フィッティングは、まずフレーム選びからです。お客様の顔とのマッチングが大切です。調整できない箇所があるフレームでは、最良のフィッティングが出来ません。お客様に最適なフレームを選択することが大事です。 デザインに特化したフレームや、安価な海外製のフレームは、フィッティングし難いもの、多くの人に合わせにくい構造のものが多いです。当店ではそういうフレームは取り扱わないようにしています。 次にレンズを入れる前に、お選び頂いたフレームを使って最適なフィッティングをし … 眼鏡の鼻パッドの金具部分が壊れましたが、店舗で無料で直してもらえました。うまく外れれば無料で直るらしいです。うまくいかなかった場合は買い替えなので悪しからず。 眼鏡の鼻あては、部品さえあれば自分で交換することは可能ですが、自分で直すと眼鏡を破損したり、力加減を間違えてフレームが破損したり、レンズにダメージを与えたりする危険もあります。 格安でブルーレイを低減するメガネjins screenの鼻当てが壊れたので店頭で修理してもらいました。鼻パッドは無料で交換してもらえますが、フレーム自体の交換が必要な修理もあります。 メガネの常識を突き破るjins(ジンズ)は、機能的でおしゃれなオリジナルめがね、サングラスが常時3,000種類以上。jinsの眼鏡はレンズセットで5,000円から。日本最大級のメガネ通販、jinsオフィシャルサイトで毎日違うファッションを楽しむように眼鏡を楽しもう。 購入の際に鼻あてを調整をしてくれますが、長い間使用しているうちに少しずつズレてきます。 眼鏡店に持ち込んで再度調整してもらうことでフィット感が戻り痛みが軽減することもあります。 jinsで鼻あての角度調節を無料で修理してくれた JINSに行き、店員さんに「鼻あて部分が曲がってしまったんですけど、直せますかね? 」と尋ねると、「大丈夫ですよ」と笑顔ですぐに調整をはじめてくれました 眼鏡を使っている人あるあるで鼻当て部分が痛くなることがあります。そんな経験のある方も多いのではないでしょうか?かけ続けていると頭痛の原因にもなったりしますし・・・。なぜ眼鏡をかけていると鼻あて部分が痛くなるのでしょうか? //