株式会社理経は、システムソリューション、ネットワークソリューション、電子部品および機器の販売とともに、新規ビジネスの開拓を行い、常に世界の最先端技術・製品および独自の付加価値ソリューションを提供します。 【A400M】 (えーよんひゃくえむ) † Airbus Defense and Space A400M"Atlas". チャフ(電波欺瞞紙、英: chaff 、独: Düppel )は、電波を反射する物体を空中に撒布することでレーダーによる探知を妨害するもの。 電波帯域を目標とし誘惑と飽和を任務とした使い捨て型のパッシブ・デコイである。 chaffとはもみがらの事で、穀物に見せかけたまがい物という意味がある。 suu-42a/a フレア/デコイディスペンサーポッド チャフポッド an/ale-50曳航式デコイシステムポッド an/asq-228"atflir"照準ポッド adm-141c「tald」×12発 1,800lドロップタンク×4基 a/a42r-1空中給油ポッド×1基 aww-13 アドバンスドデータリンクポッド: アビオニクス ボフォース57mm砲(Mk 110 MOD 0)とALEXデコイ発射装置を発射するアメリカ海軍のインディペンデンス級沿海域戦闘艦モンゴメリー(LCS-8)。U.S. 株式会社チャフフレアの会社概要をご紹介いたします。Webデザイン Chaffflare(チャフフレア) はWebサイトのデザイン・構築・運用を提供いたします。高品質で猫並みに素早い対応が売りのWeb制作会社です|株式会社チャフフレア 航空機搭載機材「チャフ」・「フレア」とは? 理経が取り扱う製品のなかには、普段の生活ではなかなかお目にかからない防衛関連の製品もあります。その一つに「チャフ」・「フレア」があります。 デコイ(英語: decoy、Military dummy、囮とも)は、敵を欺瞞して本物の目標と誤認させる目的で展開する装備の総称。電磁波を対象としたものは、電子対抗手段(ECM)の一種に分類される。, デコイには様々なものがあるが、動作領域、受動/能動性、任務と装備方式の4つの軸によって分類することができる。, 使い捨て型デコイはもっとも古典的なものであり、特に可視光帯域で敵の目を欺くものは、有史以来広く用いられている。日本史上でも、例えば千早城の戦いにおいて、楠木正成が藁人形を兵士に見せかけた例が太平記に伝えられている。現代でも同様に、敵の空爆が予想される場合に、索敵を欺瞞するため、木・紙・布・風船などで、戦車(ダミー戦車)や航空機に似せたハリボテを作ることがあり、戦史上ではガザラの戦いでエルヴィン・ロンメルが、エル・アラメインの戦いでバーナード・モントゴメリーが用いた例が広く知られている。, また、空挺部隊がパラシュート降下するときに、空挺兵に似せたデコイを同時に投下し、滞空時間内に狙撃を受け被弾する可能性を確率論的に減じ、敵を欺瞞する。これを「パラダミー」と呼ぶ。ただし、パラダミーには気象状態を確認する用途もあり、この用途ではレジャー目的のスカイダイビングなどでも使われる。第二次世界大戦でドイツ軍がオランダとベルギーで初めて使い、ノルマンディー上陸作戦で連合国軍が多用した。, フレアは、赤外線センサに対するアクティブデコイとして広く用いられている。また、近年の光波ホーミング誘導方式の進化に対抗して、可視光線や紫外線をカバーするものも出現している。, レーダーに対しては、パッシブデコイであるチャフが古くから用いられている。弾道ミサイルの一種であるMIRVのデコイも、同様にパッシブ方式である。MIRVは複数の弾頭を搭載しているが、その中に、アルミ塗装した風船を混ぜ、レーダーでは弾頭と区別できなくする。デコイは、弾頭やチャフなどとともにミサイルバスに搭載される。中間フェーズで本物の弾頭とともにバスから放出され、最終フェーズでは大気との衝突で燃え尽きる。迎撃を妨害するというデコイ本来の効果のほか、本物の弾頭がどこを目標としているかを着弾直前まで分からなくさせるという効果もある。, 古い物としては、第二次世界大戦末期、一部のUボートに「ノイズメーカー」と呼ばれるデコイが装備された。このノイズメーカーと呼ばれる物は、囮魚雷タイプのデコイとは違い、Uボートから射出されると、化学反応を利用した泡を放出しながら水中をしばらく漂い、ソナーを利用しての探知行為を攪乱する物であった。ちなみにこのノイズメーカーには、イタズラをする妖精の「KOBOLD(コボルト)」をもじった「ボルト」という渾名を付けられていた。, 戦闘艦や軍用機と曳航索でつながれて、母艦・母機からの管制を受けつつ曳航されるものであり、電波帯域ではAN/ALE-50、AN/ALE-55(英語版)、音波領域ではAN/SLQ-25 ニキシーが代表例である。これらはいずれもアクティブデコイであるが、一方、海洋戦においては、連合国側が第二次世界大戦時の大西洋の戦いにおいて、Uボートから発射される音響追尾型の魚雷へ対抗するため、艦船が曳航する方式の発音機(集音器とも呼ばれていた)の「フォクサー」を開発・装備している。また現代では、レーダー・リフレクターを搭載した小舟を曳航する、という原始的なパッシブデコイも用いられうる[1]。, ある程度自律的に行動するものもあり、それらは無人兵器にも分類される。また、航空機から発射され、自力で飛翔するデコイは空中発射デコイと総称される。マクドネル社のクェイル、イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社とブランズウィック(英語版)社の戦術空中発射デコイ(ADM-141 TALD)、レイセオン社の小型空中発射デコイ(ADM-160 MALD(英語版))などがある。, 音波領域で動作するもののうち、魚雷発射管から発射されるものは囮魚雷とも呼ばれるが、魚雷よりもずっと小型なこともある。弾頭はなく、偽の(敵方の艦に酷似した)スクリュー音や反射音を発することで相手方のIFFを攪乱させ敵味方の識別を困難にする。アメリカ海軍のMOSS Mk.70(英語版)などがある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デコイ_(兵器)&oldid=69272374, 受動式(パッシブ) - 自ら電磁波・音波を発することはないが、敵からの信号を増幅して返すなどの策は講じられうる, 輻射強制(detection) - 敵がデコイを攻撃しようとすることで、その姿を曝露するように仕向ける. Webデザイン Chaffflare(チャフフレア) はウェブサイト(ホームページ)のデザイン・構築・運用・保守サービスを高品質で猫並みに素早い対応で提供します。京成線お花茶屋にオフィスを構える葛飾のWebデザイン制作会社|株式会社チャフフ 左右で1セット。曳航式デコイ1基ずつ搭載。Su-34jk系: チャフポッド: CDP-1 (17式電波妨害片散布装置) チャフ切断散布装置内蔵 目標周波数に合わせてチャフを高速切断し、散布する: CDP-2 (19式電波妨害片散布装置) チャフ切断散布装置内蔵。大型 1012 チャフ弾 チャフを充てん(填)した火砲弾薬又はロ ケット弾 chaff shell window projectile chaff cartridge 1013 デコイ弾 チャフの散布,赤外線フレアの放出などに よって,相手を欺くために使う弾薬 decoy decoy projectile 1014 運動エネルギー弾 KE弾 チャフは目標捕捉機能を妨害し、フレアは発射された誘導弾の自動追尾機能を欺瞞する効果がある。 元々の高い機動性と耐久性もあり、ミサイルで撃墜される可能性は極めて低くなるが、 デコイの射出は副操縦士席でしか行えない ことには注意。 チャフ(電波欺瞞紙、英: chaff、独: Düppel)は、電波を反射する物体を空中に撒布することでレーダーによる探知を妨害するもの。電波帯域を目標とし誘惑と飽和を任務とした使い捨て型のパッシブ・デコイである 。chaffとはもみがらの事で、穀物に見せかけたまがい物という意味がある。 an/ale-50 implc 1基(デコイ3台) an/alq-24 指向性赤外線妨害装置 2基 an/aar-47b(v)2 ミサイル・レーザー警報システム 1式 an/ale-47 チャフフレアディスペンサー: 2基(エンジンパイロン部) iff: an / upx-40 iff 1式 esm: an/alr-69a(v)rwr:1式 (受信機4基1セット) 探知距離: フレア(英語: Flare )は、目標又は飛行場の照明などを行うために使用する火工品。 本項では、赤外線センサを欺瞞するデコイとしての用法について述べる。 フレアの使用は、赤外線ホーミング誘導ミサイルから航空機を防護する重要な手段となる。 戦術. デコイとしてのフレアは、下記の3つの役割で機能する。 セダクション(seduction) 1. フレアはめっちゃ赤外線を放出しながら燃える何か(火の玉)を後方に発射してそっちにミサイルを引き寄せるみたいなやつです。 これはgtaだけじゃなくてデコイ、チャフ、フレアの一般的な説明にもなりますね。 で、オススメは何かって言うとチャフです。 古典的な赤外線ホーミング誘導装置は、視野内の全赤外線エネルギーの重心(centroid)を追尾する。このため、航空機の近くに高温のフレアが出現すると、フレアが高温であればあるほど(すなわち赤外線の放出が激しければ激しいほど)、エネルギー重心は航空機から離れて、フレアのほうにずれることになる。そしてフレアが航空機から離れて落下するに従って、その重心も航空機から引き離されていき、航空機が視 … ここで使用される対抗手段としては、古典的なチャフやフレアのほか、nulkaのようなアクティブ・デコイや使い捨て型電子対抗手段(ecm)装置もある。 mk.36 srbocは、mk.137 発射機とmk.164 制御盤、mk.160 電源装置などによって構成されている。 【アーレイ・バーク(駆逐艦)】 (あーれい・ばーく(くちくかん)) † DDG-51 USS Arleigh Burke. 軍用機から放出される火の玉「フレア」戦闘機、輸送機、ヘリコプターに標準的に装備されている「ale-47空中対抗ディスペンサーシステム」とは? チャフ・フレア発射装置であるmk.36 srbocが最適だが、全ての艦娘に共有するのは難しかった。 そのため、三式弾を改造し、焼夷弾子の代わりにアルミ箔を散布するようにした砲弾を開発する事にした。 チャフ(電波欺瞞紙、英: chaff、独: Düppel)は、電波を反射する物体を空中に撒布することでレーダーによる探知を妨害するもの。電波帯域を目標とし誘惑と飽和を任務とした使い捨て型のパッシブ・デコイである[1]。chaffとはもみがらの事で、穀物に見せかけたまがい物という意味がある。, 最も古くから用いられている対レーダー用デコイであり、現代では、軍用機や軍艦の多くにレーダー警報受信機などと連携させて搭載されている[2]。, 金属は電波を反射する性質があるため、これを撒布すればレーダーからはその撒布地点に目標があるように見える。この原理を利用したのがチャフである。チャフとして使用されていたものは、従来はアルミ箔を必要な長さに切ったものであった。現在では、滞空時間を重視しプラスチックのフィルムやワイヤーにアルミを蒸着させたものが主流となっている。撒布に特化した形状をしたチャフをディスペンサーやランチャーによって空中に放ち拡散させる手法が従来から採用され、小型機や艦艇がチャフを撒く場合には現在でもその手法が採用される。現在の大型の電子戦機などでは機上でフィルムを高速切断して空中に撒く装置を備えたものもある。これは、妨害しようとするレーダー波の波長か、その整数倍の長さが最も効果的であるためである[2]。このため、敵のレーダー波長に合わせたチャフを持つ必要から非戦争状態の時からも仮想敵国の波長を探るためのSIGINT活動が行われる。, 一つのチャフ・ユニットにより生じるレーダー目標をチャフ・バースト(Chaff burst)と称し、これが多量に重畳したものをチャフ雲(Chaff cloud)と称する[1]。また、チャフ雲をさらに連続して形成したものをチャフ回廊(Chaff corridor)と称する[3]。, なお、チャフは電波ホーミング誘導などレーダーによる誘導方式を採用したミサイルからの回避行動の一環として撒布される場合も多いが、光波ホーミング誘導ミサイルに対しては効果が無いため、フレアと同時に使用される。, チャフの任務は、「誘惑(seduction)」および「飽和(saturation)」である。, 誘惑任務で用いられるとき、チャフは脅威レーダーからみて防御目標より大きなレーダー反射断面積(RCS)を有するように展開されるか、防御目標の至近距離に展開されねばならない。例えば、軍艦がこのような用途でチャフを展開する場合、艦の甲板にチャフが落ちるほどの距離に展開するのが普通である。そして、防御目標はチャフから離れるように運動する。チャフ自身は運動能力を持たないが、風による移動はあるため、これも利用される。そして、チャフは脅威レーダーの追尾を防御目標からチャフに引き寄せ(誘惑し)、最終的に防御目標を脅威レーダーの追尾から逃れさせるのである。それでも防御目標側が回避できない時は(相手が近接信管を搭載している弾頭などの場合)直撃ではなく「至近弾」の被害までに抑える目的もある。一方、飽和任務で用いられるとき、チャフは脅威レーダーからみて防御目標と近いRCSを有するように、かつ多数が展開されなければならない。脅威レーダーは、これらのチャフを真目標と同様に評価して真目標を判別しなければならないために対処能力に負荷がかかり、場合によっては飽和する[2]。, 第二次世界大戦中の1940年に、イギリスによってドイツの捜索レーダー「フライア」、射撃管制用測距レーダー「ウルツブルグ」や航空機用機上レーダー「リヒテンシュタイン」を妨害するために開発され、「ウィンドウ」と命名された。イギリス空軍の夜間爆撃では電波妨害装置と共に使用されてドイツ軍の高射砲や迎撃機の回避に大きな成果を上げた。また、第二次大戦中の日本軍では、模造紙に錫箔を貼ったものが主に用いられた。1943年11月13日の第四次ブーゲンビル島沖航空戦で、大日本帝国海軍航空隊は、敵艦隊の一方にチャフを撒布し、そちらに警戒を惹きつけたうえで、反対側から雷撃を加えて、大きな戦果を挙げた[4]。, また海軍でも、対艦ミサイルの発達とともに、これへの防御策としてチャフが注目されるようになった。特にエジプト海軍のミサイル艇の脅威を受けていたイスラエル海軍ではこれを重視したが、従来のチャフは航空機からの撒布が主体で、艦載用発射機は存在しなかったため、遭難信号として一般向けに販売されていた手持ち式発射機を参考に国内開発が行われた。こうして開発された艦載用発射機は、1967年のエイラート事件には間に合わなかった(発射機そのものは搭載されていたものの、まだ設置されたばかりで、発射可能な状態になっていなかった)が、1973年のラタキア沖海戦で実戦投入され、大きな効果を上げた[5]。, http://www.fas.org/man/dod-101/navy/docs/fun/part11.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=チャフ&oldid=80945079, この項目では、レーダー探知を妨害するための兵器について説明しています。コーヒー豆の焙煎時に脱落した薄皮については「. デコイ(英語: decoy、Military dummy、囮とも)は、敵を欺瞞して本物の目標と誤認させる目的で展開する装備の総称。電磁波を対象としたものは、電子対抗手段(ECM)の一種に分類される。 それから60年の現在、攻撃側ミサイルは、デコイやターミナル段階でのチャフ散布、フレア発射、進路変更などを含む改良で、敵の防空網の突破を図っている。迎撃する側も識別機能の精度向上や射程の延伸などで性能を上げてきた。 フレア(英語: Flare )は、目標又は飛行場の照明などを行うために使用する火工品 。 本項では、赤外線センサを欺瞞するデコイとしての用法について述べる。 フレアの使用は、赤外線ホーミング誘導ミサイルから航空機を防護する重要な手段となる ecm装置には、チャフ・フレア・デコイなど敵レーダーを欺瞞するものや、敵レーダー能力を低下させるジャミング(電波妨害)装置などがある。 情報共有システム さらにデコイとしてチャフかフレアが装備可能。回数制限こそあるが、これらを使用することで回避機動を取る以外の手段でミサイルに対抗することができる。