12月のおすすめイベントを紹介。雪が降らない沖縄でもイルミネーションが各地で見られる。そのほか、12月初旬には、国内最大級の市民マラソン「nahaマラソン」が開催され、沖縄中が盛り上がりを見せ … 冬の祭り旅行・ツアー . function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { 沖縄県内各地で開催されるエイサーやハーリー、綱引き、桜まつりなどのイベントを紹介します。 沖縄に行きたいけど何月頃がいいかな・・・お迷いのあなたは気になるイベントがある日程に合わせて旅行を計画してみてはいかがでしょうか? 28回目を迎える黒島牛まつりは、和牛生産で有名な黒島で開催される畜産振興を目的とする祭りです。伝統芸能や牛汁・ステーキ・牛丼などがの販売、牛一頭が当たる抽選会などのイベントが催されます。 夏の観光地のイメージが強い沖縄ですが、冬にも沖縄を楽しむためのイベントが多数あります。暑くて夏らしい沖縄も素敵ですが、冬の沖縄は本州よりも寒さが和らぎ過ごしやすい気候です。まだ沖縄に行ったことがない方はもちろん、夏の沖縄に行ったことがある方にも、また違った魅力があるのでおすすめです。, 今回は冬の沖縄を楽しむためのイベントを紹介していきます。冬に沖縄に行こうと考えている方は、ぜひ時期を合わせて参加してみてはいかがでしょうか。, 冬の間、長期的に開催されるイベントが読谷村(よみたんそん)の「よみたん夜あかりプロジェクト~琉球ランタンフェスティバル~」です。12月の頭から3月初旬まで、日本一人口の多い村として知られる読谷村の人気観光施設「体験王国むら咲むら」で行われます。あかりをテーマにしたランタンを使ったイベントで、琉球王国慈済の町並みを再現し、会場内は中国風のランタンで埋め尽くされます。灯籠で照らされた石畳を歩いていくと、10mほどもある大きなランタンのオブジェが出迎えてくれるインパクト大のイベントです。, イベントではランタンのあかりを楽しむのと同時に、歌やダンスが楽しめるランタンステージが行われ、大きな赤瓦の建物をスクリーンにしたプロジェクションマッピングが楽しめます。8分ほどの映像が1日3回上映されるので、イベントに行った際にはぜひ音と光の世界を楽しんでください。少し肌寒い沖縄の冬を温めてくれるのは、がじゅまるの木の下のランタンカフェ。名物は炭火で丁寧に焼き上げるジャンボ焼き鳥と、イベントのために台湾からわざわざ運ばれる本場の肉まん。この時期しか食べられないグルメで体を温めてイベントを楽しみましょう。, 原始的な自然が多く残る神秘的なエリア「やんばる」。亜熱帯の森、マングローブ、珊瑚礁の他、他では見られない希少な生き物たちが息づく沖縄の北部エリアです。大宜味村立旧塩屋小学校を「はこぶね」に見立て、12月の中旬から1月の中旬まで地域にあふれるアートのたねを次世代へと繋ぐために開催されます。展示される数々の芸術品は、写真やイラストにとどまらず、音楽や映像を使って楽しむもの、沖縄の問題を表現した現代アートまでさまざまな形で表現されています。現地でそのまま購入できるものもあるので、気になる方はぜひ足を運んで沖縄のアートに触れてみてはいかがでしょうか。, 糸満市で行われる年越しのイベントである「摩文仁・火と鐘のまつり」。太平洋戦末期に起きた沖縄戦の終焉の地として知られる糸満市摩文仁(まぶに)にある平和祈念堂で、大晦日の22時頃から年越しにかけて行われます。沖縄戦の映像が上映されたり、平和祈念公園内の平和の礎に灯されている「平和の火」を火種とした「聖火の採火」を行い、平和の誓いが宣言されます。集まった人たち全員で戦死した方への慰霊と、新しい年も平和が訪れることを祈って黙祷するのが通年の流れです。, 年越しのタイミングが近くなると、お堂の外に出て種火から分けられた火の灯る松明を片手に、大広場にある聖火台を囲んでカウントダウンを行います。みんなで円になって、平和への想いを胸に合唱し静かな気持ちで新年を迎えるイベントです。騒ぐようなイベントではありませんが、静かに沖縄の歴史に想いを馳せて、平和を祈りたい方にはおすすめです。, 沖縄のシンボルマークとも言える「首里城」。その首里城で正月三が日に行われるのが新春の宴です。琉球王国時代に行われていた元旦の正月儀式を再現したものとなります。琉球王国らしい彩色きらびやかな衣装を身にまとった国王をはじめ、役人が御庭に整列し、中国風の厳粛で壮大な儀式が行われます。, 御開門(うけーじょー)の後は正殿の上で実際に御座楽(うざがく)の演奏が行われ、集まった方々を厳かに迎えます。普段はなかなか生の演奏を耳にする機会はないため、貴重です。その後、国王をはじめ諸官・庶民の代表が参列して国を挙げて新春を祝う「子之方御拝」(にぬふぁぬうぬふぇー)など、琉球王国時代に行われていた朝賀の儀式が3部構成で再現されます。国王と王妃が御座楽の演奏とともに出御した後は、首里城で生まれたと言われる華やかな琉球舞踏や、沖縄の各地域に伝わる民族芸能は圧巻です。祝の酒として出されるノンアルコールの甘酒を頂きながら眺める舞踏は沖縄文化を直接感じられる経験になるでしょう。, 開放的な夏のイベントとは対象的に、冬の沖縄は歴史や文化に触れられるイベントが多いです。琉球王国と言う独自の文化を発展させた沖縄だからこそ、本土では体験できないイベントも数多く残されています。沖縄の歴史や文化に触れてみたいと言う方はぜひ冬の沖縄に足を運んでみてはいかがでしょうか。. こちらも人気のお祭り「壺屋やちむん通り祭り」。約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工を壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりなんです。壺屋やちむん通りには、スージグヮー(路地)や石畳、石垣、赤瓦の屋敷、ウガンジュ(拝所)、登り窯など、昔ながらの面影を残す通りに、技を受け継ぐ窯元、やちむん・シーサーの販売店、骨董店、飲食店が軒を連ねています。 石畳の上を歩きながらお気に入りのやち … ひと足早く春の訪れ 名護さくら祭り. 【第15位】お手軽に離島気分を満喫!「伊江島」沖縄美ら海水族館があることで有名な国頭村(くにがみそん)の本部港(もとぶ)半島から北西に9kmほどの沖合に浮かぶ伊江島(いえじま)。 沖縄本島の美ら海水族館からも見える伊江島。島の中心に座す城山 function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { 沖縄本島の東海岸に位置する沖縄県総合運動公園で10月下旬に行われるお祭りで、最終日の日曜日には花火大会が行われます。日中のイベントは子供向けのものが多く、小さな家族連れにおすすめ。 } //-->, . 1200年余続く「山王さん」の本祭り大津山王祭 ... カテゴリー「冬~沖縄」の1件の投稿. //--> どんな祭り 国の重要無形民俗文化財に指定されている天龍村の「霜月神楽」の一つにあたる、坂部の冬祭り。 天龍村最南端に位置し、愛知県に隣接する坂部地区にある大森諏訪神社で行われ、4日の夕方から始まり、24時間も続きます。 document.getElementById("tabirai_sidebar_info_all_japan_txt_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; 沖縄の観光シーズンといえば、マリンアクティビティが楽しめる春から秋にかけての時期に集中します。でも、冬の沖縄は魅力がないのでしょうか? そんなことはありません。むしろ、飛行機代や滞在費がリーズナブルになるオフシーズンの冬こそ、沖縄を満喫でき 【北中城】“日本一早いひまわり祭り”として人気を集めている「第9回ひまわりIN北中城」(主催・村まつり活性化委員会)が21日、沖縄県北中城村熱田のしおさい公苑近くのヒマワリ畑で始まった。村によるとまだ三分咲き程度で、今月末に見ごろを迎えるという。 日程. クリスマスや年末年始など、冬もイベントが盛り沢山!そこで、2018年11月中旬~2019年にかけて全国で行われる「冬のイベント&お祭り」をご紹介。冬の花火やクリスマスマーケット、その土地の名物や風習にまつわるお祭りなど、多種多様なイベントが目白押し。 沖縄&九州の国内ツアー(航空券+宿)がレンタカー付で驚きの価格!沖縄&九州それぞれでお得な3つのプランをご用意。スペシャルデーでのご出発なら更にお得!スペシャルデー以外の11月~3月出発も冬祭り対象!この機会に暖かい沖縄&九州旅行を! document.getElementById("tabirai_sidebar_info_recomend_feature_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; document.getElementById("tabirai_sidebar_info_all_japan_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; 冬はどこに行っても寒いし、旅行は大変だなと思っている方へ。薄手のシャツでok、比較的暖かい沖縄に行ってみませんか?沖縄は夏だけじゃありません。冬は過ごしやすい気候で、旅行代金も安め、混雑も少なく、穴場です!それでは、冬の沖縄のおすすめスポットをご紹介しましょう。 徳島の冬祭り. Copyright © Pam, Inc. All Rights Reserved. 冬でも暖かく過ごしやすい沖縄。沖縄旅行トップシーズンの夏に比べて、航空券やホテルなどの料金が安くなるので、比較的旅行がしやすくなる時期だ。今回は沖縄の1月、2月の気候からイベン 気候的には過ごしやすい沖縄の冬。夏のオンシーズンに比べると旅行代金もお得なのでねらい目の季節!でも・・実際行ってみて楽しめるか気になるところではないでしょうか。「沖縄の冬」についてお伝 … } 沖縄では琉球王朝時代に行われていた儀式などの歴史と伝統を持つ人気伝統行事が多くあります。ここでは、沖縄の独特の文化や風習が残る、神聖な伝統行事15選を写真とともに紹介します。ぜひ沖縄の歴史を感じてみてください。 沖縄県 1月 祭り、まつり、イベント情報: 2018: 2017: 13: ☆☆: 沖縄県護国神社初詣: 1月1日~3日: 1月1日~3日: 那覇市: 14 2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日) 18:00~22:00. 冬の沖縄で楽しめるイベントを4つ紹介しています。やんばるアートフェスティバルや琉球ランタンフェスティバルなどから年末年始のイベントまで、開放的な夏のイベントとは異なり、沖縄の歴史や文化を感じられるイベントが多いので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 沖縄県の人気の祭り・伝統行事(1月)に関連した観光情報をご紹介。全国各地の0件の祭り・伝統行事に関連した情報の他、ぐるたびは学びや刺激・感動のある旅情報を発信しています。 那覇市で行われる国内最大級の市民マラソン。コースは、那覇市旭橋をスタートし、本島南部の平和記念公園を折り返し那覇市奥武山(おうのやま)公園へと帰ってくる42.195キロのフルマラソンのみ。年々知名度が上がっていることもあり、NAHAマラソンのための旅行ツアーが多く組まれています。エントリー受付方法は、以前は先着順でしたが応募者殺到のため、数年前から抽選制になりました。, 平和の祈りをイルミネーションに託して、世界へ発信する光のイベント。本島南部の糸満市観光農園で開催され、毎年7万人を超える来場者が訪れます。期間中には、クリスマスショーや大晦日カウントダウンの花火、レーザーライブなどのイルミネーションが、夜を幻想的に彩ります。イルミネーションは12月中旬から1月の始めまで、約2週間に渡って楽しめます。,