1年車検と法定点検は違う. 車検は毎年あるわけではないため「次の車検はいつ?」「10年経過したら車検は毎年受けるの?」など車検の有効期間や次の車検がいつかを知りたい方がいます。 このページでは車種や利用年数に応じた車検の期間を網羅的に紹介していきます。 自動車はタイヤやエンジンの構成部品など消耗する部品で構成されています。そのため走行しなくとも劣化を繰り返し、年数が伸びれば伸びるほど走行距離も伸び故障の頻度が上がるものです。今回はそんな自動車において10年以上が経過した場合の車検事情についてご紹介します。, 自動車はエンジン内部の摩耗だけでなく、タイヤのようにエンジンの構成部品にもゴムなどでできた部品を使用しており、走行距離が伸びていなくとも劣化していくものです。, それら車の状態を点検・検査し、公道を走る上で問題がないことを証明するのが車検ですが、新車の場合は3年、継続の場合は2年と期間が異なります。, では、10年以上が経過した車両は新車と比べると明らかに故障頻度が多くトラブルの元になりやすいですが、車検期間は1年に短くなるかと言うとそうではありません。, もともと1995年に行われた法改正以降、それまで登録から10年以上が経過した車両の車検期間が1年毎だったものが現在のように2年毎へと変わっています。, これは自動車の性能向上など様々な理由があっての改正となりますが、現在でも貨物車やタクシー・レンタカーといった車両については継続車検が1年毎など用途によっても異なります。, しかし、車検頻度は変わらなくとも登録から10年が経過した車両は確実に車検内容や費用に大きな変化が生じるものです。, 10年目以降も車検の期間は変わりませんが、車の状態や税金の費用など変わる事も多いです。, 車検の際に支払う費用は車検を通すために必要となる検査費や工賃だけでなく、自賠責保険や重量税など決められた固定費用を支払わなくてはなりません。, 自賠責保険については、2020年4月1日以降の契約より,これまで普通乗用車の2年契約において25,830円必要だった契約料が21,550円へ引き下げられ、軽自動車の2年契約においても25,070円必要だった契約料が21,140円へと引き下げられます。, 自賠責保険はこれまでの事故率や支払われた保険料に応じて利益や損益が出ないように調整されているため、この引き下げは近年急激に進歩を遂げている安全技術の成果による結果と言えるでしょう。, しかし、重量税は安くなるどころか登録から13年以上が経過した車両は増税となり、13年未満の1,500kg以下の車両にかかった税金が24,600円である一方、13年以降は34,200円まで増税となり、18年以上が経過するとさらに37,800円へ増税されます。, このように13年以上同じ車に乗り続けることで、車検時に部品の交換しなくとも税金にかかる費用が高くなることを覚えておきましょう。, 現在主流となる車両には長寿命のタイミングチェーンが使用されていますが、2000年前半までのセダン車やスポーツカーにはタイミングベルトを使用したエンジンが搭載されていることも少なくありません。, タイミングチェーンはおおよそ10万キロ毎に交換が必要となり、1年間の平均走行距離は1万キロ程度であることから10年前後のタイミングで交換する必要があります。, ちなみに、新しい車両においてもスーパーロングライフクーラントやCVTやATオイルなど以前に比べて長寿命な製品が登場していますが、どれも5年から長くても10年を迎える前に交換しなければなりません。, 以前に比べ車の性能が向上したことから車両の交換部品も少なくなっていますが、使用する年月が長くなるほど交換しなければならない部品が増えるのを避けることは不可能と言えるでしょう。, 登録から10年目以降の車両について車検や税金にかかる費用が増えることを説明しましたが、基本的に車は新しいほど税金や交換部品にかかる費用が抑えられお得に所有することができます。, しかし、ここまでご紹介したような10年目以降の車両は必ず売った方がお得なのかと言えば、必ずしもそうとは限りません。, 特に希少価値のある国産スポーツカーは高い税金や整備費用を払ってでも維持する価値がある場合があります。, その理由は海外を含め人気が高く需要があるのにも関わらず質の良い車両に関しては供給が間に合っていないこと、そして事故や海外への輸出も含めて台数が減っていることが挙げられます。, 古い車でも正しく維持することで資産価値となる車両も存在するため、自身の車両の価値と、今後支払わなくてはならない費用を比較検討すると良いでしょう。, 10年目以降の車両で最もネックになるのが税金を含めた車検の費用ですが、車検の費用をお得にしたいとお考えであればカーコンビニ倶楽部株式会社へご相談ください!, カーコンビニ倶楽部株式会社では、お客様へリーズナブルな料金で安心のサービスをご提供しております。, たとえば、今回ご紹介した車検も事前にお客様と立ち合いにてお車を確認することによって、お客様へお車の状態や不安点を確認・解消していただくと共に、その際できた見積もりに関しましても必須整備とその整備が必要な理由を丁寧に説明いたします。, また推奨整備につきましてもプロの目線でお客様にアドバイスいたしますのでご安心ください。, 購入から10年を超えた車両で車検費用を抑えたいとお考えの方はもちろん、安く、安心の車検をお求めのお客様は、まずはお気軽にご相談ください!, 『スーパーショップ』は、 カーコンビニ俱楽部の提供サービスをお客様に総合的にご提供可能な特に優れている店舗に付与している称号です。カーコンビニ俱楽部のスーパーショップ認定店なら愛車の修理・点検も、新車にお乗り換えも ワンストップでご提案いたします。, スーパーショップでは、修理や点検から、車検や車の買い替えなどお車に関するすべてのサービスをご提供しておりますので、お客様に最適なサービス・プランを的確にご提案いたします。, スーパーショップでは、高品質修理「カーコン工法」をはじめとし、カーコンビニ倶楽部が推奨する技術を積極的に導入しており、お客様にご満足いただける技術力でご対応いたします。, 車を綺麗にしたい、キズやへこみの修理をしたい、車の乗り換えなどカーライフ全般におけるサポート体制を整えております。小さなお悩みはもちろん、どんなお困りごともお気軽にご相談いただけます。, キズ・へこみ直しはもちろん、点検やメンテナンス、車検、車の買い替えなどスーパーショップだからこそできることを、お客様のお悩みに寄り添って、さまざまなメニューから最適なメニューをご提案。まずはお気軽にご相談ください!, 自動車・車の修理(メンテナンス・リペア)・車検など自動車のことならカーコンビニ倶楽部・カーコン車検へ. 年数10年以上の車両の車検頻度は? 年数10年以上だと車検は毎年行わないといけなくなるという話はドライバーの方が耳にする話かもしれません。 結論からいいますと、現在ではと特に年数10年以上となっても車検頻度が変わることはありません。 つまり 結論から言えば、一般自家用乗用車は新車登録から10年経過した車でも2年おきの車検となります。何年経っても2年目以降ならば車検は2年おきとなります。 10年以上経過している車の車検を通すべきかやめるべきなのか。 車の不調を感じていないなら、まずは車検見積もりをするべき。 重量税が高くなるのは13年、18年後; 自動車税も13年経過すると高くなる。 10年目は入れ替えをタイミングでもある。 まとめ ※本コラムに掲載の内容は、弊社サービスのご案内ほか、おクルマ一般に関する情報のご提供を目的としています。掲載内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、掲載内容に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社は一切責任を負いませんことを予めご承知おきください。, ※本コラムに掲載の内容は、本コラム掲載時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。. 以上が車の消耗品と交換の目安です。 上記表はあくまでも目安ですので、 車の使用頻度や使用状況によって大きく変動します 。 目安を参考にするだけでなく、実際に点検をして劣化しているようであれば早めに交換することが、故障なく愛車に乗り続ける秘訣です。 新車登録から13年経った古いガソリン車は自動車税が割り増しになります。また、ディーゼル車の場合には11年経ったら自動車税が割り増しとなります。総じて、税制改正の度ごとに厳格化される傾向がありますので注意しましょう。 走行距離が10万キロを超えると、車検料金が高くなると聞いたことはありませんか?この記事では走行距離が10万キロを越えの車検費用が高額になる理由と内訳、車検料金を抑えるコツを紹介しています。 車は走行距離では10万kmから、経過年数では10年が寿命の目安です。 また、日頃のメンテナンス次第では15年以上乗ることもできます。ただし長く乗る場合は、車検や修理費などが高額になる可能性があることも注意しておきましょう。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。車種ごとの車検の有効期間、車検はいつから受けられるのか、軽自動車やバイク、さらに10年を超えた車の車検の有効期間のご説明。自家用乗用車の車検の有効期間は、新車登録から最初の車検までは3年間です。 以前は10年目以降の継続車検は1年でしたが、法改正され、10年目以降でも車検の有効期限は2年ということになりました。 なお、現行の車検制度は30年以上も前の制度とほとんど変わっていません・・・。 まずはなんといっても車検と言えば、「法定費用」ではないでしょうか。 車検が高いと言われている所以は、「税金と自賠責保険料」がかかるからです。 昔は、10年経過した自動車に対して、毎年車検を受けなければならない決まりがありました。 この決まりを今でも覚えており、1年車検と勘違いしてしまうケースはあります。 軽自動車の車検期間ってどのくらいなの?10年を経過するとやっぱり毎年車検になるの?どのタイミングで買い替えるとお得なんだろう?何て疑問ありませんか?今回、軽自動車の車検について解説します。 有効期間は種別ごとに決まっています。自家用乗用車の車検の有効期限は、新車登録から初回の検査が3年間で、以降は車齢にかかわらず2年ごとに車検を受ける必要があります。 新車登録から10年程度が寿命だといわれている自動車ですが、定期的なメンテナンスで20年以上走り続けるのも可能だということをご存知でしょうか。新車だけでなく中古車でも20年乗り続けることができます。では、20年乗り続けた車を売却することは出来るのでしょうか。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。自動車税は13年を超えると高くなるのかご説明。自動車税は車検証に記載の新規登録日から、13年以上経過すると高くなります。10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課もご説明。 乗車年数が10年を超えたから必要だと考える. もともと1995年に行われた法改正以降、それまで登録から10年以上が経過した車両の車検期間が1年毎だったものが現在のように2年毎へと変わっています。 平成12年式グランドハイエースの車検を受けた 13年以上経過した車の重量税が高い:法定費用だけで8万円. 10年以上経過した車はまだ車検を通して乗り続けても大丈夫なのでしょうか? それは走行距離との兼ね合いになりますね。 余裕が有れば買い換えたい年式ですが、そのまま乗り続けられない事は全く有りま … 普通車でも10年以上の年式になると「1年車検」という時代がありました。 しかし、1995年の道路運送車両法の改正により、 普通乗用車(軽自動車)の車検は継続車検はすべて2年 です。 4ナンバーの車検年数は? 普通車の4ナンバー車 車検の年数を考えたときによく勘違いされるのが法定点検です。法定点検は、車の安全性を維持するために義務付けられているものですが、車検とは全く別物です。 法定点検は12カ月ごと、つまり、年に1回が義務付けられています。 10年を超えたからといって、車検期間が1年に短縮されることはありませんが、もともと1年ごとに更新が必要な車もあります。 たとえば、バスやタクシーなどの営業車や一部の大型トラックなどは、初回検査時から1年ごとに更新しなければなりません。 10万キロ走った車は、車検の際に多くの交換部品が発生します。部品によっては、交換しないと車検に通りません。その結果、以前よりも費用が増えるため、乗り続けるべきか迷うところです。どのような交換部品があるのでしょうか。 Copyright Car Conveni Club Co., Ltd. All Rights Reserved. 車買い替えのコスパ・タイミング 車買い替えの時期は車検か事故・故障が主であり、「3年」「5年」「7年」または故障が目立つ「10年以上」 車価値と買い替えのベストタイミングは5年か7年と言われているが、経済的に得ができるの … 10年以上経つと車検の費用が高くなることを覚えておこう! ガソリン車は13年目以降の車検から、ディーゼル車は11年目以降の車検から費用が高くなります。まとめて「10年以上経った車は費用が高くなる」と覚えておけばどちらを選んでも問題ありません。 「10年落ちのレクサスを売りたいけど、どこに買取ってもらうのが一番いいのか分からない」という方は多いはずです。本記事では、10年落ちのレクサスを買取りをしてもらうにはどこが一番いいのか、買取相場についても詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。 車の耐用年数は12〜13年といわれています。 10年を超えるとトラブルも起きやすくなりますが、維持費をかけられるのであれば乗り続けても問題ありません。 部品の修理・交換を続けて、可能な限り乗り続けるという選択肢もあるでしょう。 車検費用が10万円を超えたり、前回よりも見積額が上がったりすると、本当にその金額が適正なのか心配になる方もいるでしょう。そこで、車検費用の目安を紹介します。特に気になる、「費用を節約できるポイント」についても確認しましょう。 どの車も車検を受けなければなりませんが、10年以上乗っている車の車検は毎年あると言われていますが本当なのでしょうか。今回は、10年目以降の車の車検について、車検の費用や間隔、税金について詳しく解説します。また、10年以上の車の部品の修理や交換についても紹介します。, 一般自家用乗用車の車検は通常、新車登録から初回3年、2回目以降は2年おきに受けなければいけません。, しかし、新車登録から10年経過すると毎年車検を受けるという話も聞くことがあります。, 確かに、お気に入りのマイカーを何年も運転すれば、故障・トラブルを起こしやすくなりますよね。, この記事を読めば、新車登録して間もないドライバーの車検に関する疑問点や、不明点も解消できることでしょう。, ドライバーの方々の中には、「どの車検に関する記事をみても、2年目以降は2年おきに車検すると書いてある」と、疑問に思う人も多いことでしょう。, 実際に、1年おきという短い期間で実施される車検は存在します。その車検の対象になるのはタクシーや8トン以上の貨物自動車等があげられます。, 結論から言えば、一般自家用乗用車は新車登録から10年経過した車でも2年おきの車検となります。何年経っても2年目以降ならば車検は2年おきとなります。, ただし、車検有効期間が1年だった時期は全くなかったわけでなく、1995年の道路運送車両法の改正前に1年ごとの車検があったのは事実です。, ではなぜ、使用年数に関わらず一般自家用乗用車の車検が2年おきとなったかというと、自動車の技術が大きく進歩したからです。, 各メーカーの努力で信頼性・耐久性が飛躍的に上がり、現在の2年おきの車検で十分と制度変更されたのです。, 車検費用は大きく法定費用・車検基本料に分かれます。こちらでは、それぞれについて解説していきましょう。, 少しでも車検費用を軽減するためには、ご自分で愛車の日ごろからの点検・部品等の交換が大切です。, ご自分で点検等を欠かさず行えば、古い愛車でも車両トラブルが起きることを未然に防げることでしょう。, 自動車税の高くなる可能性があるとすれば、ガソリン車の場合13年を経過してからとなります。一方、ディーゼル車は11年からとなります。, こちらではガソリン車の場合を取り上げ、13年未満・13年経過した場合の税額を比較してみます。, 排気量ごとに、だいたい15%程度が上乗せされます。ただし、一定の条件に該当する車は13年経っても自動車税の変わらない場合があります。, 事例で上げたマツダ・デミオは表では、1,000cc超~1,500cc以下の排気量に当たります。本来なら13年経つと34,500円→39,600円となります。, しかし、排出ガスが抑えられ、燃費が良く環境に配慮した自動車なので、自動車税は上がりません。, ただし、自動車重量税は増額されてしまい、デミオの場合13年目までは1年で12,300円ですが、14~18年目は17,100円、19年目は18,900円と増額されていきます。, 車検は車のトラブルによる大事故を防ぐため必要な検査です。車検切れのクルマを公道で走行した場合は違法となり、刑事罰の対象となってしまいます。, 次の車検がいつまでかわからなくなった時は、「車検証」を確認しましょう。こちらは、車検時に保安基準へ適合していたことの証明書類です。, 車検の有効期限ギリギリになって、必要書類を集めるようでは肝心の車検へ間に合わないおそれもあります。, 車を売却する時の価格は「リセールバリュー」と呼ばれています。このリセールバリューが高いとき売却すれば確かにお得です。, ご自分が購入してから早く売るほど、リセールバリューが高くなるのは皆さんおわかりのことでしょう。, このリセールバリューが下がってしまうのは、概ね新車から3年ほど経った時期と言われています。, さすがに10年経過していれば、リセールバリューもかなり低下していることでしょう。もはや、有料では買い取ってもらえないかもしれません。, ただし、マイカーが10年も立てば部品の交換費用はもとより、車体も傷んできます。メンテナンス費用はかさんでくることが考えられます。, そのため、あまり高く売れなくても、メンテナンスの手間も考え10年目は買い替えの時期とみて丁度良いでしょう。, 車検時には自賠責保険料を支払いますが、任意保険である自動車保険なら車検と関係はありません。, しかし、車検ともども維持費として大きな負担となってしまうことでしょう。手厚い補償を受けつつ、保険料は安く抑えたいものです。, とくに、仲介手数料が保険料へ含まれている代理店型保険から、インターネットでダイレクトに保険会社と契約する通販型保険へ見直しすれば、保険料は割安となります。, 10年以上乗っている車は毎年車検があるのか?について解説してきましたが、いかかがでしたか?, 2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。, ただし、車の使用が10年目ともなれば、車両のそこかしこが傷みだし、車検の際に大幅な部品交換等が必要になる場合もあるでしょう。, いずれの車検でも少なくない費用が必要となってしまいます。そのため、維持費もよく検討して自家用車を購入する必要があるでしょう。, 多くの書類が必要なので手もとに保管してあるか、チェックを怠らないようにしましょう。, マイカーは10年も経てば愛着がわくことでしょう。しかし、走行トラブルのリスクも増します。車検を法定通りに行いつつ、買い替えの準備も必要です。, ほけんROOMでは自動車に関する記事を他にも多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。. 以前は車検の年数が違っていたことも! 私はもう10年以上車の運転をしているので、車検の年数が「初回は3年、その後は2年」ということは知っていました。ですが、実は、以前は車検の年数が今と違っていたこともあるのだそうです。 10年以上. 実は1995年の道路運送車両法の改正により、車検の10年ルールは廃止されました。 つまり普通自動車であれば、10年経過した車でも車検間隔は2年となります。何年経っていても車検の間隔は同じです。 2018年10月現在の法律では、乗用車 (普通車・軽自動車)の車検有効期間は、新車購入時からは3年、それ以降は2年となっています。 実は昔は、「10年以上の車は1年車検」ということがありました。 これによって現在では、最初の車検のみ3年間となり、その後は2年ごとの車検となります。 ただし昭和63年以前に初回登録した車については、新規登録をしてから10年経った車は1年ごとの車検となってい … 9年目、4回目の車検あたりから、ちらりと「新しい車に買い換えるかどうか」という考えが浮かんできます。 でもまあ9年目は通しました。でも、通した時にもうすぐ10年になってしまうな、と思ったのです。10年っていうのは一つの節目ですよね。 10年間載り続けた大切な愛車。次回は車検を受けるべきか買い換えるべきか悩みますよね。一般的に10年目は車の転換期とも言えます。そんな10年目を迎えた愛車をどうするべきか、車検の現状をお教え …