因みにジョアン・レベロとは友人関係にある。, 温厚的な性格で、理解力に富んでいる。それ故に兵士達の人望も厚い。特にヤンは、校長として赴任していた彼には頭の上がらない1人でもあった。原作では辞任した後に発生したクーデターでは、ヤン・ウェンリーの行動に正義があるとして公表し、各惑星に呼びかけるなどして彼を支援した。 ヤン・ウェンリー中将 銀河帝国 イゼルローン回廊出口付近 アムリッツァⅡ.  ヤンがエル・ファシルの英雄としてクローズアップされていた時代に、パーティ会場でヤンの功績を称えていた。(その際に温かみのある笑みを見せ、ヤンの肩を優しく叩いていた)この時、中将であった。, 大将に昇進し、第8艦隊司令官に就任していた。この時に、第5次イゼルローン要塞攻略戦に際し、第4艦隊(ドワイト・グリーンヒル中将)と第5艦隊(アレクサンドル・ビュコック中将)を率いて総司令官として参加した。 ほぼ同時期、皇帝・ラインハルトはアレクサンドル・ビュコック元帥率いる同盟軍最後の艦隊をマルアデッタで破り、その直後にイゼルローン要塞がヤンに落とされたことを知る。 ヤン・ウェンリー中将 銀河帝国 イゼルローン回廊出口付近 アムリッツァⅠ .  ヤン、ビュコック、クブルスリーといった良識派の軍人達に、同盟の未来を託し、自身は故郷にて果樹園(OVAでは養蜂)を営む事になる。, クーデターが発生した後、シトレはヤンの行動は同盟政府と民主主義を守るものだと発言。退役していながらも発言力の影響は大きく、大多数がそれを指示する。OVA版では故郷でじっとしているだけであった。 『銀河英雄伝説』(ぎんがえいゆうでんせつ)は、田中芳樹によるsf 小説。また、これを原作とするアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック等の関連作品。 略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。原作は累計発行部数が1500万部を超える ベストセラー小説である。 『銀河英雄伝説』では銀河帝国と自由惑星同盟による星間戦争が繰り広げてられており、ラインハルトとヤン・ウェンリーという両雄の戦いが展開されています。物語は2人の主人公に焦点が当てられて展開されていき、一進一退の攻防戦が描かれています。 2019年11月10日. 2019年11月3日. 左がヤン・ウェンリー、真ん中がラインハルト、右にいるのは帝国元帥ながら野心を抑えきれずにラインハルトに謀反して自滅したオスカー・フォン・ロイエンタール。 田中芳樹のベストセラー小説をアニメ化したこの動画は百何十話ある。 宇宙暦800年4月20日、「回廊の戦い」が始まる。 「卿は帝国元帥だ。元帥府代わりと考えれば、おかしくはあるまい。幕僚も自由に任免して良い。遠慮はいらぬ」 遠慮するわけではないが、ヤンとしては助手の二三人もいてもらえれば充分なのだ。図書館は有り難いことこの上ないが、なにも新築でなくてもかまわないし、大本営の敷地内で�  さらにラグプール刑務所にパエッタ、ムライら旧同盟の幹部と収監されていたが、暴動に巻き込まれて負傷。パエッタは死亡したが、彼自身は命に別状はなかった。 2019年11月10日. 40 #086.  作戦会議の直後、ヤンに会ったシトレは「帝国侵攻作戦が成功すれば統合作戦本部長職はロボス元帥に、失敗すれば責任を取って辞めなければならない。どっちにしても退役しなければならない」と語り、「できれば、最小限の失敗で終わってくれれば」とも語っている。 物語はここで終わることとなり、ヤン艦隊の解体も惑星ハイネセン帰還後に行われたと思われる。, 駐留艦隊分艦隊司令・グエン・バン・ヒュー(少将)…第8次イゼルローン要塞攻防戦で戦死。, ルイ・マシュンゴ(准尉→少尉)・「ヤン・ウェンリー査問会」に同行する護衛官、後、ユリアンの, 薔薇の騎士連隊副連隊長・ライナー・ブルームハルト(中佐)…地球教のテロにより死亡。, 分艦隊司令・ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(上級大将)…シヴァ星域会戦で戦死。, ハムディ・アシュール(少佐)…「動くシャーウッドの森」艦隊が、「バーラトの和約」による主力艦爆破処分部隊を襲撃した際に参加。, 初代旗艦・ヒューべリオン…バーミリオン星域会戦までのヤン艦隊旗艦。イゼルローン革命予備軍成立後はメルカッツ分艦隊旗艦となるが、シヴァ星域海戦で戦没。, 二代目旗艦・ユリシーズ…元々は第2艦隊(第4次ティアマト会戦)→第8艦隊(アムリッツァ星域海戦)→ヤン艦隊所属の標準型戦艦。, シヴァ…「シャーウッドの森」艦隊の旗艦。後にフィッシャー分艦隊の2代目旗艦となるが、「回廊の戦い」で戦没。. 40 #087.  シトレが危惧したとおり、侵攻作戦は失敗し、同盟軍が終わった後、シトレは本部長を辞任、ロボスも宇宙艦隊司令長官を辞任、ともに退役することとなった。 ラインハルト=フォン=ローエングラム元帥とヤン=ウェンリー元帥。マジでやりあったら、どっちが強いでし ラインハルト=フォン=ローエングラム元帥とヤン=ウェンリー元帥。マジでやりあったら、どっちが強いでしょう? やはり全員の興味を惹いたのは、ヤン・ウェンリーのエピソードである。紅茶が好きで、珈琲は泥水だと嫌う。寝起きが悪くて、昼寝が好きで、三次元チェスは弱かった。 ユリアンが教えてもらったのは、戦略戦術そのものよりも、専制と民主共和制の違いや歴史についてのことが多い。それ� 『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーの判断について教えてください。 何巻かは、同盟と銀河帝国の全面戦争、忘れてしまいましたが、ヤン提督と、ラインハルト元帥(?皇帝? 宇宙暦800年2月20日、惑星ハイネセン占領後にラインハルトは「冬バラ園の勅令」を発布、自由惑星同盟が滅亡したことを全銀河に公表する。 ヤン・ウェンリー側はまだラップ少佐しか出てないし、指揮権もない。かなりの差がありますね。 かなりの差がありますね。 ロボス元帥に負けたことを報告するも、このときにグリーンヒル大将は敵の明らかな変化と、空恐ろしさを感じるのでした。 これらの動きに危惧を覚えたムライ中将は不穏分子を引きつれてイゼルローンを離脱、ユリアン・ミンツを軍事司令官、フレデリカ・グリーンヒル・ヤンを政治指導者にし、要塞には100万人弱が残ることとなった。 ヤン・ウェンリー中将 銀河帝国 イゼルローン回廊出口付近 アムリッツァⅠ . なんと言ってもフェザーンには、今、ヤン・ウェンリーが居るのだ。おざなりにはできない。 「ああ、キャゼルヌ君、そちらは変わりないかね」 人当たりの良い挨拶を送ってきたのは、一見すると好々爺だが筋金入りの政治家でもあるエル・ファシル共和自治政府主席、ホワン・ルイだった。 中仏混血で東洋系の容貌である。原作小説において、“体格は中肉中背、容姿は実年齢より2~3歳若く見え、軍人というよりは学者のような印象を受ける。頭髪はおさまりの悪い黒髪、「見る人(フレデリカ・グリーンヒル等)によってはハンサムに見えなくも無い」「ごくありきたりのハンサム」”といっ … 「ヤン・ウェンリーとかいう奴は、ずいぶんと偉い奴らしいな。あんたと同姓同名で、たいへんな差だ」 「やった! わかったぞ!」 「そうさ、勝つんだ。ヤン・ウェンリーは勝算のない戦いはしない、そうだろ?」 「喜んでくれ、作戦が決まったぞ。どうやら勝てそうだ」 「もうすぐ戦いが�  この時、ヤンは幕僚としてシトレ大将の下に就いており、同じく砲術士官としてダスティ・アッテンボローも同盟軍総旗艦・兼・第8艦隊旗艦ヘクトルに乗艦していた。5万隻にも及ぶ大艦隊を統括し、彼が考案したと思われる平行追撃戦を実施、見事に要塞へと肉薄することに成功した。 出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店 自由惑星同盟の第十三艦隊提督として戦場で数々の功績を収めたヤン・ウェンリーは東洋系の容貌を持っており、軍人らしい様子があまり見受けられない人物。しかし提督として艦隊の指揮を執る姿は、綿密な戦略や戦術を立案して銀河帝国艦隊を苦しめており、劣勢の中でも逆転勝利を収めるほどでした。そんなヤン・ウェンリーについて、どのような魅力を持っているのか、また彼の生涯や人柄について考察を進めていきましょう。 40 #087.  また政局抗争が軍内部までに浸透していた時は、それに対抗しようと四苦八苦しており、ヨブ・トリューニヒト一派の専横を快く思ってはいなかった。, 士官学校校長として赴任し、そこでヤンとの面識を得る。戦史研究家の廃止に対して、反対運動に加わっていたヤンに罰を与えた。それが戦史書の整理であった為に、ヤンは多くの蔵書を扱うことが出来たという粋な計らいであった。また、名校長として評される実績を残していった。 ヤン・ウェンリー 本作の自由惑星同盟側の主人公。”不敗の魔術師”の異名を持つ。民主共和制の理念を第一とする共和主義者の青年将校であり、帝国側の主人公ラインハルトと並ぶ作中随一の軍事の天才。 帝国 キャラ編目次 ... ヤン・ウェンリーが嫌いなものから見えてくる彼の価値観 ; グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼの謎【銀英伝キャラ】 女性列伝【銀英伝キャラ】 【銀英伝】帝国貴族階級の爵位・軍階級【資料編】 フレデリカ・グリーンヒルに見習う一途な人生 「不幸な人」列伝(� "ヤン・ウェンリー拉致作戦" is episode no. It includes tags such as "銀河英雄伝説", "ラインハルト" and more. 銀河英雄伝説Die Neue Theseアニメ4話あらすじと感想を書かせていただいております。2018年に放送されたものとの違いはこちらに書かせていただいております。一話のみGYAOで無料で見ることが出来ます。31日間無料のU-NEXTをお 褐色の肌に、2mに届かんとするがっしりとした体躯の持ち主。良識的な軍人として名声もあり、人望も高い。ヤン・ウェンリーが士官学校時代に校長を務めていた事がある。その為、ヤンとの面識も深く、数少ないヤンの理解者でもある。大将の時代に第8艦隊司令官を歴任し、第5次イゼルローン要塞攻防戦に参加している。後に自由惑星同盟軍 統合作戦本部長を務め、階級は元帥にまで昇進していた。 人望厚く、兵士達の人気もある指揮官であるが、銀河帝国侵攻作戦の失敗が原因で辞任に追い込まれてし … 左がヤン・ウェンリー、真ん中がラインハルト、右にいるのは帝国元帥ながら野心を抑えきれずにラインハルトに謀反して自滅したオスカー・フォン・ロイエンタール。 田中芳樹のベストセラー小説をアニメ化したこの動画は百何十話ある。  OVAではその様な行動は無かったが、後のグエン・キム・ホアの騒動でロイエンタールと会見した時は、他の者に後を任せっきりにした自分を責め、責任から逃げないと固く誓っている。 ビュコックは元帥昇進か、兵卒上がりで元帥、帝国じゃ有り得んな。士官学校卒業の平民だって難しいんだから。 その代り爵位持ちの貴族なら馬鹿でも元帥になれるのが帝国の良い所だ。グリンメルスハウゼンだけじゃない、コルネリアス帝は親しい人間を元帥にしまくった。おかげで二個小� ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li、宇宙暦767年4月4日 - 宇宙暦800年6月1日)は、田中芳樹のSF小説『銀河英雄伝説』の登場人物。主要な登場人物であり、作中の「自由惑星同盟」側の主人公に当たる。 40 #086. 獅子の泉の七元帥がイラスト付きでわかる! 田中芳樹著のsf小説『銀河英雄伝説』において、ローエングラム王朝の黎明期を支えた7人の元帥を指す。 概要 「獅子の泉」は「ルーヴェン・ブルン」とドイツ語のルビが振られる。 ローエングラム王朝銀河帝国の黎明期を支えた7人の元帥の総称。  だが、この時の要塞司令官クライスト大将の味方ごと要塞主砲で殴殺するが如き暴挙によって、要塞表面の厚化粧を引っぺがした程度の戦果で敗北を喫する事となった。(なお、この戦法は帝国軍にとって注意すべき手法になったのは間違いない), 先の要塞攻略作戦には失敗したが、手腕を評価されて元帥に昇進し、同盟軍統合作戦本部長に就任。宇宙艦隊司令長官のラザール・ロボス元帥とコンビを組むことになる。しかし、軍内部へ手のを伸ばしてくる政治家や、それに媚を売る軍人達への対処にも苦慮する事となり、とりわけトリューニヒト一派の発言力の強さには危機感を抱いていた。 1: 2015/08/08(土) 07:35:30.01 ID:6Y/Pyu280.net ヤン「だめです」 帝国軍「ああああああああああああああああああああああああ!!!!!」 これ多すぎやろ 4: 2015/08/08(土) 07:38:23.92 ID:PtSM6GGT0.net 同盟「ヤンウエンリーやんけ!捕まえたろ!」 5: 2015/08、銀河英雄伝説まとめブログ「銀速 … 銀河帝国領と自由惑星同盟領の間は、星々の重力場やらのせいで、技術的に航行可能な宙域が限られている。安全なルートは2つあるが、一方はフェザーン自治領が存在する政治的中立地帯のため軍事行動には使用できず、必然としてもう一方のルートが軍事的要所となる。そのルートに、帝国軍によって建設されたのがイゼルローン要塞であり、もってこの宙域をイゼルローン回廊と呼ぶ。 帝国首都星からの距離6250光年。恒星アルテナを太陽としている。 「いいえ、今の小官はヤン・ウェンリー提督の副官、グリーンヒル退役少佐です。 そして、もう一人の証人はキャゼルヌ事務総長のお嬢さんですわ」 歩み出て一礼したのは、ロイヤルミルクティの髪に、薄茶色の瞳をした少女だった。いかにも利発そうで生き生きとした表情が、可愛らしい顔� 銀河帝国も自由惑星同盟も正義なのは変わらないのですから。 それと、ヤン・ウェンリーが昇進出来ないのは個人的には納得出来ない処置ですよ。 あれだけの戦功を挙げた人物への元帥昇進が無いのは同盟軍の内情の脆さを物語っています。 ヤン・ウェンリー「いやぁしみじみと感じているんだよ」 「私はいま歴史の流れの中にたたずんでいるのだなぁ。とね」 「少なくとも彼は帝国軍では「敵に撃たれない司令官」として兵の間で絶大な信頼を … 宇宙暦801年7月、イゼルローン要塞を引き渡すこと、惑星ハイネセンを中心とするバーラト星系に共和制自治を認めることで帝国との講和が成立する。 宇宙暦796年、アスターテ星域会戦に敗れた自由惑星同盟は会戦に参加した艦隊、第2・第4・第6各艦隊のうち手酷い損害を受けた第4、第6艦隊を廃止し、その残存艦艇に新兵を加えた半個艦隊約6000隻をもって第13艦隊を新設し、司令官にはアスターテ星域会戦の英雄であるヤン・ウェンリー少将が任じられた。 結局、ヤン・ウェンリーとは何者だったのか? 何を志していたのか? オーベルシュタインの死の真相を推理する; ヤン・ウェンリーが嫌いなものから見えてくる彼の価値観; グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼの謎【銀英伝キャラ】 #085 ヤン・ウェンリー中将 銀河帝国 イゼルローン回廊出口付近 アムリッツァⅠ ロボス元帥からの集合命令を受けた第五艦隊。 衛星の向こうには、 まだロイエンタールが変態的な陣形で待ち受けています。 1: 2015/08/08(土) 07:35:30.01 ID:6Y/Pyu280.net ヤン「だめです」 帝国軍「ああああああああああああああああああああああああ!!!!!」 これ多すぎやろ 4: 2015/08/08(土) 07:38:23.92 ID:PtSM6GGT0.net 同盟「ヤンウエンリーやんけ!捕まえたろ!」 5: 2015/08、銀河英雄伝説まとめブログ「銀速 … 第13艦隊は3割の将兵を失ったが、最後まで前線に立ちつづけたことが評価され、最前線にあるイゼルローン要塞に駐留することを命じられることとなった。, イゼルローン要塞司令官兼駐留艦隊司令官としてヤンが大将に昇進、アムリッツァ星域会戦の責任をとらされて左遷されていたアレックス・キャゼルヌ少将、第10艦隊に配属されていたダスティ・アッテンボロー少将、帝国から亡命したウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ客員提督、ヤンの養子・ユリアン・ミンツ軍曹らが加わり陣容が固まる。 宇宙暦800年6月1日、皇帝・ラインハルトとの会見に臨んだヤンが地球教のテロにあい死亡、パトリチェフ少将、ライナー・ブルームハルト中佐もヤンを守ろうとして死亡したことにより、戦意を失ったイゼルローン軍に不穏な空気が流れる。 イゼルローン要塞占領を材料に銀河帝国との和平交渉にもちこもうとした統合作戦本部総長・シドニー・シトレ元帥の思惑は、しかし、主戦派が支配する同盟評議会に押し切られ、帝国領への大規模侵攻作戦が決定することとなった。 ヤン・ウェンリーは効率主義者だ。可能な限り手間とコストを省いた。苦労して完全勝利するより、楽に判定勝ちする方を選んだ。精神主義や家族主義を切り捨てた。市民や政治家を満足させるためのサービスを削った。凡人が大事にするものは、天才の目から見ると無駄でしかない。 「卿は帝国元帥だ。元帥府代わりと考えれば、おかしくはあるまい。幕僚も自由に任免して良い。遠慮はいらぬ」 遠慮するわけではないが、ヤンとしては助手の二三人もいてもらえれば充分なのだ。図書館は有り難いことこの上ないが、なにも新築でなくてもかまわないし、大本営の敷地内で� 救国軍事会議が起こしたクーデターの鎮圧、ガイエスブルグ要塞の撃退にもヤンは貢献したが昇進せず(ガイエスブルク要塞侵攻時は、直前まで査問会に引っ張り出されていた)、その直後に起こった帝国軍の一大侵攻のおり改めて元帥に昇進、このときラルフ・カールセン、ライオネル・モートン両中将の艦隊が一時的に指揮下に入っている。, 「バーラトの和約」後にイゼルローン駐留艦隊は一時解体されるが、ヤンの謀殺を狙った帝国軍高等弁務官・ヘルムート・レンネンカンプ上級大将が反撃にあい拉致される事件が起きる。 この大規模侵攻作戦に第13艦隊は第3・第5・第7・第8・第9・第10・第12各艦隊とともに参加、しかし、帝国軍の焦土作戦により補給路を断たれた同盟軍各隊は敗北、3000万人の参加将兵のうち2000万人が戦死・行方不明となる大惨敗となった。 宇宙歴800年1月、帝国に追われるヤンは惑星エル・ファシルに招かれ革命予備軍を組織、コルネリアス・ルッツ上級大将率いる帝国軍からイゼルローン要塞を再奪取した。  人望厚く、兵士達の人気もある指揮官であるが、銀河帝国侵攻作戦の失敗が原因で辞任に追い込まれてしまう。ヤンに後を託して、自身は故郷で農業を営む生活をして表に出来なかったものの、同盟が滅亡し併合された後に起こるグエン・キム・ホア広場の暴動にて、帝国軍に逮捕される。 この事態を知った皇帝・ラインハルト・フォン・ローエングラムは「バーラトの和約」を破棄、最後の決戦に臨む同盟軍宇宙艦隊総参謀長・チュン・ウー・チェン大将はヤン艦隊の幹部・ムライ中将、フィッシャー中将、パトリチェフ少将に5560隻の艦船を譲渡、逃亡するヤンを追わせた。 同盟軍は背水の陣で帝国軍と戦うことに; ビッテンフェルトが失敗; ゼッフル� ヤンは半個艦隊をもって難攻不落で知られるイゼルローン要塞攻略を命じられ、大方の予想に反し無血で要塞を占領、この功績によりヤンは中将に昇進し、更に半壊状態の第2艦隊も廃止され、所属していた艦艇は第13艦隊に併合され、艦隊は正規の一個艦隊兵力を有するものに昇格した。 同盟首都ハイネセン。そこに駐留する高等弁務官ヘルウート・レンネンカンプ上級大将にオーベルシュタイン元帥から通信が入ったのは、宇宙歴799年、新帝国歴1年 … ヤン・ウェンリー (宇宙暦767年〜800年)は銀河英雄伝説の登場人物。 cv:富山敬(ova本編)、郷田ほづみ(ova外伝)、鈴村健一(tvアニメ) 自由惑星同盟最年少の元帥であり、国として衰えつつあった自由惑星同盟を軍事面から支えた。 また、同盟滅亡後も民主主義擁護の為に対帝国の軍事指揮を … 目次. 宇宙暦800年5月7日、フィッシャー中将が戦死し、5月18日に停戦となる。 宇宙暦796年、アスターテ星域会戦に敗れた自由惑星同盟は会戦に参加した艦隊、第2・第4・第6各艦隊のうち手酷い損害を受けた第4、第6艦隊を廃止し、その残存艦艇に新兵を加えた半個艦隊約6000隻をもって第13艦隊を新設し、司令官にはアスターテ星域会戦の英雄であるヤン・ウェンリー少将が任じられた。 ヤンは半個艦隊をもって難攻不落で知られるイゼルローン要塞攻略を命じられ、大方の予想に反し無血で要塞を占領、この功績によりヤンは中将に昇進し、更に半壊状態の第2艦隊も廃止され、所属 …  だがラグプール刑務所に収監されていた時に、運悪く暴動に巻き込まれてしまう。それでも一命を取り留めており、辛うじて生還している。その後の安否は不明である。.  その対抗策としてヤンをイゼルローン要塞攻略に任命し成功させる事で、トリューニヒト派閥の行動を押し止めようとしたものの、それが仇となって帝国領侵攻作戦という無謀極まりない作戦が立案されてしまった。最高評議会で決定された事とはいえ、持ち込んだのは個人ルートで政治家に持ち込んだのは、シトレが評価していないアンドリュー・フォーク准将であった。 4 of the novel series "SpaceOpera". 2019年11月3日. 宇宙暦801年、帝国との最後の戦いに帝国総旗艦・ブリュンヒルト侵入作戦を決行、囮艦隊を率いるメルカッツが戦死、ブリュンヒルト侵入を果たしたシェーンコップ、マシュンゴ、薔薇の騎士連隊の大半も皇帝・ラインハルトの停戦命令が出るまでに戦死した。 ヤン・ウェンリーの後輩でヤン艦隊の将として活躍する。 昇進のスピードはヤンよりも早く、同盟が続いていれば最年少元帥も夢ではなかった。 体制に反抗する気質の持ち主で「くたばれカイザー」など嬉々として声に出すことが多い。 外伝で掘り下げていて、もっと銀河英雄伝説の沼にハマってます。外伝は、本伝で描ききれなかった、人物や背景を丁寧に描いていて、これも見応えがあるのです。 で、気に… #085 ヤン・ウェンリー中将 銀河帝国 イゼルローン回廊出口付近 アムリッツァⅠ ロボス元帥からの集合命令を受けた第五艦隊。 衛星の向こうには、 まだロイエンタールが変態的な陣形で待ち受けています。 帝国軍が逆襲に転じ、同盟軍が各地で撃破されていく中、ロボス元帥の命令でアムリッツァ星系に集結することになります。 一矢報いようと考えずイゼルローン回廊に逃げ込んでいれば…。 スポンサーリンク. 褐色の肌に、2mに届かんとするがっしりとした体躯の持ち主。良識的な軍人として名声もあり、人望も高い。ヤン・ウェンリーが士官学校時代に校長を務めていた事がある。その為、ヤンとの面識も深く、数少ないヤンの理解者でもある。大将の時代に第8艦隊司令官を歴任し、第5次イゼルローン要塞攻防戦に参加している。後に自由惑星同盟軍 統合作戦本部長を務め、階級は元帥にまで昇進していた。 ヤン・ウェンリー中将 銀河帝国 イゼルローン回廊出口付近 アムリッツァⅡ.  その後のグエン・キム・ホア広場での騒動で、その場にいた帝国軍に逮捕されてしまう。その際にロイエンタールと会見。ヤン、ビュコック等と言った軍人達が相次いでこの世を去っていき、自分だけが生き残っていることに自責の念を浮かべていた。また、OVAでクーデターへの批判をしなかった分、ここでは「本来自分が果たすべき役割を他人に押し付け傍観者となった」と発言し、「責任から逃れはしない」と固く決意を露わにしていた。 『銀河英雄伝説』では銀河帝国と自由惑星同盟による星間戦争が繰り広げてられており、ラインハルトとヤン・ウェンリーという両雄の戦いが展開されています。物語は2人の主人公に焦点が当てられて展開されていき、一進一退の攻防戦が描かれています。

パグ 軟口蓋 手術 費用, トリック ラストステージ キャスト, スタバ 700円 フード, ワイン 開封後 常温保存, 女の子 靴 かわいい, 輸入車 バッテリー 適合表, 鬼滅 の刃 柱 人気ランキング, ぴあ 問い合わせ電話 つながらない, I See That I'm Icy 意味,