達したところで再び譜例1が挿入され、第1主題による短いコーダで力強く終結する。, ロンド形式[14]。ベートーヴェンの書いた最も有名な楽章のひとつである[12]。ヴィリバルト・ナーゲルはベートーヴェン全作品中でも指折りの音楽と評価しており[14]、マイケル・スタインバーグはこの楽章のために「ハープシコードの所有者は最寄りのピアノ屋に駆け込んだに違いない」と述べた[8]。美しく、物憂い主題が静かに奏で始められる[2](譜例5)。, 声部を増やして譜例5が1オクターヴ高く繰り返されると、譜例6のエピソードがヘ短調で奏される[14]。, 続く譜例5[ハ短調]の再現が終わると中間部となる。3連符の伴奏の上に変イ短調の主題が導かれる(譜例7)。, 譜例7は大きく盛り上がるとホ長調へ転調して繰り返される。第3の部分は譜例5の再現であるが、譜例7とともに新たに提示された3連符がそのまま持ち越される[12][14]。3連符を用いた小規模なコーダが置かれ、静かに楽章の幕が下ろされる。, ロンド形式[14]。譜例8のロンド主題は譜例3から導かれているが[12][14]、第1楽章とは異なって劇的な表現を抑えて洗練された簡素さを感じさせる[8]。, 3連符主体の経過が穏やかなエピソードを中間に置いて繰り返され、フォルテッシモの下降音階の最低音にフェルマータを付して区切りをつけ[13]、譜例8の再現へと移っていく。次に出されるのは優美な変イ長調の主題である[14](譜例10)。対位法的な手法を駆使して左右の手に現れた旋律が声部を交代しながら繰り返されていく[12]。, 対旋律がスタッカートの音型に取って代わられて忙しない経過楽句に接続されると、再び下降音階で区切られてロンド主題の再現へと進められる。主題を低声部に移すなど変化を持たせながら、譜例9もハ長調で続けて再現される[12][14]。3連符のエピソードもこれに追随し、再度現れた譜例8からコーダに至る。終わり付近で譜例8が回想されつつ静まっていくが、最後は突如フォルテッシモに転じて強力に全曲を結ぶ。作曲者自身はこの楽章を「ユーモラス」に弾いたと伝えられる[8]。, 選帝侯ソナタ - ソナチネ - 第19番 ト短調 - 第20番 ト長調 - 第1番 ヘ短調 - 第2番 イ長調 - 第3番 ハ長調 - 第4番 変ホ長調 - 第5番 ハ短調 - 第6番 ヘ長調 - 第7番 ニ長調 - 第8番 ハ短調『悲愴』 - 第9番 ホ長調 - 第10番 ト長調 - 第11番 変ロ長調 - 第12番 変イ長調『葬送』, 第13番 変ホ長調『幻想曲風ソナタ』 - 第14番 嬰ハ短調『月光』 - 第15番 ニ長調『田園』 - 第16番 ト長調 - 第17番 ニ短調『テンペスト』 - 第18番 変ホ長調 - 第21番 ハ長調『ヴァルトシュタイン』 - 第22番 ヘ長調 - 第23番 ヘ短調『熱情』 - 第24番 嬰ヘ長調『テレーゼ』 - 第25番 ト長調『かっこう』 - 第26番 変ホ長調『告別』 - 第27番 ホ短調, 第28番 イ長調 - 第29番 変ロ長調『ハンマークラヴィーア』 - 第30番 ホ長調 - 第31番 変イ長調 - 第32番 ハ短調, Beethoven, Piano Sonata No.8, first edition, Beethoven, Piano Sonatas Opp 2/3, 13 & 28, Andras Schiff lecture recital: Beethoven's Piano Sonata Op 13, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ピアノソナタ第8番_(ベートーヴェン)&oldid=78276226, 鈴木愛 「そっと。」(第2楽章) [GuiterFreaks&DrumMania], Joseph McManners [In Dreams] 09-Music of the Angles (第2楽章). ロシアの作曲家「ピョートル・チャイコフスキー」の代表曲である交響曲第6番「悲愴」。この曲が誕生した背景や経緯は、いったいなんだったのでしょうか。本記事では、チャイコフスキーの「悲愴」について解説いたします。この記事を読んで、「悲愴」について知ってみましょう。 「悲愴」というタイトルは、ベートーベン自身がつけた標題です。ベートーベンは自分の楽曲にタイトルをほとんどつけなかったことは有名です。「悲愴」は標題を楽曲のテーマとする「標題音楽」というジャンルなので、ベートーベンによってタイトルを与えられているのです。つまり、「悲愴」の曲調はベートーベン自身が考える「悲しみ」を表現したものなのです。 楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。 ベートーヴェン、ピアノ・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」 ベーレンライター版 日本語解説付 静寂から音楽が生まれる/シフ著 ベートーヴェンとピアノ 限りなき創造の高みへ/小山実稚恵、平野昭著 チャイコフスキーの伝記的な研究はほとんどこのモデストの著作から出発しているので、たいていの曲目解説に、題名の由来としてこの話が使われている。 調子に乗って、ベートーヴェンのピアノソナタの難易度も独自に検討してみることとし、全曲解説を載せました。解説は難しい曲の方があれこれ書きやすいので、今回は全32曲中から、難易度上位の20曲を … ベートーベンの曲でも特にこのピアノソナタ第14番嬰ハ短調は、 「月光」として映画やドラマなどにも使われ、日本でも有名ですね。 3楽章の中でも第1楽章が特に有名ですが、 各楽章の世界観や、他の曲と … 人間の生、高らかに 雪組トップコンビ退団公演が開幕 (2021-1-1) (寄稿)ウィーン・フィル、「悲愴」の中の美 亀山郁夫 (2020-11-18) 黒人への執拗で不条理な暴力――blmの読み解きに必要な10冊 (2020-10-26) 『悲愴 ひそう』または『大ソナタ悲愴』は、1798年頃に作曲されたベートーヴェン(ベートーベン)のピアノソナタ。. 1798年にベートーヴェンが作曲したピアノソナタ第8番ハ短調作品13「大ソナタ悲愴」は、ベートーヴェンの初期の代表作です。 第14番「月光」・第23番「熱情」と共にベートーヴェンの三大ピアノソナタの一つとしても数えられ、人気も高い作品でもあります。 難易度もそれほど高くないことから、音楽愛好家の方々が演奏する機会も多くあります。, 全楽章を通して人気が高いですが、特に第二楽章の冒頭部分はテレビやCMでもよく耳にします。 タイトルから音楽をイメージすると、悲しみに満ちた音楽のような気もしますがそうではありません。 「情熱的な部分」や「光を感じる部分」、「懐疑的な表現」などベートーヴェンらしさがたっぷりと詰まった傑作です。, ここではベートーヴェン「ピアノソナタ第8番(悲愴)」の解説と名盤を紹介したいと思います。, ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。, ベートーヴェンのピアノソナタ第8番には「大ソナタ悲愴(Grande Sonate pathétique)」という標題が付けられています。 悲愴とは「悲しく痛ましいこと。また、そのさま。」と辞書では出てきます。 悲愴を作曲していた頃は、ベートーヴェンが耳の異変を感じ始めた時期でもありました。 「ベートーヴェンの難聴」と「悲愴」の関連はわかっていませんが、少なからず関係していたのかもしれません。, ベートーヴェン自身が標題を付けた作品は少なく、合計32曲あるピアノソナタにおいては第8番以外には第26番「告別」があるのみです。 三大ピアノソナタの「月光」も「熱情」もベートーヴェンが付けたものではありません。, ちなみに音楽に標題を付けることは、ロマン派の時代に入ると盛んにおこなわれるようになります。 古典派の時代に標題を付けたこの作品は、その点においても革新的作品であると言えるかもしれません。, 「ピアノソナタ第8番(悲愴)」は、カール・リヒノフスキー侯爵(Karl Lichnowsky, 1761年-1814年)へ献呈されました。 リヒノフスキー侯爵は、ベートーヴェンの最も有力な後援者の1人として有名な人物です。, 侯爵は、ベートーヴェンを1796年にプラハ、ベルリンへ演奏旅行に連れ出しています。 また1800年から1806年までの間は、侯爵はベートーヴェンを経済的に支援します。, ベートーヴェンはこの作品の他に、「交響曲第2番」「ピアノソナタ第12番」も侯爵に献呈しています。 ただしこの関係は長くは続かず、ベートーヴェンとリヒノフスキー侯爵は、1806年に喧嘩別れをしています。, Graveの序奏が特徴的で、展開部と終結部にもこれは登場します。 「悲愴」というタイトルは、この第1楽章を聴くとしっくりとくるのではないでしょうか。, ピアノソナタは第1楽章が人気が高いことが多いですが、「悲愴」においてはこの第2楽章の人気もとても高いです。 あの有名な「第九」の第3楽章の主題は、この「悲愴」の第2楽章を彷彿させます。, 元々はヴァイオリンとピアノのデュオのために構想が練られていましたが、ソナタの最終楽章となりました。 分散和音の伴奏の上に、美しい主題が提示されるのが印象的です。, ロンドソナタ形式になっており、ロンド主題は第1楽章第2主題が元になっています。 第1楽章・第2楽章からの引用もあり、まさに最終楽章にふさわしい音楽です。, ルービンシュタインの名演でベートーヴェンの三大ピアノソナタを堪能してはいかがでしょうか。 ルービンシュタインと言えばショパンを思い出す方もいるとは思いますが、ベートーヴェンも名演が揃っています。 定番の1枚としても知られており、クラシックの初心者の方にもオススメの1枚です。, アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 - 1982年12月20日) ポーランド出身で、20世紀を代表するピアニストとして知られている。 母国ポーランドの作曲家ショパンをはじめ、シューマン、ベートーヴェン、ブラームスやブラジル音楽など、多くのレパートリーを誇った。 1899年:ポツダムでデビュー 1990年:ヨアヒムの指揮でベルリン・デビュー 1937年:ナチスの迫害を逃れて米国に移住 1946年:アメリカに帰化. クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 Adagio cantabileとは「ゆるやかに歌うように」という意味です。 大きなフレーズ(出だしから8小節の始めまでのひとまとまり)を感じて歌うように弾きましょう。 ベートーヴェンが1824年に作曲した独唱と合唱を伴う交響曲。ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲である。古典派の以前の音楽の集大成ともいえるような総合性を備えると同時に、来たるべきロマン派音楽の時代の道標となった記念碑的な大作である。 【徹底解説】ベートーヴェン「悲愴」第二楽章 難所と練習のポイント 出だしのAdagio cantabile はゆっくりしすぎない. ベートーヴェン作曲「ソナタ第8番ハ短調Op.13(悲愴)」は、ベートーヴェンが名付けた2つのソナタのうちの1つです。長い序奏のついた初めての作品で、第2楽章は特に有名です。第1楽章のオクターヴトレモロ、第2楽章は低音域、第3楽章はテンポが厄介です。 ベートーベン 悲愴 解説3 クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪ ベートーベン【悲愴】cd選び方 クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。 ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番(悲愴)」の解説と名盤、無料楽譜 2016.02.24 項目 データ 作曲年 1797-1798年 献呈 リヒノフスキー侯爵 演奏時間 20分弱 1798年にベートーヴェンが作曲したピアノソナタ第8番ハ短調作品13「大ソナタ. 悲愴の関連情報. 『月光』はベートーベンの曲の中でも有名な曲ですし、クラシックに馴染みがない、という方にもメロディーは馴染みがあるものかと思います。こちらではベートーベンの『月光』を深く解説。曲の背景やタイトルの由来、難易度をまとめている他、おすすめのcdもご紹介しています。