Webデザイナーに資格は必要ないことをご存知でしょうか?そのため誰でもフリーランスでWebデザイナーになれます。しかし、フリーランスのWebデザイナーとして活躍するにはどのようにしたら良いのでしょうか。そこでこの記事では、フリーランスのWebデザイナーについて解説します。 フリーランスで活動している映像クリエイターの場合、収入は完全に出来高制です。 映像の仕事を一本引き受けると数万円~数百万円の契約になり、放送するメディアや尺、そして何よりも映像クリエイター自身の知名度や実力によってその金額は大きく変わります。 世界にその名を知られているような映 … 正社員・契約社員・アルバイトの立場となり、Webサイト制作会社に所属します。 派遣会社に登録 こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部のはやかわです。 本日は未経験からフリーランスのWebデザイナーになるための方法について解説していきたいと思います。 この記事をご覧になっているあなたには、下記のような気持ちや疑問があるのではないでしょうか? フリーランスの収入. フリーランスで最短で稼ぐ方法を初心者向けにまとめました。コーディング、プログラミング、Web制作、デザインで稼ぐ効率的な勉強方法や、案件受注から納品までの流れ、営業せずに受注する方法、トラブル回避方法、海外ノマド術、退職方法をまとめています。 デザイン専門学校とは? 就職先はWebや建築、アパレルなど幅広い | クリエイティブを仕事にしたい方へ. 年収400万円~ 基本的に自由な働き方ができますが、自ら営業活動を行って仕事を獲得し、制作スタッフのアサインから進行管理、また納品後の外部パートナーへの支払いまで一人で行うのがフリーランスです。 テーマは、「年収1000万円以上のwebデザイナーになるために必要なスキル」。 僕はフリーランスのWebデザイナーとして独立したのが、2009年の1月、ちょうど10年ほど前だ。 独立初年度は、500万円ほどの売り上げだった。 フリーランスのWebデザイナーといっても、収入によって働き方は全然違います。月100万円以上稼ぐ方もいらっしゃれば、扶養控除範囲内で働く方もいらっしゃいます。 今回は「主婦で女性会社員の平均年収程度に稼ぐフリーランスのWebデザイナー」の生活です。 憧れの職業、フリーランスデザイナーの年収の相場とは。フリーのデザイナーは本当に稼げるのか、相場がどの程度なのかをフリーランス人口が多いweb系デザイナーとグラフィックデザイナーに注目して覗いてみましょう。クラウドテックが運営するフリーランスの道しるべ。 2015年に発表された小規模白書とフリーランス実態調査を元に、フリーランスの平均年収について年代別や職種別にわけて紹介しています。これからフリーランスになろうと思っているけど、年収が気になる方は必見です。 WEB制作関連職全体での平均年収は427万円です。20代前半は352万円と低めの年収ですが、40歳以上の平均年収は約500万円となっています。 Webエンジニアとは?Webエンジニアの仕事内容と年収についてご紹介します。この記事を提供しているインターネット・アカデミーはWeb制作会社が運営する日本初のWeb専門スクールです。 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」では、「デザイナー」の平均年収は約432万円となっていますが、デザイナー全般の数字になっているため、Webデザイナーの実情とは異なります。, より実態を示していると思われる、民間の求人サービス各社のデータでは「Webデザイナー」職の求人における平均年収は300~400万円ほどです。, Webデザイナーはデザインスキルを求められる現場もあれば、HTMLやCSSのコーディングが中心の現場もあるため、業務内容や企業によって年収には幅が見られます。, IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使い、写真やデザインの制作・加工ができる技術を求められる求人の場合に収入が高くなる傾向があります。, 各社とも、男女の違いによる給料の違いはほとんどありませんが、年齢に伴って給料が上がる傾向があり、給料には年齢やスキルが関係していると推測されます。, 年に2回のボーナス(給与の2カ月分を支給)となっている場合、月給は20万円で、ボーナスの額は夏・冬それぞれ40万円です。, 「手取り額=支給額-社会保険料-源泉徴収額(所得税)」となりますので、額面支給額と実際の手取額は以下のようになります。, ※地域や家族構成等によって計算は異なりますので、上記の手取り額はあくまで参考例です, これらの求人の中には、明確に「Webデザイナー」として募集されている場合もあれば、「総合職」として募集されている場合もあります。, Webデザイナー職は学歴や資格を必要としないことから、高卒で就職する場合もあり、大卒での就職の場合と待遇の違いが見られるケースも多いです。, 新卒だとしても、スキルや実績、資格のある新人の場合は手当で待遇差をつける場合もあります。, 上記DODAのデータからは、男女で比較すると男性が338万円、女性が322万円とやや男性の方が高くなっています。, Webデザイナーは女性が活躍できる職場も多く、男性・女性関係なく年収を上げることが可能な職種です。, Webデザイナーの昇給には、年齢だけでなくスキルが強く影響しており、同じような業務を繰り返す職場ではなかなか昇給できない場合もあります。, そのため、年齢が上がるにつれて、そのスキルに見合った待遇を求めて転職したり、より上流工程を担うWebディレクターやプロデューサーなどへキャリアアップしたりするケースが多く見られます。, 一般的に正社員として働く場合は、厚生年金保険・労災保険・雇用保険などの各種社会保険は完備されています。, 納品前になると残業が多くなるため、残業手当やタクシー代などの交通費が支給される企業も多いです。, また、制作業務では作業をする時間帯はあまり関係ないため、フレックスタイム制度を採用し、柔軟性のある働き方ができるようにしている企業も多いです。, そのため、子育てをしている女性も働きやすく、結婚・出産後の女性が継続して働いている場合も少なくありません。, また、Web業界ではスキルアップを奨励する企業が多く、資格取得支援制度や勉強会などのサポート体制が充実しているケースも多く見られます。, 近年のWebデザインはコーディングだけでなく、素材の制作、最新のUIやUXまで配慮した画面設計、業界・業種に合ったデザインの提案など、さまざまなスキルを必要とします。, そのため、Webデザインの中でもどのような業務に対応できるか、またどのくらいのレベルの仕事ができるかで年収が大きく変わるの特徴です。, Webデザイナーが業務の中で接する案件は、企業によって規模や種類、ターゲットとする業界といった傾向に違いがあります。, 案件の違いは企業の売上や個人の給料にも影響するため、企業による売上高や年収の違いの原因になっています。, 転職では、スキルや実績が問われるため、スキルを磨いて専門性を確立させておくことが年収アップには欠かせません。, Webデザイナーは専門性のあるスキルを武器にする職種ですが、年収を上げるためには他分野の業務スキルも伸ばし、差別化をはかることが大切です。, たとえば、Web制作の知識・技術に加え、企画・提案やコミュニケーションといったスキルに優れている人であれば、上流工程に関わるディレクターやプロデューサーにジョブチェンジして収入が上がる場合も多いです。, また、マネジメントスキルのある人なら、制作チームのリーダーや管理職としてのポジションを得て収入が上がる場合もあります。, その他にも、営業やプログラミング、サーバーやネットワークの知識、DTPなど、他分野の知識・スキルがあることで、Webデザインだけでなく多くの業務に関わり、替えの利かない人材として厚遇を受けることも可能です。, 企業の規模によって仕事量や分業に差が生まれる傾向がありますが、デザイナー業務の他にコーディングやプログラミングも行います。, さまざまなサイトの制作を行うため、経験を積んだりスキルアップしたりすることも可能です。, 交渉力の弱い制作会社の場合、クライアント都合で短納期の仕事が多くなったり、それに伴う残業が多くなったりする場合がありますが、制作予算の都合から残業手当に制限がつく場合もあります。, 近年では一般の事業会社でWeb制作を行う企業が増えてきたことから、Webデザイナーとして働く人も増えています。, Web制作会社と比較すると、業務が限定される分、スキルアップや実績作りには不向きですが自分のペースで制作ができる長所があります。, 年収は企業の賃金テーブルに従って決まるため、規模が大きい企業であれば一般的なWebデザイナーより高めになることも多く、その後の昇給も比較的安定します。, アプリ開発会社では、クライアントのWebサービスやアプリでのデザイン業務がWebデザイナーの主な仕事となります。, 能力次第でさまざまな業務を担当できる他、年収400〜600万円とエンジニア並みの給与を得られるケースも多いです。, 想定ユーザーのデバイスに合わせたUI設計の知識や、ピクトグラムやアイコンを用いた直感的な画面作りなど、独特のノウハウが求められます。, 人材派遣を行っている民間企業の求人では、時給は1600円〜2100円での募集が多くなっています。, この条件で1日8時間で月に20日働いた場合、月給は25万〜34万円となり、年収に換算すると300万〜408万円となります。, Webデザイナーとしての経験が問われるケースも多く、デザイン制作会社や広告代理店での経験がある人は優遇される傾向です。, 年収面ではそれほど正社員との差は大きくないですが、福利厚生は企業によってさまざまですので条件面には十分注意する必要があります。, アルバイトの場合、時給は900円〜1200円程度で、仕事内容は簡単なコーディングやサイトのチェック作業などが主です。, 上記の時給で計算すると、1日8時間、月に20日働くケースで、月給は14万〜19万円、年収換算で168万円〜228万円です。, 個人の事情でフルタイムの勤務が厳しい人や、経験を積みたい人がアルバイトとして働く傾向があります。, Webデザイナーはデザイン制作に必要なパソコンとツールがあれば、どこでも仕事ができます。, スキルと案件の種類、数によって収入に大きな違いがあり、年収は人それぞれのようです。, Webデザインだけでなく、プログラミングなど他のスキルもあり、仕事の幅が広い人であれば年収500万〜600万円と職種の平均を大きく上回ることも少なくありません。, ただし、安定した年収を得るためには営業・マーケティングの能力や、持続的なスキルアップが必要不可欠です。, Webデザイナーが独立し、事業を始める場合は、営業や経理など分業していた業務も行う必要が生じるため、多くのスキルが必要です。, 独立した場合、経験やセンスがある人なら1000万円以上の年収を稼げる場合もありますが、その場合はWebデザイナーというよりは経営や営業が主な仕事になっています。, そのため、Webデザイナーとしての業務を中心にしたい場合、フリーランスとして個人で独立するケースがほとんどです。, Webデザイナーの年収は性別や年齢に関係なく、知識やスキルによる部分が大きいです。, Webデザイナーは、さまざまな素材のデザインだけではなく、HTMLのコーディングやプログラミングなどの幅広い知識を身につける必要があります。, 制作速度が上がり、できる業務が増えて難易度の高い案件にも独力で対応できるようになれば、年収も大きく上がります。, そのためには、常に最新の技術トレンドについていく必要があり、持続的な学習の積み重ねが必要です。, Webデザイナーが年収を高めるには、フロントエンジニア、また上位職であるWebディレクターやWebプロデューサーへのキャリアアップを目指すのがよいでしょう。, これらの職種を目指すなら、プログラミングやエンジニアのスキル、ディレクターやプロデューサーであればマネジメント力やディレクションの能力も求められます。, Webデザインだけの知識と経験だけでは、年収アップには繫げるのは難しい面があるため、キャリアアップを目指す人が多いです。, 同じような業務内容でも、年収の高い会社に出会える可能性があるため、よりよい待遇を求めて転職するのもひとつの方法です。, 転職では、Webデザイナーとしてのスキルが問われますが、スキルを示すためにも実績を積み、それを上手にプレゼンテーションできるようにしておきましょう。, WEB制作関連職全体での平均年収は427万円です。20代前半は352万円と低めの年収ですが、40歳以上の平均年収は約500万円となっています。, WEBデザイナー職の平均年収は357万円となっています。年齢の上昇とともに年収も増加し、40代の平均は425万円となります。, Web上で多様な情報を発信・受信する媒体の企画や運営を行う会社に勤務する人のこと。, プログラミング言語を用い、Webサイトの構築に必要なプログラミングをするエンジニア。, Webサイトの作成をプロデュースし、サイトのイメージや納期、予算などを決める責任者。, Webサイトで利用者が直接触れる「フロントエンド」の構築・実装を担当するIT技術者。. 本記事では、これからフリーランスのWebデザイナーを目指している方へ、フリーランスWebデザイナーの実情をなるべく赤裸々に年収相場や単価、リアルについて語ります。Webデザイン業界に興味関心を持っている方はぜひ最後まで読んでみてください。 Copyright © 2019 nodeplace All Rights Reserved. 通勤のない在宅での仕事、いいですよね。でもSOHOには向いている人とそうでない人がいます。私もいつか独立してSOHOで仕事をしたいとも思いますが、営業から経理まで一人で全部をこなす必要がありリスクも伴います。正社員のメリットもあるので、そのあたりはじっくり検討です。, SOHOのメリットは、まず時間の自由さだと思います。仕事は案件単位の請負ですので、納期が決まっています。その納期とクオリティを守りさえすれば、いつ仕事をしてもいいのがフリーランスです。午前中はジムに行って、今日は午後から仕事なんてことも。そして在宅で仕事をすれば当然、通勤時間がかかりません。1日往復2時間、年間480時間です。これを仕事や自分の時間に充てられるのは魅力ですね。Webの仕事はネットさえつながればできるので在宅も可能な訳ですが、最近ではIT関連企業のコーディング部門が地方へ移転しているという記事をよく見ます。四国の山奥で川のせせらぎを聞きながら、囲炉裏を囲みながら…なんて理想ですね。SOHOは場所を選ばないというのも魅力ですね。独立するメリットは、人間関係からの解放があります。企業で働くと打ち合わせ、質問、報告など細かなコミュニケーションが必要です。同僚と自分を比較して落ち込むことや、パワハラやセクハラを経験するかも知れません。ひっきりなしに鳴る電話の音。これからも開放されます。コツコツと仕事に集中したい人に、SOHOは大きなメリットがあります。仕事を選べるのも独立するよさです。内容、単価、納期など、納得いく仕事を選べるので、「やらされている感」というのは感じないと思います。, 独立するにはそれを裏付ける実績とスキルが必要ですが、それだけでなく性格の向き不向きがあります。ここでは、どんな人がSOHOに向いているのかを挙げてみます。, 目前に広げられた自由な時間。これをどう使うかは、本人のセルフマネジメント力によります。仕事で一番大切な納期を守ることです。「夏休みの宿題状態」になるタイプに独立は向いていません。, 仕事は天から降ってきません。正社員で働いていれば次々と仕事はまわってきますが、独立したら自分で営業しなければいけません。仕事の依頼を受けたら、工数と単価の交渉です。見積り作りはフリーランスの最重要タスクのひとつです。, SOHOの失敗談で「孤独が耐えられなかった」というのがあります。在宅で一日中誰とも話をしなかった、なんてことも。会社では仲間とワイワイ仕事ができます。一緒に飲んで帰る仲間もできるでしょう。ですから仕事以外の友達がいて気分転換できる関係がある、または孤独大歓迎!というタイプがSOHOには向いています。, SOHOでは、仕事を教えてくれる先輩や同僚がいません。Web関係の仕事は技術やデザインなどの流行りや傾向、新しい情報が次々と発信されてきます。市場のニーズも進化し続けています。この情報収集が苦にならない、というか好きでないと独立は難しいかも知れません。, 会社ではお給料をもらいますが、SOHOは納品物の対価としてギャランティが支払われます。そこから年金、税金を払い、確定申告も自分でします。領収書を集めて帳簿もつけます。「独立したら何でも経費で落とせていいね~」と思うかも知れませんが、当然なんでも落とせる訳ではありません。会計には税務の知識も必要です。経理が苦手な人は会計士に外注できますが、もちろん報酬が発生します。また将来50歳、60歳になったらどんな仕事をしていくのかというビジョンも必要です。, 将来的にフリーランスとして活躍することを視野に入れているのであれば、これからのウェブデザイナーはデザインの勉強だけをしていては駄目です。ウェブデザインに関する知識やスキルに精通することはもちろん大切ですが、それはもはや大前提。プラスアルファの部分が重要になってきます。 デザインしかできないウェブデザイナーは今後通用しなくなるでしょう。, なぜなら、ウェブ制作環境やウェブマーケティング手法の変化に伴って、ウェブ業界では職種ごとの境界線がどんどん曖昧になってきているからです。デザインの知識もSEOの知識もマーケティングの知識も、ウェブ制作に携わるすべての人にある程度備わっていないと、同じ方向を向いてウェブ制作を進めることは難しくなってきています。, また、ウェブサイトの役割が幅広くなり複雑化したことで、ウェブ制作の現場では従来よりも多くのコミュニケーションを必要とするようになりました。すると当然、一つのプロジェクトに関わる人数は限定した方がスピーディーですし、伝達ミスのリスクも低くなります。効率性の面からも、リスクマネジメントの点からも、一人が複数の役割をこなせる方が重宝されるというわけです。, 特定の分野だけに精通したスペシャリストよりも、さまざまな分野のスキルを持ったジェネラリストになることを目指しましょう。, もう一つ見落としてはならないのは、ウェブサイトの重要性が年々どんどん低下しているという点です。今でも企業や店舗が事業を成功に導くためには欠かせないものなのですが、コンテンツとしての重要性は以前ほど大きいものではなくなっています。, たとえば飲食店であれば、多くのユーザーは店舗の公式サイトを見るよりもまず食べログなどのグルメポータルサイトで情報を見ます。店舗側も、最新情報は公式サイトのコンテンツとしてではなく、FacebookやTwitterなどを通じて発信するケースが増えています。つまり近年のウェブサイトは、情報の玄関としての役割が大きく、サイト内のコンテンツそのものはあまり重要ではなくなっているのです。, この流れは、今後もより一層強くなっていくでしょう。現在は、ウェブサイトそのもののあり方が大きく変容しようとしている真っ最中なのです。もしかすると今後、現在と同じ意味での「ウェブデザイナー」という職業は存在しなくなるかもしれません。, 未来を見据えるという意味でも、ウェブマーケティングやSEOの知識を身につけておくことが理想的です。. フリーランスWebデザイナーの月収目安は20万円〜35万円程度。年収は240万円〜420万円弱です。年収400万円越えのフリーランスWebデザイナーは全体の一部。独立直後は、まずは20万円程度の月収から少しずつキャリアを積み上げていくことになります。 フリーランスWebデザイナーの収入(給料)相場はどれくらい? 私はフリーランスのWebデザイナーとして4年ほど活動しており、そのスキルを活かし、実践する目的で「フリーランス攻略メモ」などのWebサイトを運営しています。 職種:Web系エンジニア 年収:約900万円 フリーランス歴:7年 言語:Java、PHP、Ruby、Python ※いずれも取材当時 web制作会社、メーカーでの勤務を経た後、フリーランスエンジニアとして活動を始めました。現在は、APIシステムの運用を中心に担当しています。一日で数千行のテストコード … Web制作会社に就職せずに、未経験の畑違いからいきなりフリーランスのWebデザイナーになった経験を、FAQ形式でつらつら答えていきます。Web制作会社を経験せずにフリーランスになったから苦労したことや、逆によかったことなどもありますので、参考になればいいかなぁw Web制作会社10年→フリーランス7年目。 フリーランスを目指す方や、デザイン・ディレクション力をつけたいWebデザイナー・エンジニアへ向けて、自分の経験をもとに役に立つ情報をわかりやすく発信 … デザイナーっていいイメージを持っているけど、実際はどうなんだろう。 この記事では、フリーランスのWebデザイナー独立はやめておいたほうがいいこと、おすすめの方法をお伝えします。 Web関連職全体の平均年収. Webデザイナーの年収は? Webデザイナーといっても、正社員、フリーランスなど働き方はさまざまです。 会社に所属する. ◆報酬から所得税を源泉徴収することが必要な範囲 そもそも、フリーランスに支払う報酬について、所得税をすべて源泉徴収する必要はありません。 フリーランスの方へ報酬や料金を支払う際に、源泉徴収が必要な範囲は、所得税法の第204条1~8に定められていますが、この条文は非常に読解が困難です。なので、簡単に紹介します。 ① 原稿料や講演料やデザイン料等 ② 弁護士や司法書士、税理士、弁理士等に支払う報酬 ③ 社会 … webディレクターは様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。 Webサイト制作会社:400万円~ Web系デザイン会社:380万円~ 広告代理店:440万円~ Web関係の仕事は技術やデザインなどの流行りや傾向、新しい情報が次々と発信されてきます。 市場のニーズも進化し続けています。 この情報収集が苦にならない、というか好きでないと独立は難しいかも … Webデザイナーでフリーランス独立したいけど、ずっと食べていけるのか心配。. ここでは、フリーランスでデザインの仕事をするメリット・デメリットを紹介していきます。, ウェブデザイナーになるために、事前に知っておいて欲しい情報をいくつかピックアップして紹介しています。ここではフリーランス(独立…SOHO・在宅など)について解説。 ウェブデザイナーの仕事は、独立してフリーランスという道もあります。そこから法人化して会社を立ち上げる人もいますし、SOHO同士でチームを組んで仕事を回している人たちもいます。 webデザイナーの業種別年収【在宅フリーランス・独立】 webデザイナーは様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。 Web制作会社:380万円~ デザイン会社:350万円~ 広告代理店:450万円~ 人材派遣会社:440万円~ 在宅フリーランス:年収250万円~ webコンテンツ制作をする上で欠かせないwebマーケターは、web業界では非常に重宝される存在です。 会社員としてwebマーケターで働いている方の中には、フリーランスを検討している方もいるのではないでしょうか。 本記事で webマーケターとして、フリーランスで仕事をするのであれば、 業務委託案件 を探すのが良いです。 週1〜5回と業務日数も柔軟ですし、リモート勤務・土日勤務も可能で、柔軟に働けることが多いですね。. フリーランスのwebディレクター平均年収. 12/26/2020. フリーランスWebデザイナーは人気の職種です。在宅で仕事ができるし、独立も目指せるためなりたいと思う人も多いものです。とはいえ、フリーランスWebデザイナーになることは正直大変なところもあります。実際どれほど稼げるのか、苦労する箇所などリアル面を解説します。 メリットデメリットを踏まえた上で、フリーランスへの依頼は実際どのような点に注意すればいいのでしょうか。 制作会社に依頼する際にも同じようなことが言えますが、技術面はもちろんのこと、過去実績やホームページ完成後の運用についても確認しておく必要があります。 関連記事:プロが教えるホームページ制作会社の選び方5ポイント【失敗したくないかたへ】 フリーランスの収入は、ピンからキリまであります。それこそ年収数十万円から一千万円越えと幅が広いです。 しかし、平均をとると正社員と大差ない・もしくは少ないのではないかと私は推測しています。 webデザイナーとhtmlコーダーの年収を比較。おすすめは? 雑談 2017.10.25 フリーランスwebデザイナー歴10年の僕が制作現場を離れた3つの理由 雑談 2017.10.26 webデザイナーやコーダーは独学でなれる?フリーランス歴10年の経験談 雑談 2017.2.1 はじめまして。 最大年収:約870万円 webディレクターの業種別年収. webマーケティングの業務委託案件の探し方. また、中小の映像制作会社では非正規雇用のクリエイターも多く、時給制で働く場合は時給1,000円~といったケースもみられます。 フリーランスの場合は、技術や能力によってかなり年収に開きが出ます。