タイ首都で中高生デモ 教育改革訴える 2020年11月21日 21:57 | 無料公開 21日、バンコクで行われた教育改革を訴えるデモの参加者(ロイター=共同) 2020/08/23 5:50. タイで反政府デモが続く。プラユット首相の退陣や王室改革を求める若者たちと治安当局との間で衝突も発生している。反政府運動の指導者らの逮捕も相次ぐ。そんな緊張にもかかわらず、微笑みの国のデモ … タイの首都バンコクで緊急事態宣言発令後に集結し、明かりをかざすデモの参加者ら(2020年10月15日撮影)。(c)Jack TAYLOR / AFP The New York Times. Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved.すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 10月14日、タイ・バンコクではプラユット・チャンオチャ政権の退陣と王室改革を求める大規模な政治集会が開かれた。, 警備当局が厳戒態勢を敷く中、時計の針が深夜0時を過ぎても街頭行動が止むことはなかった。15日払暁には、プラユット政権が5人以上の集会禁止措置を含む非常事態宣言をバンコクに発し、午後になると同措置を11月13日までの30日間に延長することを明らかにした。, 13日から15日にかけ、デモ隊指導者の50人前後が逮捕され、「平民団体」を名乗る集会の主催者が解散宣言を発したにもかかわらず、「1人1人が指導者」を掲げた参加者の街頭行動はエスカレートする一方だった。, 14日から15日にかけ王毅・中国外交部長がタイを訪問し、プラユット首相と会談したこともあってか、街頭には「香港独立旗」や「チベット独立旗」までが登場している。, 17日午前には地下鉄と高架鉄道駅での示威行動が噂されたことから、当局が空港路線を含む首都圏交通網を停止し、香港で昨年6月に発生した混乱の再現が危惧される。, だが、デモは一向に収まる気配はなく、21日夜には首相退陣を求めて首相府へのデモが敢行された。これに対しプラユット首相は「平和的デモ」を条件に、22日に非常事態宣言解除をしたのである。, まさに朝令暮改的な政府側の対応の背景を考えるなら、かりにプラユット首相が退陣したとしても、混乱の鎮静化は容易ではないだろう。, 最悪の場合、軍事政権退陣を求めた街頭行動の制圧に国軍が乗り出し、バンコクに大混乱を招いた1992年の「5月事件」、あるいは2006年から2014年まで繰り返され、タイ政治を機能不全に陥らせた「赤シャツ派(タクシン支持勢力)VS.黄シャツ派(反タクシン勢力)」の長期抗争のような事態も想定しておく必要がありそうだ。, 「香港独立旗」「チベット独立旗」の登場は、中国との友好関係に障害を引き起こしかねない。その場合、プラユット政権の目玉政策である経済発展のための国土改造プロジェクト――中国との協力による高速鉄道建設「EEC(東部経済回廊)構想」など――に支障を来す可能性すら想定される。, どうやらプラユット政権は、新型コロナ禍との戦いの最中にもう1つの厄介な問題を抱えてしまったと言えるだろう。, じつは14日からの緊張とは対照的に、13日のタイは全国的に平穏に過ぎた。4年前の10月13日に亡くなったプミポン前国王を偲び、その遺徳を讃える厳粛な式典が、国を挙げて行われたのである。, バンコクでは王宮に高僧が参集して法要が営まれ、人々は国王欽慕の意を表す黄色の服を纏い、王宮に安置された前国王像に首を垂れた。, 一連の式典のために生活拠点を置くドイツから一時帰国したマハー・ワチュラロンコン国王夫妻の車列に向かって、雨の沿道からは歓呼の声が上がった。, 王宮前広場ではプラユット首相に率いられた枢密院議長、国会議長、最高裁長官、閣僚、バンコク都知事、国軍首脳、警察局長など純白の礼服に身を包んだ文武百官が威儀を正して整列し、芝生に跪いて前国王の巨大な画像に額づいた。, タイでは「カーラーチャカーン」と呼ばれる彼らは、公僕(=公務員)ではない。現在でもなお「ラーチャカーン(国王)」の僕(しもべ)として振る舞い、遇されている。, 雨に打たれた王宮前広場の鮮やかな緑の芝生に純白の礼服が映え、英明な君主を慕う臣下の姿が描き出される。それは、王国であろうとするタイの意志を具象化しているようにも感じられた。, こうして中世王朝絵巻さながらに可視化された「王国としてのタイ」はしかし、翌14日には綻びを覗かせてしまう。, ここで1つの疑問を持つ。なぜ街頭行動は前国王の祥月命日の翌日に呼び掛けられたのか。, 1973年10月14日に起きた「血の日曜日事件」を境に長期軍事政権は崩壊に向かい、学生らが求めた「民主化」が達成された。, 当時のタノム・キティカチョン政権は、1960年代前半から続く長期軍人独裁体制を布いてはいたものの、国内的な不満に加え、ヴェトナム戦争における解放勢力の躍進という内外情勢を受け、動揺を隠せなくなっていた。この機を捉えた学生らは民主化要求を掲げ、一気に攻勢に転じ、10月13日にバンコクに一般市民を加えた40万人を集め、反軍事政権を掲げたデモを敢行した。, 長期軍事独裁体制下では考えられない異常事態の渦中で、それまで政治的振る舞いを控えていたプミポン国王が動いた。独裁政権と民主化運動中核の学生組織の仲介役を務め、軍事政権側に民主憲法発布と公平な選挙実施を約束させたのである。, 国王の存在を背景にした勝利に勢いづけられた学生の一部は14日になっても街頭行動を止めることなく、王宮に向け動き出す。さらなる民主化を国王に期待したのだろう。, この動きを阻止した武装警官との間で衝突が起こり、死者77人、負傷者857人という流血の惨事となり、官庁街での焼き打ち事件にまで発展した。, 一連の異常事態の責任を負う形でタノム政権は退陣し、それまでは国軍内の派閥抗争と同義語に近かった権力構造は、激変してしまう。政治的影響力を大幅に後退させた国軍に代わって、民主派を掲げる勢力が国政の中枢を占めるようになったのだ。, この事件は、10月14日に因んで「シップシー・トゥーラー(10月14日)」とも表現される。, 新しく国政を担った勢力にとっての政治行動の規範は「国王を元首とする民主主義」であり、そこで念頭に置かれている「国王」はプミポン国王を措いて他には考えられなかっただろう。, 「シップシー・トゥーラー」は「学生革命」から半世紀ほどが過ぎた現在でも、タイでは民主化を意味する強いメッセージである一方、国王の意向がタイ内政に決定的影響を与えることが明らかになった1日でもあった。, こうして「国王を元首とする民主主義」はプミポン国王によって具現化され、可視化されていったのである。, だが、タイ社会はこの事件を機に「民主化のジレンマ」に陥ってしまったことを敢えて指摘しておきたい。, 王制と民主化の相克という「メビウスの輪」に閉じ込められたまま、タイは現在に至るも決定的な“解”を得られていないのだ。, 今回の事態の根底には、軍事政権の延長に近いプラユット政権下の社会的不平等・不公正に対する若者の不満や、新型コロナ禍に起因する社会不安などといった一般に伝えられる要因を超えた、いわばタイが根源的に抱えている問題が潜んでいる。, ここで指摘しておきたいのが、1976年と77年の2度のクーデターの指導者で、77年から80年まで政権を握ったクリアンサク・チャマナン元首相が、現行の日本国憲法が定める「象徴としての天皇」に極めて強い関心を示していたことである。, かりに「象徴としての国王」が実現していたとしたら、タイは「メビウスの輪」から脱することが可能であった。あるいは「象徴としての国王」は現実政治の動きを超越した存在と位置づけられ、新たな形の「国王を元首とする民主主義」に踏み出していたかもしれない。, 王党派を軸とする政党が、国軍主流を軸とするクリアンサク政権打倒に動き、国軍本流とは一線を画していた国防相のプレム・ティンスラーノン大将を担ぎ出してプレム政権を成立させたのである。, プレム首相は1981年4月の国軍主流を背景とするクーデターを叩き潰したことで国軍の主導権を握る一方、国王を補完する形で国政に圧倒的影響力を発揮し、維持することになる。以後、国軍はプレム大将にとっての現実政治の上での“禁軍”と化した。, こうして1980年代初頭に同一歩調を取り出した国王(権威)とプレム大将(権力)の下で、数々の政治混乱の収拾が図られ、現在まで続くタイ社会の安定と融和が維持されてきた。プミポン国王とプレム大将(後に枢密院議長)の連携こそが「国王を元首とする民主主義」の実態であった。, そして、この図式を下支えしてきたのが、かねて筆者が指摘してきた「ABCM複合体」――A(王室)、B(官界)、C(財界)、M(国軍)――である。, もっとも、筆者がこれまで述べてきた通り、この図式が政治の長期的安定をもたらし、彼らを既得権益層へと押し上げ、社会を固定化させたことも忘れてはならない(2018年12月27日「政変の歴史」から見通す年明け「タイ総選挙」)。, 1992年の「5月事件」から2014年のインラック・シナワット政権打倒のクーデターまで続いた近年の長期混乱は、「ABCM複合体」に対する非既得権益層(新興企業家群、中間層、都市・農村の低所得層)の“異議申し立て”と見做すことも可能だろう。, タクシン・シナワット元首相は、敢えて表現するなら、成功した企業家という一個人ではなく社会の不公正・不平等を示す“記号”であり、タクシン支持勢力の「赤シャツ」は、「ABCM複合体」に対する不満を可視化したものではなかったか。, そして、その“異議申し立て”を封じ込める形で「国王を元首とする民主主義」を維持してきたのが、プラユット(暫定)政権だった。, だが、2016年10月13日にプミポン前国王が亡くなり、2019年5月にはプレム大将も98年の生涯を閉じた。, プレム大将の死去を受けて、マハー・ワチュラロンコン国王はシリントーン王妹を納棺儀式に遣わし、王国タイの臣民としては至上の栄誉を賜っている。さらに1週間は半旗を掲げ、21日間は喪服、あるいは喪服に準じた服装で哀悼の意を表すよう全国民に呼び掛けた。, こう考えると、今回の事態を誘発した大きな要因は、やはり「国王を元首とする民主主義」を支えてきた2人の不在にあるのではなかろうか。, ここで不思議に思うのが、1980年代以降の政治的混乱の渦中で「国軍の政治介入反対」「民主化」などの声を上げ、運動の先頭に立ったチャムロン・シームアン元バンコク都知事など“民主化のシンボル”の顔が、今回は見えてこないことだ。, そういえば赤シャツ勢力との街頭衝突の罪を問われていたチャムロンは、2019年5月のワチュラロンコン国王戴冠式を期して行われた恩赦によって釈放されている。, 今回の一連の動きが、どのように推移するのかは予断を許さない。いったい彼らの活動資金はどうやって調達されているのか、彼らの背後に、どのような政治的利害打算が働いているのか、現在までのところ確たる判断材料を持ち合わせていない以上、軽々な判断は控えておきたい。, だが、民主化の達成という意味では未完に終わった「10月14日」に、半世紀ほどの時を超え「国王を元首とする民主主義」が問い直されたことを指摘しておきたい。, 「国王を元首とする民主主義」を誰が、どのような形で護っていくのか。今後とも、それは機能するのか――。, 樋泉克夫愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。, デイリー新潮とは? | 広告掲載について | お問い合わせ | 著作権・リンクについてご購入について | 免責事項 | プライバシーポリシー | 運営:株式会社新潮社, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. 2020年9月19日 タイのデモの状況 こんなコロナ下でタイはデモが行われています ご存知の人もいると思いますが、反政府などに関するものです 2020年10月24日. タイの警察は17日、国会に向けて行進していたデモ隊に放水銃と催涙弾を使用し、少なくとも41人が負傷した(2020年 ロイター/jorge silva) 2020年10月25日. 2020/07/20 21:25. バーツ円が強含み、タイ下院議長がデモ対応で委員会の設置検討を指示=東京為替. タイ「大規模デモ」が問い直す「未完の民主主義」. ビデオ, タイの反政府デモ、若者たちはポップカルチャーを活用, 所要時間 2,48 2020年10月21日 タイ王室めぐる家族の分断 親は崇敬、子どもは批判 国際 Foresight 2020年10月23日掲載. タイ「反政府デモ」若者たちが求めていること ヨーロッパ暮らしの国王に対する批判も. タイでは現在、政府に対して大きなデモがおきています。 16日夕方、首都バンコクで反政府デモ隊に向かってタイ警察が放水しました。 地元マスコミは「水爆弾に化学成分が入っていて目が痛かった」という一部デモ参加者の言葉を伝えて … 【10月16日 AFP】タイ全土でこの3か月間、学生たちが率いる民主派デモが激しさを増している。デモの参加者らは、批判不可能とされてきた王室の改革を求めて異例の声を上げている。, 15日早朝、政府は非常事態宣言を発令し、5人以上の集会を禁じた。同日、主要な指導者らを含むデモの参加者20人以上が逮捕された。, 抗議行動に参加している人々はまず、プラユット・チャンオーチャー(Prayut Chan-O-Cha)首相の退陣を求めている。元陸軍司令官のプラユット氏は、2014年にクーデターで政権を掌握して以降、5年間にわたって軍事政権を率いた。この軍政下で新憲法が起草され、昨年、新憲法下初の総選挙が実施された。, この総選挙の結果、プラユット氏は文民政府を率いる首相として選出されたが、これについては新憲法の条項が同氏に有利に働いたと専門家らは指摘している。デモの参加者らは、プラユット氏選出に至る全ての行程が裏切りであると非難し、議会の解散、憲法改正、デモに対する弾圧の中止を求めている。, さらにデモの参加者らは、強大な力を有する王族を批判からかばう不敬罪の廃止を含む、10項目の王室改革要求を掲げた。, 若者の間で人気のある野党・新未来党(Future Forward Party)の指導者らが政治活動を禁止された2月以降、不満が沸き立っている。デモの参加者の多くは、新未来党の排除は政治的な動機によるものだと非難している。, 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によるロックダウン(都市封鎖)は、タイの経済状況を急激に悪化させ、富裕層と貧困層の間にある亀裂を露呈させた。, さらに今年6月には、カンボジアで亡命生活を送っていたタイの著名な民主活動家ワンチャルーム・サッサクシット(Wanchalearm Satsaksit)氏が失踪した。ツイッター(Twitter)上には、その答えを求める活動家らの抗議が広がった。, 7月半ばになると、ネット上の抗議が現実の抗議デモとなり、タイ全土に波及。9月中旬には、2014年のクーデター以降、最大規模となる約3万人がデモに参加した。, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. 国際. 2020年10月現在、タイでは2014年以来最大の反政府デモが7月から起き続けています。そのデモの様子は?デモ隊の要求は?そして、タイにいる日本人や日系企業への影響はどうなるかについ … 東京2020; 巨人 ... タイで若者が反政府デモ…コロナ対策理由に強権姿勢、言論弾圧と非難 . しかし、そんな微笑みの国で笑顔が消えるような事態が起きています. 分かりやすく解説!. タイで反政府デモが続く。プラユット首相の退陣や王室改革を求める若者たちと治安当局との間で衝突も発生している。反政府運動の指導者らの逮捕も相次ぐ。そんな緊張にもかかわらず、微笑みの国のデモ … タイでは王室批判はタブーでしたが、今回の反政府運動では王室改革を求める声が強く上がっています。 タイ・デモ ... [2020/10/27 06:15] 国際. デモ 隊は、国王が ... て、タイのドイツ大使館宛てに国王の行動を調査するよう求める要望書を提出しました。タイ ... [2020/10/27 06:15] タイの反政府集会デモ|2020年タイの政治情勢により在タイ日本国大使館から注意喚起タイでは反政府集会デモが続いておりますが、この先どういう形で決着し終息するのか、多くの一般市民の関心事でもあると思われます。スポンサーリンク (ads 【バンコク共同】タイで20日、地方選が実施された。14年のクーデターで中止されてから初めてで、首都バンコクを除く76県の首長と議員を選ぶ。 社会変革、王室まで標的 タイ反体制デモ終息みえず 2020年 衝突の残像② 東南アジア 2020/12/25 21:00 (2020/12/26 4:50更新) 情報元 日本経済新聞 電子版 タイ首都で中高生デモ 教育改革訴える 2020年11月21日 21:57 | 無料公開 21日、バンコクで行われた教育改革を訴えるデモの参加者(ロイター=共同) タイと言えば子供から大人まで旅行に行ったことがある人も多いと思います. バーツ円が強含み、タイ下院議長がデモ対応で委員会の設置検討を指示=東京為替. 物価も安いし温暖な気候は正にバカンス. タイバーツ円が弱含み、バンコクのデモ衝突が激化=東京為替. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 「LiSA」知られざる中学時代のヤンチャ話 カラオケで飲酒、自転車泥棒、深夜徘徊で補導, 英国で「末席」を用意された天皇陛下を「最前列」に呼び寄せた人物とは? 天皇陛下が尊敬される理由, 木嶋佳苗、座間9人殺害事件の犯人が住んでいた間取りの不思議な共通点 事故物件芸人とイヤミス作家が語る、ヤバい部屋, 塩野七生が「最後のベッドイン」に選んだのは、もっとも若くボーダーレスな男!『新しき力』刊行記念インタビュー前編, 「東大に入る子」は、小学校入学前のお母さん次第で決まっている 東大生に早生まれが少ない理由は、ここにあった!, 非行少年たちはなぜケーキを3等分にできないのか “認知機能”に問題を抱えた子どもたちの実態, 息子3人を「スタンフォード大学」に合格させたアグネス・チャン「東大はもはやすべり止め!」, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧は. 2020年9月19日 タイのデモの状況 こんなコロナ下でタイはデモが行われています ご存知の人もいると思いますが、反政府などに関するものです デモの象徴となった「3本指」を掲げる人々(C)EPA=時事( 他の写真を見る ). タイ首相、デモに強硬姿勢 大集会控え緊張高まる 2020年11月23日07時06分 タイ警察本部の監視カメラに塗料を吹き付けるデモ隊=18日、バンコク 2020年10月現在、タイでは2014年以来最大の反政府デモが7月から起き続けています。そのデモの様子は?デモ隊の要求は?そして、タイにいる日本人や日系企業への影響はどうなるかについて説明します。 タイ・バンコクで行われた反政府デモで、3本指を立てるポーズをする参加者(2020年10月19日撮影)。 (c)Jack TAYLOR / AFP 【11月24日 AFP】タイで7月から続いている反政府デモをめぐり、緊張が高まっている。� 2020年10月19日 11:20 JST 東京2020; 巨人プレミアム ... タイで若者が反政府デモ…コロナ対策理由に強権姿勢、言論弾圧と非難 . 為替 2020/10/29(木) 13:08 タイバーツ円が強含みの展開となっており、朝方の3.334円近辺でのもみ合いから、足もとは3.342円前後まで水準を切り上げている。 タイで2020年7月から続く、学生らによる大規模な反政府デモ。 交差点や道路を占拠する光景も、すでに特別なものではなくなってきました。 ビデオ, タイの反政府デモ、若者たちはポップカルチャーを活用, 所要時間 2,48 2020年10月21日 タイ王室めぐる家族の分断 親は崇敬、子どもは批判 現在デモが多発しているタイ王国. 【タイ】タイの反政府デモを主導するグループ「Free YOUTH」が19日にバンコク首都圏の3カ所で反政府集会を予定している。 次ページ ». 為替 2020/11/18(水) 14:22 タイバーツ円が弱含みとなっており、本日は一時3.441円を割り込んだ。 動画:lgbtq政治参加で「新たな視点」 タイ抗議デモ 2020年12月8日 8:00 発信地:バンコク/タイ [ タイ アジア・オセアニア ] このニュースをシェア タイにおける非常事態宣言及び反政府グループによる抗議デモに関する注意喚起 2020年10月17日 1 タイ政府は,10月15日,反政府グループや学生グループによる抗議デモが続いている首都バンコクを対象に,5人以上の集会等を禁ずる非常事態宣言を発令しました。 「タイのデモで『黄色いアヒル』がシンボル? またけったいな感性してはるな」と、最初は何気なく画像を開きました。 そして黄色いアヒルを見て「これ中国製っぽくね?」と調べ始めたのが本稿のきっかけです。 色々と迷走した結果、「タイ経済はもはや、 社会変革、王室まで標的 タイ反体制デモ終息みえず 2020年 衝突の残像② 東南アジア 2020/12/25 21:00 (2020/12/26 4:50更新) 情報元 日本経済新聞 電子版 2020/07/20 21:25. 10月14日、タイ・バンコクではプラユット・チャンオチャ政権の退陣と王室改革を求める大規模な政治集会が開かれた。. この項目「2013年タイ反政府デモ」は翻訳されたばかりのものです。不自然あるいは曖昧な表現などが含まれる可能性があり、このままでは読みづらいかもしれません。(原文:en:2013-2014 Thai political crisis21:41, 10 September 2020) タイでデモが起こる理由を簡潔に言えば、クーデターにより政権を取った現政権とラーマ10世(現タイ国王)への不満があげられる。最近のデモも現政権の退陣と王室改革を含む憲法改正を訴えている。タイではタクシンという人物が首相になってから、たびたび反 タイでは現在、政府に対して大きなデモがおきています。 16日夕方、首都バンコクで反政府デモ隊に向かってタイ警察が放水しました。 地元マスコミは「水爆弾に化学成分が入っていて目が痛かった」という一部デモ参加者の言葉を伝えて … タイのバンコクで大規模デモ、プラユット政権の退陣など求める Randy Thanthong-Knight. タイにおける非常事態宣言及び反政府グループによる抗議デモに関する注意喚起 2020年10月17日 1 タイ政府は,10月15日,反政府グループや学生グループによる抗議デモが続いている首都バンコクを対象に,5人以上の集会等を禁ずる非常事態宣言を発令しました。 国民の要求は革命ではなく改革 タイ国内で起きている大規模な反政府デモ。各地で開かれる反政府集会に終息の気配はなく、むしろ悪化の一途。反政府デモに参加する国民の訴えは大きく分けて3つだ。 1つ目は、軍政を引き継いだ現政権の退陣。2つ目は国民の自由。 【タイ】デモ続くタイで地方選、旧野党も候補者擁立[政治] (2020/12/21) 【タイ】国家和解委、年内に発足見込みも野党が反発[政治] (2020/12/16) 為替 2020/10/29(木) 13:08 タイバーツ円が強含みの展開となっており、朝方の3.334円近辺でのもみ合いから、足もとは3.342円前後まで水準を切り上げている。 タイの反政府デモについてまとめた図。 ... タイ・バンコクで行われた反政府集会で、警察と対話するデモ参加者(2020年10月15日撮影)。