2018年4月更新!mrの年収の上位20社ランキング!大手製薬企業5社の平均年収はなんと1,000万円オーバー!なんでmrの年収はこんなに高いのか?mrの年収が高い理由を徹底解説! 開発戦略、営業戦略、Go To Market戦略、薬価戦略、ポートフォリオ戦略などの見直しを進める製薬会社が多く、戦略思考・フレームワーク・クロスファンクショナルなプロジェクトマネジメント経験に秀でる戦略コンサルティングファーム出身者が、コマーシャルエクセレンス/ビジネスインテリジェンス/マーケットリサーチ等のポジションに転職されるケースが増えています。, MBA / MPH グローバル企業との提携でいうと、エーザイ、第一三共、アステラス、中外、塩野義、小野薬品はみな欧米の巨大企業と大型提携を結んでおり、これが成功のカギとなっている。 この買収金額は、製薬業界のみならず、日本のM&A史にも大きな衝撃をもたらした! 製薬会社の年収ランキングなんかがあると思います。 外資系は日本では上場していないので、詳細が分かりません。 転職サイトなんかが提供しているものをみると、 mrの平均が大手外資系で大体880万くらいです。 mrは平均的な給料相場が高く、30歳で1000万近い年収が稼げる職種です。また20代の給料も、一般的なサラリーマンと比較すると高水準な年収を得ることができます。さらに、外資系の製薬会社でmrとして働けば、より高い年収を得ることも可能でしょう。 高収入な職業の一つとして、外資系製薬会社のmrが挙げられます。収入が多いのは嬉しい情報ですが、なぜ高収入なのかまでは存じ上げない方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜ高収入なのかを知っておくことは、転職においても役立つ情報です。 製薬会社(mr)の年収ランキングはこちら! またmrの年収や給料は会社によって大きく違います。 個人的な印象では最近は少数精鋭の外資系メーカーが年収が高いイメージですね。 セルジーンやソレイジアなど。 給与の差が大きい理由は製薬会社の職種の多さにあります。 入社時に専門知識の必要がないMRや工場スタッフは月収20万円~25万円程度で、大学院卒で薬学などに関する知識が必要とされる研究職や開発職は月収25万円~30万円程度の求人が多いです。 現在、国内には約970社もの製薬会社があり、さまざまな医薬品の研究・開発を行っています。製薬会社の研究・開発部門に所属する人は、化学物質の基礎研究や新薬承認のための臨床データ収集を行い、新しい薬が世に出るために研究と実験を重ねています。 例えば、筋ジストロフィーなどの難病やインフルエンザ・HIVといった感染病、そして身近なメタボリック症候群などの生活習慣病の治療薬を作るために研究を行ったり、副作用がより少ない抗がん剤の開発な … 製薬業界のデジタル戦略は規制に厳しさもあり他の業界に比べ遅れを取っている状況ですが、近年デジタルマーケティングの部署を立ち上げ、拡大している企業が増えており、B2C業界などで経験を積んだ方が、製薬業界で先駆者として転職をし、ご活躍されているケースもあります。, 食品や化粧品業界での品質保証 製薬会社の求人の状況. en world Japan, 今の職場に明確な不満があるわけではないが、それなりに仕事力にも自信がついてきたしキャリアアップのために外資系製薬会社に転職してみたい、と思っているビジネスパーソンの皆さま。, 外資系製薬会社については、なんとなくのイメージしか持っていないという方も多いでしょう。, 「そもそも外資系製薬会社って何?」「年収は?」といったことから、外資系製薬会社に転職するための方法についてまで徹底解説しています。, この記事を読めば、外資系製薬会社とは何かということについての正確な理解だけでなく、外資系製薬会社に転職するためにどう準備すればいいのかということまで理解できます。, これまでの経験を活かし、外資系製薬会社へキャリアアップ転職をしたいと考えているのであればエンワールドにお任せください。企業、転職者双方のニーズを満たす質の高いコンサルティングを行い理想の転職の実現を徹底サポートいたします。, 「外資系企業」とは資本の1/3以上が外国法人・外国人の出資である企業のことを指し、外資系製薬会社はその出資により成り立っています。, 世界3位の市場規模を誇る日本市場で、豊富な資金力・開発力・人材力を元にグローバル大手製薬メーカーがこれまで以上に存在感を高めています。, 主に米国・欧州に本社を置く外資系製薬会社は、日本法人では非臨床、臨床開発・医薬品製造・メディカルアフェアーズ・マーケティング・医薬情報提供などの役割を主に担います。, 2018年に起きた武田薬品工業によるシャイアー買収に象徴されるとおり、グローバルマーケットにおける大手日系メーカーの外資系製薬会社を意識した組織づくり・戦略転換が、より進んでいくと考えられます。, 先述した通り、製薬会社の中には様々な職種が存在します。それぞれの業務内容を詳しくみてみましょう。, 外資系製薬会社でのMarketingは、Product Manager (Brand Manager)、New Product Planning、Digital Marketingなど様々な役割があります。, 各疾患領域に置かれているBusiness Unit(SalesとMarketingを統括)とは別部門としておかれることが多く、Market Research、Business Intelligence、Sales Analytics、Strategic Planning、Sales Force Effectiveness (SFE) などの様々な役割があります。, 患者の医薬品へのアクセス可能性を最大化させるための戦略とアプローチを統括する部門で、Market Access Strategy、Pricing(薬価交渉担当者)HEOR / HTA(医療経済担当者)、Patient Advocacy(疾患啓発など)、Government Affairs(政策提言)など様々な役割があります。中にはMPH(公衆衛生学修士)を修了された方が活躍しています。, プロダクトポートフォリオマネジメントの観点で企業の戦略を担うポジションで、ラインセンス・イン、ライセンス・アウト、アライアンスマネジメントなどの役割があります。, 研究開発職の中には大きく「研究部門」と「開発部門」に大別されます。「研究部門」は生物学やゲノム学、薬理学などあらゆる分野の研究をベースとして病気や怪我の予防・治療に効果のありそうな薬の成分を見つけ出し、新薬を作り出す部門です。「開発部門」では研究部門の試験管や動物実験によって効果が確認された新薬の臨床試験を行い、厚生労働省への承認申請に必要なデータを集め、新薬の有効性や安全性を厳しくチェックする部門ですが、近年外資系製薬企業の研究所閉鎖・撤退が相次いでいるのが現状です。, また、厳密な意味で「研究開発」には含まれませんが、本項では、品質や薬事といった職種にも触れて参ります。, 適正使用促進活動の一環として、国内外のKOLとの良好な関係構築をすることを目的とし、医薬・薬学情報収集・提供・議論、製品のライフサイクル戦略への関与、MRへの医学・科学的教育支援、各種講演会の企画などを行います。, 医薬品製造・販売に向けた、厚生労働省や医薬品医療機器総合機構からの承認を得るべく、申請資料作成・レビュー、新薬開発・申請戦略の立案、関係各機構との折衝を行う業務です, 治験薬や市販薬の安全性に関する情報を収集、副作用に関する調査・報告を経て、治験品の製造販売承認取得と、上司品の適性使用を推進する業務です。, 「研究部門」は生物学やゲノム学、薬理学などあらゆる分野の研究をベースとして病気や怪我の予防・治療に効果のありそうな薬の成分を見つけ出し、新薬を作り出す部門です。, 「開発部門」では研究部門の試験管や動物実験によって効果が確認された新薬の臨床試験を行い、厚生労働省への承認申請に必要なデータを集め、新薬の有効性や安全性を厳しくチェックする部門です。, MR(Medical Representatives)は、日本語では「医療情報担当者」といった呼ばれ方をし、医薬品のスペシャリストとして医療現場に情報を提供する仕事です。, あらゆる医薬品の情報を取り扱い、医師や看護師などを含む医療現場に正しく伝えることが主な業務です。, 情報を提供するだけでなく、医療現場と関わりながら医薬品の副作用に関する情報を吸い出し報告したり、セールスも責任を持って行うためMRは製薬会社特有の営業職であると言えるでしょう。, 近年注目度が高まりつつあり、転職市場での採用も活発化している職種がメディカル・サイエンス・リエゾンです。, メディカル・サイエンス・リエゾンは各専門分野の権威であり、その領域に多大な影響力をもつ医師などの医療関係者であるKOL(Key Opinion Leader キーオピニオンリーダー)に対して、医学的・科学的なエビデンスを基に医薬品に関する情報の提供を支援する新しい職種です。, MRよりも一歩踏み込んだ高いレベルが求められ、論文発表されたばかりの最新の医薬・薬学に関する情報に通じ、それらをKOLに適切なタイミングで提供することはもちろん、KOLと新たな製品や治療方法などについて議論を交わし、KOLの医療活動をさまざまな形でサポートします。, KOLのマネジメントや研究支援も仕事の一環です。製薬メーカーにとって社運を左右することにもなりかねない新薬の上市に関して、学術的観点から新薬の有効性や安全性をKOLと共有し、臨床試験の支援などを行い新薬がスムーズに上市できるよう導くための活動がメディカル・サイエンス・リエゾンの重要な役割だといえるでしょう。, 自社の研究開発部門とも連携し、臨床実験の支援や学術発表に関する支援なども行う職種のため、MRよりもかなり高度な専門知識が求められる職種といえます。, 外資系製薬会社の業務内容は日系製薬会社と比べて全体的に明確であることが多いようです。, 個人の専門性やスキルが重視され、入社時から求められる職務内容も明確で、要求されるスキルもそれぞれの個人にしかないものです。, プレッシャーも大きいかもしれませんがその分やりがいを感じることのできる職場であると言えます。, 特に昨今のトレンドとして、スペシャリティ・レアディジーズ領域におけるバイオロジック製剤を手掛ける外資系製薬会社において、優秀な人材を獲得するために、マーケット水準以上の待遇オファーをしたり、RSU(制限付き株)といわれるロングタームインセンティブが別途付与されることがあります。, 企業によっては、特に小規模の企業において役職に関わらず入社時から付与される企業もあります。, 外資系製薬会社に務めた場合、それ以降のキャリアパスはどのようになってくるのでしょうか。先述した職種のいつくかを例に考えてみましょう。ある外資系製薬会社で各職種で3〜5年程度経験した上で、環境や待遇に変化を求めている。そんな時の選択肢をいくつかあげてみます。, 上記でご紹介したCommercial Excellenceや、Market Accessなどの部門に異動してご活躍される方もおられますが、マーケティングとして部下を持つグループマネージャー、ディレクターへステップアップされる方もいます。, 中には海外へ短期間赴任し、日本に戻ってくるタイミングで更に役職を上げるステップを踏まれる方もいますし、その後、BU/Franchise HeadとしてP/L責任を持ち、営業・マーケティングを統括する立場でご活躍される方もいます。, CRA(モニター)としてキャリアを開始された方は、その後Lead CRAやTrial Manager、その後Project Managerなどを経てClinical Directorになられるパターンと、途中から開発薬事やファーマコビジランスへ移られるパターンに大別されます。, 一方、生産本部(工場)配属の方は、製造管理を経て品質管理、その後本社で品質保証を担当したり、CMC薬事を担当したりするパターンが多く見られます。, 研究職の方々は、研究所内での昇進が難しくなってきた状況を受け、バイオベンチャーへ転職されたり、Medical Affairs、事業開発部門へ転身されたりするパターンが見受けられるようになりました。, MRのままステップアップを目指す場合、これまで担当されていたプライマリーケアからアンメットニーズの高いスペシャリティケア製品を担当することで専門性を上げるか、営業所長、支店長と昇格し、営業部門を統括していく立場へステップアップされるケースもあります。, また、本社への異動であればMRとして実績を残した後に、営業企画、教育研修、プロダクトマーケティング、デジタルマーケティング担当としてステップアップされるケースもあります。, ファイザー株式会社は新薬の研究開発へと取り組んでいる外資系製薬会社の1つです。2016年の世界医薬品売上高ランキングではトップを飾っています。外資系でありながら日本で60年以上に渡り渡り活動しているため、日本的なやり方となっている部分も多いようです。「全ての人々と一緒により健康な世界の実現を目指していきたい」と企業理念を掲げており、世界でトップを争う製薬会社で働きたい方にオススメです。, 中外製薬株式会社は革新的な医療品とサービスを提供している製薬会社で、日本だけでなく世界中の人々の健康に貢献しています。徹底した革新を追求する姿勢を表しているほか、豊富な開発パイプラインを有しているなどの強みもあり、グローバルに飛躍し続けているので将来的にも世界で戦っていける製薬会社と言えるでしょう。, ノバルティスファーマ株式会社はスイスに本社を構える世界的なリーディングカンパニーです。循環器や代謝、呼吸器などあらゆる領域の医薬品の開発や販売を行なっています。2016年の世界医薬品売上高ランキングではファイザーに次ぐ2位に位置しています。教育体制がしっかりと整えられていたり社員のモチベーションをあげる制度が用意されているという特徴があり、社員にとって働きやすい環境が整っていることも強みであると言えます。, MSD株式会社は医療用医薬品やワクチンを開発・販売する製薬会社です。長期間にわたって革新的な新薬の研究や開発に携わっており、「人のために挑戦し続けていく」という企業理念を掲げています。MSD株式会社の医薬品提供への思いは創業当初から変わらず受け継がれていて、今後の医薬品業界を担い続ける存在であると言えるでしょう。, 他業界から外資系製薬会社への転職となると、上記でご紹介したポジションのほとんどは同業でのご経験を求めるものとなっており、ハードルは高くなります。一方で、一部の職種に関して他業界からの転職も可能となります。, 戦略コンサルタント 特に海外のハイレベルなMBA/MPH(公衆衛生)修士課程等を修了されて帰国され、外資系製薬会社のMarket Access部門(Pricing, HEORなど)にご転職される方もいれば、中にはリーダーシッププログラムに選定される、若手優秀タレント転職例も多数見受けられます。, デジタルマーケティング Digital Marketing 皆さんは「製薬会社」の仕事内容をご存知でしょうか?それは、医薬品を介して生命を支え、医薬品を開発・製造・販売するものです。今回の記事では、製薬会社の仕事内容や外資系の製薬会社について、年収や転職状況などを詳しくご紹介していきます。 製薬会社で働く読者さんからの口コミ情報をまとめました。 医療品メーカー大手の武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、大塚、エーザイ、中外、大日本住友、田辺三菱、久光、参天、塩野義、ツムラ、大正、ロート、日医工、沢井製薬な … 海外の製薬会社が日本で治験を行いたいと考えた時に、日本での遂行がスムーズに行くように受け入れ態勢を整えているCROも多くあります。 反面、既に日本で治験を経験している製薬会社に限定して業務を受託するCROもあります。 外資系企業の年収を徹底公開~年収アップの方法まで解説~ |外資系企業へ転職したい、英語力を活かした仕事をしたい方をサポートする外資系企業の転職・求人エージェント「エンワールド・ジャパン」。ミドル~ハイクラスポジションの求人を豊富に取り扱い、希望に沿った転職を全 … 製薬会社の平均年収ランキング一覧を紹介いたします。 平均年収の多い企業をランキング形式でまとめました。 有価証券報告書やディスクロージャー等で決算データを公開している企業がランキングの対象です。 内資(国内)と外資の製薬会社で収入はどう違う? では続いて、内資と外資での収入の差はどの程度違うものなのか、口コミのデータを参照して紹介します。 外資系製薬会社の年収ランキング. より専門性を上げたい、給与を上げたいという方で食品や化粧品業界での品質保証経験を生かし、医療用医薬品の品質保証として転身される方もいます。, 日系製薬会社からの転職は、「個人の経験・スキル」によりキャリアアップが可能ですが、外資系製薬会社ではビジネスレベル以上の英語力を求めることも多く、それも求人により異なります。外資系製薬会社の方が細分化され専門性も高く、年収アップも期待できます。, また、これまで扱ったことのない製品(希少疾患、抗がん剤、生物学的製剤など)を扱いたいということで更なるキャリアアップを目指してご転職されるケースも増えてきました。, 外資系企業であっても日本拠点で働くのであれば同僚や上司にも日本人が多く英語はそれほど必要とされないのではないか、と考える方もいるようですが、そうではありません。, またグローバルに展開している外資系企業の場合、多国籍なスタッフが在籍していることも少なくありません。, そうでない場合でも、本国との文書のやりとりやオンラインミーティング、電話などは英語で行われることになります。場合によっては社内公用語が英語のこともあるでしょう。, そのため、語学力がないと日常的なコミュニケーションが満足に取れない状態となり、業務に支障をきたすことになるのです。, 外資系企業は製薬業界に関わらず「成果主義」である場合がほとんどです。語学力がないばかりに満足にコミュニケーションが取れず、それが業務に影響して思うような成果が上げられない、という状態は最も避けたい事態といえるでしょう。, どの程度の英語力が必要なのか、という目安ですが、TOEIC(Test of English for International Communication)のスコアでいうとMRなどの営業・マーケティング関連でも730~750点程度は欲しいところです。, 最新の論文などに触れる機会の多いメディカルアフェアーやメディカル・サイエンス・リエゾン、研究開発職などにおいては高いレベルの語学力を持っていることが前提となっているため、TOEICのスコアとしては800点以上が目安となるでしょう。, しかし、TOEICのスコアはあくまでも目安にすぎないものであり、日常生活における何気ないコミュニケーションから日本語でも難しく感じるような専門的な内容まで、どのような状況においても臆することなくスムーズに英語で対応できる実践的な英語力が必要です。, 外資系製薬会社で働くには一定の語学力を持っていることが大切なのは先に述べたとおりです。しかし外資系製薬会社で働くには語学力さえあればいい、というわけではなく、以下のようなスキルも求められます。, 語学力以上に重要視されるといっても過言ではないのがコミュニケーションスキルです。英語はコミュニケーションツールに過ぎず、いくら語学力があってもコミュニケーションスキルがないといい人間関係は構築できません。, 職種にもよりますが、外資系製薬会社では多くの人と接することが多く、どのような人材ともスムーズに良好な関係を築くことができるコミュニケーションスキルは重宝されるでしょう。, 外資系製薬会社では「成果」を出すことが求められます。設定された期間内で求められた成果を出せないとなると評価は即下がります。, そのため、最短の時間で結果を出すための思考であるロジカルシンキングが重要視されるのです。ロジカルシンキングは日本では「論理的思考」と訳され、近年では外資系製薬会社に限らず日系企業においてもビジネスマンの必須要素であるとされつつあります。, 物事を論理的に考えることで仕事の道筋も立てやすくなり、効率的な方法を構築できるようになります。また想定外のトラブルが発生した場合でも論理的に考えることによって問題を早期に突き止め、スムーズに解決に導くことができ、結果に結びつきやすくなるのです。, ロジカルシンキングは外資系製薬会社への転職にあたって必ず身につけておきたいスキルだといえるでしょう。, 外資系製薬会社では専門知識が必要な職種が多く、医学的・薬学的知識が必要です。基本的には大学などで理系を専攻していることが求められるでしょう。職種や職位によっては修士、博士のレベルが求められる場合もあります。, MRなどの営業関連、マーケティング関連では文系出身者もみられるようですが、入社後にはかなりの知識を身につける必要があることを覚えておきましょう。, 日々の業務を行っていく中で、さまざまなトラブルが発生します。冷静に状況を見極め、臨機応変に対応するフレキシブルさは外資系製薬会社では重要視されます。, 予測のできないトラブルであっても適切に処理できる対応力は短い期間で成果を上げることにもつながるため、フレキシブルさは外資系製薬会社で働くには欠かせない能力といえるのではないでしょうか。, 今回の記事では外資系製薬会社の特徴や業務内容、代表的な会社やキャリアパスなどを俯瞰的に見てきました。役割に応じて様々なポジションがあり、高度な専門性やスキルが求められます。逆に言うと、そのような強みを持っている方は転職によって年収アップやスキルアップへ繋がる可能性が大いに存在します。, そこで、「外資系製薬会社で自分の経験を活かせるかも」「外資系製薬会社へ転職したい!!」と考えている方へハイクラス求人サイトのエンワールド・ジャパンを紹介します。は企業、転職希望者の双方のニーズに応える充実したサービスと質の高いコンサルティングを揃えており、グローバルに活躍する多くの企業とそういった企業への転職希望者に多く選ばれています。今の職場に満足いかずキャリアアップを目指している方はぜひチャレンジしてみてはいかかでしょうか。, エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。​弊社が提供する『トータル・タレント・エンゲージメント』という新しいアプローチで、転職を希望するみなさまの長期的なキャリアの構築と、人材確保でお悩みのクライアント企業をしっかりとサポートします。, 外資系製薬会社へ転職をお考えの方へ - キャリアアップ可能な非公開求人多数ご案内いたします. 外資系経営コンサルタント会社は数社ありどこも転職先としては高い人気がある。 外資系ファッションブランド会社 日本には有名なファッションブランド製品の会社が進出してきています。 外資系金融の魅力はなんといっても「インセンティブ給の高さ」です。 外資系金融は (1)投資銀行部門(IBD) (2)マーケティング部門(証券部門) (3)リサーチ部門 (4)アセットマネジメント部門 の4つの部門からなり、部署ごとに平均年収が大きく異なります。新卒の頃から比較的高額な年収がもらえますが、業界の市場環境の影響を大きく受けてしまうので、企業間の人材の移動が激しいようです。中でも人気の高い投資銀行部門は、ベース給の30~100%に設 … 2020年版 製薬会社世界ランキング トップはロシュ、2位ファイザー、3位ノバルティス。シャイアー買収が通年で寄与した武田薬品工業は日本の製薬会社としては初めて世界トップ10に入りま … 年収は 製薬会社のmr全体の平均が880万円 と言われていますが、. 【2020年版】製薬会社年収ランキング 1000万円超えは11社 中外も大台に…トップは今年もソレイジア オススメの記事 医薬品業界「役員報酬1億円以上」は50人…トップは20億円、上位5人が5億円超 参照:製薬会社のmrの年収は? 今回は、外資系と内資系の違いに焦点をあてて書いていきます。 テレビだけではなく、タブレット、スマホ、パソコンなどによって、日常生活や仕事で、ブルーライトの影響を受け、目を酷使する環境に置かれることが多くなった現在、目の疲労を訴える方が増えています。 ブルーライトをカットするアイウェアとともに目薬が手放せない方も多いのではないでしょうか。私もSEという職業柄、目薬はよく点眼するほうだと思います。 まず、医療用眼科薬の種類ですが、日本眼科学会のサイトに以下のようなものがあります。 緑内障 … 製薬会社の求人は、比較的安定して出されています。 大手製薬会社は新卒採用が実施されており、毎年、定期的に数十人単位の若手人材が採用され、製薬業界でのキャリアをスタートさせています。 ワードやエクセルは必須?事務職の転職で求められる主な4つのパソコンスキルについてお話します。. 外資系製薬会社とは?仕事内容・年収から転職方法まで徹底解説 |外資系企業へ転職したい、英語力を活かした仕事をしたい方をサポートする外資系企業の転職・求人エージェント「エンワールド・ジャパン」。ミドル~ハイクラスポジションの求人を豊富に取り扱い、希望に沿った転 … 「毎年、内資外資問わず製薬業界のリストラがありますよね。。。基本的には40歳以上の社員が対象らしいですが、中には30歳以上の場合もありますね。。福利厚生なんかもカットされる危険性がありますし、、、この業界厳しくなってきました。僕は残り30年以上働かないといけない若 … 転職エージェントなら転職成功実績No.1のリクルートエージェント。外資 製薬会社 年収 ランキングに関する中途採用・求人情報です。ご登録いただいた方には非公開求人もご紹介しています。 年収やボーナス、福利厚生は? やはり気になるのは、ここですよね。 こちらも、以前お金事情や年収事情でも少し触れています。 参照:製薬会社のmrのお金事情. 理化学研究所で働いていた私がどうして外資系製薬会社に転職したのかという経緯から、まずはお話ししましょう。 前回紹介したように、私が行っていた研究はプロテオミクスとよばれる分野で、特に放射光施設でタンパク質の立体構造解析をするとともに、最新鋭の質量分析装置を用いて薬の標的となるタンパク質の機能解析を行っていました。 ある学会で私の研究内容と技術に興味を持たれた外資系製薬会社の研究所長の方が、「松原さんの技術とアイデアが必要なので … 対して、中小の製薬会社や販売会社の場合は、平均年収が500万円台のところもあります。 外資は、単年度の年収契約の場合がほとんどのようです。 成績の良いMRで、支店長クラスになりますと、 年収3,000万円 に到達する人もいます。 中外製薬の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の1017.3万円となりました。医薬品業界では11位の平均年収です。中外製薬はがん領域のシェア率1位の製薬会社。社員を大切にする企業で、社内の雰囲気も良いことも特徴です。 外資系の製薬会社はどんな企業があるの?仕事内容や就職活動対策を解説! 年収が高く、社会に貢献できる製薬会社の仕事。とくに外資系の製薬会社は華やかなイメージがあり、志望企業として検討しているという方は多いのではないでしょうか。 アストラゼネカは、外資系の製薬メーカーとして最近有名です。 イギリスに本社をおき、世界の製薬会社として売上げ世界7位です。 1989年にゼネカとアストラが合併してできた会社で、日本では、大阪府北区の梅田に本社。東京に東京支社をおいています。 製薬会社 社員の平均年収・給料の統計データ 製薬会社の平均年収は、500万円~600万円程度がボリュームゾーンと考えられます。 製薬業界は他業界の企業と比較して給料が高く、平均年収はメーカー業種の中でも1位です。 外資志望者必見!就活生が選ぶ、外資系企業の人気ランキングを業界別に紹介します。70社を超える外資系企業を、有名企業から意外な穴場企業まで一覧できます。外資系に就職する魅力もあ … 製薬業界と聞くと、高収入というイメージをもつ方も多くいるのではないでしょうか。しかし、あくまでもイメージであって実際の年収について詳しく知っている方も少ないでしょう。, 実際に製薬会社の年収はどのようになっているのか、また年収が高い理由はあるのでしょうか。ここでは、年収ランキングなど転職する上で気になる製薬業界の年収について紹介します。, 製薬会社では、新しい薬の研究開発を行っています。そのため、製薬会社は化学とともに生物学の知識も問われる業種です。さらには必要とされる知識の中には、大学卒業レベルでも得ることができない専門性の高いものが多数存在しています。誰もがもっている知識やスキルではないために、高い年収を設定して、人材を確保したい製薬会社が多いという側面があります。また、営業職であるMRにおいても、同様に専門的な知識が必要です。, 製薬会社が作り出す薬は、多くの人の命を救う存在です。今現在も、病気で苦しんでいる人が多くいて、新しい薬の誕生を待っているという事実があります。一方で、新薬を開発しても、実際に患者さんに投与してから分かる副作用や健康被害もあります。また医療関係者から信頼を得るためには、医薬品や医学の勉強を一生続けなくてはなりません。それに加えて、研究や開発に携わる人々は常に緊張感を持って実験や治験をおこなう必要があります。MRと呼ばれる営業職の人々は、医療現場に最新で正確な情報提供をすることが求められます。人の命に関わることですので社会的な責任が大きいゆえに、プレッシャーやストレスも多くメンタル面の強さが問われる仕事です。, 製薬産業は、21世紀の成長産業と呼ばれるなど、非常に利益率が高い市場です。特に、日本の製薬会社は非常に高い付加価値を生み出していることでも有名です。これは、日本政府が目指す方向とリンクしており、医薬品や医療機器産業における中長期的将来像を描いている「医薬品産業ビジョン2013」によって、国を挙げた支援を実施しているからです。また、長期に渡って薬の価値を維持できるように、新薬の生産をスタートさせてから約20年間もの間は、特許で保護されています。初期投資は莫大ですが、製品化されると非常に利益率が高いのです。, 実力をつけて、転職をすることも当たり前となっており、終身雇用の概念がないため、住宅補助や退職金制度といった福利厚生はありません。日系企業は年齢、勤続年数と役職や給与が比例上昇する年功序列制度となっていることが通例でした。外資系では、能力・成果主義を採用しているケースが多く、能力による昇給昇格や、成果に応じてインセンティブの支給があります。そのため、成果が年収にダイレクトに影響されます。実力をつけて、転職をすることも当たり前となっており、終身雇用の概念がないため、住宅補助や退職金制度といった福利厚生はありません。, 製薬会社の職種としては、大きくわけて研究・開発職と営業職(MR)に分類されます。年収は職種によって異なります。, 研究・開発職の平均年収は、20代では400万円、30代では550万円前後となっています。これは、一般的なメディカル系の技術職と比較して70万円以上高いのが特徴です。研究・開発職では、医薬品や医療機器などの研究や開発を行います。一般的に研究職は薬の開発、開発職はその薬が生体にどのような影響を及ぼすのかについて実験するという役割を担います。さらには、その結果をデータとしてまとめて、安全性を確保した上で、承認申請業務も担当します。現在使用されている医薬品は、2010年以降、続々と特許が切れることになっているので、特に今は研究開発分野は非常に注目されている職種でもあります。, 自社医薬品の適正な使用と普及のために、医療関係者に情報提供するのがMRです。年収傾向を見ると、20代の平均が500万円、30代では700万円前後となっています。全業界の営業職と比較すると、100万円以上高くなり、研究・開発職と比較しても30万程度高くなっています。また、現在納入しているものだけでなく、新たに開発したものを紹介したり、医療業界のトレンドを伝えたり、季節性の疾患情報を提供するという点も重要な仕事です。, 2010年あたりから特許が切れる医薬品が多くなり、業界全体が大きな転換期にあります。そのため新薬開発が進められる一方、ジェネリック薬品などは現在の価格からさらに下がるでしょう。また、薬価自体も年々改正されて下がってきています。しかし、研究開発には多額の費用がかかるため、収益性の低いものは開発や生産を中止したり、安価なジェネリック医薬品への置き換えを進めたりと時代に合わせた変化も求められています。このように転換期を迎えていますが、人々の健康や生活に直結する仕事であり、薬を必要としている患者さんはたくさんいます。医療に貢献し、人々の命を救う仕事はやりがいのある仕事と言えます。, 製薬会社は、平均年収としては他業種と比較して高い傾向があります。今後、製薬業界へ新規参入の会社も現れると考えられます。自分のスキルや学んだことを活かして高収入にチャレンジしてみたいなら様々な企業を比較してみるとよいでしょう。マンパワーグループでは、幅広い業界や職種の求人情報を掲載しており、製薬業界の求人も多くあります。いろいろな条件を比較してよりよい転職先を見つけたいなら、マンパワーグループへの登録をおすすめします。, マンパワーグループは、日本初の人材派遣会社としてはじまり、正社員の転職や採用支援も提供する総合人材サービス会社に成長しました。候補者の方の転職支援および企業様にとって最適な採用ソリューションを提供いたします。.