MacBook ProのGPUはどれを選ぶのが正解なのか。CPUがコンピューター全体の司令塔だとしたら、GPUはグラフィックに特化した司令塔。13インチモデルには「Intel Iris Plus Graphics」が搭載され、15インチモデルには「Intel Iris Plus Graphics」に加えて、「Radeon Pro」が用意されている。 16インチMacBook Proでは2,688x1,680解像度、15インチMacBook Proでは2,560x1,600解像度、いずれも高レベル設定でシーズン2、チャプター2から4分間ゲームを再生し、Fortnite v12.50でテストを実施。 MacBook Proを経済的に買う方法 お金がない大学生や自分でバイトをしてMacBookを手に入れたい人にとっては、少しでも安く買いたいと思うものです。 ... 3-2.カスタマイズは必要か. MacBookのカスタマイズって何?. それもそのはず、1つカスタマイズするだけで、さらに数万円が必要だからです。. 作業時間が早くなる。. 解決済み: これまでOS Lionが入ったMacbook Proに、複数のAdobeソフトを入れて使用していました。いずれもパッケージ版のCS4〜6です。 このたび、そのMacbook Proの買い替えが必要になったため、Macbook - 9803019 2012年、Appleが最初のRetinaディスプレイ搭載のMacBook Proを発売した時、一番小さなフラッシュストレージの容量は256GBでした。約10年後の2020年、入門レベルのMacBook Proのストレージは今でも、アップグ 賛否両論あるApple Watch。僕は毎日つける派ですが、たしかに人によってはいらない人もいるかなと思います。今回は、Apple Watchを持つべき人とそうでない人の特徴やApple Watchのメリット・デメリットについて解説します! Macbookを購入するときに、「お金を追加してカスタマイズする必要ってあるのかな」って考える人も多いと思います。. Proには高負荷時にも安定したスペックを引き出せる冷却ファン(Airはファンレス)がついているのと MacBook Pro(M1チップ版)との性能比較に使われているMacがMacBook Pro下位モデル(2020)のカスタマイズモデルだから。 MacBook Proのストレージ容量は何にするべきか。128GBまたは256GB、256GBまたは512GBが標準であり、カスタマイズ(CTO)すれば512GB、1TB、2TB(15インチモデル限定)まで増設できる。節約して外付けドライブやクラウドストレージを活用するのとどっちが良いの?本記事ではその疑問に答える… まず色はスペースグレイを選びました。 スペースグレイ、いいですよね。ブラックに近いグレイ。iMac Pro を連想させます。 「MacBook Pro」は、標準モデルであれば Apple Store でも量販店でも変えるが、カスタマイズをする場合はApple公式サイトから購入する必要がある。 また、少しでも節約したいという人は、 Apple公式サイト の Mac整備済製品 がオススメ! Macにケースは必要なのか? MacBookを外出先でも使うようならケースをつけるのをオススメします。 ふとした瞬間にMacBookを落としてしまうかもしれませんし、どこかにぶつけてしまう可能性だってあります。せっかく買ったMacに傷をつけたくないですよねー. MacBook ProやMacBook Air、iMacを使用する上で拘りたい周辺機器がマウスです。 マウスは操作性を大きく左右する周辺機器です。 こだわりの詰まったMac製品を使用するならマウスにもこだわりたいですよね。 使用すると間違いなく生産性が上がる、Mac製品におすすめのマウス5選を紹介・解説します。 というのも、MacBook Pro 13インチモデルのメモリを変えるなど、カスタマイズを行うとすぐにMacBook Pro 15インチモデルが買える金額になること。 13インチがクアッドコアに対して15インチは6コア、Core i5に対してCore i7、独自GPUなど価格差の割に性能がかなり上です。 16インチMacBook Proは最小構成でも6コア。これは無理して8コアにアップグレードする必要はなさそうだなと判断しました。 最終的に16インチMacBook ProはこのCTOオプションで購入. MacBook Pro 16インチ Core i7(第9世代),SSD:512GB,メモリ16GB; 超高性能で大画面。理系大学生に理想的なMacBook Pro: CADを使って設計する人。図表を多用する論文を書く人。画像処理をする人。Windows10をMacに入れたい人。 MacBook、MacBook Air、MacBook Proというノート型Macのライナップの中でMacBook Proを選ぶと決めたは良いものの、その中でも選ぶべき項目が色々とある。, 13インチモデルと15インチモデルは物理的なサイズだけではなく、性能にも違いがある。プロセッサ(CPU)、グラフィック(GPU)、メモリ(RAM)、ストレージ(SSD)、そして必要に応じてキーボードもカスタマイズできてしまう。, では、自分にとってベストなMacBook Proのモデルはどれか。必要な機能や性能に投資し、必要のない機能や性能には金を掛けないように、本記事ではMacBook Proの選び方を紹介する!, 詳細の情報についてこの先必要に応じて読んでいただくとして、最初に僕の考えるMacBook Proの選び方として、予算を最小限に抑える前提でどのカスタマイズを優先するべきかについて解説する。, メモリはパフォーマンスに影響しやすい。予算が限られるが長く使いたいのであれば、メモリを増やせる限り増やすことがオススメ。, ストレージも容量不足になると同じくパフォーマンスに影響する。ギリギリではなく少し余裕のあるストレージを選んだ方が良い。, GPUはそれほどカスタマイズできないが、15インチモデルの場合、アップグレードはたったの1.1万円であることを考えると、しておいても損はない。, 優先度がもっとも低いのはCPU。最初から高負荷な作業をすると分かっている人は迷わずアップグレードすると思うが、この記事を読んで悩んでいるような人は恐らくCPUの性能はそれほど必要ない可能性の方が高い。アップグレードすると地味に高くなるので、その分の予算をメモリやストレージ、GPUに充てたほうが費用対効果が高いと考えられる。, もちろん、用途や使い方によってはそもそもカスタマイズせずにそのまま購入しても問題ない、という人もいるはず。そのような人に関しては記事の最後の方で触れている。, ここまでの情報で十分、という人は新品をカスタマイズできるApple公式サイト、カスタマイズされたモデルが時折登場する「Apple公式の整備済製品」、学生・教員・PTA役員であれば「学生・教職員向けストア」を活用して購入するべし!, 上記の内容を前提として、自分に合ったMacBook Proを選ぶための手順を続きにまとめたので、参考にどうぞ!, この記事ではMacBook Proを購入する際に悩む以下のポイントを順を追って解説する。各カテゴリの詳細に関しては別途記事を書いているので、あわせて読むべし!, MacBook Proには13インチモデルと15インチモデルが存在する。さらに、13インチモデルの中ではTouch Barが搭載されているモデルと搭載されていないモデルがある。, 冒頭でも紹介したとおり、基本的には15インチモデルの方が13インチモデルよりも高性能だ。後述するCPU性能とGPU性能に関しては利があり、写真の現像、映像の編集、3Dゲームなど負荷の高い作業を行うのであれば15インチモデルを選んだ方が良いだろう。, もちろん、13インチモデルでも十分に高い性能を発揮することができるが、「1番性能が高いモデルが必要」という条件のみに特化するのであれば、選ぶべきは15インチモデルだ。, 高い性能と引き換えに、15インチモデルは13インチモデルよりも価格が高く、本体サイズが大きく、重さがある。比較すると下記の通り:, 13インチモデルと15インチモデルを選ぶポイントとしては、以下の5点を考えると選ぶべきモデルが導きやすいはず。, 13インチモデルと15インチモデルはそれぞれ13.3インチ型のディスプレイと15.4インチ型のディスプレイを搭載している。当然、大きい15インチモデルの方が一度に表示することができる情報量が多い。, このことから15インチモデルの方が物理的サイズが大きくなることは避けられないが、実際にMacBook Proを単体で使うと、単純な作業スペースだけではなく、画面が大きい分見下ろす角度が抑えられ、首への負担が少ないという印象を受ける。, これはフリップスタンドやミニスタンドを利用すれば解決できる部分でもあるが、僕の経験上、単体で作業するときにもっとも楽だったのは15インチだった。, MacBook Proの13インチモデルと15インチモデルの重量差は460g。ハンバーガーショップなどにおいてある巨大なケチャップの重さと同じ。要は、13インチと15インチではそれなりに差があるのだ。, 自宅内やオフィス内をメインで持ち運ぶ、ということであればどちらのモデルでも問題ないかもしれないが、比較的移動が多く、MacBook Pro以外も大量の荷物を持ち運んでいる、という人は460gの差が負担になるかもしれない。, 意外と見落としがちなのは、普段使っているカバン。僕は常にバックパックを持ち運んでいるが、15インチモデルに加えてカメラ機材を持ち運ぶことが増えたため、バックパックも超大型のものでクッション性が登山用カバンのようにしっかりと作り込まれている物を選んでいる。, 普段から手提げやショルダーなどを持ち歩いている人は、注意が必要だ。15インチモデルを持ち運ぶとなると、想像以上に負担になるため、バックパックの購入やより頑丈なバッグの買い替えを余儀なくされるかもしれない。, 作業内容によってモデルを選ぶ人も少なくない。写真の現像、映像の編集、3Dゲームなどは13インチモデルも十分快適にできるが、作業内容がより高度に、より負荷の高いものになればなるほど15インチモデルの方が有利になる。, 例えば、小さいカフェで作業することが多いという人は、15インチを置くとコーヒーを置くことができず、飲み終わるまで作業ができないということもあるかもしれない。過去に15インチモデルがカフェで使うには大きすぎるのかを検証したこともあるが、おおむね問題無かったものの、新幹線の机はギリギリ収まるサイズだったことが分かっている。, スペックなどを優先したい一方で、そもそも作業する場所で作業できなければ本末転倒。本体の性能などばかりに目がいってしまい、意外と見落としがちなので、作業内容だけではなく作業場所も考慮するべし。, CPUはコンピューターの司令塔、いわばブレイン的存在だ。MacBook ProのCPU(プロセッサ)の選び方で詳細に解説しているが、13インチモデルは2人のブレインが司令をだし、15インチモデルは4人のブレインが司令を出す。言うまでもなく、4人の方が多くの仕事をこなすことができ、高い性能を引き出すことができる。, 13インチモデル、15インチモデルに関わらず、負荷の高い作業をこなすつもりでいるのであれば、CPUをアップグレードした方が良い。その予定がなければCPUは特にカスタマイズしなくても問題ないだろう。, 高い買い物だからなるべく長い期間快適に使いたいという希望がもっとも強い場合、僕は次項で解説する予算をメモリ(RAM)に回した方が良いと考えている。, 2017年モデルまでの15インチモデルはメモリは16GBに統一され、ユーザーが変更することはできない。逆に悩まなくて済むので良い。, 問題は13インチモデルだ。標準のメモリ8GBのままにするべきか、約2万円を上乗せして16GBにするべきか、悩む人は多いはず。, 結論から言うと、メモリは基本的に多いことに越したことはない。予算がカツカツではない限り、メモリを16GBにしておいた方がMacBook Proそのものを長く、快適に使い続けることができるはず。, 「Adobe Lightroom」や「Adobe Photoshop」を利用し、画像編集などのクリエイティブな作業を行う場合は、迷わずにアップグレードした方が良いだろう。メモリが多い方が処理スピードを保つことができる可能性が高い。, 一方、中には価格や性能のバランスからMacBookやMacBook AirではなくMacBook Proを選んだ、というライトユーザーもいるはず。そのような人は、特にハードな作業を行う予定が最初からなければ、あえてメモリを8GBまで増設する必要はない。, 実は、SSDは構造上、ストレージ容量と転送速度(読み書き速度)は比例する。つまり、256GBよりも2TBの方が性能が高いのだ。, MacBook Proの内蔵ストレージは、後から追加することができない。外部ストレージやクラウドストレージを駆使するという手もあるが、ストレージそのものの性能を重要視するのであれば、購入時には必要と予想されるストレージ容量を最初から購入することを強くオススメする。, 今のMacBook Proは性能は十分あり、向こう数年間は使い続けられるスペックを持ち合わせている。使い続けて増えるデータ量などを踏まえ、少し背伸びするぐらいのストレージ容量の方が安全だと思われる。, 13インチモデルと15インチモデルではGPU性能に決定的な違いがある。どちらのモデルも共通して統合GPU(別名:内蔵GPU、iGPU、オンボードグラフィックス)が搭載されているが、15インチモデルのみ別途で独立GPU(別名:dGPU)が用意されているため、グラフィック性能を引き出すことができる。, そもそも13インチモデルはGPUを選ぶことができない。Touch Barを搭載してないモデルよりも搭載しているモデルの方がGPU性能は高い。, Touch Bar搭載モデルの方がハイエンド機として位置付けられているため、グラフィックに負担の掛かる作業をする場合はTouch Bar搭載モデルを選んだ方が良い。, 15インチモデルの場合は独立GPUを税別11,000円でアップグレードすることができる。GPU性能が向上し、専用メモリが倍になるため、負荷の高い仕事をするのであればアップグレードがオススメ。, 最後に選ぶべき項目はキーボード。基本的にはJIS配列を選ぶ人が多いかと思うが、人によってはUS配列を希望する人もいるはず。念のために15インチモデルで違いを紹介する。, こちらが15インチ型MacBook Pro(2017)のレビューで紹介した、主流だと思われるJIS配列のキーボード。ひらがななどがキーボードの上に書いてある。, 下記は15インチ型MacBook Pro(2016)のレビューで紹介した、US配列のキーボード。英数字と記号のみのスッキリとしたデザインが魅力となっていて、僕はこちらを使用している。, 日本語がキーに書かれているかどうか以外にも、JIS配列とUS配列はキーの配置や一部キーの大きさが異なる。, 僕はUS配列が癖になってしまっているのでJIS配列は使えないのだが、キーボードは使いやすい方を選べば問題ない。, MacBook Proのカスタマイズとは直接的には関係ないが、MacBook Proはすべてのポートが「USB-C/Thunderbolt 3」に変わってしまった。どういうことかというと、MacBook Pro単体ではiPhoneを繋げて充電やバックアップすることができないのだ。SDカードも無ければ、SDカードスロットもない。, MacBook Proを単体で使用し他にデバイスを一切接続しない、と言い切れるのであれば買わなくても良いが、大多数の人は何かしらMacに繋げることがあるはず。1台買っておいて損することは無いだろう。, 2015年以前の15インチモデルに搭載されていた、「Thunderbolt 2」や「MagSafe 2」を除いたすべてのポートを復活させたいのであれば「Satechi Type C Pro Hub」または「HyperDrive Thunderbolt 3 USB-C Hub」のようなUSB-Cハブをあわせて購入することを強くオススメする。, 以下にオススメの商品を載せておく。価格はいずれも約1万円。個人的にはデザインが好み、という理由でSatechi製のものを持ち運んでいる。, なお、HDMIポートが不要、という人は下記の「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」がオススメ。価格が4,980円と上記2製品の半額以下で購入できるため、コスパ抜群。, その他のUSB-Cアクセサリや、MacBook Proと一緒に買っておくと便利なアクセサリは下記記事にまとめてあるので、参考んどうぞ!, その前に、自分が購入したモデルについて。僕は15インチ型MacBook Pro(2016)の最上位モデルを購入した。スペックは下記の通り:, ほぼフルカスタマイズモデルだが、唯一、CPUは最上位ではなく、上位機種のものを選択。CPUの解説記事でも説明した通り、日頃の作業内容からCPUの処理能力を最大限にする必要性を感じなかったことが理由だ。, その代わり、「15インチ型MacBook Proと「LG UltraFine 5K Display」2枚という構成を実現するためにGPUはアップグレードし、写真の現像作業や動画の編集を行うため、SSDは最大容量の2TBを選んだ。, 僕が13インチモデルを選ぶとなれば、15インチモデルと同じようなスペックを選ぶはず。メモリは16GBにアップグレードし、ストレージは最大の1TBを選択するだろう。, 「どのような作業をやるにしてもマシーンスペックのせいにしたくない」という思いから、基本的にスペックを最大限引き上げることが多い。価格は高いが、スペックは妥協したくない。, この考え方はあくまでも僕ならでは。人によっては予算をなるべく抑えたいが、ブラウジングができ、写真や音楽を管理できて、たまに簡単な写真や動画の編集をしたい、という人もいるはず。その場合、僕であれば13インチモデルのRAMのみを16GBにアップグレードし、ストレージを256GBで様子を見ることを提案する。, Touch Barの有無はその人のコンピューター慣れ具合と応相談だ。慣れていない人であれば、Touch Barが無いモデルの方が良いかもしれない。, マシーンスペック以前に「操作を別途覚えなければならない画面がある」というネガティブな印象で「使いにくい」と感じてしまうのは本末転倒。マシーンスペックが「使いやすさ」のすべてではない、ということは常に意識しておきたい。, 例えば、MacBook Airを買おうと思ったが、MacBook Proをオススメされた、という人もいるかもしれない。作業内容次第ではカスタマイズは一切せず、標準モデルそのまま買っても十分かもしれない。ただし、ストレージを128GBにするか、256GBにするかは応相談かな。, 「MacBook Pro」は、標準モデルであればApple Storeでも量販店でも変えるが、カスタマイズをする場合はApple公式サイトから購入する必要がある。, また、少しでも節約したいという人は、Apple公式サイトのMac整備済製品がオススメ!自分で細かいカスタマイズはできないが、カスタマイズされたモデルがApple公式から数万円安く販売されているので、安心して節約できることが魅力。, 他にも、学生・教員・PTA役員であれば「学生・教職員向けストア」というものが用意されているため、こちらも通常価格より安く購入することができる。対象の人は活用しない手はない!, 上手に買うことも、自分にとってベストなモデル選ぶの一環。それでは、素敵な「MacBook Pro」ライフを!, コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。, 自分に合ったMacの選び方を解説。自分の必要とする性能や機能を予算内に収めるためには、様々な様子を天秤にかけて判断する必要がある。2020年5月時点における、ノート型Mac(MacBook Air、Mac…, レビューしてきたあらゆるもの製品、買うべき商品、買うべきではない商品のまとめ。買ってよかったものだけではなく、買ってイマイチだったものをスター付きで評価。, Appleシリコンの14インチ/16インチ型MacBook Pro、2021年後半に発売か, 「ゴリミー」は、Apple関連情報を中心にテック・ニュースやガジェット・レビューを紹介するブログメディア。, MacBook Proのメモリ(RAM)は8GBで足りる?16GBにするべき?【購入ガイド】, 【レビュー】「Satechi Type C Pro Hub」ーーMacBook Pro用USB-Cハブの大本命, Satechi マルチ USB ハブ Type-C Macbook Pro 13/15インチ用 40Gbs Thunderbolt 3 4K HDMI パススルー充電 Micro/SDカード USB 3.0ポート×2 アルミニウム Proハブ (スペースグレイ), 【レビュー】「HyperDrive DUO 7 in 2 Hub」ーーMacBook Pro(2016)用USB-Cハブの決定版, HyperDrive Hub for USB-C MacBook Pro 13″ and 15″ 2016/2017 GN28B-GRAY, 【レビュー】「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」ーー日々の作業に必要なポートを取り戻す、コスパ抜群のUSB-Cハブ, TUNEWEAR MacBook Pro 専用 TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1(オールマイティな拡張USBドック)スペースグレー TUN-OT-000034, 15インチ型MacBook Proと「LG UltraFine 5K Display」2枚という構成, 15インチ型 MacBook Pro(2017) レビュー 外観と各種ベンチマークレポート, CPU能力よりもマシーン全体としてのバランスを取るなら下位モデルのSSDとGPUをアップグレード, OSのアップデートなどでRAMが多い方が快適に動作する場合があるため、多い方が何かと良い, 上記理由により、長く使い続けたい場合はRAMが多い方がベター(必須ではないが、リスクヘッジになる), 11,000円の追加でGPU性能が向上し、専用メモリが2GBから4倍になるのはコスパが高い, 4Kや8K画質の動画を取り扱い、多種多様なエフェクトを使いこなす本格的な映像編集を行う. 2016年モデル以降のMacBook Pro・Airに搭載されている、指紋認証「Touch ID」についての考察です。筆者は「不要」と思っていましたが、iPhone・iPadと同じくアプリ購入・パスワードマネージャーのロック解除なく幅広く使えて、ブラインドタッチもできるのでとても便利です。 Macbook Proで動画編集を始めるときにCPUやメモリ、画面の大きさなど、どんなスペックにカスタマイズするべきなのか、押さえるべきポイントをまとめて解説しました。高額な買い物なので後から後悔しないように、最高の1台を選びましょう! まとめ: Macのおすすめカスタマイズ方法. 慣れるまでに時間がかかる; Officeは完璧に互換性があるわけではない このうちMacBook Airと比較するのに最も適しているのはMacBook Pro(13インチ)。MacBook Pro(16インチ)は本体サイズや内蔵プロセッサ、グラフィックの能力など他モデルとの差が大きすぎるため、少なくとも下位モデル(MacBook Airなど)の購入を検討している方は、16インチMacBook Proを考慮する必要 … Apple MacBook Pro (13インチ Touch Bar, 第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5)プロセッサ, 256GB) – スペースグレイ. 今回、iMac・MacBook Proを購入したいクリエイター向け、Macのおすすめ購入ガイド!を書くことにした理由は、クリエイターの人たちが新たにMacを導入するのに、参考になり助けになるような購入ガイドがあれば良いと考えたからだ。 ここまでのCTOオプションを選択した16インチMacBook Proは以下の通り。 プロセッサ :動画編集等高負荷で処理能力が必要な作業をする場合はアップグレードがおすすめ。. 目次. MacbookAirを購入するときに悩むこと。それは『メモリ』の搭載量ではないだろうか?筆者もMacbookを購入するときに一番悩んだのがこのメモリをどれだけ搭載するか。本記事ではMacbookAirのメモリは8GBで十分!と題してその理由を解説していきます!1年使っていますが、メモリは8GBあれば … MacBook Air(2018)の登場で、これからノート型Macを買う人はMacBookとMacBook Proを加えた3モデルの中からどれを選ぶべきか分かりづらい。現行のMacBookシリーズの選び方について解説しつつ、MacBook Airの魅力があるのかについて考えてみたので、参考にどうぞ! Macbook Proユーザーで、メモリが8GBをでは足りなくなって増設したい方、16GBとどう違うのか知りたい方が多いのではないでしょうか。Macbookのメモリの増設方法、8GBと16GBとの違いについて解説 … MacbookAir/Proを購入する時に悩むこと。それはカスタマイズが必要かどうかということ。そして対象になるカスタマイズはメモリとCPU. 【13インチ】MacBook Pro(2018)の購入したのでそのレビューです。 使って分かった必要性を痛感する理由をメリット&デメリットを踏まえて解説しています。 MacBook Proに興味がある人必見です。 1 この記事の意味するところ; 2 MacBookを買ってもいいですか?. 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、400記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 みなさんこんにちは。 すけたろう 週末ブロガーのすけたろうです。 今回はMacbook Proに32GBのメモリーが必要かどうかについて書いていきたいと思います。 fa-list-ul このペー 毎日更新を実行し、365日連続更新を達成! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!, 【EarFun Free Pro レビュー】5000円台で買えるノイキャン・外音取り込み搭載ワイヤレスイヤホン, 【ホームシアター改造計画】 コスパ最強のDolbyAtoms対応プライベート映画館【予算重視な方へオススメ】, 【レビュー】サブウーファー【SA-CA9】&イネーブルドスピーカー【SS-CSE】コスパ重視のホームシアター機器, 【コスパ最強】買ってよかったオススメのAmazonベーシック一覧【高品質・低価格】, 【2020年】 MacbookのPro以外はCPUのカスタマイズ不要【Airは標準でOK】, 最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5, 8GB RAM, 256GB) – ゴールド, 最新モデル Apple MacBook Pro (13インチPro, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 256GB) – スペースグレイ. MacBook Pro のモデルの調べ方については、こちらの記事を参照してください。 MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) MacBook Pro (13-inch, 2020, Two Thunderbolt 3 ports) トラックパッドが優秀すぎてマウスが必要ない; iPhoneとの親和性が抜群; MacBookで働いているとテンションが上がる; MacBook Proにして感じたデメリット. Macbook Airとの違いは、Macbook Proではパソコン内部の熱を冷やすことができるファンが搭載されているということです。 Appleシリコンは熱の影響を受けやすいため、クリエイティブな作業を長時間行う場合など、負荷がかかる作業を多く行う場合は、CPUのパフォーマンスが維持されるMacbook Proが … MacBook Proに搭載された、進化したファンクションキー「Touch Bar」を使った感想を紹介します。評価が低いのですが、実際使っても「なくていい」と感じました。熱さも気になります。しかし、カスタマイズして「スリープ機能」を割り当てるなどすれば、使いどころはあります。 それでも+35,000円でした。2019年のMacBook Airを買うよりもメモリの分だけおトク。 2020年のMacBook Airをカスタマイズの理由. CPUのカスタマイズが必要なのかどうかについて『MacbookはPro以外ならCPUはカスタマイズ不要ですよ』というタイトルでまとめていきます。 新しい相棒選びでわりと悩みがちなのが「MacBookかiPad Proか」どちらも買うのが理想ではありますがなにせ高い(笑)今回は、それぞれのメリット・デメリットや用途、違いについて比較しながら、1台買うとしたら今の自分にどちらがベストなのかわかるように解説しています。 Macbook Proをカスタマイズすると、コストはどのくらいかかるか見ていきましょう。 MacBook Proでメモリを増設・交換するメリット. MacBook Pro のモデルの調べ方については、こちらの記事を参照してください。 MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) MacBook Pro (13-inch, 2020, Two Thunderbolt 3 ports) Macbook Proといっても、カスタマイズして性能が上がる一方、価格も高くなるのでしょう。 下位といっても、ストレージ256GBの134800(税別)とストレージ512GBの154800(税別)二つ選択ありますが、こちらは2万円追加し、512GBを選ぶのがおススメですね。 Macbook AirとMacbook Proでは、周辺機器との接続に必要なインターフェースはとてもシンプルです。下の写真のように、USB Type-Cポートとヘッドフォンジャックがあるだけです。標準サイズのUSBポートもありません。 MacBook Pro 13インチ(Intel)とMacBook Pro 16インチのメインメモリは16GBとなっていて+40,000円で32GBにカスタマイズすることができますが、余程なことがない限り32GBに増設する必要性はありません。 MacBook Pro 13インチは32GBにすることで速度が速くなる可能性はあります。 2012年、Appleが最初のRetinaディスプレイ搭載のMacBook Proを発売した時、一番小さなフラッシュストレージの容量は256GBでした。約10年後の2020年、入門レベルのMacBook Proのストレージは今でも … Macbook Proのカスタマイズの詳細と必要性. この記事ではMacbookのカスタマイズについて説明します。. 「MacBook Pro」は、標準モデルであれば Apple Store でも量販店でも変えるが、カスタマイズをする場合はApple公式サイトから購入する必要がある。 また、少しでも節約したいという人は、 Apple公式サイト の Mac整備済製品 がオススメ! MacBook Pro、MacBook Air、iMacなどを買ったら、自宅に光回線は絶対に必要か? \ Mac・iPhone 使い方チャンネル / 光回線の必要性と、どうしても契約したく無い方の対処法など、詳しくは動画で解説 … 動画編集に必要 ... MacBook Proは機動性なら13インチ、作業効率なら16インチ。で選んでOKかと! まとめ:MacBook Proのカスタマイズの仕方 . メモリ :16GBがおすすめ (32GB以上にしたい場合は最上位機種か16インチ仕様で可能) 容量ストレージ :512GB以上(2TBはコスパ的にはおすすめしない). 16インチMacBook Proは最小構成でも6コア。これは無理して8コアにアップグレードする必要はなさそうだなと判断しました。 最終的に16インチMacBook ProはこのCTOオプションで購入. MacBook Proにして感じたメリット. MacBookを仕事で使う上で、最も気になる部分ですね。 結論をいうと、問題なく使えます。 2000年の中頃まで、私はMacBook Proで仕事を行っていました。 しかし、当時はMac用のOfficeソフトの使い勝手がとても悪く、使い物にならなかった経験があります。 特にApple大好き! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ただ過去にはフルカスタマイズしたMacbookAirを使っていたこともありますが、今ははっきりって不要です, なので旧世代のパソコンを使っている人からすれば標準構成でも恐ろしいほどに高速な処理が可能です, このような場合においてはCPUの変更やメモリの増設をしておくにこしたことはありません, 上記の通りでよほど高度な処理が必要な操作が必要な場合以外はMacbookProであったとしてもカスタマイズは不要です, 上記のMacbookProに対してMacbookAirが欲しい人はこんな人ではないでしょうか?, もちろんカスタマイズした時の拡張性に違いはありますが、基本的には画面サイズとTouchBar以外の要素ではCPUとGPU性能の違いが大きな部分, つまり動画の編集(4K画質をゴリゴリいじる)や高度な画像処理を行うならMacbookProでカスタマイズが必要だし、それ以外ならMacbookProはいらない, MacbookProはノーカスタマイズでもかなりスペックは高いのでフルHDの動画くらいならちょちょいで編集できますしね, というかMacbookProでカスタマイズするならCPUよりもメモリを変えるべき、というのが結論, ただそこまでゴリゴリ高度な処理を求めてないよ!って人はMacbookAirを買った方が軽いし薄いしサクサク動くしで満足度は高いはず, ワタシもMacbookを購入する時はCPUやメモリなどのカスタマイズはかなり悩みました。, 悩んだ結果としてノーマル構成のMacbookを購入して、すでに1年使っていますがまだまだ現役, ということでほとんどの方がMacbookAirやMacbookProを購入する時にカスタマイズが不要であるということを理解してもらえたかと思います, もちろん必要ならカスタマイズすべきなので、自分の『購入動機』に合わせて決定してもらえれば幸いです, ちなみにカスタマイズしないなら公式サイトで買うと定価にしかならず高いのでオススメしません, お得に買うならAmazonやポイントのたくさん付く楽天・Yahoo!ショッピングなどで標準構成の安いMacbookAirがおすすめです, 楽天やYahoo!ショッピングでは10倍ポイントがついたりするのでほとんど10%引きみたいなもんですよー!, Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!, IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 Macbook Proは、15インチモデルと13インチモデルの標準メモリが違います。15インチモデルは16GBのメモリ(RAM)、13インチモデルは8GBが標準で搭載されています … 3.1 トラックパッドが優秀; 3.2 Retinaディスプレイが綺麗すぎる MacBook Air 2018購入レポートです。今回初めて整備済み品として購入しました。最新の2019年モデルとの比較、どれくらいお得に買えたかの考察と共に、メモリ8GBでカスタマイズ(CTO)なしで購入した感想を紹介します。「つるしのMac」はあまり重たい作業をしなければ、十分使えます! 今回、iMac・MacBook Proを購入したいクリエイター向け、Macのおすすめ購入ガイド!を書くことにした理由は、クリエイターの人たちが新たにMacを導入するのに、参考になり助けになるような購入ガイドがあれば良いと考えたからだ。 MacBook Proの16インチと13インチは、基本的に画面サイズ違いの展開のため、搭載機能自体は同じものになります。そのため、ここではキーボードについてご紹介しましょう。最近iPadProにも付属できると話題のMagic KeyboardをMacBook Proも搭載しています。 カスタマイズ後の価格で考えると、この投稿で紹介している13インチMacBook Pro、21.5インチiMacと同じくらいになる。全体の性能ではグラフィックスの性能を除くと、15インチMacBook Pro、27インチiMacと同じくらいになる。 MacBookシリーズはラップトップ型PCなので可搬性にも気をつかないといけません。 持ち運びやすさと、作業のしやすさを両立した13インチは多くの人にお勧めできます。 13インチはMacBook ProとMacBook Airの両方のモデルでラインナップされています。普通に使う分には13インチでも全く問題な … Macノート(MacBook)は、Appleが開発したMac OSを搭載したノートパソコンです。初心者にもおすすめのMacBook Airと、高度な処理能力を持つプロ向けのMacBook Proがあるので、液晶サイズやスペックを考えながら、用途に合ったものを選びましょう。今回は、Macノートの選び方とおすすめの商品 … 2.1 「じゃあ買う前に説明して説得させて」; 2.2 何故今使っているパソコンではダメなのか; 2.3 中古で買ってはいけない理由; 3 何故Windowsではダメなのか?. みなさんこんにちは。 すけたろう 週末ブロガーのすけたろうです。 今回はMacbook Proに32GBのメモリーが必要かどうかについて書いていきたいと思います。 fa-list-ul このペー