英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物では日本ファルコムのコンピュータrpgシリーズである〈英雄伝説 軌跡シリーズ〉に登場する人物解説をまとめる。. 「ワイスピ」シリーズ最新作の場面写真が着弾! 初登場ジェイコブを演じるジョン・シナのコメントも到着!! 銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家をむしばんでいた。 そして、宇宙暦8世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。 ウソを認めたら負け『ゴーン・ガール』と好きって認めたら負け『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』. 銀河英雄伝説の登場人物・その他 - フェザーン及び地球教など第三勢力の人物一覧; 銀河英雄伝説の歴史上の人物 - 帝国建国期やダゴン星域会戦など、本編開始よりはるか以前のエピソードの人物の一覧 ¨ï¼ˆ1-110話)での登場話数。端役や数話限りのゲストキャラクター等の場合に記載。, ユ:ユリアンのイゼルローン日記, 最終更新 2020å¹´10月31日 (土) 08:41 (日時は. 田中芳樹の銀河系を舞台としたSF架空戦記/スペースオペラ小説。 徳間書店・徳間ノベルズ刊。現在では創元SF文庫より刊行中。 通称、銀英伝(ぎんえいでん)。 銀河を二分する勢力(銀河帝国と自由惑星同盟)の闘争を、両勢力の主人公二人を軸に、史劇体裁で描いている。 アニメ版の銀河英雄伝説は大量の声優を起用しているため、銀河声優伝説と呼ばれるのである。. 「銀河英雄伝説」のウルリッヒ・ケスラー提督について紹介します。「銀河英雄伝説」には宇宙を舞台に多くの英雄たちがしのぎを削る物語ですが、その中で主人公の一人であるラインハルトに認められ、帝国の提督となったのがウルリッヒ・ケスラー提督です。 第1章が9月27日から、第2章が10月25日から、第3章が11月29日から3週間限定で上映されるアニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』のキャラクターPVが解禁されました。 また、総勢13名の豪華声優陣からのコメントが到着しています。 (C) 田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっ ふ・サントリー All Rights Reserved. 自由惑星同盟 : ヤン・ウェンリー (声:富山 敬,郷田ほづみ) Yang Wen-li. 自由惑星同盟最高の名将で、「奇跡のヤン」「魔術師ヤン」と呼ばれる。 主人公ラインハルトの実姉。銀河帝国第36代皇帝フリードリヒ4世の寵姫(公妾)となる。この事がラインハルトが銀河統一を志す原点となった。なお、その後「グリューネワルト伯爵夫人」、更には「グリューネワルト大公妃」の位に就けられるが、この場合の「夫人」「妃」は単に女性爵位の意味であり、伯爵および大公の妻という意味ではない。 元々銀河英雄伝説は約610名いるキャラクターの差別化を外観ではなく「声」で分けようとした。 その結果、当時の事務所所属の声優を殆ど使いきってしまい劇団や役者まで起用した経緯がある。 マーベル最新ドラマ『ワンダヴィジョン』Disney+で配信間近!, 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』スピンオフ『フュリオサ』の公開時期が決定! 主演のアニャ・テイラー=ジョイが心境を明かす!. なお、特に断りがない場合、原作の記述・設定をメインとして説明している。出典や声優の記載ルールなど、凡例は銀河英雄伝説の登場人物#凡例を参照のこと。 ローエングラム陣営の主要提督の一人。艦隊司令官としての手腕もさることながら、軍務官僚としての手腕も併せ持っていたため、艦隊司令官から帝都防衛司令官へと転属になる。後に帝国軍憲兵総監を兼任。獅子の泉の七元帥の一人。アニメ版での乗艦はフォルセティ。 副官はヴェルナー。主だった配下として、憲兵副総監のブレンターノ大将、キュンメル事件発生時の現場責任者であるパウマンやラフトなどがいる。また、(アニメ版オリジナルのクラインゲルト領撤退のエピソードでの)准将時代の部 … 田中芳樹の代表作を原作としたアニメ『銀河英雄伝説Die NeueThese』第1話~第24話が、2020年4月6日よりNHK Eテレにて放送決定。 『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章』が2019年9月27日(金)から上映中だ。ここでは「銀河英雄伝説」のタイトルくらいしか聞いたことがないという人のために、その概略を解説したいと思う。, 『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』©田中芳樹/松竹・Production I.G, まず原作は、田中芳樹が1980年代に執筆したSF小説「銀河英雄伝説」。本伝が全10巻あり、外伝が5巻刊行されている。はるか未来を舞台に、皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、民主主義を標榜する自由惑星同盟の間で繰り広げられる戦争が主題で、軸となる人物が2人登場する。, ひとりは、銀河帝国で“常勝の天才”と呼ばれる若き英雄、ラインハルト・フォン・ローエングラム。もうひとりが、自由惑星同盟の“不敗の魔術師”ことヤン・ウェンリーだ。大きな歴史のうねりの中で、ラインハルトとヤンの2人が何を目指しいかに戦ったかが、歴史小説を思わせる筆致で描かれていく。宇宙を舞台にした“三国志”的な興趣を持つ本作は、多くの読者を虜にした。, 本作は1988年からOVA化(オリジナルビデオアニメ化)されていて、こちらは本伝を全110話で完全アニメ化したもの。これ以外に劇場公開作が3作あり、外伝の各エピソードも全52話でアニメ化されている。帝国軍、自由惑星同盟軍ともに600名以上の多彩なキャラクターが登場する作品のためキャストも豪華で、“銀河声優伝説”とも呼ばれるのは有名なエピソードだ(ラインハルトは堀川亮[現・堀川りょう]、ヤンを富山敬、そのほかにも森功至、若本規夫、野沢那智、大塚周夫、池田秀一、納谷悟朗、玄田哲章、堀内賢雄、山寺宏一、森川智之、石田彰、榊原良子、勝生真沙子、三石琴乃ら)。, なお、劇場版『宇宙戦艦ヤマト』(1977年)『超時空要塞マクロス』シリーズ(1982年~)の石黒昇監督が総監督を務めたので、こちらは「石黒版」と呼ばれている。, そして、現在進行中のアニメ版が『銀河英雄伝説 Die Neue These』である。監督は『黒子のバスケ』(2012年~)の多田俊介だ。, こちらは、まず2018年に第1シーズン『邂逅』が全12話でTV放送された。そして劇場版の『星乱』は、第2シーズン全12話分を、全3章に分けて上映する。話の進み具合からして、おそらく『星乱』は原作前半の大きな節目である第2巻までを映像化する予定だろう。, 原作の圧倒的な魅力に加え、ファンの間で“定番”となっている「石黒版」の存在を踏まえてのリメイクだが、『Die Neue These』は押さえるべきところは押さえつつ、新しい魅力をしっかりと加えていて見ごたえがある。, ひとつは艦隊戦の表現と内容。「石黒版」当時は手描きでしか表現できなかった艦隊戦だが、『Die Neue These』では3DCGを駆使。デティールまで作り込まれた艦船や艦載機を大胆なカメラワークで映し出し、宇宙における艦隊戦を激しくも美しいものとして見せている。また『星乱 第1章』では、「アムリッツァ星域会戦」における同盟軍の作戦に原作にはない新しいアイデアを盛り込んで、原作通りの展開の中に「そんな手があったのか!」というサプライズ感を増す工夫もなされている。, もうひとつはキャラクターの掘り下げ方で、特に印象的なのがラインハルトの描き方だ。超然とした印象がまず先にたつ「石黒版」に対し、『Die Neue These』のラインハルトはもっと人間くさく、野心や皇帝たちへ怒りをにじませるように描かれている。特に、親友にして右腕であるキルヒアイスと個人的に会話するシーンでそうした人間味を感じさせることが多く、ラインハルトとキルヒアイスの関係性がはっきり伝わるように描かれている。, このあたりは、原作が歴史小説の体裁で描かれていることもあり、ドラマごとに解釈が異なる「信長像」を見るような楽しさもある。そして、言うまでもなく本作もキャストは豪華(ラインハルトは宮野真守、ヤンは鈴村健一、ほかに梅原裕一郎、梶裕貴、小野大輔、中村悠一、坂本真綾ら)で、こちらも“銀河声優伝説”と呼ぶにふさわしいメンバーが競演している。, 原作のバックボーンにあるのは「英雄による理想的な絶対王政」と「衆愚に陥った民主政治」では、どちらがよいのか? という究極の問いかけだ。この問いは、最初にアニメ化された1980年代末から1990年代にかけてより、現在のほうがより生々しく感じられるかもしれない。その点に注目しながらラインハルトとヤンを取り巻く状況を見ると、より一層『Die Neue These』を深く味わえるはずだ。, 『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』は2019年9月27日(金)より、第一章~第三章まで各3週間限定で劇場上映, 宇宙暦796年(帝国暦487年)。3000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、帝国領内で銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト元帥と麾下の率いる大艦隊と交戦。8個艦隊中、3個艦隊を失うという大きな被害を受けた。しかし、自由惑星同盟最高評議会の意向を受けたロボス総司令官は、残存戦力を集結させての戦闘継続を指示。完全なる勝利を求めるラインハルトも、自由惑星同盟軍の集結ポイントであるアムリッツァ星域へと進攻したことで、後に「アムリッツァ星域会戦」と呼称される戦いが幕を開けた。「アムリッツァ星域会戦」の翌年、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。門閥貴族による権力闘争が始まる。一方、自由惑星同盟内では大規模な軍事クーデターが勃発。帝国、同盟それぞれの国を揺るがす二つの内乱はラインハルトとヤンの行く末をも左右することに……。, “ゾンビ強盗映画”爆誕!D・バウティスタ×Z・スナイダー監督『アーミー・オブ・ザ・デッド』ファーストルック到着!. 本項では田中芳樹のSF小説『銀河英雄伝説』及びそれを原作とする翻案作品の登場人物について解説する。なお、登場人物が多数であるため各所属勢力ごとにさらに記事を分割し、この記事では記事の総覧及び凡例を記載する。 本項では田中芳樹のsf小説『銀河英雄伝説』の登場人物のうち、フェザーンや地球教など、銀河帝国と自由惑星同盟以外の登場人物について解説する。. ローエングラム陣営の主要提督の一人で、特に守勢時の粘り強い戦いに優れた若き勇将。「獅子の泉の七元帥」の一人で、7人の中では最年少(ラインハルトより6歳年長)である。髪と瞳は砂色。過去に戦傷を受け、左肩がほんの少しだけ下がっている。乗艦はリューベック→ノイシュタット→オッフェンブルフ(ここまでの三隻がバーミリオン星域会戦で撃沈される)→ヘルテン→パーツィバル。なおパーツィバルは、ローエングラム王朝において初めて竣工した最新鋭旗艦級戦艦であり、ミュラーは皇帝ラ … 金髪と蒼氷色の瞳が印象的な卓絶した美貌を持つ、「銀河英雄伝説」の主人公。 アニメ「銀河英雄伝説」の違いについて新旧比較してみました。声優はどちらも見応えがあって豪華、キャラクターデザインについては新版はイケメン率が高くなっていますが未視聴の方には旧版をオススメします。 本項では田中芳樹のsf小説『銀河英雄伝説』の登場人物のうち、フェザーンや地球教など、銀河帝国と自由惑星同盟以外の登場人物について解説する。. 男女の騙し合い!! 『アナ雪』の有名夫妻が主題歌を作曲!? 銀河帝国 : ラインハルト・フォン・ローエングラム(声:堀川 亮/現・堀川りょう) Reinhard von Lohengramm. 出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店 『銀河英雄伝説』はラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーの2人を軸に、銀河系を舞台して攻防と権謀術数を描いた作品。銀河帝国サイドではラインハルトが皇帝となって銀河統一を目指すのに対し、自由惑星同盟サイドでは術策で戦場を駆け抜けていくヤン・ウェンリーの様子が描かれ、両陣営とも見逃せない展開が連続していきます。そんな『銀河英雄伝説』の物語を彩る主要人物たちをまとめていきますので、ぜひ最後まで … 銀河英雄伝説 die neue theseに登場するキャラの説明と各話での動向をまとめた記事です。キャラが多い作品なのでこの記事で主要キャラだけでもどんな人物が把握するとストーリーに集中できると思いま … 宇宙暦771年生まれ。誕生日は不明。第6次イゼルローン攻防戦の時は同僚のイワン・コーネフ/ヒューズ/シェイクリと供に第88独立空戦隊所属として参加。その後も常に戦闘に参加し、同盟軍の帝国領侵攻では第13艦隊旗艦のヒューベリオンに3人の同僚と供に配属されている。イゼルローン要塞では第1空戦隊長を務めた。 バーミリオン星域会戦の後、「動くシャーウッドの森」の一員としてメルカッツに同行したが、ダヤン・ハーン補給基地で再会したユリアン・ミンツについて親不孝号で地球に向かい、地 … 藤原祐規 (「銀河英雄伝説 初陣 もうひとつの敵」、2013年上演) 玉城裕規 (「銀河英雄伝説 第四章前編 激突前夜」、2013年上演) 平田裕一郎 (「銀河英雄伝説 第四章後編 激突」、2014年上演) 畠山遼(「銀河英雄伝説 Die Neue These」、2018年上演) 『ウォーキング・デッド』スティーヴン・ユァン主演、A24最新作の日本公開が決定&インタビューが到着!! OVAは“銀河声優伝説”とも称されたアニメ巨編 『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章』が2019年9月27日(金)から上映中だ。ここでは「銀河英雄伝説」のタイトルくらいしか聞いたことがないという人のために、その概略を解説したいと思う。 凡例 作中で主に活動している地域・所属している組織を元に分類。(各シリーズの主人公のみページ先頭にリンクを表示して示す) 本項では田中芳樹のsf小説『銀河英雄伝説』の登場人物のうち、銀河帝国に所属する人物について解説する。.