消費税の計算は小数点の切り捨てが行われるため、その条件だけでは該当が複数存在することになります。 仮に8%をx、10%をy、8%消費税をa、10%消費税をbとします 例) X=688、Y=5580、a=55、b=558 X=678、Y=5590、a=54、b=559 から エクセルで作った注文書、請求書や領収書には必ず『消費税』というものがついてまわります。 購入した商品の価格に8%をかけたものが消費税となりますが、エクセルで消費税や消費税込みの合計を求める時に、誤差が出る場合があるんですよね。 ... ショートカットキーのかわりに、リボンの『ホーム』(①)→『%』をクリック(②)してもいいです。, 消費税入力のセルは通常は『C2』と表しますが、ここではフィルコピーによりC2が自動で変更されないように、絶対位置を示す『$』を列の『C』や行の『2』の前につける必要があります。, 小数点以下の切り捨ての場合にはROUNDDOWN関数を使うことが多いかと思いますが、桁数指定の必要がない分だけINT関数やTRUNC関数の方が簡単に切り捨てることができます。ここではその使い方を紹介します。, SUM関数で小計を合計しようとすると、小計の位置を1つずつ指定する必要があるので結構面倒で間違いやすいです。今回は小計を簡単に合計できる関数を紹介します。小計が増えても範囲の再指定も必要ないので、かなり便利ですよ。. 2015年01月19日 08時00 All rights reserved. Excel関数技. まず最初に、消費税の計算が合わない時の原因を確認です。 下の表をご覧ください。赤枠で囲んだ「消費税」と「税込価格」の場所です。 1番下の黄色い合計欄の計算結果がおかしな事になっています。 拡大するとこんな感じ。 エクセルで消費税を計算すると合計が合わない理由 . 会計ソフトへの入力を考えると、どっちみち5%の取引と8%の取引はわけなければいけません。 売掛金 105,000 売上高 105,000 計算式 = ROUNDDOWN(A3*1.08,0) ※消費税8%の場合 基本的な考え方は、「税抜き価格 bx (1.08) = 税込価格」です。小数点の計算になるので、端数を切り捨てる計算をするために「ROUNDDOWN」関数を利用します。ROUNDDOWN関数の詳しい内容は下記のページをご覧ください。 まず、税抜き価格1000円をセルA3に打ち込みます。次に、税込価格を表示させるセル(ここではD3)を選択し、セル内に = ROUNDDOWN(A3*1.08,0… Excel用計算式(小数点以下切り捨て) =ROUNDDOWN([税込価格]/13.5,0) 消費税10%の場合の内税の計算方法 計算方法. 8%、10%の時にそれぞれ『98.64』、『123.30』と端数が出ているので、内税(税込金額)を求めるときに、端数処理をする必要があります。. 10月から消費税が10%になり,経理の伝票処理で10月処理分で消費税が8%のものは分かるように消費税8%と記入しているのですが,請求書や領収書等で税込み価格のみで消費税が記載されていないもの … 2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられます。今までの消費税増税では全ての物やサービスなどに対して一律で3%・5%・8%と税率が引き上げられましたが、今回の増税につきましては、全て10%に税率を引き上げられるのでは無く、特定の品目に対して軽減税率(8%)が適用されます。 同様に消費税10%は 0.1 をかけます。. エクセルで消費税の計算をするときの数式をご説明します。消費税が変更されたときのための表の作り方や、1円以下の取り扱いを関数を使って切り捨て・切り上げ・四捨五入にする方法をまとめ … なんだ!カンタン!Excel塾. 消費税増税が実施される10月1日からは「軽減税率」も同時に導入される予定です。エクセル業務にどのように影響し、どのように対処すれば良いのでしょうか? 「軽減税率」とは特定の品目に限り消費税率を8%に据え置くもので、主に食 消費税は8%で計算していきましょう。 すると、税込みと税抜の金額には以下のような計算式が成り立つのです。 以下のような、税込価格(円)が表示されているとします。 上の定義式に従い、エクセル上で=(税込価格のセル(今回はb3))/1.08 です。 定価から消費税10%を計算・逆算する方法は [2019年10月より施行] 定価 × 1.1 = 消費税込の総額. 8%の軽減税率対象品目の消費税を算出する方法. 消費税額8%から税抜きの元の価格を求める場合. Impress Corporation. 消費税8%の簡単な消費税計算方法 ... エクセル 同一セル内での消費税計算方法. ?複数個所にある小計や総計をワンクリックで計算できる[Σ]ボタン活用法, 【Excel】数値が入力されたセルだけを一括でクリア!エクセルで特定の種類のデータが入力されたセルを選択するテクニック, 【Excel】表が縞模様になるだけじゃない!エクセルのテーブル機能はデータ管理の最強武器, 【Excel】在庫が少なくなるとエクセルの管理表が教えてくれる!備品の発注を忘れないためのテクニック, 【Excel】「5,000,000円」を「5百万円」と表示するには?エクセルのユーザー定義書式の表記法をマスターする!. エクセル道場 ~秘密結社成り上がり編~ Excel 2013 消費税の計算から覚える関数での自動処理. 【Excel】1行おきに色を付けると大きな表でも見やすくなる!エクセルで行の背景をストライプにするテク, 【Excel】負の数の先頭に▲を付けて赤色の文字で表示させたい!エクセルでマイナスの数字を強調するテク, 【Excel】消費税率が異なる商品の売上記録を作成するには?エクセルで条件によって表示内容を変えるテク, 【Excel】なぜかカーソルキーでセルを移動できなくなった!エクセルがいつも通りに動かないときの対処法, 【Excel】シフト表のドロップダウンリストへのメンバー追加が面倒!エクセルで管理がラクなドロップダウンリストを作るコツ, 【Excel】集計作業を3倍速で完了! 消費税を求める式は以下の通りです。 税抜価格×0.1(10%の場合)=消費税. 8%の軽減税率対象品目の税抜金額をyとした場合. Excel2016. 2019年10月1日より消費税の標準税率が10%に増税され、一部で軽減税率8%が導入されます。その後2023年10月1日より「適格請求書等(日本型インボイス制度)」が導入されます。増税&軽減税率だけでなく、その先の消費税がどうなるか、今から少しづつ確認しておきましょう! 消費税額 ÷ 0.08 = 税抜き価格. 消費税 = 商品価格 × 0.08. エクセルにて税抜価格から税込の金額を計算する方法【税込みの値段】 2019年10月から消費税が10%に引き上げられると、税金がよりかかってくるために、その値段がどうなるのかきちんと計算できるようにしておくといいです。 ですが、消費税の計算は思ったよりも簡単です。 消費税の計算が必要なときは、下記いずれかのケースに当てはまると思います。この記事では、それぞれの計算方法を例題と問題で解説します。(消費税8%と10%に対応しています) 消費税8%の計算. Excel(エクセル) 18 【エクセル】指定したセルに入力することで、別の特定のセルに決まった文字を表示させるには? Excel(エクセル) 19. 合計や消費税は、エクセルの関数で自動的に計算されます。 エクセル版とPDF版が両方ダウンロードできます。エクセル版は編集が可能。PDF版は、サンプルの名称や数値をすべて削除してあるので印刷して手書きで使用できます。 個人用 請求書テンプレート01. エクセルで月ごとの稼働日数(営業日数)を求めるにはどうしたらいいか? エクセルには、そのものずばりの『稼働日数をカ... エクセルで作った注文書、請求書や領収書には必ず『消費税』というものがついてまわります。 購入した商品の価格に8%を... エクセルの計算方法は、既定(標準)の設定が『自動計算』なので、そのまま使うことが多いかと思います。 計算対象のセル... エクセルでは割合を求める関数は用意されていませんが、でも大丈夫です。ここではパーセント付きで割合を求める方法を紹介します。また割合の結果がマイナスかプラスでセルの色を変える方法も例を混じえながら紹介。, エクセルの合計などの式は自動で計算結果が更新されるので便利なんですが、時々いつの間にか『手動計算』に変わっていることがあります。今回はなぜ勝手に『手動計算』に変わってしまうのか、その原因と条件について解説します。, エクセルの串刺し計算はちょっと手順が長いです。ここでは最も少ない手順で串刺し計算ができる方法を紹介します。またフォーマットが一部異なるシートがある場合でも最小限の手順で串刺し計算ができる方法を紹介。, エクセルで表を作ってオートフィルターをかけたりすると、見えてない行まで含めて計算されてしまいます。今回はオートフィルターや行の非表示によって『見えている行だけ』を計算する方法を紹介します。, エクセルで数式や関数が計算されなくなった!反映されなくなった!という経験はないでしょうか?これは『手動計算』に切り替わったことが原因です。ここではすぐに反映させる方法と、『自動計算』の設定方法を紹介します。, エクセルの時間を計算する場合、時間や分の単位があるために難しそうに思えますが、普通の数字と同じように計算することができます。ここでは時間の足し算、引き算の方法と24時間を超える時間の表示方法を紹介します。, IT関連の仕事をしていて、エクセルは設計書やテスト仕様書作成などで毎日使っています。, エクセルを使いこなすために、これだけは習得しておきたい基本的な機能、操作を紹介します。, 次に消費税が変更された場合、このセルの内容を変更するだけで、自動で新しい消費税の計算がされて便利. Excel2013. 取引ごとに消費税を計算する方法もあります。 ※合算して消費税を計算する場合と、消費税額が異なる場合もあり. 8%の軽減税率対象品目の消費税を算出する方法. 計算結果が割り切れるため迷いようがありません。 一方、税込金額が9,900円で消費税率が8%の場合はどうでしょうか?税抜金額は9,900円÷1.08= 9166.6666・・・となります。計算結果が割り切れない数字となっています。そのため、 まずは、下のエクセルを例に、消費税を求める計算式を解説します。. ②軽減税率対象品の「税抜お買上額(8%対象)」と「消費税額」を計算する デザイン外の適当なセルで、sumif関数を用いて名称に”※”が含まれているデータの「税抜お買上額(8%対象)」、 「消費税額(8%対象)」を合計します。 ①x66 セルを参照 ②x67セルを参照 1.08y + 1.1(税抜金額合計 -y)= 税込金額合計. まとめ. という算式が成り立ちますので、yを求める算 … 新着情報 色付セル(条件付き書式)を数えたい 休みの調整が簡単に反映されるシフト表 色のついたセルを数える関数を作る. 税込価格は税抜価格と消費税の合計なので次のように計算できます。 税抜価格+消費税=税込価格. ※弥生会計の電卓機能を表示中 . まったく消費税込みで記載されないことがあり、消費税を外税で結局、結局消費税分高くなり、思ってたより高くなったことがあったので、始めに金額を確認してから考えようと思い利用しました。計算式にこだわらない、選択式で答えがすぐに出るのがいいですね。 Excel2010. 消費税の額ですが、2017年4月以前は、税額8%で計算。2017年4月以降は10%で計算します。 税込み金額 =本体価格×(1+税率) です。 なので、 今回は、 「 =b3*0.08 」 となります。 最後に「ok」ボタンをクリックすれば消費税額が表示される . 消費税には国税の「消費税」と地方税の「地方消費税」がありますが、申告書では両者を別々に計算する必要があります。 今回は「消費税の中間申告の計算方法」と「国税と地方税の分け方」について確認 … このため、今後総額(税込み)で計算し、最後に消費税を計算する方法が主流になると考えられる。 そこで少なくとも内部では税抜きと税額を同時に計算するほうが良いようだ。 また消費税は円未満切り捨てが実務上認められているため、FIXを用いて問題がないと判断した。 これは日本円の場合. 消費税の計算式を入力します。 消費税の計算式は. 消費税の計算は小数点の切り捨てが行われるため、その条件だけでは該当が複数存在することになります。 仮に8%をx、10%をy、8%消費税をa、10%消費税をbとします 例) X=688、Y=5580、a=55、b=558 X=678、Y=5590、a=54、b=559 から 以前書いた記事では、領収書等の購入金額の税率10%分と8%分の内訳を一瞬で計算する方法についてご紹介しました。 今回は、上記の記事の補足として、消費税額の端数処理が行われている場合も考慮した上で、課税 エクセルで作った注文書、請求書や領収書には必ず『消費税』というものがついてまわります。 購入した商品の価格に8%をかけたものが消費税となりますが、 エクセルで消費税や消費税込みの合計を求める時に、誤差が出る場合がある んですよね。 それは、消費税の計算結果を 『端数処理』 していないからです。 源泉徴収税は、エクセルの関数で自動計算するようになっています。 テンプレートの計算式は、以下のようにしています。一般的には端数は切り捨てなのでint関数で切り捨てますが、提出する会社によって計算方法は異なるので、適時修正してください。 Excelグラフ. fa-arrow-circle-right PDF版のダウンロード fa-arrow-circle-right エクセル版のダウンロード. という算式が成り立ちますので、yを求める算式は、 見積もりや帳簿などで金額を扱う以上、消費税を計算する必要が出てくる場面は多くあります。特に決まったExcelのフォーマットで記入する場合は、計算ミスを避ける上でも自動的に計算されることは必須事項といえます。 = C9 * 0.1. 消費税率が10%になり軽減税率制度もついにスタート。 少しでも金額を安く表示したいためかここ最近レシートの金額表示を税込から税抜に切り替えたお店がずいぶん増えた気がします。 その他(暮らし・生活・行事) 関連するQ&A. = C5 * 0.08. q 消費税(内税方式)の計算方法を教えて下さい。 消費税(内税方式)の計算方法を教えて下さい。 下記の左列の 商品を4点、合計1,473円の場合、本体価格、消費税の内訳は、2列目、3列目の内容でいいで … 消費税の金額計算した後は、税込み金額から税抜き金額を出すにはどうすのかを考えましょう。~エクセル関数技 . では、 総額表示、例えば10,800円から消費税を逆算する場合は、 総額 ÷ 1.1 × 0.1 まず最初に、消費税の計算が合わない時の原因を確認です。 下の表をご覧ください。赤枠で囲んだ「消費税」と「税込価格」の場所です。 1番下の黄色い合計欄の計算結果がおかしな事になっています。 拡大するとこんな感じ。 Excel用計算式(小数点以下切り捨て) =ROUNDDOWN([税込価格]/13.5,0) 消費税10%の場合の内税の計算方法 計算方法. 1.08y + 1.1(税抜金額合計 -y)= 税込金額合計. 10月1日の消費税増税にあわせて「現行の税込価格表を新税率に変更しておいて下さい、以上」と、いつもの大雑把な指示が飛んできた場合に気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。丸投げ指示を出す人の再教育は増税後にあらため 10%と8%商品が混在する場合でも消費税の計算を簡単に行うことができました。 消費税の計算は小数点以下の端数が絡むため、非常に厄介なものです。 消費税抜きの金額計算 Excel関数技. 端数処理は次の内税計算を参考にしてください。. 以前書いた記事では、領収書等の購入金額の税率10%分と8%分の内訳を一瞬で計算する方法についてご紹介しました。 今回は、上記の記事の補足として、消費税額の端数処理が行われている場合も考慮した … そして、エクセルで税込の金額を求めるには、難しい関数は使用する必要はなく、上述の計算式をエクセル上で表現するだけでいいです。 以下のデータで具体的な方法を確認していきます。 このとき、税込価格の項目には、 =税抜価格×1.1(消費税率10%で記載) と入力するだけで、税込みの値段を求めることができるのです。 enter 見積もりや帳簿などで金額を扱う以上、消費税を計算する必要が出てくる場面は多くあります。特に決まったExcelのフォーマットで記入する場合は、計算ミスを避ける上でも自動的に計算されることは必須事項といえます。 2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられます。今までの消費税増税では全ての物やサービスなどに対して一律で3%・5%・8%と税率が引き上げられましたが、今回の増税につきましては、全て10%に税率を引き上げられるのでは無く、特定の品目に対して軽減税率(8%)が適用されます。 最後に税抜価格かた、消費税の税金のみを求める方法について考えていきましょう。 こちらも、税金の定義をそのままエクセル上で表現するだけといえます。8%であるため、税無しのコスト× 0.08をするだけでいいのです。 以下の通りです。 v10.23.1、v12.20.1、v14.15.4、v15.5.1の各バージョンが公開 Apple Siliconネイティブの「Microsoft Edge」がDev版に ~Mac向けの独自機能も, Netflixら動画配信サービスの映像を再生するWebブラウザ拡張機能「Teleparty」の最新版が公開, バージョン2.0.0以降、HuluやDisney Plusなどにも対応【17:00 追記】, 「Minecraft」に“コミュニティのお祝い”の最後の無料マップ「ブルーム」がリリース, ペーパーレス化の頼もしい味方!世界初のPDF“追記”アプリ「AxelaNote」の魅力とは, どんどん軽くなり続ける「EmEditor」 ~ExcelよりCSVをサクサク処理できるワケ, 信頼と軽快さが同居する「ESET Internet Security」 ~窓の杜が10年以上使い続けるワケ, いよいよ今月から、軽減税率制度がスタートしましたね。商品によって消費税率が異なったり、同じ商品でも、例えば飲食料品では、店内飲食とテイクアウトで税率が異なったりするので、混乱しているという人は多いのではないでしょうか。, 今回は、Excelで売上記録を作成している飲食店を想定して、消費税率が異なる商品の売上金額や売上数量を管理する例を考えてみます。実際には、今回解説するようなExcelで売上記録を管理している飲食店は少ないかもしれませんが、Excelのエクササイズとして、一緒に学んでいきましょう。, Excelを使って、毎日の売上記録を作成している飲食店の例を考えてみます。この飲食店では、すべてのメニューに対して、店内飲食(イートイン)とテイクアウトが可能だとします。この表では、F列の「消費税率」、G列の「消費税」、H列の「税込価格」が未入力になっているので、これらの空欄を埋めて表を完成させてみましょう。, まず、表について説明します。来店客が商品を購入したら、A~D列に「時刻」「商品ID」「商品名」「定価」(①)を入力します。来店客が店内で飲食した場合、E列の「区分」にはイートインを表す「E」を、テイクアウトした場合は「T」を入力します(②)。F列には区分によって変わる「消費税率」、G列には「消費税」の金額、H列には「税込価格」を求めて表示します。, ではまず、表の中で空欄になっている列のうち、F列の「消費税率」を求めてみましょう。ここではIF関数を使います。IF関数の書式は次のとおりです。, 最初の引数の「論理式」には表示内容を変更する条件を入力します。2つ目の引数「真の場合」には、条件に当てはまる場合に表示する内容を、3つ目の引数「偽の場合」には、条件に当てはまらない場合に表示する内容を指定します。, 今回の例で、イートインの場合の消費税率は10%、テイクアウトの場合の消費税率は8%になります。言い換えると、E列の「区分」が「E」の場合、消費税率は10%、そうでない場合は8%になります。これを数式で表現すると、セルF3には「=IF(E3="E",10%,8%)」(③)と入力すればよいことになります。, 数式が入力できたら[Enter]キーを押すと、計算結果(④)が表示されます。セルE3の値が「E」なので消費税率は10%となり、正しい値が表示されたことがわかりますね。, この数式をF列の他のセルにもコピーしましょう。セルF3の右下にマウスポインターを合わせるとマウスポインターの形が変わる(⑤)ので、そのまま下方向にドラッグ(⑥)します。, 続けて、G列の「消費税」を求めます。消費税は「定価×消費税率」という式で求められますよね。よって、セルG3に「=D3*F3」(⑧)と入力して[Enter]キーを押します。, セルG3(⑨)に消費税が求められました。セルG3の数式をG列の他のセルにもコピーしましょう。セルG3の右下にマウスポインターを合わせるとマウスポインターの形が変わる(⑩)ので、そのまま下方向にドラッグ(⑪)します。, 最後にH列の「税込価格」を求めます。税込価格は「定価+消費税」という式で求められますよね。よって、セルH3に「=D3+G3」(⑬)と入力して[Enter]キーを押します。, セルH3(⑭)に税込価格が求められましたね。セルH3の数式をH列の他のセルにもコピーしましょう。セルH3の右下にマウスポインターを合わせるとマウスポインターの形が変わる(⑮)ので、そのまま下方向にドラッグ(⑯)します。, これで売上記録の表が完成しましたね。この項では、IF関数を使い、「区分」によって「消費税率」に表示する値を変える例を解説しました。次の項では一歩進んで、COUNTIFS関数を使い、それぞれの「区分」ごとに商品別の売上数量を算出してみましょう。, この項では、イートイン・テイクアウトの区分ごとに商品別の売上数量を求め、表にまとめてみましょう(①)。, ここではCOUNTIFS関数を使います。COUNTIFS関数は、指定した複数の条件に当てはまる値の個数をカウントする関数で、書式は次のとおりです。, 1つ目の引数「条件範囲1」には、「条件1」を検索する範囲を指定し、2つ目の引数には「条件1」を指定します。3つ目の引数「条件範囲2」には、「条件2」を検索する範囲を指定し、4つ目の引数には「条件2」を指定します。すると、「条件1」と「条件2」の両方を満たす値の個数が求められます。, ではまず、セルK3に店内で飲食(イートイン)されたブレンドコーヒーの売上個数を求めてみましょう。ここに入力する式は、「=COUNTIFS($C$3:$C$11,J3,$E$3:$E$11,"E")」(②)になります。ここでは、「商品名」のセル範囲C3:C11(③)からはセルJ3(④)の「ブレンドコーヒー」を検索し、「区分」のセル範囲E3:E11(⑤)からはイートインを表す「E」(⑥)を検索し、その両方に当てはまる値の個数を求めたいので、このような式になります。, ③と⑤では、あとで数式をコピーした時に値がずれないように、絶対参照で「$C$3:$C$11」および「$E$3:$E$11」と記述します。反対に④では、数式をコピーした時にセルの位置関係もコピーしたいので、相対参照で「J3」と記述します。, 数式を入力できたら、[Enter]キーを押すと計算結果(⑦)が表示されます。店内で飲食(イートイン)されたブレンドコーヒーの数量は「1」ということがわかります。, セルK3の数式をK列の他のセルにもコピーしましょう。セルK3の右下にマウスポインターを合わせるとマウスポインターの形が変わる(⑧)ので、そのまま下方向にドラッグ(⑨)します。, 同様にして今度は、テイクアウトされた商品の売上数量を求めていきます。セルL3に、今度は「=COUNTIFS($C$3:$C$11,J3,$E$3:$E$11,"T")」(⑪)と入力します。最後の引数に「T」を指定することを忘れないでくださいね。数式の組み立て方は先ほどと同じなので、詳しい解説は省略します。, 数式を入力できたら、[Enter]キーを押すと計算結果(⑫)が表示されます。テイクアウトされたブレンドコーヒーの数量は「3」ということがわかります。, 先ほどと同様に、オートフィルで、セルL3の数式をL列の他のセルにコピー(⑬)すれば、表の完成です。, 今回は、IF関数を使って条件により異なる消費税率を求めたり、COUNTIFS関数を使って区分ごとに商品別の売上数量を求めたりする方法を解説しました。, 消費税の改正という身近な例を用いることで、これらの関数も身近に感じてもらえたでしょうか。IF関数やCOUNTIFS関数は、条件によって表示内容を変更したい時に便利な関数です。実務でもぜひ使ってみてくださいね。, Windows 7のサポート終了が迫っている。どうせ買い替えるなら業務効率化を狙ってパソコンを買い替えよう! ExcelやPowerPointを使った作業が一気に快適になるパソコンのスペックを確認!, 【Excel】毎回行うルーチンワークをサクッとこなしたい!エクセルで初心者でも簡単にできる自動化テク, 【Excel】即位礼は祝日!?Excelのスケジュール表で自分が定義した祝日に色を付けるテク. 消費税には国税の「消費税」と地方税の「地方消費税」がありますが、申告書では両者を別々に計算する必要があります。 今回は「消費税の中間申告の計算方法」と「国税と地方税の分け方」について確認していきます。 会計ソフトへの入力を考えると、どっちみち5%の取引と8%の取引はわけなければいけません。 売掛金 105,000 売上高 105,000 Excel2019. はじめにINT関数について簡単にご説明します。 INT関数は、数値の小数点以下を 切り捨てた整数値を求めてくれます。 消費税の計算は、 小数点以下の端数が出ることが多いです。 ですので、 INT関数を使用することで 小数点以下を切り捨てた数値を 求めていくのです。 2019年10月1日より、消費税が10%に上がると同時に、8%の「軽減税率」が導入されます。つまり、消費税率が複数存在することになります。もし、10%・8%両方の税率の商品を同時に扱う場合、請求書や納品書はどのように変わるのでしょうか。 まとめ. 「Node.js」の2021年1月セキュリティ更新 ~CVE番号ベースで3件の脆弱性に対処. 税率の変更に伴い、請求書、申告書、納付書などの消費税の計算が入力されている計算式の修正が必要となります。, 今回は消費税、内税(税込金額)の求め方を中心に解説するので、ぜひ参考にしてください!, 8%、10%の時にそれぞれ『98.64』、『123.30』と端数が出ているので、内税(税込金額)を求めるときに、端数処理をする必要があります。, さきほどの計算式で消費税が求まったので、次に消費税込みの内税(税込)を計算します。, 内税(税込)は『金額』+『消費税』で求まりますが、消費税に端数がある場合は端数処理する必要があります。, 消費税は切り捨てるのが一般的のようですが、『切り捨て』の方法とあわせて参考までに『切り上げ』の方法も紹介します。, 以下のように、ROUNDDOWN関数の第一引数に金額(C5)と消費税(E5)の足し算を指定して、第二引数に『0』を指定すると小数点第一位が切り捨てられます。, 『切り上げ』の場合も関数がROUNDUPに変わるだけで、引数の指定の方法はROUNDDOWNと全く同じです。, 消費税を別のセルで管理(入力)する必要がない場合は、こちらの方法の方がシンプルなのでおすすめです。, 消費税10%の内税を求める場合は、1.08の部分が1.1(10%分を足す倍率)となります。, 消費税や内税(税込)を合計する場合は、端数処理をしていないと合計の値に誤差が出てしまいます。, 合計で差が出ないように、端数処理(切り捨て)について次の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。, しかし、これだと商品ごとに消費税率を入力する手間がかかるため、消費税率を入力するセルを1つだけ用意し、そこから計算する方法を紹介します。, 最初に、消費税入力用のセル(C2)をクリックし、ショートカットキー『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)を押して、『表示形式』タブ(①)→『分類』で『パーセンテージ』を選択します(②), そして、その式を入力したセルの右下にマウスを置くと十字の形に変わるので、十字のカーソルをつまんだまま最後の行までドラッグして、消費税計算の式をフィルコピーしていきます。, そして内税は、最初のセル(E5)に『=C5 + D5』を入力して、消費税と同様にフィルコピーすればOKです。, 消費税入力用のセルを作っておくと、次に消費税が変更された場合、このセルの内容を変更するだけで、自動で新しい消費税の計算がされて便利ですよ^^, 今回紹介したROUNDDOWN関数でも切り捨てることはできますが、消費税計算のように端数(小数点以下)を無条件に切り捨ててもいいような場合はINT関数を使う方法もあります。, こちらの方が使い方も簡単なので、切り捨て関数を沢山のセルに入力しないといけない場合は、INT関数を使うことも検討してください。, 新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。, 切り上げたい場合は、ROUDDOWN関数をROUNDUP関数に置き換えてください。. 8%の軽減税率対象品目の税抜金額をyとした場合. 取引ごとに消費税を計算する方法もあります。 ※合算して消費税を計算する場合と、消費税額が異なる場合もあり. 消費税の計算が合わない原因. 自分が払っている消費税、把握していますか? こんにちは、表題のとおりの内容です。税やお金のリテラシーが低いといわれるわたしたち日本人の弱点を克服しようと思い、8月から試験的に始めていることがあります。 自分が払った消費税を計算することです。 たかが8%だし、数字としても中途半端で計算しにくいからと、あまり気に留めず、取… All rights reserved. 2019年10月に消費税が増税となり、メーカーや小売店の皆さんは値段の付け替えなどの作業が増えて面倒です。Excelで消費税の計算をするときに最も重要な問題は、小数点以下の端数処理です。 消費税の計算が合わない原因. Copyright ©2018Impress Corporation. 消費税8%の場合は、金額に 0.08 をかけると求まります。.