1.1 【フェアトレードの3つの基準】生産者とその地域を支援する効果アリ; 1.2 【フェアトレード商品一覧】チョコやコーヒーだけじゃない! 身近なものが盛りだくさん; 2 フェアトレード商品のラベルの種類3つ. [1]フェアトレードとは 買い物をする際に、「どうしてこんなに安いのだろう」と感じたことはありませんか。安価であることは消費者にとってありがたいことですが、驚くほど安く購入できる商品の中には、開発途上国でつくられたものが少なくありません。 初めて導入採用。日本国内の国際フェアトレード認証ラベル製品の認証機関である「フェア 1 フェアトレードとは? 意味や仕組みをチェック. 1節 日本のフェアトレード市場 実はフェアトレード総売上1位を誇るイギリスでも、フェアトレードゴールドの認知度は国民の10%にすぎません。 日本とはベースが大きく違うものの、一製品の認知度を向上するといった点では学ぶべきことがたくさんあると思うのでこれからも注目したいと思います。 ★英国で販売されているすべてのバナナの3本に1本がフェアトレードです。 日本でのフェアトレードの課題は、たくさんあります。 そしてこれらの課題は、日本の社会の問題とも帰属しています。 今回はその課題を表出化して、 そのための解決策もお伝えします。。 それでは、早速本題に参りましょう。 日本のフェアトレードの現状の課題は、結構あります。 フェアトレード・インターナショナル組織概要 フェアトレード・インターナショナル本部 (ドイツ) フェアトレード・ラベル・ジャパン (日本) 開発途上国75カ国・160万人以上の生産者・労働者と消費国30カ国メンバーが参加 1993年11月、わかちあいプロジェクトを筆頭にいくつかの市民団体と教会組織が集まり、日本のフェアトレード認証組織「トランスフェア・ジャパン」を設立しました。 日本においては例えば大日本印刷株式会社が2006年4月から社内用・来客用のコーヒーをフェアトレードによるものに切り替えたように、日本においてもCSRは企業がフェアトレードを導入する動機となりえるものであると考える。 2004年2月、フェアトレード基準の世界での統一化にともない、名前を「トランスフェア」から「フェアトレード・ラベル」へ変更しました。 トレードタウン運動が日本でも活発化することで,日本のフェアトレードの点 2 を線にし,面にすることができると期待されている(長坂, 2014a). フェアトレードの経済規模の観点で見てみると、2016年の国際フェアトレードラベル機構の発表では、日本はフェアトレード世界市場の1パーセント程度の経済規模となっており、少なくともフェアトレードが盛んな国であるとは断言できない。 Contents. 4 もくじ はじめに 1 平成23 年度外務省ngo 研究会「フェアトレードを通じた国際協力」活動一覧 2 第1章 フェアトレードと国際協力 1.1 フェアトレード概論 6 1.2 日本の国際協力ngoのフェアトレード取り組み現状~アンケート調査結果報告~ 12 第2 章 日本のフェアトレード活動事例 ◎国際フェアトレード認証ラベルは、世界的に最も広く認識された、倫理的なラベルです。, 国際協力団体のみならずメーカーなどの一般企業でも、国際フェアトレード認証のルールに賛同し、フェアトレードに参加することができるようになり、スーパーにもラベル商品が並ぶようになりました。基準を守って輸入された商品には、フェアトレード商品であることを表すラベルを貼ることが許され、消費者はそのことを理解して、ラベル付き商品を選んで購入し、途上国の生産者を支援することができます。この運動の中心的役割を果たしてきたオランダでは、消費者の90%がラベルの意味を知っているほどに普及しています。すでにフェアトレードが普及しているヨーロッパ各国でも、オーストリア(46%)、ルクセンブルク(39%)、 ノルウェー(29%)、 オランダ(21%)、スイス(21%)、フランス(21%)、ドイツ(18%)と大きく拡大しています(2016-17時点)。, ■海外でのフェアトレードの普及 フェアトレード本来の理念や原則を歪め、浅薄なものにしているのではな いかとの批判を生み、フェアトレード界を二分する論争の火種にもなって きた。 本稿は、フェアトレードの「拡大」と「深化」という、主流化の二つの 最終製品にはラベルを表示した商品パッケージの製作など、短期的な負担は増えますが、長期的には、自らのマーケットを広げることができると共に、フェアトレードの普及、拡大に貢献することになります。現在、フェアトレードは、団体や企業が取り組む課題の枠を超え、世界へ広がる活動になっています。 3.持続可能な生産を可能にするための「環境的基準」の3分野にわたります。 その現状に対し、欧米各国ではフェアトレードなどさまざまな取り組みが行われていますが、日本では児童労働に対する問題意識が低く、取り組みも少ないのが事実です。 貿易の公正化に向けた政策・方針づくり 3. 日本では、「フェアトレード」という言葉を使用することに、JAS有機認証のような決まりがありません。そのため、Fairtrade InternationalやWFTOといった国際機関に加盟せず、発展途上国から直接輸入することで独自にフェアトレードを名乗るメーカーや店舗も存在します。発展途上国で支援事業を行ったり、現地で直接生産者と取引したりしていることが多いと言われています。 All Rights Reserved. ト調査より,フェアトレード商品を扱っている小 売店の実態と経営存続における課題を浮き上がら せることとする。 2. 2.労働環境や人権などについて定める「社会的基準」 ※2014年より、WFTOの指針を守って作られた製品にWFTOによる「製品ラベルマーク」がつけられるようになりました。 年に行っているので、この分野における 調査として2 回目にあたる。前回の調査と比較は難しいものの、日本のフェアトレード市 場の調査結果を紹介する。 第. トレードタウン運動が日本でも活発化することで,日本のフェアトレードの点 2 を線にし,面にすることができると期待されている(長坂, 2014a). フェアトレードとは何でしょうか?フェアトレードコーヒー、フェアトレードチョコなどと、フェアトレード商品を市場でみかけますが、なぜそれらは、フェアトレード商品と呼ばれるのでしょうか?フェアトレード標品の批判や問題点を含めフェアトレードとはなにかを説明します。 これを機に認証組織と販売組織が分離する形で、NPO法人「フェアトレード・ラベル・ジャパン」が設立されました。 2003年から2005年まで国際フェアトレード認証機関の日本支部フェアトレード・ラベル・ジャパンに勤務。 2006年4月、フェアトレードに関する国内や世界のニュース、情報を広く一般の方に提供するフェアトレード・リソースセンターを立ち上げ、代表を務める。 日本でのフェアトレードの課題は、たくさんあります。 そしてこれらの課題は、日本の社会の問題とも帰属しています。 今回はその課題を表出化して、 そのための解決策もお伝えします。。 それでは、早速本題に参りましょう。 日本のフェアトレードの現状の課題は、結構あります。 発展途上国から直接輸入したことで独自の判断による「フェアトレード商品」もあります。 2. 原料などの取引において、フェアトレード・プレミアム(奨励金)を原料価格に加えて、生産者組合へ支払う コーヒー豆のフェアトレードの現状と課題 -貧困と搾取の問題は解決できていない-投稿日:2019-07-08 更新日: 2019-07-09. フェアトレードの中でも最も注目されているのはコーヒーなのではないかと思いますが、それには理由があります。そもそもコーヒー豆を栽培するためにはいくつかの条件があります。そして、その条件が整っている場所は赤道付近の途上国が中心になっています。 フェアトレード生産者組織の組織力強化 2. 日本では国内の6都市がフェアトレードタウンとして認定されています。そのほか、各地でタウン認定に向けての活動が行われています。各地の運動の詳細については、以下をご覧ください。 フェアトレードタウン認定の市・町 1 フェアトレードとは? 意味や仕組みをチェック. 「フェアトレード」の商品を、読者のみなさんは見たことがあるだろうか、また、購入したことがあるだろうか。最近では日系大手製菓メーカーもフェアトレードのチョコレートを導入し、日本でも少しずつ注目され始めている。通常より少し割高の金額を払ってそれらの商品を購入すれば、ちょっといいことをした気分になるかもしれない。このように、日本では「社会貢献」のイメージが強いフェアトレードの商品が、イギリスなどの欧米諸国ではごく当たり前の日用品としてスーパーで売買されていることを知ったら驚くかもしれない。日本である意味では「非日常」なフェアトレードが、人々にどれほど意識され、注目されているのだろうか。また、イギリスと日本の人々の注目度の差異に報道は関連しているのだろうか。今回は日本におけるフェアトレードの実情を、流通金額と報道量をイギリスと比較しながら分析していく。, ニューヨークのフェアトレードショップで販売されている服飾品 (Henry Bellagnome/flickr)[CC BY-SA 2.0], 日本におけるフェアトレードの実情について分析する前に、まずはフェアトレードの仕組みを説明する。一般的な貿易では、発展途上国の原材料が加工された商品として先進国の消費者の手に渡るまでに大手商社や下請け企業が何重にも介在し、売上金のうち生産者の手元に入るのはごくわずかだ。多くの場合、生産者が劣悪な労働環境の中で何十時間も働いて完成した成果物を、消費者である先進国の人間が非常に安い価格で購入する、といういわゆる「アンフェアトレード」が当たり前のように行われている。このような不公平な状況を少しでも改善するために導入されたのがフェアトレードだ。生産者とその原料を利用する企業が直接的なパートナーシップを結び、国際フェアトレード基準(Fairtrade Standards)で定められた貿易基準に沿って取引することで、労働に値する妥当な収入を生産者に還元する、搾取を前提としない貿易である。国際フェアトレード基準では生産者の労働形態の他、産品ごとに最低価格が定められており、これらを守って初めてフェアトレード商品として国際フェアトレードラベル機構(Fairtrade International)から公式に認定を受けることができる。代表的な産品としては、嗜好品であるチョコレート、コーヒーや紅茶に加えて、日用品の綿製品もフェアトレードが推進されている産品の一つだが、これらの特定の産品だけでなく、本来すべての産品にフェアトレードが適用されていなければならない。, フェアトレード認証マーク付きのバナナ (Thinglass/shutterstock.com), では、フェアトレード商品はどのくらい流通しているのだろうか。日本とイギリスのフェアトレード商品の流通金額は以下の通りだ。. 日本でも少しずつ増えている運動ですが、 フェアトレードの盛んなヨーロッパや北米に比べると基準が曖昧になっている そうです。 そのため、第三者機関による認証がされていない商品も出回っているというのが現状のようですね。 fairtradeフェアトレードへの取り組み開発途上国の生活改善と自立を目指す、フェアトレードの仕組み。ホットマンは、このフェアトレードの活動に賛同し、国内初の日本製フェアトレードコットンタオルをつくりました。 ※その組織や団体のフェアトレード商品の売上げが全体収支の50%以上 ⇒ 国際フェアトレードラベル認証制度について, フェアトレードのラベル運動が始まる前から、手工芸品を中心に生産者と消費国のフェアトレード関係を結ぶ団体の連盟として、World Fair Trade Organization「世界フェアトレード機関(以下、WFTO)」があります。 ヨーロッパの主要なフェアトレード団体は、各国のフェアトレード・ラベル推進団体の運営を支え、Fairtrade InternationalとWFTOへ同時に参加しています。 フェアトレードのバナナ=意識が高い?その感覚大丈夫? 最近cmで「フェアトレードのバナナ」が宣伝されており、それを高校生が聞いて、「意識が高い」と言っているのを見ました。 私はこれを見たとき、未だにフェアトレードは日本で普及していなとがっかりしました。 ~ 10代での知名度は8割近くに ~. 加工食品の場合、フェアトレード原料が20%以上、化粧品の場合は5%以上使われているものは国際フェアトレード認証ラベル製品として認証ラベルを表示できますが、商品名に「フェアトレード」を付けることはできません。日本国内で ”フェアトレードクッキー” などの商品名で販売されている商品は、「基準のないフェアトレード」にあたります。. フェアトレード後進国「日本」の現状とは? ――日本でも、一部の小売り業でフェアトレード認証ラベルの付いた商品を見かけるようになりました。 中島 日本でのフェア に関する情報をできるだけ提供するよう努めています。, 参照:Fairtrade International Annual Report 2018-2019, https://files.fairtrade.net/publications/201819_FI_AnnualReport.pdf, ◎フェアトレードの製品は、3万点以上の製品が世界 150 カ国以上で販売されています。 フェアトレードラベル商品を扱っている組織・団体は約100社あり、約2万4000のごくふつうのスーパーマーケットでも販売され、ドイツ国内でのフェアトレード市場は、約7085万ユーロ(約99億1000万円)といわれている。 国際フェアトレード認証ラベルの特徴は、品目ごとに基準が設定されています。 1.公正な価格などを定める「経済的基準」 fairtradeフェアトレードへの取り組み開発途上国の生活改善と自立を目指す、フェアトレードの仕組み。ホットマンは、このフェアトレードの活動に賛同し、国内初の日本製フェアトレードコットンタオルをつくりました。 現状を明らかにし、日本でフェアトレードを普及させるにはどのような要素が必要なのか、 今後の在り方を考察することを目的とする。 まず第一章では「フェアトレード」とは何か、その基準や歴史、海外との比較を通して理 解する。 筆者は日本におけるフェアトレードの普及とその展望について焦点をあて、第一章で一般的なフェアト レードの仕組みや概念について、第二章で国際協力活動としてのフェアトレードについて、第三・四章で 2007. そして日本で最初の国際フェアトレード認証コーヒー「カフェ・マム」を第一コー ヒー(株)の協力のもと、わかちあいプロジェクトより発売しました。 「製品」に対する認証基準を推進するFairtrade International国際フェアトレードラベル機構に対して、WFTOは組織や団体そのものが加盟参加します。フェアトレードを目的に設立され、団体の理念や活動がWFTOの指針を遵守することで加盟できます。 日本でもフェアトレード認証製品の2016年の市場規模は113億円6,000万円にのぼり、前年比で13%も増えています。特にコーヒー・カカオ・コットンの拡大が目立ちます。 フェアトレード・ラベル・ジャパンは、2017年9月に公募されたジャパンSDGsアワードへ参加 SDGs推進のグッドプラクティス(優良事例)として、日本政府も積極的に発信していく」とのこと カカオは2000年の歴史を持つ食べ物で、正式名はラテン語で「神々の食物」という意味があります。通貨として使われていたこともある貴重なものでした(例えば、うさぎ1匹=10ココアなど)。カカオの木は赤道から南北15度以内の熱帯地域でしか育たない南国の作物です。 カカオの原産地はブラジルのアマゾン川流域、またはベネズエラのオリノコ川流域と言われています。カカオは16世紀にスペインに持ち込まれ、王族の飲み物としてヨーロッパに普及しました。1828年にはオランダでココアパウダー … 1. 認証登録料を監査機関FLO CERTへ支払う フェアトレード ... わかちあいプロジェクトは、1993年春に、日本初の国際フェアトレードラベル認証商品であるフェアトレードコーヒーを販売して以来、様々なフェアトレード商品を紹介する役割を果たし … フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … ★英国内のすべての焙煎して挽いたコーヒーの小売の25%が認定フェアトレードです。, わかちあいプロジェクトの設立者、松木傑元ルーテル教会牧師 は、教会の活動でヨーロッパを訪問する中で、フェアトレードの仕組みを知りました。 フェアトレードは、オランダから始まった活動で、国際フェアトレードラベル機構が認証作業を行っている。フェアトレード認証を日本で行っているのは、1993年に設立されたフェアトレード・ラベル・ジャパンという団体。その団体によると、フェアトレードは以下のように定義されています。 フェアトレードとは直訳すると「公平な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、 … GNV - Global News View © 2017. ・1994 年 フェアトレード連合(ftf) ・1997 年 国際フェアトレード・ラベル(認証)機構(flo) ・1998 年 fine(flo&ifat&news!&efta) 1-3 フェアトレードの現状 フェアトレードは世界でも最も急速な伸びを示す市場の1 つとしても注目 をあびている。 品を輸入する多くのフェアトレード団体やngoが世界に存在する。 日本の中においても、近年、フェアトレード団体の増加やフェアトレード商品、自然商品等を扱うフ ェアトレードショップの増加が見られ … フェアトレードの担い手 ( 1 )フェアトレード市場の展開 フェアトレード市場は欧米において急激に伸び ている。 国際フェアトレード基準を満たしている商品は、日本国内で国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業などを行うフェアトレードジャパンのサイトで確認することができます。 日本のフェアトレード市場に関する調査を. フェアトレードが1960年代に入ってからすでに50年くらいが経ちましたが、それに合わせてフェアトレードの市場も拡大を続けてきました。 (1) 日本でのフェアトレード市場の拡大. わかちあいプロジェクトはその後も世界中から国際フェアトレード認証ラベル 製品を取り寄せ、国内では最も多くの種類の商品を取り扱っています。 Contents. 日本においては例えば大日本印刷株式会社が2006年4月から社内用・来客用のコーヒーをフェアトレードによるものに切り替えたように、日本においてもCSRは企業がフェアトレードを導入する動機となりえるものであると考える。 そのため、ヨーロッパでは、いわゆる”フェアトレード”の売上げの90%は、国際フェアトレード認証ラベル製品で10% がWFTO加盟団体の製品などを含むフェアトレード商品といわれています。 4. 製品のブランドオーナーは、フェアトレード認証ラベルを使用するライセンス契約を各国のフェアトレード・ラベル組織と結び、定められたライセンス料を負担します。 や企業、商品を扱うお店が増加しています。 現在では、 ヨーロッパや北米で 広がる フェアトレード は、明確な基準と監査にもとづく、「 国際フェアトレード 認証 ラベル 製品」 と認識されるまで普及しています 。一方、 日本では、言葉が独り歩きしている傾向にあり 、 第三者機関による認証や監査も不明な状態で、客観性に欠けるフェアトレード商品もある状況です。, わかちあいプロジェクト代表 松木 傑(マツキ スグル)はFairtrade International(本部: 日本では国内の6都市がフェアトレードタウンとして認定されています。そのほか、各地でタウン認定に向けての活動が行われています。各地の運動の詳細については、以下をご覧ください。 フェアトレードタウン認定の市・町 グローバルなフェアトレード・システムを確立する 2016年3月18日発表 SDGs達成に向けた戦略的パートナーシップ合意 欧州委員会 フェアトレード・インターナショナル × 商品に国際フェアトレード認証ラベルがついていることは、その基準をクリアしている「証(あかし)」になります。, 国際フェアトレード認証ラベルを目印に、私たち消費者は、安心してフェアトレード商品を購入することができます。 Amazonで渡辺 龍也, こどもくらぶの日本のフェアトレードの現状ときみにもできること。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺 龍也, こどもくらぶ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本のフェアトレードの現状ときみにもできることもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 国際的に統一された明確な基準のもと、第三者の監査機関FLO CERT(フローサート)の専門査察官により、生産者組合、輸出入事業者、製造加工メーカー、商品のブランドオーナーは定期的に監査を受けます。フェアトレード基準は、 レポートの題材にフェアトレードを選んでみたのですが、なかなか情報が集まりません。特に今着目しているのは、「欧米(スイスやイギリス)に普及して、なぜ日本には普及しないのか」「日本に普及させるには何が必要か」といった点です。 これは、国が定める有機栽培のJAS認証制度と類似しています。有機栽培の商品も、民間の運動からはじまり、不明確でまぎらわしい表示から消費者を守るために国がJAS規格を定めた経緯があります。 ★消費者の78%がフェアトレードマークを知っています。 ⇒ フェアトレードラベルの導入ストーリー トレード・ラベル・ジャパン」を立ち上げ、支えてきた経緯から、国際的なフェアトレード Amazonで渡辺 龍也, こどもくらぶの日本のフェアトレードの現状ときみにもできること。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺 龍也, こどもくらぶ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本のフェアトレードの現状ときみにもできることもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 国際 フェアトレード認証 ラベル 製品の市場規模は 、 この数年、10-30 %の割合で拡大 しています。 2018 年 、世界の推定市場規模は、約98億ユーロ(約 1 兆 2775 億円)へ伸長しています。フェアトレードの 貿易量に応じて各生産者組織に直接支払われるフェアトレード・プレミアム (奨励金 は、1億7650 万ユーロ(約225億円)。地域社会や生産者組織の持続的な発展のために確実に役立てられて いることが 最新報告書で公開されています。, https://files.fairtrade.net/publications/2018-19_FI_AnnualReport.pdf, https://www.fairtrade.net/impact/overview, ★英国では、2012年にフェアトレード製品の売上高は15億ポンド、2,580億円に達しました – 前年比18パーセントの増加でした。 フェアトレードはヨーロッパを中心に1960 年代から広まり、世界 的 な 運動になりました。数千もの「第三世界」ショップが世界中に開かれ、日本でもフェアトレードに取り組む団体 や企業、商品を扱うお店が増加しています。 フェアトレードコーヒーという名称が必要になるほど、コーヒー豆は公正な取引が行われていないという現状があります。 コーヒーが育つには一定の条件が必要で、コーヒーベルトと呼ばれる赤道の近くの地域が栽培に適しています。 日本でも少しずつ増えている運動ですが、 フェアトレードの盛んなヨーロッパや北米に比べると基準が曖昧になっている そうです。 そのため、第三者機関による認証がされていない商品も出回っているというのが現状のようですね。 1. フェアトレードはヨーロッパを中心に1960 年代から広まり、世界 的 な 運動になりました。数千もの「第三世界」ショップが世界中に開かれ、日本でもフェアトレードに取り組む団体 や企業、商品を扱うお店が増加しています。 一般商品に比べて、1割以上の高価格でも約6割が購入意向~インターネットアンケート・サービスを提供する「gooリサーチ」は、20歳以上の「gooリサーチ」消費者モニターを対象にフェアトレード商品に関する調査を実施しました。有効回答者数は2350名でした。 日本でフェアトレード・ラベル運動が導入されたのは1993年になります。 (一社)日本フェアトレード・フォーラム 2019 年10 月31 日発表. 近年では、チョコレートやコットン製品、スパイスなども増え、多様なフェアトレード製品が 販売されるようになりました。イオン、スターバックス、無印良品、森永製菓といった大手が参入をはじめたことで、2015年、推定市場規模が初めて 100 億円を超えました。2019年、国内の推定市場規模は、約124億円となっています。, 認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン http://www.fairtrade-jp.org/, Fairtrade Labelling Organizations International  http://www.fairtrade.net/, 「フェアトレード」について、日本では、明確な定義がなされていません。 グラフィック:Yosuke Tomino/Yuka Komai/Virgil Hawkins, 担当:中東・北アフリカ・・・紛争は当事国だけで行われているものではありません。その裏にあるものは何か、誰か、問題の根本に目を向けて、少しでもより良い世界にするにはどうするべきなのかを模索したいです。, 1年前の記事へのコメントになりますが、この記事から1年経った今でもフェアトレードに対する認知度は低く、また「フェアトレード=いいことしている」というイメージが強いように感じます。報道の改善を求めるとともに、一人の消費者としてフェアトレードに対する認識を改めたいと思いました。, フェアトレード商品を買うと「ちょっといいことをした気分」になるとの指摘にドキッとしました。買う行為のみに目を向け、ただの自己満足で終止するのが常ですが、本来ならもっと、実際にそのお金がどのように生産者の手に渡っているかに気を配るべきなのだと気付かされました。. フェアトレードラベルの付いた製品の売り上げ各国比較FLO「Annual Report 2007」よりアメリカ 1,178億円イギリス 1136フランス 339スイス 255 日本 10億円ドイツ 228カナダ 128国民一人当たりにフェアトレードラベルの製品の購買額の各国比較スイス 一般商品に比べて、1割以上の高価格でも約6割が購入意向~インターネットアンケート・サービスを提供する「gooリサーチ」は、20歳以上の「gooリサーチ」消費者モニターを対象にフェアトレード商品に関する調査を実施しました。有効回答者数は2350名でした。 3. その原料から製造加工する事業者も規模に応じて、認証登録費用があります。 フェアトレードジャパンの認証ラベル付き商品. 1.1 【フェアトレードの3つの基準】生産者とその地域を支援する効果アリ; 1.2 【フェアトレード商品一覧】チョコやコーヒーだけじゃない! 身近なものが盛りだくさん; 2 フェアトレード商品のラベルの種類3つ. 「フェアトレード」の商品を、読者のみなさんは見たことがあるだろうか、また、購入したことがあるだろうか。最近では日系大手製菓メーカーもフェアトレードのチョコレートを導入し、日本でも少しずつ注目され始めている。通常より少し割高の金額を払ってそれ そして、当時ドイツで進められていた、フェアトレード認証「トランスフェア」の仕組みを学び、フェアトレードを普及させるため、日本に持ち帰りました。 ・1994 年 フェアトレード連合(ftf) ・1997 年 国際フェアトレード・ラベル(認証)機構(flo) ・1998 年 fine(flo&ifat&news!&efta) 1-3 フェアトレードの現状 フェアトレードは世界でも最も急速な伸びを示す市場の1 つとしても注目 をあびている。 フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … Global News View (GNV)は、世界と世界が抱える問題を包括的に、客観的に把握できる情報環境の実現を目指す、メディア研究機関です。報道されない世界に関する情報・解説の提供と、既存の国際報道の現状を分析しその改善を促進する活動を行います。 国際フェアトレード認証ラベルが表示された商品は、原料等の輸出入事業者は… 「フェアトレード」の商品を、読者のみなさんは見たことがあるだろうか、また、購入したことがあるだろうか。最近では日系大手製菓メーカーもフェアトレードのチョコレートを導入し、日本でも少しずつ注目され始めている。通常より少し割高の金額を払ってそれ 途上国の現状を通して、フェアトレードを考える フェアトレードの定義 フェアトレードとは、フェアトレード関連の団体が定めた定義から引用すると、「対話、透明性、敬意を基盤とし、より公平な条件下で国際貿易を行うことを目指す貿易パートナーシップであるということになります。 2013年、フェアトレード・ラベル運動が日本で始まって20周年を迎えました。フェアトレード市場は日本でも年々成長を続けています。, フェアトレード・ラベル・ジャパン設立20周年イベントにわかちあいプロジェクト代表(フェアトレード・ラベル・ジャパン設立者)の松木が参加しましたフェアトレード・ラベル・ジャパン設立20周年イベントにわかちあいプロジェクト代表(フェアトレード・ラベル・ジャパン設立者)の松木が参加しました。, 国内フェアトレード認証ラベル 製品の市場規模推移 Global News View (GNV)は、世界と世界が抱える問題を包括的に、客観的に把握できる情報環境の実現を目指す、メディア研究機関です。報道されない世界に関する情報・解説の提供と、既存の国際報道の現状を分析しその改善を促進する活動を行います。 「フェアトレード」の認知率32.8%に上昇. 1. フェアトレード認証を日本で行っているのは、1993年に設立されたフェアトレード・ラベル・ジャパンという団体。その団体によると、フェアトレードは以下のように定義されています。 フェアトレードとは直訳すると「公平な貿易」。 ※国際フェアトレード認証では、製品のうち100%がフェアトレード原料である商品のみ、商品名に「フェアトレード」と記載できます(例:フェアトレードコーヒー、フェアトレード大豆、フェアトレードシュガーなど)。 ★英国で販売されている袋詰めの砂糖の44%が認定フェアトレードです。 日本で流通するフェアトレード製品は、従来 約7割をコーヒー豆が占めていました。 ドイツ「国際フェアトレードラベル機構」)によるフェアトレード商品を1993 年、日本で 日本ではよく「フェアトレード製品は児童労働が100%ないモノ」と紹介されることがありますが、フェアトレード製品は「児童労働をなくすことを目指した製品」であり、「児童労働がないことを証明した製品」ではありません。 フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … フェアトレード(Fair Trade : 公平貿易)とは、発展途上国でつくられた 農 作物や製品を適正な価格で継続的に取引することより、生産者の生活を支える 貿易のありかた です。ときに国際協力・資金援助は 、援助する側の都合によ り 左右され、継続性に欠ける問題点があります。それに対して 、フェアトレードは、私たち消費者が 日常生活でコーヒーやバナナ、チョコレートなど、 商品 の 購入 から生産者の生活を支えられる取り組みで、貧困課題の解決策のひとつとして、世界中で広がるムーブメントになっています。, フェアトレードはヨーロッパを中心に1960 年代から広まり、世界 的 な 運動になりました。数千もの「第三世界」ショップが世界中に開かれ、日本でもフェアトレードに取り組む団体 フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … 4 もくじ はじめに 1 平成23 年度外務省ngo 研究会「フェアトレードを通じた国際協力」活動一覧 2 第1章 フェアトレードと国際協力 1.1 フェアトレード概論 6 1.2 日本の国際協力ngoのフェアトレード取り組み現状~アンケート調査結果報告~ 12 第2 章 日本のフェアトレード活動事例 (function(d){var js, id="pikto-embed-js", ref=d.getElementsByTagName("script")[0];if (d.getElementById(id)) { return;}js=d.createElement("script"); js.id=id; js.async=true;js.src="https://create.piktochart.com/assets/embedding/embed.js";ref.parentNode.insertBefore(js, ref);}(document)); これを見ると、日本での流通金額はイギリスに比べて圧倒的に少ないことが一目でわかるだろう。イギリスでフェアトレード商品が莫大な規模で流通する中で、日本では徐々に増えているとはいえ、なぜこのような小さな規模でしか扱われていないのだろうか。そもそも、フェアトレードは日本でどのくらい認知されているのだろうか。フェアトレードの認知度、フェアトレード認証マークの認知度、公平な貿易のために少し高値でもフェアトレード商品を買うことに賛成である人の割合を日本とイギリスで比較し、以下にまとめた。, どの項目でも日本はイギリスよりも割合がはるかに低く、日本ではフェアトレードがあまり定着していないと言える。ということは、当たり前の豊かな暮らしが途上国への搾取の上に成り立っていることを意識して生活している人は、日本にはあまりいないということだ。つまり、日本でフェアトレードの認知率が低く流通金額も少ないのは、他の国で起こっている貧困や搾取について日常的に知る機会があまりないからではないだろうか。では、本来他の国の情報をわたしたちに与え他国との窓口になるメディアは、どの程度フェアトレードについて報道しているのだろうか。, フェアトレードに関する報道以前に、そもそも日本では貧困国とその人々についてほとんど報道されていない。全国紙3社で後発開発途上国について報道された文字数の割合は、国際報道全体のわずか5%前後に過ぎない。また、「フェアトレード」という単語を含む記事は2007年から2016年の10年間でイギリス全国紙のThe Times of Londonでは376件、The Guardianでは837件(10年分の総数)であったが、日本の同3社では、朝日新聞で93件、読売新聞で86件、毎日新聞で74件だけだ。さらに、この中で記事の本題がフェアトレードのもの(記事全体のテーマとして扱われているもの)に絞ると朝日新聞で23件、読売新聞で23件、毎日新聞で26件という少数にとどまった。また、そのうちの約17%は読者からのフェアトレードの拡大を呼び掛ける投書だった。, また、記事の数だけでなく、内容にも日英間でかなり差異があった。イギリスの2社の記事の中には、途上国の生産者の現状や、フェアトレードを通して生産者の現場にどのような変化がもたらされたのかを報道したものも多く、貧困国に対する搾取のよりリアルな実態について考える機会が日本よりも多く提供されている。また、フェアトレードが抱える問題点なども指摘され、フェアトレードの適切性も議論されている。一方、日本の報道ではイギリスで報道されているような生産者の貧困の実態やフェアトレードの問題点はほとんど取り上げられていない代わりに、ある興味深い特徴があった。フェアトレードを本題とする記事の主体を分析した結果は以下のようになった。, これを見ると、日本のフェアトレード報道は企業の取り組みや商品の紹介に偏っていて、実際にフェアトレードによって影響を受ける生産者やその生活については、ほとんど報道されていないことがわかる。, 日本のフェアトレード報道が目玉とするのは、フェアトレードに従事する人や企業の「社会貢献」だ。企業や商品・市場の特集では、「社会貢献」そのものを商品とする新しい形のビジネスチャンスや、フェアトレードを導入するに至った会社のストーリーを紹介し、学生の活動を中心に扱ったものでは、いかに学生が献身的にフェアトレードに取り組んでいるかにスポットを当てている。また、2011年の東日本大震災以降は、被災地の産品の差別のない販売を呼び掛けたり、被災者の作成した手芸品を取り上げたりするなど、風評被害対策を「フェアトレード」として扱った記事も複数あった。これは、冒頭で述べた通り、日本で人々が一般的に持つ「フェアトレード=いいこと」のイメージに起因するものであり、同時にこのイメージを強化するものでもある。各社の記事を分析する中で「フェアトレードの商品を通して途上国の生産者に想いをはせる」というフレーズが頻繁に見受けられたが、日本のメディアが注目しているのはあくまで想いをはせる「私たち」であって、肝心の生産者の現状はほとんどわからない報道形態になってしまっている。つまり、報道を通して私たちに見えるのは、フェアトレードの活動自体の奉仕的性質や活動家の献身であり、現地の生産者に対する実際の効果や未解決の問題点の情報は、ほどんどと言っていいほど提供されていないのだ。, では、実際にフェアトレードは日本のメディアが称賛するほど献身的な奉仕活動なのだろうか。フェアトレードで行われていることは、先に述べたとおり、あくまで途上国で生産された商品を「適正価格で」買い取るものであり、いうなれば搾取が行われていたマイナスの現状をゼロに戻すものにすぎない。つまり、持たざる者への奉仕ではなく、私たちが持たざる状況へ追い込んできた人々を私たちと同じスタートラインに立てるようにするための活動だ。また、取引を「フェア」とする価値基準も消費者側の先進国のものである点で、フェアと呼ぶに値するのかどうかも議論されている。フェアトレード認証商品の生産者の生活を見ても、以前に比べて貧困は多少解消されているが、消費者側の先進国の生活水準には遠く及ばないのが現状だ。しかし、いくらか問題はあれどフェアトレードは世界全体の公平な貿易を達成する第一歩として非常に重要な取り組みだ。まずは世界全体の貿易取引のレベルを現在のフェアトレードのレベルまで底上げすれば、そこを新たなスタートラインとして貿易基準のならなる発展も期待できる。フェアトレードを「一部の企業や学生が取り組む支援活動」として押し出すのではなく、「不公平な世界の貿易を変える第一歩」として誰もが商品を手にするきっかけを作るような報道がなされるとき、世界が本当に動き出すのではないだろうか。, ストライキが起こったインドのダージリン地方で茶摘みをする女性 (Maximum Exposure PR/shutterstock.com), ライター:Yuka Komai

コナン 喘息 小説, 声優 歌い手 両立, Google シークレットモード Iphone消し方, Chrome Vpn 接続できない, 京都駅 バイト 短期, 物置 棚板 Diy, ムーミン マスク 販売店,