「少子化に対して危機感を覚えているか」と尋ねる調査が行われたところ、「非常に危機感を覚える」と回答したのは39.9%と最も多く、「やや危機感を覚える」の32.9%と合わせると7割以上の人が少子化に対して危機感を抱いていることが分かった。 Verlässlichkeit, @‚±‚̃Œƒ|[ƒg‚́A•½¬‘Û‘åŠwŽÐ‰ïEî•ñ‰ÈŠwŒ¤‹†Š•Òw•½¬‘Û‘åŠwŽÐ‰ïEî•ñ‰ÈŠwŒ¤‹†Š˜_Wx‘æ7†i2007”Nj‚ÉŒfÚ‚³‚ê‚é—\’è‚ٍ̐e‚ÉŠî‚¢‚Ä‚¢‚éB‹r’‚ɂ‚¢‚ẮA“¯ŽGŽ‚ðŽQÆ‚³‚ꂽ‚¢B, Bundesministerium für Familie, Senioren, Frauen und JugendkBMFSFJl, Bundesinstitut für Bevölkerungsforschung (BiB), 7. 14.06.2006. 村上芽氏が著した書籍『少子化する世界』(日本経済新聞出版社)から4回にわたり、少子化における世界の現状について報告する連載。第2回では、先進国の中で出生率が比較的高いフランスの現状をみる。2006年以降、フランスにおける出生率は2.00前後で推…[2ページ目] さらに、ドイツを含むeu加盟国に共通する今日的な原因として、①将来に対する不安、②子育てには高額な費用がかかることの他、③仕事と子育ての両立が困難であることを指摘しうる。その他、ドイツに特有の理由として、以下の点が挙げられる。 未婚化・晩婚化の進展がより強く少子化に影響しているという側面もある。 女性は胎生期に最大の卵子を持ち、以降減少していく。このため女性の妊娠しやすさ(妊孕性)は、おおよそ32歳位までは緩徐に下降し、卵子数の減少と同じくして37歳を過ぎると急激に下降していく。 少子化について知りたいですか? 2020少子化社会対策大綱を踏まえ、日本が少子化対策に今すぐ取り組むべき理由、参考にすべき海外の事例をご紹介! フランスやスウェーデン、ドイツの成功例、アメリカの失敗例を元に、日本はそれを […] [CDATA[ 少子化とは出生率が低下し、子どもの数が減少することを表した言葉です。 日本で初めて使われたのは1992年に出された国民生活白書で、出生率の低下やそれに伴う家庭や社会における子ども数の低下傾向を「少子化」、子どもや若者が少ない社会を「少子社会」と表現しています。 さらに15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したものを「合計特殊出生率」と定義しており、1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に産むとしたときの子どもの数に相当します。 「合計特殊出生率」が … Umsetzung in der betrieblichen Praxis. 2004 Max-Planck-Institut für demografische Forschung ヨーロッパの超少子化: その原因と意味 ミラノ/ボッコーニ大学 Department of Decision Sciences and IGIER. ドイツはかつてイタリアやスペイン等と並んで、合計特殊出生率が1.5を下回る、ヨーロッパの中では低出生の国であった。しかし、近時ドイツの出生率や出生数は増加傾向にあり、ドイツ連邦統計局によれば、2016(平成28)年の出生数は79万2,131人で、2015(平成27)年に比べて5万4,556人(7%)増と5年連続で増加し、1996(平成8)年の水準に達している。 このうち、母親が外国人である子供の数は18万4,661人と、2015年に比べて25%増加しており、伝統的に出生率の高い国(シリア、イラク、 … プロフィール. 社会福祉が充実し、待機児童問題がなく、仕事と子育てが両立しやすいフィンランドでも実に急激的に少子化が進んでいます。それでも人口を維持しています。その理由とは?子供一人に6百万円をかける自治体というのは? Paris 1992年に発表された国民生活白書によれば、合計特殊出生率(一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均)が人口を維持するのに必要な水準を相当期間下回っている状況を少子化と定義しており、1970年代半ばから日本では少子化現象が続いています。 既に40年以上、少子化が続いている日本の現状は非常に深刻な状況と言わざるを得ません。 少子化が続く現状を数値的な推移で見てみましょう。 まず … 日本以外にも少子化が進んでいる国はあるのでしょうか?日本ばかりじゃ困ります。 ドイツとイタリアが深刻です。日本に負けず劣らず少子化です。日本・イタリア・ドイツと言えば、太平洋戦争時の三国同 … Bundesministerium für Familie, Senioren, Frauen und Jugend. Familienpolitik in den nordischen Ländern basiert auf Gleichheitsprinzip. 少子化は先進国共通の悩みだが、中でもドイツと日本は少子化の指標である出生率が際立って低い。ドイツでは女性の社会進出などで1970年代前半には既に合計特殊出生率が人口減への分岐点である2.1を切り、現在は1.36まで落ち込んでいる(連邦家庭省調べ)。この数字は、同じ欧州でもフランスや北欧などが出生率を持ち直す中、世界で最も低い部類に属する。このため、連邦政府は人口減に歯止めをかけようと、今年から少子化対策として、従来の「Erziehungsgeld(養育手当)」に代わって新たな子育て支援制度「Elterngeld」(親手当)を導入した。一方、日本も合計特殊出生率でドイツを更に下回る1.29で、社会の高齢化が進む中、少子化対策は喫緊の課題だ。両国に共通する少子化問題を分析してみた。, 親手当は、生後間もない子供の世話のために休職する親の収入損失を補うものだ。原則的には産休前の手取り所得の67%が補償される。(手取り月額が2000ユーロならば休職中の給付額は月1340ユーロ)従来の養育手当が、手取り年間所得が両親合わせて3万ユーロ以下の比較的低所得の人を対象とし、額も一律月300ユーロだったのに比べて、新制度は高所得者にも受給資格を与える上、高所得者ほど金額が高くなるという、公的年金や失業手当と似た仕組みであるのが大きな特徴だ。, ①高学歴の女性ほど子供を生まない傾向がある②将来専門能力をもつ人材の不足が懸念される-という現状があり、新制度導入によって、特に高学歴高収入の女性の出産育児を促すのがねらいだ。親手当は週30時間労働までは受給可で、就労を奨励する。さらに母親の職場復帰を父親にもサポートしてもらうため、パートナーが休職または時短勤務をする場合は2カ月間受給期間が延長されるというインセンティブも用意されている。, この他にもドイツでは児童手当や産休手当、各種税控除、産休、育児休暇、社会保険における育児期間の優遇措置など様々なサポート策を打ち出している。, 現金給付と休暇に関して大まかに日本と比較すると、産休期間はほぼ同じ。産休中の所得保障はドイツが100%、日本は60%。児童手当はドイツが子供1人月額154ユーロに対し、日本は5000円。給付期間は、ドイツは原則学業修了までで、最長25歳。日本は小学校修了までで、高所得者は対象外だ。育児休暇は日本が原則1年、ドイツは3年まで。この間、日本では育児休業給付金が休業前賃金の40%、ドイツでは上記のように67%が支給される。さらにドイツでは昨年、年間1人4000ユーロを上限に託児費用の税控除制度が導入された。, 実質所得や社会事情が異なるので単純比較はできないものの、ドイツの子育て支援は日本と比べてかなり手厚い。それでも合計特殊出生率の日独差は0.07%とわずかに留まっている理由はなぜだろうか。, 子育て支援策は一般に、①現金給付や税控除など金銭的援助②雇用と育児時間の同時保障③保育園など託児インフラ整備-の3本柱からなる。OECD(経済協力開発機構)の研究では、金銭的援助より託児サービスの充実度が出生率に与える影響力が強い、という結果がでている。, グラフ2、3の直線は回帰線と呼ばれ、簡単にいえば、国の金銭的援助および託児サービスの充実度と出生率の間に完璧な相関関係があれば、全ての点がこの線上に位置するだろう、ということを意味する。金銭的援助と出生率に関する表は、各点が回帰線とは無関係に分散していて、相関関係が弱いことを示唆する。一方託児サービス充実度の方は各点が回帰線の近くに位置し、出生率との相関関係が強いことが読みとれる。また僅差ながらも、託児サービス充実度に関しては日本よりドイツが低い値を示していることもわかる。, 仕事をしながら、1歳になる双子を育てるドイツ人女性は、「手頃な料金で子供を預かってくれる所を探すだけで半年かかった。公立保育所はたくさんの人が待機していて、民間の保育所からは席が空いたと連絡を受けたものの、月謝は1人900ユーロと言われた」と体験を語る。労働局のウェブサイトに求人広告を出し、月1000ユーロで有資格のベビーシッターに来てもらっているという彼女は「子育て最大の障害は、手頃な託児施設がほとんどないこと。周りを見回すと、仕事との両立は子どもを預かってくれる祖父母が身近にいるかにかかっている」と分析する。, 一方企業は、とりわけ専門職の女性が育児で職場を離れることになると、その補充要員の雇用に伴うコストの高さと、めまぐるしく変化する企業環境の中で、専門知識をフォローアップできず、遅れを取り戻せなくなる危険性を指摘する。企業にとっても復帰したい本人にとっても、休職期間は短いほどよいということがいえるだろう。, 北欧4カ国は合計特殊出生率1.7以上と欧州で最も高いレベルにある。マックスプランク人口研究所の調査報告書(04年)によると、北欧の共通点は、託児および育児インフラが充実していること、仕事と育児の両立を援助する政策方針がとられていることだ。この両立援助は父親も対象としている。結果的にどの国も女性の就労率が約80%(20、30代)と高い。例えばデンマークでは1~3歳児の親の8割が保育所を利用しており、育児か仕事かの二者択一の必要がない環境にあることがうかがわれる。, このためドイツ経営者連合は、託児施設の整備を優先するべきでは、と親手当の効果に疑問を投げ掛けている。前述した双子の母親も産後約半年で職場に戻ったが、「親手当による収入補償があったら職場復帰を遅らせただろう」と、育児と就労の両立を促進したい国の期待とは逆の行動を予想した。金銭援助に偏らない託児環境の充実策が、ドイツにとっては少子化と専門労働力 不足を防ぐ鍵といえるかもしれない。, ● 参考文献 Verlässlichkeit, uEU‚̉Ƒ°E­Žq‚—­ôv‚̃gƒbƒvƒy[ƒW‚É–ß‚é, uƒhƒCƒc‚̏­Žq‰»‘΍ôv‚̃gƒbƒvƒy[ƒW‚É–ß‚é. 2004. Berlin. 2)フランスフランスは、1世紀にわたり少子化に取り組んできた国です。出産育児にかかわる問題をひとつづつ解決し、たえず家族政策の改革、改善に取り組むことにより、少子化問題に向き合おうとして … ‚é‚悤‚ɁAƒhƒCƒc‚Å‚àA—lX‚ȉƑ°Žx‰‡ô‚ªŽÀŽ{‚³‚ê‚Ä‚¢‚邪A‚»‚̏d“_‚Í’¼Ú“I‚ÈŒoÏ‰‡•‚É’u‚©‚êAŽdŽ–‚ÆŽqˆç‚Ä‚Ì—¼—§‚É‚ÍŒ‡‚©‚¹‚È‚¢•ÛˆçŽ{Ý‚́AŒ»Ý‚É‚¢‚½‚é‚܂ŏ\•ª‚ɐ®”õ‚³‚ê‚Ä‚¢‚È‚¢B‚Ü‚½AŽíX‚Ì‘[’u‚Ì‘S‘Ì“IŒø‰Ê‚â‰Æ‘°‚ÌŒoÏó‹µ‚Í‚Ü‚ê‚É‚µ‚©ŒŸ“¢‚³‚ê‚Ä‚¢‚È‚¢B, @‚Æ‚±‚ë‚ŁAoŽYEŽqˆç‚Ă͌l‚Ì”»’f‚É‘å‚«‚­ˆÏ‚Ë‚ç‚ê‚Ä‚¨‚èA‘‚̐­ô‚݂̂ɍ¶‰E‚³‚ê‚é‚킯‚Å‚Í‚È‚¢B‘¼‚̃ˆ[ƒƒbƒp”‘iƒtƒBƒ“ƒ‰ƒ“ƒhAƒtƒ‰ƒ“ƒXAƒfƒ“ƒ}[ƒNAƒXƒEƒF[ƒfƒ“AƒCƒMƒŠƒXj‚Ì20`34Î‚̏—«‚́A2.5l‚ÌŽq‹Ÿ‚̏oŽY‚𗝑z“I‚Æ‘¨‚¦‚Ä‚¢‚é‚̂ɑ΂µAƒhƒCƒc‚Å‚Í2l‚ðØ‚Á‚Ä‚¢‚éiƒhƒCƒc“Œ•”‚Å‚Í1.6lA¼•”‚Å‚Í1.7ljB‘¼•ûAŽq‹Ÿ‚ðˆêl‚à—~‚µ‚ª‚ç‚È‚¢’j—‚ÌŠ„‡‚́A‹ß—ׂ̃ˆ[ƒƒbƒp”‘‚æ‚è‚à‚‚­‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB‚‚܂èAƒhƒCƒc‚̏o¶—¦‚ª’á‚¢‚̂́A¬‰Æ‘°‚ðD‚ލ‘–¯«‚É‚àŠî‚¢‚Ä‚¢‚éB, Bundesministerium für Familie, Senioren, Frauen und Jugend, Demografische Forschung aus Erster Hand. document.write(new Date().getFullYear()) 少子化の根本原因は、50年前の「国の政策」にあった 日本の人口を減らそうとした時代が… 週刊現代. 当ウェブサイトに掲載されている広告は、必ずしも弊社の見解(政治観・宗教観等)を反映するものではありません。また弊社はその内容に対し、責任を負いかねますのでご了承ください。 Copyright © // Doitsu News Digest GmbH. ドイツの少子化対策 少子化は先進国共通の悩みだが、中でもドイツと日本は少子化の指標である出生率が際立って低い。 ドイツでは女性の社会進出などで1970年代前半には既に合計特殊出生率が人口減への分岐点である2.1を切り、現在は1.36まで落ち込んでいる(連邦家庭省調べ)。 講談社 毎週月曜日発売. 本日の構成 | 事実. ドイツの少子化を招いた原因であると指摘していた。少子化の帰結である法定年金の 給付削減は、次世代育成を怠った世代が当然支払うべきツケであり、身から出た錆と して甘受するほかないというのが報告書の基本的立場である。しかしそれでも老後の Kinderfreundlich und Flexibel. Do not duplicate or redistribute in any form. 女性の社会進出が少子化の原因説に対してはもっと女性が働きやすくなればいいって反論があるんだけど日本じゃ現実的じゃないんじゃないかと思うわ ヨーロッパとかとは基本的な価値観が違う気がする . (少子化の原因) ... 諸外国の合計特殊出生率の推移. ただ、これが少子化の原因である、とは言いにくい結果です。 ヨーロッパは少子化に悩む国と解決した国が混在しています。北欧・フランス・イギリスは解決に成功した国で、ドイツとイタリアは悩む国で … Nr.4. 2006. 日本では結婚自体が低調で、結婚したとしてもその時期は年々遅くなる傾向にあり、 晩婚化も進んできています 。 1975年の平均初婚年齢は男性27歳、女性24.7歳であったのが、2015年には男性31.1歳、女性29.4歳と高齢化。高齢での出産を避 … Familienbericht - Familie zwischen Flexibilität und 少子化の原因その2:初産が遅れる晩婚化と晩産化 . 我が国の出生率を諸外国と比較すると、ドイツや南欧・東欧諸国、アジアNIES とともに、国際的に みて最低の水準。また、低下の一途をたどっていることが特徴。 0.0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 3.5 4.0 1950 1955 1960 … Low Fertility Rates in OECD Countries: Facts and Policy Responses. 現在少子高齢化が進んでいる日本ですが、その原因の一端には晩婚化や未婚化の加速があります。晩婚化の原因として、男女の格差がなくなったこと、将来への経済的な不安、子育ての資金不足などが挙げられます。晩婚にも経済的安定や結婚前の貯蓄などメリットはあります。 ドイツニュースダイジェストに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Viering, J.: Her mit dem Kind. 超少子化の出現. Joelle E. Sleebos. Die Zeit. フランスは少子化対策の財源をどう確保したか 大岡頼光 『中京大学現代社会学部紀要』 第10巻 第2号 抜 刷 2017年3月 pp. 50 Das neue Elterngeld.