自覚はあるの?. お気に入り登録. 今回は犬の名前についてお話しします。. 名前は、他の犬ではなく自分が飼い主に呼ばれていることを認識するために欠かせないものです。つまり、飼い主とコミュニケーションをとるきっかけとなる大事なものなのです。, 名前を呼ばれたら何かいいことがあるかも?と期待感を持つようにしていかなければ、必要なときに反応もしてくれなければ指示も聞いてくれないでしょう。, 家族内でも呼び方を統一し、きちんとその呼び名に反応してもらうことが、ワンちゃんとのコミュニケーションの第一歩, 写真撮影に限らず日常生活でもついつい名前を連呼してしまうことありませんか? 実は飼い主の意図とは逆に、どんどん名前への反応を弱めてしまっているのです。, 人の命に関わる感染症も。今こそ知っておきたい「愛犬のマダニ対策」を獣医師が徹底解説。, 愛犬の健康はウンチでわかる!?消化器の専門獣医師に聞く、犬の腸内フローラを整える方法とは?, 子犬の甘噛み、他の犬と仲良くできない…よくある犬のしつけQ&A|ドッグトレーナー連載. 犬に名前を覚えさせる大きなやりかたは 「名前を呼ばれたら嬉しいことが起こる」 と犬に認識させることです。 とすると、名前を覚えていない段階で「名前を呼んで叱る」ことはできるだけ避けたほうが良いということですね。 その犬の名は「ルーディ」。家族でアメリカンフットボールの試合をテレビで鑑賞していたところ、自分と同じ名前の選手がいた。その選手は「ルーディ!ルーディ!」と仲間か…(2021年1月6日 … 【1ページでまるわかり】犬はオオカミと同じように序列意識が強いとよく言われますが、オオカミにはそもそもランキング意識はあるのでしょうか?オオカミの実際の生態観察から犬の主従・上下関係を検証していきます。 名前を呼んだら叱らない. では、きょうだい同士の関係性についてはどうなのでしょうか? 「一緒に産まれてきたのだから、もちろんきょうだいとして認識しているはず! しおり. 2018/01/23 通報. 犬にとっても人間の場合と同じく、 名前は、他の犬ではなく自分が飼い主に呼ばれていることを認識するために欠かせないものです。つまり、飼い主とコミュニケーションをとるきっかけとなる大事なもの … しかし実際、犬は自分の名前を「名前」として認識しているのでしょうか。. 犬自身が名前を認識できないと、名前をつけてもなんの意味も成さなくなりますね。簡単に覚えられるような名前を考える必要が大いにありますね。かわいいとか、響きが良いとか、そういうのだけで付けるのは良くないなぁと思いましたね。 返信. その犬の名は「ルーディ」。家族でアメリカンフットボールの試合をテレビで鑑賞していたところ、自分と同じ名前の選手がいた。 その選手は「ルーディ!ルーディ!」と仲間から声援を送られている。 「ん?もしかして呼ばれてる?」テレビから聞こえてくる自分の名前 犬の名前を呼ぶ目的は、飼い主に注目をひきつけ、自分の元へ呼び寄せることです。名前を呼んだ後に散歩に連れて行ったりマッサージしてあげれば、古典的条件付けを通じて犬は「名前を呼ばれた後にいいことがある!」と学習してくれます。 一方で犬は古くから人間の生活に関わってきておりその忠誠心は人間を大いに助けてきました。 犬が自分の名前や飼い主を認識していることはほぼ間違いありません。 では猫の場合はどうでしょうか? これができれば、カメラ目線のカワイイ写真も簡単♪「今からでも遅くない!楽しく名前を覚えてもらうコツ」をお送りします。, ドッグトレーナー(スタディ・ドッグ・スクール所属)、学術博士、国際資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) 麻布大学大学院獣医学研究科博士後期課程にて犬と人のコミュニケーションに関する研究を行い博士号を取得。その後 ドッグリゾートWoof 専属チーフドッグトレーナーを務め、日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」のダメ犬・デブ犬克服大作戦をはじめとしたTV番組にも出演。現在はスタディ・ドッグ・スクールを拠…. 18 菓子パン. とうとう我が家に犬がやってきた!うちの子らしい、素敵な名前をつけたい!と思っても、なかなかいい名前って思いつかないですよね。最新の犬の名前ランキングを前年度と比較しとうとう我が家に犬がやってきた!うちの子らしい、素敵な名前をつけたい! 犬はきょうだいのことを「仲間」として認識しているらしい. 私たちは犬を飼う際に名前をつけます。その後、愛犬を呼ぶ時、その名前で呼び、コミュニケーションを図ります。しかし実際、犬は自分の名前を「名前」として認識しているのでしょうか。今回は犬の名前についてお話しします。, 飼い主は犬を家族に迎える際、元々名前がついている子でない限り、必ず自分で名前を考えると思います。最近は古風な名前から外国風の名前まで、皆さん多くの候補から1つに絞って決められていると思います。, 決める基準としては、パッと思いついたものという人もいるでしょうし、見た目が○○に似てるから、という理由でその名前をつけられる方もいるでしょう。, 私たち人間にとっては、愛犬とコミュニケーションを取る際、愛犬の名前を呼ぶことで自らの方へ来てもらい、触れ合ったり、しつけをしたり、様々な場面で犬の名前は登場します。, そのため、名前をつける時には、これから愛犬が一生涯使用していく名前として、悩みに悩んで決めるという人も少なくないでしょう。, ちなみに、日本国内でも最も大きいペット保険会社『アニコム損害保険株式会社』さんが、2016年に新規契約した0歳のわんちゃんを対象とした名前ランキングを発表しています。, その調査結果によると1位が「ココ」、2位が「チョコ」、3位が「モコ」という可愛らしくも似たような名前が上位にランクインしています。さらに1位の「ココ」は6連覇を達成したということなので、根強い人気があるようです。, では、本題に入っていきましょう。私たちは様々な理由によって愛犬の名前を決定していますが、実際のところ、愛犬自身は名前を「自分の名前」として自覚しているのでしょうか。, 感覚としては人間と似ており、自分が呼ばれていることは理解しているようです。しかし、個体に付けられている言葉として理解しているのではなく、「『名前』は飼い主さんとのコミュニケーションが始まる合図」として理解しています。, したがって、自分の名前が○○であるという感覚ではなく、この言葉が発せられると自分に何か起こる、自分に構ってくれるという感覚なのです。, ここで重要となってくるポイントは、「名前を呼ぶ時に怒ってばかりいてはいけない」ということです。名前を名前として自覚していない以上、名前を呼ぶ際に怒ってばかりいることで、「この言葉を発せられると怖いことが起こる」という認識になってしまいます。, そうなるとせっかく一生懸命考えてつけた名前が愛犬にとってはネガティブな言葉として捉えられてしまいますので、愛犬にとっても飼い主さんにとっても悲しいですよね。, 名前を呼ぶ際には、なるべく褒めてあげたり、ごはん・おやつをあげるなど、良いことを重点的に行うようにしてあげましょう。, 皆さんは愛犬を呼ぶ際、正式な名前ではなくあだ名で呼んでいたりしますか?例えば「ももたろう」という犬に対して「ももちゃん」「もも」と少々名前を省略したり、変化を付けたりして呼ぶことが、名前によってはあるのではないでしょうか。, 何度も同じ名前(言葉)で愛犬を呼ぶことで、愛犬はその名前に対して「自分を呼んでいる」という認識を持ちます。したがって、あまり頻繁に名前を変えて呼んでしまうと、最初の内は呼ばれていると理解することができず、寄ってきてくれない可能性があります。, 先ほど例に出した「ももたろう」であれば、家族内で呼ぶ時は「もも」で、正式名称は「ももたろう」などとしっかりルールとして決めておく必要があります。, ここまで犬は「名前」を「名前」として自覚はしていないこと、しかし自分が呼ばれていることはわかっていることなどをお話しして参りました。, しかし、愛犬を名前で呼んでも来ないということはありませんか?実はある理由が関係しており、呼んでも来ないという状況を作り上げてしまっているのかもしれません。, まず先ほどお話ししたように、犬の名前を呼ぶ際に怒ってばかりいると、犬自身も「名前」という言葉に対してネガティブなイメージを持ってしまい、飼い主さんの元へ行くことを躊躇してしまいます。, このように、以前名前を呼ばれた際、飼い主さんの元へ行ってみたら嫌な事があったという記憶がトラウマのようになってしまっており、名前を呼ぶと「またあの恐怖が…」と怖がって近付いてこれない、という可能性があるのです。, この場合の対処法としては、「名前を呼ばれたら悪い事が起きる」という認識から、「名前を呼ばれたら良いことが起こる」という認識に変えることが重要です。, 例えば名前を呼んでこちらに来たら、たくさん褒めてあげておやつを1つあげる、という手段もあります。これを毎日繰り返すことで、自然と「名前を呼ばれていったら良いことが起きるんだ!」と上書きされます。, もう1つは名前などは一切関係なく、飼い主さんを自分より格下の者と見なしているため、名前を呼んでも来ないという理由です。これは飼い主として、愛犬のリーダー的存在になれていないことは大問題です。, このような犬の場合、名前を呼んでも来ないという問題の他にも、少々わがままが目立つような問題行動をしている可能性が考えられます。, 愛犬が可愛いというのは飼い主ならば誰でも同じです。しかし、だからといって正しいしつけをせず、甘やかしてばかりいると上下関係が逆転してしまい、飼い主ではコントロールできなくなってしまう恐れがあります。, 心当たりがあるという方は、ぜひ今からでもしっかりとしつけをさせ、愛犬よりも飼い主の方が上なんだぞ、ということを理解させる必要があるでしょう。, いかがでしたでしょうか。「名前」を「名前」としては自覚していないものの、自分が呼ばれているということは、しっかり理解しています。ぜひこれからも愛犬との素敵なコミュニケーションの一環として名前を呼んであげてくださいね!, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 現在プードルを飼っていますが、自分の名前を名前としてきちんと認識していると信じています。犬が自分の名前を名前として認識していない、という科学的な根拠や専門家の研究結果でもあるのでしょうか?, うちのチワワも、自分の名前を名前と認識していると思います。私は叱る時も、褒める時も名前を呼びますが、口調かオーラでまずいことをしたか、良いことをしたか、ちゃんと理解しているし、普通に名前を呼んでも振り返るだけで、おいでと言ったら来るという感じです。また、うちの子の名前はまろんですが、サロンでもメロンでも振り向かないので、音の響きだけでなく、ちゃんと自分はまろんだと認識しているのでは?と思っています。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 犬にとっての「名前」とは?. 女の子にはもちろん、男の子につけても違和感がない名前です。 呼びやすく犬も認識しやすいので、多くの飼い主さんに指示されていますよ。 モコ. 犬にとってみれば「ポチは僕の名前だ」とは思ってないんです。 犬は音を認識している。 犬は人間のように、名前の意味は解ってません。 実は、「ポチ」という音を憶えています。 なので、「ポチ」という音にきちんと意味付けする必要があります。 犬の名前は、 犬 が覚えやすい 2~4文字 でつけるのが理想的です。 (長くても5文字ほど) あまりにも長すぎる名前をつけてしまうと、犬が自分の名前だと認識するのが難しくなります。 犬は自分の名前を認識するだけでなく、呼び方ひとつからも飼い主の気持ちや考えをくみ取り、行動してくれる賢さを持っています。 しつけのとき、食事のとき、散歩に行くとき…犬との暮らしで数えきれないほど呼ぶ名前ですから、大切に選びたいですね。 犬の名付けの注意点. 日常生活のちょっとしたことを意識するだけで、もっとスムーズにワンちゃんとの意思疎通がはかれ、絆も深まっていくと思います。, さて次回は、実践編。 いつでもどんなところでも、こっちを向いてくれたらいいですよね。, これまた写真を撮る場面で考えてみましょう。渋谷のハチ公と一緒に記念撮影すべく、何とかハチ公前でオスワリをさせました。僕はカメラ目線のために「クッパ~」と名前を呼びます。さてさて、クッパはというと普段の生活では遭遇しないたくさんの人や様々な騒音、初めて来た場所に落ち着かずソワソワしています。, 右見て左見て、耳を前後に動かし、においをかいで現場確認に忙しいクッパ、カメラ目線どころじゃありません。僕は何度も何度もクッパの名前を呼びます。このときクッパはどう思っているかというと「呼ばれているのはわかるけど、情報収集でいま忙しいの!無視無視」。, こんなやりとりをくり返すと、ある問題が起こります。「名前は無視していい。自分とは関係のないものだ!」。こんな勘違いをしてしまうのです(「無関係性の学習」と言います。鈴木さんに向かって「田中さん」と声をかけても無視されるのと同じです)。写真撮影に限らず日常生活でもついつい名前を連呼してしまうことありませんか? 実は飼い主の意図とは逆に、どんどん名前への反応を弱めてしまっているのです。, みなさんいかがでしたか? 心当たりのある方も多いのではないでしょうか? こんにちは、ドッグトレーナーの三井翔平です。これからしつけやドッグスポーツなどについて連載をさせていただくことになりました。よろしくお願いします!, 僕は長らく大学で犬のトレーニングや人とのコミュニケーションついて研究を行っており、連載では研究の側面も含めてご紹介できればと思っています。また、日頃飼い主さんから質問を受けることが多い日常生活の「何でだろう?」や「今更聞けない基本的なこと」などについても取り上げていきたいと思います。, さて連載第1回目は、自己紹介では必ず名乗る「名前」について考えてみましょう。少し堅苦しい言い方をすると、「名前」とは物に与えられた言葉で、特定の物を他と識別するために欠かせない概念です。では、犬にとって名前とはどんな意味を持っているのでしょうか?, 犬にとっても人間の場合と同じく、名前は、他の犬ではなく自分が飼い主に呼ばれていることを認識するために欠かせないものです。つまり、飼い主とコミュニケーションをとるきっかけとなる大事なものなのです。, 当然、人が犬に何かしてほしければ、名前に反応してもらう必要があります。例えばカメラ目線のカワイイ写真が撮りたければ、名前に反応してこちらに振り向いてもらう必要があります。では、名前を呼んで怒られてばかりいたら、犬は自分の名前をどう思うでしょうか?, 愛犬クッパはボール遊びが大好き。 更新日:2020年12月16日. 犬を飼って教えなければならないことの一つに、犬に自分の名前を認識させることがあります。 でも、飼い主が変わるたびに犬の名前を変えると、犬が混乱するのではないかと心配になります。 それに、過去につけられていた以外の名前を覚えることができるのか不安もあります。 Copyright © 2021 PetLives All rights reserved. 私たちは犬を飼う際に名前をつけます。. 犬には名前という概念がないため、名前を呼んで反応したとしても、それは自分が呼ばれたと認識しているわけではありません。厳密には、名前の音と関連付けた記憶で、「何かあるかも」という期待から反応しているのです。 遊んでいるときに名前を呼ぶと期待感たっぷりでこっちを見てくれます。, ちょっと極端な例ですが、悪いことをした犬に向かって名前を呼んで叩いたとします。そうすると犬は「名前を呼ばれると叩かれる」、つまり名前を呼ばれるといやなことが起こると認識していきます。これをくり返せば、「名前を呼ばれたら逃げる犬」の完成です。, 名前を呼ばれたら何かいいことがあるかも?と期待感を持つようにしていかなければ、必要なときに反応もしてくれなければ指示も聞いてくれないでしょう。どうやって名前に反応させ、期待感を持ってもらうかは今後ご紹介できればと思っています。, ご自身のワンちゃんを、愛着を込めていろいろなあだ名で呼んでしまう方も多いのではないでしょうか? 何を隠そう、僕もその一人。愛犬の名前はクッパですが、他に「クー」や「おじいちゃん」など、気分で変えて呼んでいます。でもこれがあまりいいこととはいえない場合があります。, 写真を撮る場面で考えてみましょう。カメラ目線がほしいから名前を呼びます。できればいい笑顔がほしいからちょっと甘えた感じで「ク~」なんて呼んでみる。でも滅多に呼ばれない名前なので自分が呼ばれていると思わずにクッパは反応しない。僕はだんだんとイライラしてきて怒り口調で「クッパ!」と呼ぶ。もうこれは最悪。仮に日々名前で怒ることを繰り返していれば笑顔なんかくれるはずがありません。, 愛犬があまり あだ名で呼ばれたことがなければ、犬は自分が呼ばれていることを理解できません。ですから、家族内でも呼び方を統一し、きちんとその呼び名に反応してもらうことが、ワンちゃんとのコミュニケーションの第一歩なのです。あだ名で呼ぶのは、しっかりと一つの呼ばれ方を覚えてからのお話。, キメの写真はやっぱり目線が欲しい! その犬の名は「ルーディ」。家族でアメリカンフットボールの試合をテレビで鑑賞していたところ、自分と同じ名前の選手がいた。その選手は「ルーデ... | ん?呼んだ?テレビから自分の名前を呼ばれて反応する犬 ちなみにべスト5は「ココ」「クウ」「モカ」「モコ」「モモ」。何か気づきませんか?そう、カ行とマ行が人気なのです。 「たまひよ 赤ちゃんのしあわせ名前事典2020~2021年版」(ベネッセコーポレーション刊)によると、名前の響きによってその後の性格に違いが出るという説もあるそう。 「ココ … 飼い主かそうでないかを、犬はどうやって判断していると思いますか?犬は、私達が思っているよりもはるかに優れた能力を使って飼い主を認識しているようです。今回は、犬は飼い主のことをどのようにして判別しているのか?その方法を解説します。 呼びやすい名前にすると、周りの人もすぐに愛犬の名前を覚えてくれやすいですし、何より 犬自身が自分の名前を認識する のが早いんです。 実際に口に出したりして、語感を確かめながらご覧ください! ※名前はすべて五十音順に並んでいます その後、愛犬を呼ぶ時、その名前で呼び、コミュニケーションを図ります。. 実は犬にとっては「名前」が自分の名前と認識しているわけではないようです。 名前を呼ばれた後に「ごはんがある」「散歩に行く」など次に起こる事柄や、「飼い主さんと遊ぶ」などの「合図」として認識していると思われます。