情報政策; シェア. 2020. デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。 監査の再定義に関する佐々木上級顧問による有識者インタビュー. シェア. 有限責任監査法人トーマツは、慶應義塾大学sfc研究所上席所員、岩田崇氏の監修の下、全国の市町を対象に実施した「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査2019」の結果を発表します。 デロイト トーマツ グループのプレスリリース(2019年7月8日 14時04分)[自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019]発表 年代、属性ごと等に対象を分けた広報・広聴の実施状況については、「実施していないが必要性を感じる」との回答が約7割を占めました(図表5)。また、選挙権を持たない18歳未満の住民の地域経営、政策形成への参加、意見表出の場の有無については、半数が「ない」と回答しています(図表6)。多くの市町が住民とのコミュニケーションの必要性を感じている一方で、18歳未満の住民の意見表出の場を設けていないなど、課題改善に向けた取り組みは不十分と言えます。, 4.今後IT技術を活用して住民参画のあり方が変化していく可能性がある デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 採用サイトです。dtfaでは、fa業務に関する基幹サービスの強化だけに留まらず、新規分野も拡充するために、新卒者・経験者を対象に、広く採用を行っております。 ツイート ※下記は自治体通信 Vol.26(2020年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。 令和2年7月15日、世界規模で自治体や民間企業にIT 自治体通信Online > 寄稿記事 > “Withコロナ”と自治体の働き方「職員リモートワーク」を加速する鍵とは? 【自治体通信Online 寄稿記事】 独自調査からみる公務員リモートワークの現状(デロイト トーマツ グループ マネジャー・加藤 俊介) 詳細は利用規定 将来目線で「監査とはどうあるべきか」に関し、とりまとめています。 Deloitte Private. デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。 監査の再定義に関する佐々木上級顧問による有識者インタビュー. 自治体関係者(お申込みは自治体関係者に限らせていただきます) 内容: 13:30~14:10 ... デロイト トーマツ グループ公式サイト 利用規定 プライバシーポリシー 安全確保の措置. 現状の住民参画の課題を解決し、住民の意見を施策形成に活用していくことは、内閣府が発表した「Society 5.0」*の文脈にも沿うものです。今後、地方自治体におけるAI活用など、先端技術を導入する場面では一層、住民意見の尊重が求められてくると考えられます。また、この住民参画の変化は、改めて住民自治の在り方を問う重要な論点と認識しています。, *Society 5.0: サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society), 1.地方自治体は住民とのコミュニケーションの有用性を認識している (デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社), Tel: 03-6213-2050 デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。, プライベートマーケット向けのサービスをワンストップで提供する統一プラットフォームです。, テクノロジー・メディア・通信業界に関して、注目すべきトピックの分析と将来予測をまとめています。, 全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめています。, 最新の調査レポートやキャンペーン、セミナー情報、D-NNOVATION Perspectivesブログなど、厳選した情報を中心に発信しておりますので是非ご活用ください。, デロイト トーマツ グループの叡智を結集し、日本企業が新たな飛躍と繁栄の時代を切り拓くためのデジタル経営改革のエッセンスを凝縮した1冊。, 最先端テクノロジーとデザイン・シンキングの融合からなるイノベーション創発施設「Greenhouse」がオープンいたします。, デロイト トーマツ グループは、政府による日々の業務の改善を支援します。 中央省庁・地方自治体セクター等の政府が、あるいは官民連携による幅広いコミュニティが効率的・効果的に活動するためのソリューションを提供しています。, 今更聞けない固定資産台帳の内容について、事例を交えて説明します。第4回は固定資産の新規取得における整理方法について解説します。, 令和2年11月に、総務省から公表された経営戦略の策定、公営企業会計の適用、抜本的な改革の検討に関する取組状況調査結果について解説します。, 公営企業が直面している財政や人的資本に関する問題解決の手法として、広域化があります。広域化の取り組みは近年推進されていますが、ここでは、広域化に関する国の動向、広域化の類型や検討の流れを紹介します。, 公営企業が直面している財政や人的資本に関する問題解決の手法として、官民連携による民間活用があります。ここでは、官民連携の代表的な手法やメリット・デメリットを紹介します。また、受託者へのモニタリングの必要性について解説します。, 公営企業を取り巻く経営環境は、人口減少社会や施設の老朽化等により、厳しさを増しつつあります。こうした中、水道料金や下水道使用料の見直しの検討を実施する団体が多くみられることから、その料金の考え方を紹介します。, 本シリーズは、公営企業の経営戦略の概要や策定・見直しについてのポイントを分かりやすくまとめたものです。, 本シリーズは、公営企業公営企業の制度・会計制度の概要や策定・見直しについてのポイントを分かりやすくまとめたものです。, 企業会計及び独立行政法人等の会計基準や実務に精通した公認会計士を主体とした体制で、省庁別財務書類や政策別コスト情報の作成等を支援します。, デロイト トーマツ グループでは、パブリックセクターと各セクターの連携の下、企業と政府の双方にとって意義のある官民連携型の開発実証プロジェクトのファシリテートを行っています。, コスト削減や国民サービスの向上に寄与する実効性の高いプロジェクト計画、要件定義書、調達仕様書等の策定を支援します。, デロイト トーマツ グループは日本のインフラ規格の国際標準化等への働きかけや民間企業と政府の橋渡しを行い官民連携による日本企業の社会インフラ海外展開を推進します。, デロイト トーマツ グループでは、各分野・業界の専門家が組織の枠を超えた最適なチームを編成し、クライアントの課題解決にあたります。, © 2021. Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。, プライベートマーケット向けのサービスをワンストップで提供する統一プラットフォームです。, テクノロジー・メディア・通信業界に関して、注目すべきトピックの分析と将来予測をまとめています。, 全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめています。, 最新の調査レポートやキャンペーン、セミナー情報、D-NNOVATION Perspectivesブログなど、厳選した情報を中心に発信しておりますので是非ご活用ください。, デロイト トーマツ グループの叡智を結集し、日本企業が新たな飛躍と繁栄の時代を切り拓くためのデジタル経営改革のエッセンスを凝縮した1冊。, 最先端テクノロジーとデザイン・シンキングの融合からなるイノベーション創発施設「Greenhouse」がオープンいたします。, ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。 監査の再定義に関する佐々木上級顧問による有識者インタビュー. ・過半数の市町で18歳未満の住民が地域への意見表出する場がなく、意見収集が困難, 有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏の監修の下、全国の市町を対象に実施した「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査2019」の結果を発表します。本調査は、住民と地方自治体のコミュニケーション(住民参画や広報・広聴)の現状や課題、地方自治体の問題意識を明らかにし、今後あるべき地方自治体におけるコミュニケーションの未来を展望することを目的に実施し、565件の有効回答を得ました。, 今回の調査で、9割を超える地方自治体において、住民との双方向のコミュニケーションが政策形成に有効と認識されていることが確認できました。その一方で、現状の住民参画の手法は参加年代の偏りや参加人数の確保などで課題があり、住民から得られた意見を施策の検討に活用するには難しさがあることがうかがえます。また、ターゲットに合わせた広報・広聴の実施や、IT技術を活用した住民との意見交換などを実施している市町は限定的であり、課題の改善に向けた取組みは十分ではありません。しかしながら、8割の市町がIT技術を活用した住民参画に関心を示しており、今後テクノロジーを活用して住民参画の手法が大きく変化していく可能性があると考えられます。, 慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏のコメント 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 関西支部 自治体アドバイザー: 長井伸晃氏 略歴:神戸市企画調整局つなぐラボ特命係長。横断的な政 デロイト トーマツ グループのプレスリリース(2020年9月28日 18時01分)公務員リモートワークの現状調査と今後の展望 デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パプアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港およびマカオを含む)、フィリピンおよびベトナムでサービスを提供しており、これらの各国および地域における運営はそれぞれ法的に独立した別個の組織体により行われています。, Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連する第一級のサービスを全世界で行っています。150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービス提供をしています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約286,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。, 総合計画を住民とのコミュニケーションツールや、庁内マネジメントの中核として位置づけた支援を行います, © 2021. Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about トーマツは特許庁より福島知財活用プロジェクトを受託しました。トーマツの人材が産業振興機関を拠点として 、福島県の中小企業の知的財産を活用したビジネス化に取り組み、地域の雇用創出・経済活動の活性化・利便性向上等による地方創生を促進します。 Email: audit-pr@tohmatsu.co.jp, デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。, Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)および各メンバーファームならびにそれらの関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。 上記のことから、関西支部では民間企業と自治体双方の観点から推進を行う必要があると考え「自治体アドバイザー」および「関西シェアリングエコノミー キャプテン」の設置を決定いたしました。 シェアリングエコノミー協会では関西支部をはじめとした地方支部を立ち上げることで、地方� デロイト トーマツ グループの有限責任監査法人トーマツ(本社:東京都千代田区 包括代表:國井 泰成、以下 トーマツ)とデロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社(本社:東京都千代田区 代表 取締役社長:斎藤祐馬、以下dtvs デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルティング 執行役員パートナー 大山 泰誠 [提供] セールスフォース・ドットコム . 人・モノ・組織・社会インフラなどがあらゆる境界を越えてつながりあうIoT時代に突入し、サイバーセキュリティは企業の重要な経営課題のひとつであると同時に、あらゆる経営変革に欠かせない要素となっています。 住民との双方向のコミュニケーションは政策形成に有効だと思うか質問したところ、296件、52.7%が「とても感じている」、223件、39.7%が「やや感じている」と回答し、9割超の市町が住民との双方向のコミュニケーションが政策形成に有効であると考えていることが分かりました。, 自治体組織として、どのような存在であるべきかについては約6割の市町が「市民と共に、地域の課題に対処するプラットフォーム型の役所」と回答し(図表1)、地域をあげて住民に聞きたいテーマや課題については約7割の市町が「ある」と回答しました(図表2)。価値観や生活スタイルが多様化する今日では、住民のニーズを直接確認することや、住民と共に課題解決に向かう「協働・協創」を重要と捉える認識の高まりがうかがえます。, 2.地方自治体は現状の住民参画の手法に多くの課題を感じている 上記のことから、関西支部では民間企業と自治体双方の観点から推進を行う必要があると考え「自治体アドバイザー」および「関西シェアリングエコノミー キャプテン」の設置を決定いたしました。 シェアリングエコノミー協会では関西支部をはじめとした地方支部を立ち上げることで、地方� デロイト トーマツ グループは、政府による日々の業務の改善を支援します。 中央省庁・地方自治体セクター等の政府が、あるいは官民連携による幅広いコミュニティが効率的・効果的に活動するためのソリューションを提供しています。 デロイト トーマツ サイバー合同会社とは. 監修:慶應義塾大学SFC研究所上席所員 岩田崇氏, 有限責任監査法人トーマツ 広報担当 新井、内山 デロイト トーマツ ベンチャーサポートが持つベンチャー(中小)企業支援の「現場感」と幅広い「ネットワーク」を活かし、これまで官公庁及び自治体向けに政策立案及び実行サービスの提供を行ってきました。 これまでの官公庁及び自治体向けサービスの実績をご紹介いたします。 詳細は利用規定 将来目線で「監査とはどうあるべきか」に関し、とりまとめています。 Deloitte Private をご覧ください。 現状の住民参画の手法について、課題と思うことを聞いたところ、79.6%が「参加者の年代の偏り」、63.4%が「参加人数の確保」との回答でした(図表3)。住民の意見収集において、意見の収集が困難な住民層について質問したところ、72.5%が「大学生」、48.2%が「就労者」、40.2%が「中高生」と回答しています(図表4)。地方自治体は住民の意見収集の場面において、偏りが生じていることを認識するなど、現状の住民参画の手法に多くの課題を感じていると言えます。, 3.住民とのコミュニケーションの課題改善に向けた取り組みは不十分 将来目線で「監査とはどうあるべきか」に関し、とりまとめています。 Deloitte Private ツイート. 【自治体通信Online 寄稿記事】地方行政戦略教室「自治体×RPA」② (デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニア マネジャー・品川 政之) 「RPAの導入・運用は情報システム部門だけでやるもの」ではありません. 自治体関係者(お申込みは自治体関係者に限らせていただきます) 内容: 13:25~13:30 ... デロイト トーマツ グループ公式サイト 利用規定 プライバシーポリシー 安全確保の措置. ・住民参画の手法の課題は「参加者の年代の偏り」(8割)、「参加人数の確保」(6割) 自治体便り ; ホストタウン情報 ... 当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、デロイト トーマツ グ をご覧ください。 をご覧ください。, ポストコロナの世界を想像するとき、リモートを前提とした世の中の変化に対応すべく、官公庁事務は再設計されるべきときに来ているのではないでしょうか。有限責任監査法人トーマツはこの再設計の取組みをPublic sector Re-Design(PRD)というコンセプトを掲げて推進いたします。, 多様なエネルギー源から製造可能な水素は、電力や都市ガス等と共存・連携し、高効率かつ柔軟性・自立性に優れたエネルギー需給システムに貢献する。, 有限責任監査法人トーマツでは、特にアジア・アフリカを中心とした途上国の持続可能な経済成長や、SDGsの課題解決に寄与するため、日本企業の海外進出を支援しています。. IT技術を活用した、住民との双方向の意見交換手段を行政運営・政策形成に活用しているかについて質問したところ、81.0%が「活用していない」と回答しました(図表7)。また、IT技術を活用した、新たな住民参画の手法に関心があるかという質問には、25.3%が「とても関心がある」、53.1%が「やや関心がある」と回答し、約8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を示していることが分かりました(図表8)。現状ではIT技術を活用できていないものの、その関心の高さから、今後IT技術を活用して住民参画のあり方が変化していく可能性があると言えます。, 図表7 IT技術を活用した、住民との双方向の意見交換手段を行政運営・政策形成に活用しているか, 住民と地方自治体のコミュニケーション(住民参画・広報・公聴など)の現状や課題、地方自治体の問題意識を明らかにし、今後あるべき地方自治体におけるコミュニケーションの未来を展望すること, 有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 パブリックセクター 2020. をご覧ください。, デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(, Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)および各メンバーファームならびにそれらの関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は, Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連する第一級のサービスを全世界で行っています。150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービス提供をしています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約286,000名の専門家については、(.

一宮 ハイウェイ 渋滞, 三井住友銀行 住宅ローン 引き落とし日 いつ, 銀魂 ナウシカ ジブリ 絶賛, Twitter 現在のパスワード 忘れた, Wi-fi 速度 目安, りそな銀行 住宅ローン 口コミ, ニコニコ Dアニメ 一覧, 半沢直樹 組織 図, 軽自動車 バッテリー 交換方法,