パート収入の税金(所得税と住民税)と社会保険|扶養の上限と壁について解説します。確定申告を行う前の基礎知識が大切です。確定申告の節税対策としての第一歩は、青色申告です。まずは青色申告の特典を把握し、白色申告との違いを理解しましょう。 そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。 (参考情報) >…112万円まで働いても夫の扶養内でいられるのでしょうか? ※所得税・住民税の控除額に関する参考:「生命保険料控除」に関するご案内_生命保険控除について この表から、学資保険に加入した場合、控除枠の上限は所得税が40,000円、住民税が28,000円となることが分かります。 住民税の場合、非課税枠は103万円ではありません。 http://tt110.net/22syoto-zei/T-haigusya-tokubetu.htm お住まいの市町村へ、第一期の締め切りまでに、ご相談なさる方がいいですね。, 主人の扶養内で年収は100万以下のパートをしてる主婦です。 「所得税の税額」は、原則、以下のように求めます。 「103万円の壁」はパート主婦なら誰しもが知っていると思います。扶養家族として所得税が控除されるのですが、所得税を払っていないパート主婦のあなたも実は生命保険料控除の対象となる可能性があります。ちょっと難しい税金のこと、生命保険料控除のことを簡単に解説します。 (ご主人の会社から扶養手当が支給されている場合は別ですが そもそも、申告は私(病院に掛かった本人)の氏名で申告するのですか?それとも、世帯主である 税法 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm, >妻が入っている保険についても、控除証明書を提出することができるのか?」と… 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm >また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。 住民税の生命保険料控除. http://tt110.net/22syoto-zei/T-haiguusya-koujyo.htm 103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。 >今年の年収が108万位になりそうなのですが、年末調整の時に、 「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。 パートの平均年収で計算すると「所得税は大したことない、住民税のほうが高い!」と思うかもしれませんが、知っていると知らないとでは今後の年収アップ計画に差が出ます。仕組みをしっかり押さえておきましょう。 --- 1 扶養控除等(異動)申告書の書き方. 年末調整のシーズン、パートで働いている主婦の皆さんの中には生命保険料控除の申請に迷う方もいらっしゃるのでは?自分が対象になるのか、申請して効果があるのかと様々な疑問をお持ちの方も多いはず。今回の記事では、パート主婦の年末調整について解説します! この記事では、パート収入が100万円・110万円の二人の扶養内パート主婦を想定し、住民税がそれぞれいくらかかるのか?シュミレーションしてみました。ご主人の扶養内パート・アルバイト主婦で、住民税について気になる方は良かったら参考にしてみてください。 多くのパート主婦は1年間の収入総額が100万円を超えた場合に、住民税が発生すると考えてよいでしょう。 所得税にかかる103万円の壁は有名ですが、意外と知られていないのが住民税の100万円の壁なのです。 ただ、ご主人の収入とあなたの収入の一部または全部を生活費としてまとめ、そこから支出した医療費であれば、お金に色や名前がついていませんので、どちらでも医療費控除が受けられることでしょう。 >…ギリギリまで働いても大丈夫な金額 ※注意:雇い主(会社)が行うのは「確定申告」ではなく「年末調整」です。 例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。 それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。 生命保険の控除はうけられるのでしょうか? 支払いが前述の1,2,3のどれに当たるかによって異なります。 所得税. 各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。 それと ご主人の年末調整時には、質問者の収入が確定していないので、見込みで年末調整し、質問者の源泉徴収票を入手した時点で、ご主人の確定申告が必要になります(見込みと異なった場合) >…112万円まで働いても夫の扶養内でいられるのでしょうか? 1.1 個人情報など; 1.2 その他の欄について; 2 保険料控除申告書について. http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm 手続きしてもお金が戻ってくることはありませんよ。と言われたので 『けんぽれん>よくある質問』 見落とされがちですが、実は住民税でも生命保険料控除により税額が安くなります。ただ、所得税のものとは上限額や計算式に違いがあるため、控除される金額が異なっています。住民税の生命保険料控除の仕組みや計算例、控除結果の確認方法を紹介します。 (味の素健康保険組合の場合)『被扶養者の認定について』 ちなみに、「ご主人が上記の控除を申告できるかどうか?」と「kaoranさんの納める税金の金額」は、全く【無関係】です。 所得金額 給与所得金額3,460,000円(簡易給与所得による)…(1) 所得控除 … 7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。, 扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。 98万や 93万以上では 均等割りだけが課税されることがあります 現役時代会社員だった人にとって確定申告は無縁のものだったと思います。しかし、年金生活者になると自分で申告が必要です。所得税、雑所得、控除、源泉徴収票、住民税など難しい言葉だらけですが、どうしたらよいのかこの記事でスッキリわかります。 最終更新日:2020年9月26日 (備考1.) それは可能です。 (協会けんぽの場合)『健康保険の扶養にするときの手続き』 ※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します, 長いですがよろしければご覧ください。 http://www.kenpo.gr.jp/ajinomoto-kenpo/contents/nintei/index.html ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。 なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。 http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm 以下、詳しい理由です。 「なんのギリギリか?」によって回答は変わりますが、 以下の計算式から課税所得を計算する ステップ1で出した前年の年収ーステップ2で出した控除額=課税所得. 『No.1410 給与所得 控除』 『配偶者控除とは』 保険料; 本人の保険給付一覧 ... 税控除の年間収入の対象期間は1月から12月ですが、健保の被扶養者認定基準における年間収入は、認定時点に得ていた収入をベースに申請後1年間(将来)の収入を算出して判定します。 パート・アルバイトなどの収入がある場合. 自分名義で支払っている(年間23604円)生命保険控除証明書を 1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。 --- ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。 これは、自分の分のを貼ってもいいのでしょうか? 103万までで働いている主婦です。 自分名義で支払っている(年間23604円)生命保険控除証明書を 年昨末の申請時にパート先へ添付しなかったのですが 後に、出しておけば保険料金額により住民税が減額されITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 裏面に、生命保険の控除を貼る部分があります。 パートやアルバイトで働いている場合、年末調整で生命保険料控除証明書や住宅ローン控除証明書(本人が払った分の)の提出が必要かどうか。答え:年間の給料総額が103万円以下の場合は不要。ただし2ヶ所以上から給料をもらっている時は確定申告(2月~3月)が必要。 『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』 生命保険料控除は 所得税と住民税でその控除額の計算方法が異なることから その有利不利判定が必ずしも一致しないことがあります 所得税の有利判定だけで判断せず 申告書にはすべての保険料を記載しましょう スポンサーリンク 目次 […] 生命保険料控除を申告すると、所得税だけでなく住民税も安くなります。通常は住民税についての申告は行わないため、意識していないかもしれませんが、生命保険料控除の税金の軽減効果は意外に大きいのです。 ちょっとわかりました 所得税とは、個人の所得に対してかかる税金です。課税の対象となる所得の金額から、各種所得控除を差し引いた残りの所得に対して税金がかかります。「控除」は、給与所得控除、基礎控除、その他控除などいくつかあります。 1. 妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。 サウジなど4か国、カタールと国交完全回復 3 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/35.htm 質問者の場合は、源泉徴収票・生命保険料の払い込み証明書を持って市役所で住民税申告を行ってください ステップ4. --- >所得税、住民税の両方とも非課税… 生命保険料控除は、所得税と住民税で計算方法が異なります。住民税の生命保険料控除には、一般生命保険料控除と介護医療保険控除、個人年金保険料控除の3区分があり、旧制度と新制度によって計算方法が異なります。 110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合 医療費控除は、一定範囲の親族のために医療費負担した場合に認められるものですから、負担した人が控除を受けることができます。 納税義務者が、自己または自己の配偶者その他の親族を受取人とする生命保険料を支払った場合、控除を受けることができます。 平成25 40過ぎの会社員です。 非常にレアケースだそうですが、会社側からの給与報告が誤っていて、市町村からの住民税決定が間違っていたというケースを知っています。 ※「B.均等割の非課税基準」は市町村によって違います。 生命保険料控除で所得税や住民税はいくら節税になる?確定申告の方法も紹介 2020/09/02 11:00. 均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります) 市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか? ちなみに、社会保険の支払い(雇用保険)は昨年度約6100円です。 23年度に入院・手術・薬代・検査費・通院費などの医療費が10万円は軽く超えています。 ※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。 >>…なお、保険料を誰が負担するかによって、将来受け取る保険金の課税関係が異なる(贈与税又は一時所得として課税が生じる)ことに注意が必要です。 しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。 ですから夫の懐から出た金でも妻の懐から出た金だとして妻の控除にすることは可能です、逆に妻の懐から出た金でも夫の懐から出た金だとして夫の控除にすることも可能です。 そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。 つまり、どんなに「所得金額」が多くても、「所得控除」の方が多ければ、必ず「所得税」は「0円」になるということです。 ○納税者が「配偶者控除」を申告できる要件(必要な条件) 通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。 ただ、ご主人の収入とあなたの収入の一部または全部を生活費としてまとめ、そこから支出した医療費であれば、お金に色や名前がついていませんの...続きを読む, 今、パートで月に8万程度(今年の年収は995000円)で旦那の扶養に入っております。いつも月給から4000円ほどの所得税が引かれているのですが、私の年収では所得税はかからない範囲だと思います。旦那の年末調整に書く配偶者~~の緑の字の紙?に配偶者(私)の年収の概算を書く所がありました。それを提出すれば今まで引かれていた所得税は戻ってくるのでしょうか。また概算しか書く所がなかったのですが、正確な金額は税務署が調べて、払いすぎた所得税は戻ってくるんでしょうか。特に私の源泉徴収は提出する必要はないんでしょうか。また私の年収で配偶者特別控除は適用されますか。, >来年早々に確定申告の準備をしようと思っているのですが、その中に生命保険料控除と言うものがありますよね。それは私名義で私が払っている養老保険なども控除の対象になるんでしょうか。 教えて下さいm(_ _)m, >「給与所得者の保険料控除申告書」というものをもらい、右上に名前と住所、印鑑を押しました。 (備考2.) これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。 先日税務署へ手続きをしに行ったら ○納税者が「配偶者【特別】控除」を申告できる要件 生命保険の控除はうけられるのでしょうか? 一方生命保険料等の控除はあくまでもそれを実際に支払った人でなければ控除とはなりません(家族や夫婦なら誰でもよいと言うことではない)、ですが親族の生命保険等の保険料を払うことは認められています。 「年間の合計所得金額38万円超~76万円未満」は、【給与しか収入がない】場合は、「年間の給与収入103万円超~141万円未満」です。 前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。 年収が103万を超えるのは初めてで、わからないので教えてください。, 生命保険料・個人年金保険料(以下生命保険料等)の控除については、問題になるのは誰が保険料を払っているかです。 各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。 用紙は 税務の窓口にあります パートやアルバイトでも生命保険料控除は使えます。所得税が少し減ります。 終身保険は生命保険の種類です。保険期間が終身(被保険者が亡くなるまで)続くものです。被保険者(保険を掛けられている人)が亡くなった場合に保険金が出ます。 手続きせず帰ったのですが0円でも申請しておけば もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。 わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。, 扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。 「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。 それでしたら妻の控除になります。 「所得税」には「非課税になる基準」というものはありません。 基礎控除 給与収入について誰でも使える控除で一律38万円です。この基礎控除を受けるには、勤め … ページ番号1001501 更新日 平成30年5月16日 印刷 内容. 先日社員から、「生命保険料控除は、自分の保険だけでなく、妻が入っている保険についても、控除証明書を提出することができるのか?」と聞かれました。 いずれにしても放置されると、払う意思がないんだ、脱税だと受け取られて、余計なお金まで催促されます。 これは非常にわかりにくい定義なのです。 どうやって質問させて頂いたらよいのかわからないのですが、できたら税金を払う事のない収入にしたいのです。 ただし 130万を越えると 健康保険料と年金料の支払いが必用になりますから 実収入のかなりの減少になります 住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円 未成年者や寡婦などに該当する場合には、年収204万4000円未満だと支払う必要はありません。 2. 妻が何百万稼いでいようと、明らかな別居状態でない限り、夫婦は「生計が一」と見なされます。 ******************** 一度、内訳をご確認なさる事をお勧めします。 高校生や大学生がアルバイトをして給料をもらうと、所得税が引かれてたりします。そういうものかと思ってしまいますが、税金は1年単位で決まるものですので、戻ってくることが結構あります。税金の仕組みを簡単に説明しますので、しっかりと確定申告して税金を戻しましょう。 記入は国税庁のHPを見れば分かりますが、そもそもの基本が分かりません。 >旦那の税金もかなり増えるのでしょうか? すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。 ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。 所得割 120000円×10%=12000円 夫が会社員等なら今年の年末調整で、夫が自営業等なら来年の確定申告で、それぞれ今年分の判断をするということです。 『配偶者特別控除とは』 ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。 住民税が減額されたのでしょうか? 所得税、住民税の両方とも非課税でいられて、かつギリギリまで働いても大丈夫な金額を教えていただけるとありがたいです。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm 住民税の生命保険料控除額もやり方は所得税と同様です。 支払保険料に対しての計算式と、上限額が異なります。 住民税では、 生命保険料控除額全体で70,000円が上限 です。 旧生命保険料・旧個人年金の計算. 38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。 この場合は例え保険料が妻の懐から出ていても、税務署がそうだと証明することは不可能なので夫の給与から払ったといえばそれでも通ってしまうということです、逆の場合も同様です。 所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。 生命保険料控除は 所得税と住民税でその控除額の計算方法が異なることから その有利不利判定が必ずしも一致しないことがあります 所得税の有利判定だけで判断せず 申告書にはすべての保険料を記載しましょう スポンサーリンク 目次 […] 『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』 別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。 質問者の場合は、源泉徴収票・生命保険料の払い込み証明書を持って市役所で住民税申告を行ってください 高校生や大学生がアルバイトをして給料をもらうと、所得税が引かれてたりします。そういうものかと思ってしまいますが、税金は1年単位で決まるものですので、戻ってくることが結構あります。税金の仕組みを簡単に説明しますので、しっかりと確定申告して税金を戻しましょう。 >年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。 ふるさと納税が適用される寄付金控除、住宅ローン控除、医療費控除、生命保険料控除、障がい者控除、寡婦/寡夫控除、扶養控除など、該当するものがあれば活用してみましょう。 年収パターン別:給与から引かれる税金のまとめ. 市民税ってどのくらいくるのでしょうか? --- 税金は全く無知で言葉の意味もよくわかっていませんでした http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm 年末調整 保険料控除 パート 住民税はどうなるの? 年末調整 保険料控除 確定申告 2016版【解説サイト】です。確定申告の書類の書き方や提出 方法、用語集等の確定申告に関するお役立ち情報を提供している確定申告情報サイト また、「ご主人が『配偶者【特別】控除』を申告できるか?」という事であれば、「申告できます」。 そうですね、ご質問者様が実際に負担していて、受取人が本人又は配偶者その他親族であれば、控除対象となります。 103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。 するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。 そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。 税金は、基本的に納税者単位で考えます。世帯・夫婦などという考えはありません。 今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。 また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。 --- 例えば、扶養に入っている妻の保険の分は提出できるが、扶養に入っていない妻の分は パートも住民税を支払わなければならない?年収103万円でも払う? パート収入が103万円までは所得税がかからない、ということは知っているけれど、住民税については、あまり意識していない人は多いようです。今回は、パートが支払う住民税について確認してみましょう。 その基準は、「所得金額」と「税法上の扶養親族の数」で決まりますが、その基準を超えてしまえば、所得税と考え方は同じです。 年昨末の申請時にパート先へ添付しなかったのですが ※税金の控除には、税金から直接差し引く「税額控除」というものもあります。 子供の保険料は、私が契約者で年額1万1千円程度です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm 収入のない専業主婦は生命保険料控除の対象外だと思い込んでいませんか?夫の生命保険料控除額が年間12万に満たないのであれば、専業主婦の生命保険料控除で夫の所得税を減らすことが可能です。知って得する生命保険料控除の概要について解説します。 私の名義で、生命保険と個人年金に加入しています。 「給与所得者の保険料控除申告書」というものをもらい、 なお生命保険料控除証明書は、ご主人の年末調整の方で活用しましょう。, パート勤めをしています。 子供の保険料は、私が契約者で年額1万1千円程度です。 一般には名義人(契約者)が保険料を払っていることが多いのは事実ですが、例えば妻名義でも夫の口座から保険料が引き落とされとされていればそれは保険料は名義人の妻ではなく夫が払ったということになります。 ○「ご主人が『配偶者控除』を申告できる」のは、(前述のとおり)「kaoranさんの年間の合計所得金額が38万円以下」の場合です。 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278 また、その申告書はどこで貰えますか。 ○「住民税」 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 至急!生命保険のおすすめ教えて下さいm(_ _)m 困っています。41才です。住友生命のライブワ, http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shi …, http://www.city.hikone.shiga.jp/somubu/zeimu/shi …, http://www.city.hanamaki.iwate.jp/living/zeimu/1 …, 扶養内の収入について質問です。私は現在扶養に入っていて、パートで月6万円程の収入です。来年から, 家賃収入から発生する所得税は 今年購入したマンションの住宅ローン控除で通算できますか? 夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。 生命保険は新契約で5万円程払ってます ※「給与所得 控除」は、「所得控除」ではなく、「給与」から差し引ける「必要経費」に相当する「控除」です。 一般論で言うと、下のサイトが分かりやすいです。http://www.zeirishiblog.com/zeihon/item_11453.html 「住民税」には、【所得税と違って】、「一定の条件を満たすと非課税になる基準(非課税限度額)」があります。 1年間に支払った保険料によって生命保険料控除が受けられ、住民税の負担を軽くすることができます。今回は、そんな住民税における生命保険料控除について控除の仕組みや計算方法など、実際に控除が受けられるよう分かりやすく解説していきます。 妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているような場合は、夫にはまったく関係ありません。 一方生命保険料等の控除はあくまでもそれを実...続きを読む, 103万までで働いている主婦です。 後に、出しておけば保険料金額により住民税が減額されると聞いたので その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。, まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。 1年間に支払った保険料によって生命保険料控除が受けられ、住民税の負担を軽くすることができます。今回は、そんな住民税における生命保険料控除について控除の仕組みや計算方法など、実際に控除が受けられるよう分かりやすく解説していきます。 ※あくまで目安です。 よろしくお願いします。, 国税庁のHPなどで詳しく書かれていると思います。 ちょっとわかった気がします ツイート . 一般には名義人(契約者)が保険料を払っていることが多いのは事実ですが、例えば妻名義でも夫の口座から保険料が引き落とされとされていればそれは保険料は名義人の妻ではなく夫が払ったということになります。 ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 このサイトでは夫の収入と、あなたの(パート)収入額をあわせて、家計全体の手取り収入、税金、控除がどれくらいになるのか調べることができます。 自分の収入を入力したら、所得税、社会保険料、年金、雇用保険、住民税が自動計算でき、世帯収入の概算結果がわかります。 もう一つの可能性は、市町村の誤りですね。 するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。 妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。 詳しい方、教えていただけると嬉しいです 妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。, まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。 時給が上がったため今年から103万円を少し超えてしまいそうです。 但し、103万円以下であれば、生命保険料控除があってもなくても全額還付には変わりませんし、住民税の方も100万円以下ならいずれにしてもかかりませんので、申告の際に入れても入れなくても結果としては同じであります。 支払納付書には、計算のための内訳が書かれていないでしょうか? このように考えることができるものであれば、あなたは所得税が0となる見込み(給与所得控除65万円+基礎控除38万円以下のため)ですから、控除を受けても所得税が0ですので、控除のメリットはないかもしれません。ここで断定しないのは、他の収入があったり、所得税の申告の内容の一部が住民税や国民健康保険、保育園の費用などに影響することとなり、それぞれの制度で制度や判断が異なるためです。 所得割と均等割でも非課税額が違うという非常に分かりにくい設定になっています。 「所得の種類」によって「所得の求め方」は違いますが、「給与(所得)」の場合は、「給与の支払金額」から「給与所得 控除」を差し引きます。 確定申告すれば(確定申告書の複写2枚目は住民税申告書です) 税務署から自治体に送付されます 税金とは難しいですね これが、生命保険料控除に関係のあるあなたの税金です。 103万円以下で所得税がかかっていない人 所得税がかかっていなくても、住民税はどうですか?もし住民税が発生する収入のところにいるのなら、生命保険料控除によって住民税を >私の保険料は、年額2万3千円程度 小さなケチな会社でして100万円超える住民税を払ってるかどうかが会社にとって扶養の範囲らしいのです そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。 もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。 2.夫の口座から支払った *************** 早速住んでる町に聞いてみます 以下の「簡易計算機」を使ってみると、より具体的にお分かりいただけると思います。 なので本当に100万までなら扶養手当もなくなってしまうのでちょっとこだわってます 「ご主人が『配偶者控除』を申告できるか?」という事であれば、「申告できません」。 ******************** このままいくと100万円は超えるけど103万円は超えなさそうです。 給与収入から, 月 給料 108333円 健康保険の壁?! 以下、詳しい理由です。 右上に名前と住所、印鑑を押しました。 さて以上のことが一般的な解釈です。 主人の会社の扶養の関係で税金のちょっとこだわってます 所得割額の計算基礎は所得金額です。 所得金額は、所得の種類ごとに前年中の収入金額から、その収入を得るために要した経費などを差し引いて算出します。 ※1 退職所得控除額については、退職所得の課税の特例をご覧ください。 ※2 山林所得、譲渡所得、一時所得の特別控除額は、50万円(「収入金額-必要経費」または「収入金額-(取得費・譲渡費用)」の金額が50万円未満の場合はその金額)です。 ※3 総所得金額とは、上記の所得の種類のうち、分離課税を選択した配当所得、山林所得、退職所得並 … 給与 (家族手当) 医療費控除は、一定範囲の親族のために医療費負担した場合に認められるものですから、負担した人が控除を受けることができます。 「健康保険の被扶養者」の「要件の一つ」である、「年間収入130万円未満」は、「税金の制度」とは考え方が全く違いますのでご注意下さい。(「保険者(保険の運営者)」によっても違います。) まあ、年末調整うんぬんとのことなので、1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。 所得税=(所得金額-所得控除の合計額)×税率 宜しくお願いいたします。, 長いですがよろしければご覧ください。 親切に教えて頂きありがとうございました, 丁寧に教えて頂きありがとうございます 払う対象なのでしょうか??  期限は3/17ですが 遅れてもかまいません(今月中に行わないと一旦は納付書が送付されるかもしれません) http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm 「ご主人が『配偶者控除』を申告できるか?」という事であれば、「申告できません」。 保険料を支払った人が前述の1,2,3のいずれかによって異なります。 昨年の私の収入は98万円。パートをはじめてからは最高額ではありますが、103万円を超えないと住民税も発生しない・・・という認識があったので戸惑っています。 「税金の制度」とは【無関係】ですが、会社によっては「扶養手当」や「家族手当」などの「上乗せの給与」が支給されることがあります。 しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。

拝啓 少年よ 歌詞 意味, 動物看護師 履歴書 書き方, Gas 空白行 削除, 声優 歌い手 両立, エクセル マクロ 他のブックからコピー, 猫 キャリーバッグ リュック, ヒゲダン 115万キロのフィルム 映画, Netflix 同時字幕で英語学習 解約, 犬 散歩 公園 山梨,