【フェアトレード】世界の貿易の不平等をなくす取り組みの一つ「フェアトレード」SDGsとの密接なかかわりとは? SDGs(エス・ディー・ジーズ)持続可能な開発目標の17の目標が掲げられた背景から、目指すゴールまでをわかりやすく解説しています。 フェアトレードの取り組みを計18ヶ国で行い、各国でフェアトレードコーヒー・紅茶・カカオ(チョコレート)の生産者の支援を行っています。すき家・はま寿司・ココスなど国内外3,000店舗以上でフェアトレードコーヒー・紅茶・ココア(チョコレート)を提供しています。 フェアトレード・タウン(Fairtrade Town)とは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを旨とした「公平貿易証明」がなされた商品(フェアトレード製品)の利用を促進しているとして、公正貿易証明団体から認定された都市である。 フェアトレードタウン・ジャパン ホームページ http://www.fairtrade-town-japan.com/. 2014年3月28日〜30日の3日間、熊本市で第8回フェアトレードタウン国際会議が開催された。同会議は、世界および日本におけるフェアトレードの動向とその行方を議論し、明らかにしようとするシンポジウムである。2007年の初開催以来、ほぼ毎年ヨーロッパで開催されてきたが、第8回目と … 2003年度 卒業論文 フェトレードを通して見えるもの ―責任ある消費者として自分を見つめるとき、社会を見つめるとき― 上智大学外国語学部英語学科 国際関係副専攻 A0051336 山田 里紗 指導教官 下川雅 … フェアトレードのバナナ=意識が高い?その感覚大丈夫? 最近CMで「フェアトレードのバナナ」が宣伝されており、それを高校生が聞いて、「意識が高い」と言っているのを見ました。 私はこれを見たとき、未だにフェアトレードは日本で普及していなとがっかりしました。 フェアトレードがとても盛んなイギリスも、ほぼ同時期に組織が立ち上がりました。 日本でのフェアトレード認証ラベル製品は、わかちあいプロジェクトと第一コーヒー株式会社がコーヒーを1993年の春から売り始めたのが最初です。 ョ―グループの採用情報はこちら, お取引に関する当社の考え方について. この記事では、エシカル消費について解説しています。エシカル消費とは何か、エシカル消費の基準、具体例、フェアトレードとの関係などについて詳しく丁寧に説明しています。また、エシカル消費は身近で簡単に始められる国際協力の一つであるとも言えます。 *フェアトレードタウン・ジャパン ホームページ http://www.fairtrade-town-japan.com/, ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。. 4年間、スタバで働いていた経験があり、 在籍中に、2年連続でブラックエプロン試験も合格しました。 フェアトレードとスタバの関係は数十年前から始まっており、実際にスタバでは毎月20日を「フェアトレードコーヒーの日」としています。 フェアトレードは個人での取り組みだけではありません。行政や企業、地域のお店などが消費者と一体となり、フェアトレード製品を販売・購入を推進したり、イベントや勉強会を開催するなど、地域全体でフェアトレードを広める活動に積極的に取り組んでいるところもあります。 3 はじめに 近年、フェアトレードは発展途上国の持続可能な開発援助方法の一つとして注目されてき ている。フェアトレード認証マークのついた商品を店頭で見かける機会も少なくない。しか しその認知度は徐々に上がってきているものの日本は先進国の中ではその普及に遅れをと イギリスはさまざまな方策を駆使して乗り越えてきた。こうし た歴史的経緯もあり、イギリスは古くからエシカル意識が高い 国として知られている。一連の流れは19世紀末に生じた<自然 と歴史的環境を守る住民運動>ナショナル・トラスト[注 7月 日本フェアトレード・フォーラムの調査で熊本市でのフェアトレード認知度が前回調査の32%から39.8%となる。 第9回フェアトレードタウン国際会議(イギリス・ブリストル)に明石出席 イギリスでもフェアトレードが十分に普及した状況にあるわけではない。普及の速度が早かったというだけである。今後さらにフェアトレードが主流になっていくための取り組みを、イギリスのフェアトレード団体たちはどのように行っていくのか。地球 フェアトレードタウンなごや推進委員会ウェブサイト。弱者への不平等をなくし、困っている人々の心に寄り添い、持続的な支援で世界の仲間たちのことを思い、世界中のみんなが笑顔でつながるフェアトレードの思いを名古屋・愛知・中部から発信したいと思います。 イギリスのヴィヴィアン・ウエストウッドでは、アフリカ貧困地区の生産者を支援する現地の団体と協力して、フェアトレードな取り組みを実施。アフリカらしい極彩色の「アフリカバッグ」は、フェアトレード製品としてだけではなく、デザインの美しさ 香りを確かめながら、型にはめて固まると出来上がりです。フェアトレードについて、クイズ形式で遊びながら学び、たくさんの質問をしている子供たち。子供たちが飽きないような工夫があり、さすがにフェアトレードタウン先進国だなと感じました。, 参照 イギリスのフェアトレードチョコレート会社「Divine(ディバイン)」 1.1. 「フェアトレード大学」とは、大学全体でフェアトレードの推進活動に取り組んでいる大学を認証するものです。世界で初めてフェアトレード大学に認定されたのは、イギリスのオックスフォードブルックス大学で、その後、欧米を中心に170余の大学がフェアトレード大学に認定されています。 フェアトレードは、国際協力における一方的な援助ではなく、途上国の零細な生産者や労働者が人間らしい生活を送れるよう、対等なパートナーシップの元に持続的に取引していくことをめざして、第二次世界大戦後にアメリカで始まり、世界に広がりました。日本では1970年代から国際協力NGOの活動の一環としてスタートし、フェアトレードに特化した団体によって活動が続いてきました。 しかし、NGOやフェアトレード団体だけでは、品質面の問題や高価格のため市場が広げにくいといった課題に直面 … これはフェアトレードに対して町を挙げて取り組み、フェアトレード・タウンの認証基準をクリアした市町村がフェアトレード・タウン宣言が出来るというものであり、現在イギリスでは100以上のフェアトレードタウンが誕生し、町の認知度が上がる アフリカの「シンボル」を生かした秀逸な 【イギリス】フェアトレード財団、持続可能なサプライチェーンと競争法の関係についてガイドライン策定を要望 2017/12/03 最新ニュース 【国際】PM2.5の削減で気温上昇は加速。九州大学教授が論文発表。吸収しなければ止め 株主はカカオ農家!? SDGsの目標達成に向けた取り組み 2. 実はフェアトレード総売上1位を誇るイギリスでも、フェアトレードゴールドの認知度は国民の10%にすぎません。日本とはベースが大きく違うものの、一製品の認知度を向上するといった点では学ぶべきことがたくさんあると思うのでこれからも Copyright © Global Organic Network All rights Reserved. カカオ農家の利益につながる会社の仕組み 1.2. イギリスのガ―スタングとういう街は、2001年に世界で初めてフェアトレードタウンと認定された街です。フェアトレードは知っていても、フェアトレードタウンという「フェアトレード運動」を具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。 [1]フェアトレードとは 買い物をする際に、「どうしてこんなに安いのだろう」と感じたことはありませんか。安価であることは消費者にとってありがたいことですが、驚くほど安く購入できる商品の中には、開発途上国でつくられたものが少なくありません。 フェアトレードは、途上国などの立場の弱い生産者に、寄付ではなく、商品を適正な価格で継続して買い取ることで、生産者が自立できるように支援する貿易の仕組みです。適正な価格で買い取った商品をイオンが販売し、お客さまに購入いただくことで、継続的な支援が実現します。 フェアトレードタウンとは、フェアトレードのサポートに率先して取り組んでいる市区町村、郡、県などの自治体を、フェアトレードタウンとして認定する仕組みです。このフェアトレードを街全体で応援するという取り組みの発祥はイギリスの フェアトレード認証製品取扱世界最大規模 (2017年度実績・約435億円) イギリス大手流通Waitrose(ウェイトローズ) 2007年からフェアトレード認証製品取扱い 現在250のPB商品でフェアトレード認証 2017年~PB紅茶全46品を 100%フェアトレード 目次 1. フェアトレードは大手企業も参入 フェアトレードは、大手企業からも注目されている市場のようです。欧米諸国では、すでに市場規模が数千億円になっている国もあるとか。日本でも、イオン、スターバックス、無印良品など、徐々に参入している企業が増えているそうです。 フェアトレードが盛んなイギリスの現状 英国では、2012年にフェアトレード製品の売上高は15億ポンド、2,580億円に達しました – 前年比18パーセントの増加でした。 消費者の78%がフェアトレードマークを知っています。 イギリスのガ―スタングとういう街は、2001年に世界で初めてフェアトレードタウンと認定された街です。フェアトレードは知っていても、フェアトレードタウンという「フェアトレード運動」を具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。, それは、おもにフェアトレード商品の普及が目的の運動のことですが、公正貿易証明団体から認定されるためには、推進組織の設立、運動の展開と市民の啓発、地元議会の決議などを含む6つの基準を満たしていなくてはなりません。急速に増えている世界のフェアトレードシティ、タウン、ヴィレッジなどは、今1200を超えています。, さらに国内の地域社会の活性化など、ローカルな取り組みにもアプローチしてきています。アジアでは日本の熊本市のみが、2011年にフェアトレードシティと認定され今年の3月には国際会議も開催されました。年内には名古屋市もフェアトレードシティと認定される見込みです。, ロンドンから北西へ列車で2時間ほどのところにあるフェアトレードタウン発祥の地、ガ―スタングの教育の現場に行ってきました。指導しているのは、フェアトレードタウン創始者のブルース・クラウザー氏です。, 自然に恵まれた学校のような公的な建物には、フェアトレード商品の販売やフェアトレードの歴史が学べる掲示板の展示などがありました。, 8歳から11歳までの子供たちが、まずガ―ナのカカオ農場について学び、その後実際にチョコレートを作ってみるのです。カカオの中にあるカカオ豆をローストして、細かくすりつぶし、カカオバターやお砂糖を何%加えて行けば良いのか確認しながら練っていく、だんだんとチョコレートになっていく作業に皆大喜びでした。, ▲熱心に話を聞く子供たち(右は元フェアトレードシティくまもと推進委員会代表明石祥子氏), ▲最後のチョコレートを型に入れていく作業