きみの友だち ... )はフリースクールでボランティアをしており、子供たちに自分が撮影した空の写真・もこもこ雲をプレゼントしている。取材しに訪れたジャーナリストの中原(福士誠治)に恵美は、かけがえのない友だちのことを話し始める。 きみの友だち 交通事故の後遺症がきっかけで、周囲の同級生や知人達と、壁を作ってきた少女、恵美と、病弱で学校を休みがちだった少女、由香。 とある出来事を境に、2人がかけがえのない友情と言う絆を深めていくことを描いた作品。 秋川滝美「居酒屋ぼったくり おかわり!」~人とのつながりの温かさ☆おいしい料理と笑顔が集う♪~, 東野圭吾「ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人」~叔父と姪が殺人の真相に迫る!最後のショータイムで真実が☆, 秋川滝美「ひとり旅日和 縁結び!」~旅を重ねるごとに成長していく日和☆片思いの彼との距離も縮まってく?!, 麻宮ゆり子「碧と花電車の街」~テテナシゴ「碧」が偏見を受けながらも映画と花電車を愛し成長する☆, 小湊悠貴「ゆきうさぎのお品書き あらたな季節の店開き」~ハッピーエンドの完結編☆大樹と碧の強い絆がみんなを幸せに~, 山本甲士「ひかりの魔女~にゅうめんの巻」~姉さんかぶり・作務衣・割烹着・地下足袋のひかりおばあちゃんは幸せの魔法使い☆, 山口恵以子「食堂のおばちゃん6 あの日の親子丼」~万里が引き抜き?あらぬ誹謗中傷ではじめ食堂の危機?!~, 東野圭吾「希望の糸」~家族を思う糸が絡まって起こる事件!そこにある真実にいい刑事に成長した松宮が迫る☆, 小湊悠貴「ゆきうさぎのお品書き~白雪姫の焼きりんご」~付き合って半年の大樹と碧の絆を深めた翡翠ナス☆ある人物の登場に2人は?!~. みんな、きみの友だちである。 なかでもラスト近く病室の天井にもこもこ雲が貼ってあったのには号泣してしまう。いろんな雲のショットがあったが、一番素晴らしい。そう、青空だけでは単調すぎる。雲があって初めて雨にもなり、光を制限してくれる。 『きみの友だち (新潮文庫)』(重松清) のみんなのレビュー・感想ページです(861レビュー)。作品紹介・あらすじ:わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる-。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。 きみの話をする。じつを言うと、僕は少しきみに似ているところがある。 きみは、雲になればいい。青だけの空じゃのっぺらぼう・・・空の顔つきって雲で決まるんだよ。お日さまだってギラギラして、うっとうしいときもあるじゃん。 重松清の感動作の映画化作品。交通事故の後遺症がきっかけで、周囲の同級生や知人達と、壁を作ってきた少女、恵美と、病弱で学校を休みがちだった少女、由香。とある出来事を境に、2人がかけがえのない友情と言う絆を深めていくことを描いた作品。 他人だよ、そんなの。でも特別な他人、大切な他人。 [amazonjs asin="4101349223" locale="JP" title="きみの友だち (新潮文庫)"] 学校生活でも社会へ出ても、そこでの生活を豊かにしてくれるかどうかは、友だちにかかっているといっても過言ではない。「あんな子と友だちになっちゃいけません」など、そばにいるだけで自分のイメージや評判さえも左右する。 もこもこ雲の写真が、すごくきれいでした。 (投稿日:2008年9月22日) テンポがゆっくりめの映画は苦手だったけど、この映画は原作がすごく気に入っているからか、ゆったり感がすごく心地よかった。 それは由香ちゃんと恵美ちゃんの雲だ。この小説を読み終えた私たちも『もこもこ雲』を探している。心に痛みをもちながら。-----「きみの友だち」。よい題の小説だと思う。自分の中の自分に「友だちってなんだと思う?」と静かに問いかけてみたくなる。 そんなセリフはこの小説には出てこない。しかし「みんな」ということばの痛みや怖れを「きみ」である「私」があのときどう感じたのか、この小説はまざまざと思い出させてくれる。だからもしかすると「きみ」はこの小説の前半で読むのが辛くなり、この本を投げ出したくなるかもしれない。, けれどくじけずに読んでほしい。松葉杖がないと歩けない恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんがどんな友だちだったのかを知ってほしい。, 恵美ちゃんは言う。「だから・・・『みんな』に付き合ってる暇なんてない」 空を見上げれば青い空に真っ白な小さな雲が浮かんでいる。それは由香ちゃんが好きな『もこもこ雲』だ。, 生きるのに不器用であることが辛くないなんてことはない。でも探してみてほしい。きっと『もこもこ』とした雲が青い空にみつかるはずだ。それは由香ちゃんと恵美ちゃんの雲だ。この小説を読み終えた私たちも『もこもこ雲』を探している。心に痛みをもちながら。, --------「きみの友だち」。よい題の小説だと思う。自分の中の自分に「友だちってなんだと思う?」と静かに問いかけてみたくなる。, 子どもの頃に「友だちって何だろう?」と考えたことは誰にでもあるはずだ。「クラスが同じだったら友だち?」、「家に遊びに行ったら友だち?」。 小説を読み終えて、自分にはまだその結論が出せていないことがわかる。, この小説はアンソロジーのような形式で書かれている。時間や登場人物が交錯し、最初は少し読みにくいと感じるかもしれない。登場人物たちの誰かに自らが重なり、心がざわついてしまうかもしれない。「あの頃の思い出はそんなに素敵ではない」と思うかもしれない。しかし、読み終わると気づく。いまの自分がそこにいる。, もし「私は私。そうだよね?」と尋ねたら、「きみ」はどんな風に答えるだろう。そっけなく、ちょっと怒った声で答えるのだろうか。「『みんな』じゃないってことだけじゃ、十分じゃないよ」と。それとも黙って空を見上げるだろうか。, ---1969年に書かれた児童小説に大石真の「教室二〇五号」がある。そこで描かれているのは60年代の子どもたちだ。現代の子どもたちとは単純には比較できない。両者はどこか本質的に違う。, 教室二〇五号の少年たちは、物理的な秘密の部屋を共有していた。現代の子たちにあるのは心理的な秘密の部屋だけなのかもしれない。60年代の子どもたちに辛い気持ちがないはずがない。いじめや嫌がらせもあったし、靴を隠して知らないふりをする卑怯者もいた。心の秘密の部屋に逃げ込むしかないこともあった。しかし、個が侵蝕される度合いはどうだろうか。, 生態系という言葉が浮かぶ。60年代と現代とでは生態系が異なるのかもしれない。その違いが現代においては個への著しい侵蝕と個と集団の区別の曖昧さを生む。過剰反応のような自己防衛的な攻撃、すべてを0か100かに区分けするデジタル的な態度、抑圧的な同調。, それらはあいまって、他の植物の生長を抑制するセイタカアワダチソウなどが持つアレロパシーのように作用する。他感作用と和訳されるアレロパシーはギリシア語の「互いに」と「感受」からなる合成語だ。子どもの世界が互いに発するアレロパシーによって支配されている。そこにあるのは生態系としての「逃れらえない世界」だ。, 最終的に「きみの友だち」に答えはない。ヒントだけ。それは生態系として逃れられない世界に生きる小さな者たちへ、著者がさしのべる救いとやさしさのまなざしだ。, okadamktさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog > 「もこもこ雲」を探してみたくなる映画♪ 【無料】「鬼滅の刃」アニメ第一話を配信中(GYAO!ストア) きみの友だち (2008) ブログを報告する, 生産的に書くことは誰にでも可能: ポール.J・シルヴィア 『できる研究者の論文生産術』. 本と雲と雨と柚子と冬がすき。主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。 そして、この「友だち」 いろんな友だちがでてくるけどね・・・ 答えはひとつじゃない。 そしてなにより、青いそらを見上げたとき、夕焼けぞらを見上げたとき、この本を読んだらつい探しちゃうよ? もこもこ雲を・・・ 最後の章は「きみの友だち」。 物語の語り手だった人物は実は恵美ちゃんの結婚相手だった。 フリーライターの彼が書いた文章だったのだ。 小さなギャラリーには空の写真がいっぱいと、人の写真が飾られていた。 「もこもこ雲」。 「きみの友だち」(重松清・新潮社) もこもこ雲は沢山の痛みと優しさの象徴だ。 神奈川県/横山 里奈 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」(小前亮・小峰書店) ”知りたい”と想う気持ちが歩ませる。夢の続きがここにある。 島根県/斉藤 恵子 優しい子は天国に行く時に「もこもこ雲」を残す。 一緒の写真はなかったかわりに、恵美は雲を写真に撮る― きみの友だち・ 一日だけ、恵美の写真がギャラリーに飾られた。 京都の大学に行ったモト、浪人中のブン、三好、プー太郎の佐藤先輩、 『きみの友だち』 原作:重松 清 / 監督:廣木隆一 足の不自由な恵美と腎臓疾患により身体の弱い由香。 クラスメイトに二人仲がいい理由を聞かれて 「歩く早さが同じ」だから と。 女子学生にありがちな“独特なつきあい”の中からはあまり出てこない言葉だと思う。 新宮広明「レシピ泥棒」~覆面調査員の美女はレシピ泥棒?お人好しの助手は翻弄さ... 佐藤青南「たとえば、君という裏切り」~こんなにも人のために人生を捧げられるの... 秋川滝美「居酒屋ぼったくり おかわり!」~人とのつながりの温かさ☆おいしい料理... 東野圭吾「ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人」~叔父と姪が殺人の真相に迫... 秋川滝美「ひとり旅日和 縁結び!」~旅を重ねるごとに成長していく日和☆片思いの... 村山仁志「事件記者 星乃さやかの涙」~泣き上戸のさやかが遭遇する事件!その涙... 鏑木連「見えない轍」~心療内科医「慶太郎」は患者のために探偵になる!ガッツポ... 鏑木蓮「残心」~ルポライターが遭遇した老々介護無理心中。その現場で冬美は綻び... 山口恵以子「婚活食堂4」~4人の女を侍らすIT企業の独身社長その真実は意外なも... 新宮広明「レシピ泥棒」~覆面調査員の美女はレシピ泥棒?お人好しの助手は翻弄される?~, 佐藤青南「たとえば、君という裏切り」~こんなにも人のために人生を捧げられるのか?~, 村山仁志「事件記者 星乃さやかの涙」~泣き上戸のさやかが遭遇する事件!その涙が人の心を動かす☆, 鏑木連「見えない轍」~心療内科医「慶太郎」は患者のために探偵になる!ガッツポーズの女性の死の真相とは?!, 鏑木蓮「残心」~ルポライターが遭遇した老々介護無理心中。その現場で冬美は綻びを見つけてしまう!, 山口恵以子「婚活食堂4」~4人の女を侍らすIT企業の独身社長その真実は意外なものだった!!. 本日の紹介は「きみの友だち」。2008年公開。 主演は、石橋杏奈。 20歳の和泉恵美(石橋杏奈)はフリースクールでボランティアをしており、 子供たちに自分が撮影した空の写真「もこもこ雲」をプレゼ … 恵美が中原と行う写真展の準備をしていると、由香の両親が訪れる。彼らは、由香の13歳の誕生日に恵美がプレゼントしたもこもこ雲の絵を二人で笑顔で見ている写真を渡す。恵美はそれを懐かしそうに見つめ、空を見上げる。 (goo映画より) もこもこ雲 先日、仙台に向かっていたら 「もこもこ雲」を見つけました。 思わずシャッターを。(もちろん助手席ですよ) 「もこもこ雲」とは重松清さんの小説 「きみの友だち」にでてくるキーワードであ … 青空に取り残されたようにぽつんと佇む白い雲。あのもこもこ雲はあの子。きみたちが彼女を思って流した涙が空へ昇って生まれた。きみの心が乾いてひび割れそうな時、静かな雨でそっと潤してくれて、涙は巡る。離れても、きみは大好きな友だち。 | 友だちもいなかった。 そんな由香と恵美は 「もこもこ雲」の関係になる 空にぽつんと一つ離れて浮かんでる雲 由香は恵美のことをそう表現した。 そして・・ 恵美にとって 由香もまた「もこもこ雲」なのだ。 いつも一緒にいれば「友だち」? きみの友だち重松 清 07-89 ★★★★★ 【きみの友だち】 重松 清 著 新潮社 《友だちって何だろうか、きっと『もこもこ雲の』の向こうに、》 内容(「marc」データベースより)友だち? きみの友だちに興味があるあなたにオススメ ... 存在感になる、と云う事でしょうか。2人の共有する「もこもこ雲」もそうです。「もこもこ雲」なんて雲はないのに、一生懸命を伝え合う2人には、それが見 … それは『きみの友だち』の中でとても大切にされている雲です。 世界にひとつしかない『もこもこ雲』を見つけてください。 重松清さんの原作を読んでいただいたり、映画を見ていただけばわかりますが、別に「雲」そのものの写真でなくてもOKです。 恵美と由香が友だちになった頃、由香は時々懐かしそうに空に浮かぶ「もこもこ雲」を見上げる。 病院生活が長かった由香は、お友達の部屋に描かれていた「もこもこ雲」を見ながら、ずっと友だちが欲しいと思っていたのだ。