これは単に叙述トリックの面白さのみに絞ったものではなく、叙述トリック物の作品を個人的な視点から総合的に見て順番におすすめしています。 牧場物語2 ... 者たちは全員カメラマンで、みんなアリバイのある写真(アリバイ)を差し出しますが、金田一の頭脳でアリバイトリックを見事に暴きます。 念願の二季桜が撮れてよかったよかった。 「金田一少年の事件簿」短編集 (4) (講談社コミックスデラックス (1082)) posted with ヨメレバ. 金田一少年の事件簿は、複雑怪奇なトリックもさることながら、犯人たちが罪を犯すにいたった動機も人気の漫画です。彼らはどうしてそこまで被害者を恨んでいたのか。あまりにも辛く悲しいそのドラマに、犯罪者とわかっていながら共感してしまう読者も少なくありません。そんな犯人たちが持つ動機のドラマを考察しながら名作ランキングをまとめました。, 週刊少年マガジンで連載された漫画『金田一少年の事件簿』は横溝正史の小説に出てくる探偵「金田一耕助」の孫を主人公にしたミステリー漫画です。テレビドラマ化もされキンキキッズの堂本剛や、嵐の松本潤が演じたことで注目されました。, 最大の特徴は驚きの面白いトリックの数々に加えて、犯人が動機を語るシーンにも力を入れている点です。他作品では事件解決の後に少しだけ触れる程度に留まることが多い犯人の物語ですが、金田一少年の事件簿ではまるまる1話、ときにはそれ以上にわたって「犯人が事件を起こした理由」が説明しているものもあります。, 他の推理作品より圧倒的に長い物語は、まるで別の話を読んでいるかのような錯覚すら感じさせます。犯人を主人公とした一つのドラマがそこにはあります。犯行を決意するに至ったその想いは、犯罪者であるはずの犯人に思わず同情したくなるほど。, また犯人が肉親や恋人など「失ったもの」との関係によって共感を覚える人もいるのではないでしょうか。「もし自分が家族や恋人を、誰かの身勝手な理由で失ったら?」と考えるとあなたはどうするでしょうか。, 今回は犯人の動機を加味しながら独断と偏見でランキングにしていますが、あらすじやネタバレも含まれていますのでご注意ください。, 金田一ファンなら絶対に名作に挙げるのが『オペラ座館殺人事件』です。第1巻の事件にして最高傑作と名高い事件と言えます。この事件は自身を「怪人ファントム」と称した犯人が、戯曲『オペラ座の怪人』に沿った犯行を重ねていくのが特徴。犯人は『オペラ座の怪人』を演じる役者だけあって、普段の顔と犯行を重ねるファントムとしての顔、その2つの演じ分けにも注目です。, 普段の顔からは想像もできない怒りや苦しみ、悲しみを見せる犯人は、我々読者にも視覚的にわかりやすい変化を与えてくれます。普段の様子からは「この人が犯人とは思えなかった」という方も多いのではないでしょうか。, 金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿 一つにまとめちゃいました。オペラ座館殺人事件 (週刊少年マガジンコミックス), なお事件自体に直接的な関連性はありませんが『オペラ座館新たなる殺人』『オペラ座館第三の殺人』といった事件もあります。舞台を同じ「オペラ座館」とし、愛する人を失った悲しみから、その人を死に追いやった関係者たちを次々と手にかける犯人のスタイルが似ています。, 2作目と言える『オペラ座館新たなる殺人』は漫画ではなく小説になっています。アニメ映画化された時の原作でノベルスの第1巻にあたりますので、探される際の参考にしてください。, モチーフとなる怪人は『13日の金曜日』で有名な殺人鬼「ジェイソン」です。ひょんなことからリゾート施設を訪れた金田一少年たちでしたが、近くの刑務所からジェイソンを彷彿とさせる連続殺人犯が脱走したとのニュースが飛び込んできます。しかし実はそのニュースは犯人が仕組んだ隠れ蓑。参加メンバーには隠された共通点があったのでした。, オペラ座館と同様にこちらも「愛する人を失った」という共通点があり、シリーズの中でも一番悲しい事件との口コミもあります。ただ、この事件の犯人のポイントは「動機の中心となる人物との愛がそもそも許されなかった」という点でしょう。, なぜ許されなかったのかはネタバレになるため、原作を読んでいただくとして「愛することが許されなくてもそばにいられればそれでよかった」そんなささやかな願いすらも打ち砕かれてしまった犯人の気持ちを考えると、涙が溢れてしまいます。一番悲しい事件でした。, 金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿 一つにまとめちゃいました。悲恋湖伝説殺人事件 (週刊少年マガジンコミックス), しかも犯人にとって愛する人の命を奪った憎き相手の情報は「イニシャル」と「ある事故の生存者」という2点のみ。そんな中で犯人は相手を突き止めるために恐るべき行動をとります。それは裏を返せば愛する人への強さに他なりません。行為の残虐性と想いの深さがリンクする作品です。, 余談ですが、この「ジェイソン」は『金田一少年の事件簿』において数少ない「後日談」がある人物でもあります。後述する『黒死蝶殺人事件』がそれに該当しますので、『悲恋湖伝説殺人事件』の後に『黒死蝶殺人事件』を読むとまた違った趣を感じられると思います。, 金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿 一つにまとめちゃいました。首吊り学園殺人事件 (週刊少年マガジンコミックス), 登場する怪人は「地獄の子守唄」です。ファンの間では史上・歴代最強クラスの犯人とも呼ばれ、ほぼ完全犯罪の神回だった。金田一一もミスリードされてしまい、最後はラッキー要素で事件を解決したに留まる。シリーズ屈指の完成度を評価して第3位です。, もっとも印象深いのは最終回の結末。イジメを受けていた生徒の遺作『禁断の愛』に隠された真実を知ったときに号泣してしまいました。, 金田一少年たちは迷い込んだ廃病院の中で医大生のグループと知り合います。ところが翌日、彼らの内の1人が遺体で発見されてしまいます。外に脱出して警察に連絡を取ろうとするものの、なんと野犬の群れが建物の周囲を覆っているのでした。, 実はこの医大生のグループは、過去に医療ミスによって1人の人物を死なせてしまっていました。その人物こそが「犯人の愛する人」。その人物は重い病気にかかっており、余命わずかと宣告も受けていました。, ですが医大生グループは余命が尽きるよりももっと早く、その人物の命を奪ってしまうのです。「どうせ余命わずかだったのだから」と、医者の卵でありながら命に責任を感じていない彼らに犯人は激しく怒ります。, この事件は「命の重さを考える時、残りの長さは関係するのか」を考えさせられる事件と言えます。金田一ファンの中でもっとも不評だったことでも有名な「意外すぎる犯人の正体」にも注目してください。一層、悲しみが掻き立てられます。, 犯人が復讐するのは恋人のためだけではありません。「家族の復讐」を胸に犯行を行う事件も『金田一少年の事件簿』の中では多いですね。その一つがコミックス第2巻に収録の『異人館村殺人事件』です。, 『異人館村殺人事件』の場合は犯人ではなく、その母親が家族を失った復讐心を持っているという、少し変わった話です。ですが、その母親のもとで育った犯人は「復讐を果たすために産まれた」と言われ続け、殺人に抵抗を感じない機械のような人物に育ってしまいます。, 読んでみて「確かに環境は同情するけど、そんな犯人に共感できるのか?」と思う方もいるでしょう。ですが犯人は事件の中である少女と出会います。犯人は始め、復讐に利用するために近づいたのですが、いつしかその想いは真実のものとなっていきます。, しかしそれでも母親のため、自らの復讐を止められない犯人は彼女をも手にかけ…『金田一少年の事件簿』は初期に特に残虐な方法が多く、この事件もその一つですが「犯人が最後に見せた顔」にはやりきれなさを感じさせてしまいます。, 続いてはコミックス14巻からの『タロット山荘殺人事件』です。トップアイドル「速水玲香」の誘いを受けて「タロット山荘」にやってきた金田一少年たち。オーナーである玲香の父は、過去のあるネタを元に記者にゆすられ、勢い余って殴ってしまいます。死んでしまったと焦るオーナー。しかし事件はオーナーの意図しない展開に進んでいきます。, 一見オーナーが犯人という形で進みますが「実は背後に彼を操る人物がいる」というのが本作の特徴です。真犯人は過去にオーナーによって家族を奪われていたこと、偶然にもオーナーが記者を殴り、その遺体を埋めるところを目撃してしまったため、今回の犯行を思いつくのです。すなわち「それをネタにオーナーを脅し、自らは手を染めずにオーナーに犯行を続けさせる」わけです。, 金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿 一つにまとめちゃいました。タロット山荘殺人事件 (週刊少年マガジンコミックス), 自らは手を染めないという卑劣なやり口のようにも思えますが、それもそのはず。真犯人は「今もオーナーによって家族を奪われ続けていた」のですから。その家族の正体の驚きと「家族を守るため」に、犯人が最後に起こした行動も涙ものの展開です。, コミックス20巻に収録の『魔術列車殺人事件』も注目です。今はすっかりレギュラーキャラクターとして定着した「地獄の傀儡師」の初登場作品であり、彼が手を下した唯一の事件でもあります。, マジックショーを見に来た金田一少年たちは、会場に向かう列車の中で(マジックの開催者である)奇術団団長の遺体を発見。しかしその遺体は次の瞬間、あっという間に消え失せてしまったのでした。, 今回の被害者たちは、かつて「地獄の傀儡師」の母親が団長を務めるマジック団体のメンバー。団長は「奇術の女王」とも称された凄腕のマジシャンであったため、彼女のマジックのタネが書き込まれた「トリックノート」を被害者たちは狙い、彼女を死に追いやります。しかし事件は事故死扱い。おまけにそのマジックを元に被害者たちは成功を収めてしまいます。, 金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿 一つにまとめちゃいました。魔術列車殺人事件 (週刊少年マガジンコミックス), 息子であった地獄の傀儡師には、別にトリックノートが贈られており、その内容が被害者たちの行うマジックと同じものであったことから、彼は母の死の真相を知るのでした。今作では「母親への思慕」というだけではなく、「マジックの女王への賞賛」も含まれています。, 自らもマジシャンを目指していた地獄の傀儡師にとって、他人のアイデアを盗み、あまつさえその人物を死に追いやるという行為は到底許しがたいものではなかったのです。その尊敬の念は「事件の思わぬ結末」からも伺うことができます。, この事件をきっかけにシリーズ最強の敵と言える地獄の傀儡師と金田一少年の奇妙なライバル関係も始まりました。犯罪者と探偵、真逆の立場の2人が織り成す「宿命」の糸は、20年経った今も途切れることはありません。, 犯人が犯行を成し遂げるため、その正体を隠して生活を送っている事件も多いです。まずはコミックス第22巻からの『黒死蝶殺人事件』。, 金田一少年は「ある男」の写真をきっかけに、その人物がいる屋敷へやって来ます。そこでは珍しい蝶がたくさん飼い慣らされており、特に珍しいとされる「夜光蝶」のお披露目会が行われていました。ところがある夜、屋敷の主人の娘が何者かによって殺害されてしまうのです。, 犯人は父親のために今回の犯行を思い立ちます。実は「夜光蝶」は屋敷の主人ではなく犯人の父親が発見したもの。しかしその事実は犯人の父親と母親しか知らなかったはず。後に母親は屋敷の主人と結婚しています。, 金田一少年の事件簿と犯人たちの事件簿 一つにまとめちゃいました。黒死蝶殺人事件 (週刊少年マガジンコミックス), 「母が父を裏切った!?」犯人は父親の名誉を奪い、死に追いやっておきながらのうのうと暮らしている母親が許せませんでした。そこで屋敷の主人やその間にできた子供を殺害し、母親に苦しみを味あわせようとやってきたのです。, その人を直接手にかけず、家族を失う苦しみを味わわせる展開は、それだけ犯人の辛さを示しています。ところが事態は思わぬ結末に。なんと犯人の母親は子供たちを人工授精によって生んだと言うのです。屋敷の主人の子供たちも犯人も同じ父親ということです。すなわち屋敷の子供たちは犯人にとって…「夜光蝶」の存在をばらしてしまった人物の正体など、こちらもやりきれなさの残る作品です。, トンネルを抜けるとそこは神秘的な村でした。そんな言葉を言いたくなるのが、コミックス25巻に収録の『魔神遺跡殺人事件』です。, 高校の先輩に誘われて遺跡発掘のバイトにやってきた金田一少年たちですが、同じく遺跡発掘にやってきたメンバーの1人が殺害されてしまいます。彼はその村に奉られている「凶鳥様(まがどりさま)」の怒りに触れてしまったのでしょうか。, 犯人は以前誤って殺害した女性に18年もなりすましています。偽って生きていくことは犯人にとって辛く悲しいことでしたが、夫の頼み、そして支えもあって何とかやってこれたのです。ですがその夫も遺跡の落盤事故で命を落としてしまいます。, ところが犯人は知ってしまいます。その落盤事故は未然に防げたかもしれないということを。被害者たちは自分たちが抜けがけしていることを知られたくないがために、助言をしなかったことを。さらに被害者たちは後悔もせず、「後継の娘」が帰ってくるので無理矢理にでも契ってしまえば、好き勝手に遺跡発掘ができることを嬉しそうに話しているのでした。, 支えになってくれていた自分の大事な人の命を奪ったばかりか、残った家族の幸せまで奪おうとする。しかも目的は遺跡の宝物…つまりお金です。欲に目がくらんだ被害者たちに、犯人が怒りを覚えるのに納得してしまいそうな事件でした。, スタートから週刊連載のラストを飾った事件としても有名なCase第7巻、『金田一少年の決死行』も素顔の解らない犯人が出てくる事件です。犯人の素性が先にわかっているという点でも特徴がありますね。, 犯人は仮名を「巌窟王」と言い、あの名作「モンテ・クリスト伯」のように地下の暗い場所に長年閉じ込められていたという経歴の持ち主。ですが、今犯人がどのような姿をしているのかはまるでわかりません。事件関係者の中に「巌窟王」がいることは明らかなのですが、犯行のトリックを暴いていく以外に有効な手段はないのです。, 犯人の動機はもちろん、自分を長年閉じ込め続けた人物たちに復讐することです。実際、その想いに従って犯行を続けていきます。しかし、犯行を終えたあとで犯人は考えます。本当に自分の望みは復讐だったのかと。本当はただ「光のある場所で友人や愛する人と共に普通の生活がしたかっただけ」なのではないかと。, 犯行を遂げた後とはいえ、その想いに揺れる「巌窟王」。同時にこの事件は「地獄の傀儡師」の計画によるものであり、犯人が復讐心、つまり「地獄の傀儡師」の意図にあくまで従うのか、それとも金田一少年の推理と説得によって光の下へ踏み出すのかの選択肢でもありました。「巌窟王」がどのような結論を出すのかにも注目してください。, 犯人はあることがきっかけで大切な人を亡くし、その復讐を求めて事件を起こすというのがミステリーではよくあります。その一方で、今生きている命を守るために犯罪に手を染める人も少なくありません。, 続いてはコミックス12巻から、なんと13巻を経て14巻まで及んだ屈指の名作『金田一少年の殺人』です。文字通り金田一少年が殺人犯の汚名を着せられ、逃亡しながら事件の手がかりを掴んでいくという話です。, 金田一少年を犯人に仕立て上げて追い込み、なおかつ犯行を重ねていくという犯人の手口、そして今回逃亡劇という性質から、場面展開が他作品より圧倒的に多くなった点も特徴ですね。, 犯人は自分の立場を利用して、「ある犯罪」に手を染めていました。しかしそのことが被害者にバレてしまい、世間に暴露されるのを恐れた犯人は口封じをしてしまうのです。しかし時すでに遅し。被害者は今回、その事実を本にして出版しようとしていたのです。鍵を握るのは4人の人物。公開日までに謎が解けないと犯人の実名が公開されてしまいます。焦った犯人は鍵となる人物のもとを訪れて次々に……, と、内容を見ると犯人はもともと悪い奴というイメージになってしまいがちなのですが、実は犯人が「ある犯罪」に手を染めたのは重病にかかっている愛娘のためでした。娘を救うためには、犯人にとってその道以外の選択肢がなかったのです。, しかし金田一少年たちに追い詰められた犯人は、娘を救うために「ある決断」をします。それはある対価を必要とするものの、娘を救うためのもう一つの選択肢でもありました。犯人は一体何を対価にしなければいけなかったのか、娘は無事に救われたのか、最後まで油断せずに読んでいただきたいです。犯人と金田一少年の最後の会話も切なさがこみ上げてきます。, 重病の娘を救う点では『天草財宝伝説殺人事件』も似ています。『金田一少年の殺人』と異なるのは、犯人はもともと犯罪に手を染めていないということでしょうか。, 天草に伝わるお宝を求めてやってきた金田一少年一行。集まったトレジャーハンターの面々は互いに面識もあるようで和気あいあい、時に喧嘩も交えつつ旅をします。が、さっそく1夜目にして1人目の犠牲者が出ます。彼女の胸には十字の傷跡があり、どうやらトレジャーハンターの面々にはそれに覚えがあるようでした。, 犯人は重病の娘のためにお金が必要です。ある時、妻の父、つまり義父から「ある人物と自分の妻、ひいては娘との繋がり」を聞かされます。その人物の協力さえあれば娘は病気から救われるかもしれません。しかしその人物と自分の娘との間には、4人の人物が障壁となって立ちはだかっていました。, 犯人は「1度は自らの死を覚悟してまで」お金を工面しようとする心優しい父親でしたが、それが失敗し他に方法もない状況では思いついた手段は一つでした。そう「4人の人物がいなくなればいい」と。実際に犯人とその娘との日常のやり取りには、酷い選択肢を選んでいても心を揺さぶられてしまいます。, しかし結局は犯罪です。この犯人も金田一少年によって罪を暴かれてしまいます。ですが、この話には予想外のおまけがついていました。犯人の娘は助かるのですが、その手段、そして誰が助けたのかも注目して欲しい作品です。, 犯人は罪を犯しましたが、娘が助かったことでその心も救われた、罪をきちんと悔いて改めたいと思えた、そんな切なくもハッピーエンドの作品です。本事件はシリーズ屈指の難事件としても評判の回です。, 短期連載として発行された『ゲームの館殺人事件』は、自身の過ちによって子供を不幸にしてしまったことを悔いた犯人が、犯罪という方法で子供を救うという話です。こちらも大筋は似ていますが、子供が大病というわけではない点が異なりますね。, 昔の友達と遊園地にやってきた金田一少年ですが、ひょんなことから犯人に囚われ、廃病院と思われる謎の施設に閉じ込められてしまいます。各部屋には鍵がかかっており、犯人の出す謎に答えないと次の部屋に進めないというゲームのようなシステム。同じく閉じ込められたメンバーたちは半信半疑ですが、罰ゲームと称し、部屋を火事にしたり毒物を仕込んだりする犯人に恐怖に感じていきます。, そしてゲームに回答できなかったことを理由に、2人の命が奪われてしまう。金田一少年たち生き残った側も最後の部屋までたどり着いたものの、催眠ガスによって眠らされ、気がついたら警察に助けられていたという始末。集められたメンバーは金田一少年と同様に遊園地に来ていたようでしたが、一緒に来たというグループ同士でしか顔見知りではなく、犯人の動機などもまるで掴めません。, 今回犯人は子供を救うため、「法律の盲点」をついてきます。盲点というより、それを利用して犯罪を行ったというべきでしょうか。ポイントはなぜ「その順番」で犯行を成さなければいけなかったのか? という点です。またこちらも天草財宝と同様に、知らなければ良かったかもしれない隠された繋がりが存在します。, さらに犯人には、「今犯行を遂げなければいけない」重要な理由がありました。ありきたりなパターンかもしれませんが、そのタイミングだからこそ、子供に親らしいことをしてあげたいと考えた犯人には共感できる親御さんも多いのではないでしょうか。, もちろんこの事件も金田一少年の推理によって目論見は崩されますが法律は法律。子供のもとには犯人によって大金が入ってきました。果たして子供はその大金をどうしたのか、そして犯人はその行動に何を感じたのかにも注目してみてください。, 推理作品を含め、ここまで感動し、犯人に感情移入したくなるミステリー漫画は金田一少年の事件簿以外にないのではないでしょうか。だからといって犯罪を許してはいけないのですが、「被害者とはいえ殺されて仕方ないともいえる人間のクズや極悪人がいること」や「法律が何もしてくれないこと」には疑問や怒りを感じます。, 2015年9月現在で『金田一少年の事件簿』はファイル数(事件数)にして実に42を誇り、さらに短編集や『オペラ座館新たなる殺人』のようなノベルス作品など、かなりの事件が発表されてきました。その多くが感動的で思わず唸ってしまうような動機があります。新しい事件が起こるたびに、なにが正しいのか誰が悪いのかと、困ってしまう人も多いのではないでしょうか。, 一方で、「罪は犯したけれど犯人にも救いが残されている」ことも『金田一少年の事件簿』の魅力です。ときに動機となった人物が、ときに金田一少年が、言葉や行動で犯人の行為に対して説得と許しを与えてくれます。初期段階では犯人自身が亡くなってしまうなど救われない展開も見られますが、金田一少年の成長とともに、犯人が「心身ともに救われる」確率が増えてきています。, 「誰かのためとはいえ罪を犯したのだから裁かれて当然だ」ではなく、理解や許しを与えることによって、自分でその罪を省みる機会を与えているのですね。, 「被害者が一番悪」と感じる事件もありますが、裏を返せば犯人の多くは善人に他なりません。本当は良い人だからこそ、金田一少年たちの説得に耳を貸し、自分の罪を悔い改めようとするのでしょう。, 犯人側の想いの強さゆえに「犯人が正義」になりがちな『金田一少年の事件簿』ですが、こうした結末の展開によってバランスが取れているのかもしれません。犯行を思い至った経緯から犯行時の緊張感、そして真相解明時の周囲への告白、エピローグと最後まで犯人の心の変化に悩み、考え、共感を呼ぶ。それが『金田一少年の事件簿』という作品だと感じます。今回紹介した事件以外にも、名作事件は多くあり、トラウマになるほど怖い事件や殺害方法がおこなわれた回もありますので、ぜひ読んでみてください♪. 金田一少年の事件簿|最強トリック5選. 鐘 … 金田一「本格トリックで勝負や!」コナン様「爆弾ドカーン!ラーン!シンイチィー!」 金田一少年の事件簿では今まで数多くの、トリックで殺人事件やその他事件が行われてきました。 今日は、その中で、「それ絶対無理やん!(笑)」「実行するにしても、間に合わないでしょ!」っていうトリックを. 【金田一耕助の歴代俳優】人気ランキングトップ10. 1: 名無しの暇人さん 2020/04/14(火) 21:03:31.11 ID:aL3V4kEUd ええか? 引用元: ・「金田一少年の事件簿」最強犯人ランキング出来たんで発表する こんにちは!シュガーです。 今回は私が好きなミステリでも特に 「叙述トリック物」 に絞って、おすすめランキングを作成してみようかなと思います。. ミステリにおけるトリックには、作者と読者の間に暗黙の了解がある。これを破った作品は、読者からの反発を受けることになる。これを成文化したものでは「ノックスの十戒」「ヴァン・ダインの二十則」などが有名。 金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。 今回は、ベスト・ワーストランキング、第8位の発表です。 頼み方どうする? 美容室にいく時に気をつけていること色々 事件自体がどうこうじゃなくて、この作品の感動ポイントはとにかく貴重な高遠さんの少年(高校生時代)が描かれている点ただ一つ!! 学生服の高遠さんなんてここでしか見れないでしょ!? あと、さり気なく明智さんも(高校OBとして)特別参加しているので、金田一史上最高に目の保養になる事件簿といっても過言ではありません!! 高遠さんに関する記事はこちらでも書いています! Amazon. 5回くらい目の前で鍵すり替えられてる金田一 しかもだいたい急いで鍵開けなきゃって場面で . アニメ・漫画 2017.12.02 2018.04.19. 今回は金田一のトリックの中から管理人が好きなトリックをチョイスしてみました。 <次のオススメ記事> 金田一少年の事件簿|最強犯人ランキングtop4. 金田一少年の事件簿の、全部で47存在する、長編エピソードを、独断と偏見によって、ランキング化し、上位10エピソードをベスト10、下位10エピソードをワースト10として紹介したいと思います。 今回は、ベスト・ワーストランキング、第1位の発表です。 このランキングは金田一少年の事件簿の短編及び、中学生編、cdブック等番外編も含めたランキングです。 第10位 第10位:女医の奇妙なたくらみ. 金田一耕助シリーズは日本を代表する探偵小説。本はもちろん、映画やドラマなど映像化されている作品もたくさんあります。今回はそんな金田一耕助シリーズのおすすめランキングをご紹介。作品の選び方や映像化の際に演じた俳優についても記載しています。 登場怪人:なし. 12位:露西亜人形殺人事件 金田一はいつきの友人である編集者の宝田光二の依頼を受け、死去した小説家の山之内恒聖の遺産相続を巡る暗号解読ゲームに参加する。山之内の別荘である「露西亜館」を訪れる金田一達だが、そこである人物と遭遇する…。 1つ目のトリック。 なんとなく何処か(金田一シリーズの何処か)で見たことある系のトリック。 かすり傷でもokとはいえ、かなり無茶が過ぎるけれど、それはさておいても驚きの無いトリックだったかな。 著者「横溝正史」のおすすめランキングです。横溝正史のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に… 他の代表作にやや埋もれがちだが、間違いなく名作の一つ。 巧みな構成のおかげであのトリックが見事に決まっており、同シリーズ作品の中でもかなり〈一撃〉が強い。 最後の最後まで謎を残し、それをブワー!っと一気に回収していきズドン!とまさかのオチをつけるのである。 初めて読んだ時、まさか横溝作品でこのパターンがあるとは!と衝撃を受けたものだ。ミステリ小説を読み慣れている方なら、すぐに某有名作家のあの名作を思い浮かべることだろう(作品名を言うだけでもネタバレになってし … 【ホンシェルジュ】 映画やドラマ、漫画などでもお馴染みの、言わずと知れた名探偵・金田一耕助。やはりその活躍は、原作小説でじっくりと堪能したいところですね。ここでは、金田一耕助の魅力を存分に味わえるおすすめの小説を、ランキングにしてご紹介していきましょう。 | 香川正彦 ミステリーファン 金田一の明智殺人未遂トリック ... 有吉弘行が芸能人につけたあだ名 傑作ランキング(ベスト150) 【ネタバレ】金田一少年の事件簿のエピソードとトリック内容をまとめてみた . 38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 22:38:24 ID:Dz/AHOgo0 >>30 二期だと獄門塾と雪霊伝説とオペラ3が好き. 13 : 2020/07/14(火)08:18:41 ID:6/f2rWOma. トリックにまつわる暗黙の了解. 金田一37歳の事件簿|20年後の登場人物と最初の事件をチェック 1: 以下 ... 最近のは絵だけじゃなくトリックも動機もレベル落ちすぎだよな . 金田一少年の事件簿の同情できる犯人ランキングができました . 香港のは金田一がフラフラ逆方向歩いてったら終わり . 金田一少年の事件簿の同情できる犯人ランキングができました 進撃の巨人の「死体がどうやって喋るの?」が意味不明なんだが 進撃の巨人の攻略法思いついたったwwww バキってただのチビデブ … 金田一「本格トリックで勝負や!」コナン様「爆弾ドカーン!ラーン!シンイチィー!」 ツイート; シェア; はてブ; スポンサーリンク. いまだにちょこちょこ新刊が登場する金田一少年の事件簿。 [chat 牧場物語. 金田一少年の事件簿 犯行動機が同情出来ない犯人ランキング5. 金田一少年の事件簿 犯行動機が同情出来ない犯人ランキング… 『金田一少年の事件簿』シリーズで嫌いな犯人のランキングをとったときに大体1位にくる犯人。 動機は自己中心的、同じ生立ちなら同じ行動をとるはず、とトリックも支離滅裂、改悛の情なし、といいところのまったくない犯人。 Kindle 話題になっていた「犯人たちの事件簿」に最近手を伸ばし、金田一少年を久々に読み返したのだけれど、やっぱり面白い…!! 昔大人気だった堂本剛が主演していたドラマ。こっちは全くみていなかったのですが、漫画好きの友人がコミックスを貸してくれたのをきっかけに、ハマる、ハマる…。 金田一ファンを集めて好きなキャラランキングを作らせたら、大多数の人がこの人を上位に推すと思われるw 故郷に伝わる実にうらやまけしからん風習を理由にはじめに迫り、金田一史上トップクラスのサービスシーンを披露した。 ストーリー構成、トリック、犯人、結末、世界観の全てにおいて素晴らしい! もうミステリ小説としての完璧に近い作品だと思います。 質の高いトリックがいくつも詰め込まれており、それらを生かす見事な構成も最高。かなり贅沢です!( ´ⅴ`) 獄門島 金田一耕助ファイル 3. posted with ヨメレバ. 金田一少年の事件簿のトリックで、これは無理だろ?って思ったのありますか?私はココアの膜で睡眠薬入りの砂糖を包み、飲まずに済んだトリックです。 実際やろうとするとかなり不自然な入れ方になる … 回転扉は複数人間隔空けて駆けつけてたらアウトだよなあれ . 楽天ブックス. 金田一ランキング ブログ主が選ぶ好きな事件編の後半の記事です!! 後半は明智さんベスト3と長編ベスト15の発表です! ※ココ大事!! 順位の決め方は、ブログ主の好きな所、お話の展開、見どころ、トリック・・・などなどいろいろな部分を総合的に考えて順位を決めさせていただきました。 原作の金田一耕助といえば、スズメの巣のようなボサボサ&フケ頭に、シワだらけの着物とヨレヨレの袴。 顔立ちは、至って平凡で体はガリガリの人懐っこい笑顔が特徴の探偵。 金田一耕助シリーズは日本を代表する探偵小説。本はもちろん、映画やドラマなど映像化されている作品もたくさんあります。今回はそんな金田一耕助シリーズのおすすめランキングをご紹介。作品の選び方や映像化の際に演じた俳優についても記載しています。ぜひ参考にしてください。 過去1週間の人気記事ランキング. 1: 名無しの暇人さん 2020/04/14(火) 21:03:31.11 ID:aL3V4kEUd ええか? 引用元: ・「金田一少年の事件簿」最強犯人ランキング出来たんで発表する 【ホンシェルジュ】 映画やドラマ、漫画などでもお馴染みの、言わずと知れた名探偵・金田一耕助。やはりその活躍は、原作小説でじっくりと堪能したいところですね。ここでは、金田一耕助の魅力を存分に味わえるおすすめの小説を、ランキングにしてご紹介していきましょう。 37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 22:38:15 ID:nf9dwBMv0. 本日は以前リクエストがございました ブログ主が選ぶ金田一少年の事件簿で好きな事件ランキングを発表したいと思います!!※ココ大事!!順位の決め方は、ブログ主の好… 横溝正史の推理小説の中でも特に人気の金田一耕助シリーズ。映像化されることも多い金田一耕助シリーズの中から、おすすめの人気作品をランキング形式にしてご紹介します。また本を読む時間がない人にも独特の世界観に触れる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。, 金田一耕助は作家横溝正史が生み出した探偵で、江戸川乱歩が生み出した明智小五郎、高木彬光が生み出した神津恭介とともに、日本の三大名探偵と言われています。金田一耕助が難事件を解決していく「金田一耕助シリーズ」は非常に数が多く、映像化された作品も多いです。, 横溝作品の中でも抜群の知名度と人気の金田一耕助シリーズは、作品の面白さもさることながら、金田一耕助自身の魅力にもよるところがあります。そこで、数ある金田一耕助シリーズの中から、映像化された作品を中心に、長編か短編か、その作品の映像化で金田一耕助を演じた俳優は誰か、時代背景はいつなのかという観点からランキング形式で15作品をご紹介します。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51hYd-Pzp8L.jpg"], [{"id":165102,"item_id":5115739,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899108%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899108%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:06","updated_at":"2020-12-10 02:04:06"},{"id":165103,"item_id":5115739,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304342?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304342","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:06","updated_at":"2020-12-10 02:04:06"},{"id":165104,"item_id":5115739,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerothree%2Fp340413043426n.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:06","updated_at":"2020-12-10 02:04:06"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 迷路荘と呼ばれる複雑な作りの明治時代の館で殺人事件が起こり、金田一耕助はその謎を解き明かすために現場に向かいます。この事件の20年前にも未解決の殺人事件が起きていたのですが、昔の事件と新たな事件との因縁はあるのか?複雑な人間関係、複雑な作りの館と洞窟で起きる連続殺人、金田一耕助はこの難事件をどう解決するのか?, 洞窟での殺人、過去の殺人事件との因縁など、横溝作品によく登場するパターンではありますが、登場人物が多く犯人を読者が推理することはなかなか難しい作品です。横溝作品定番のおどろおどろしさは少し感じさせますが、読んだ後はすっきりとさせてくれる心地よさもあります。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1978年 2002年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"古谷一行 上川隆也"},{"key":"時代背景","value":"昭和25年"}], 久しぶりの金田一耕助シリーズ読了。からくり屋敷であり、人工の洞窟を利用した地下通路といったまさしく迷路のような場所で、発生する事件をひとつづつ紐解くミステリー。登場人物が多く、誰が犯人かは当然最後まで分かりませんが、最後に動機が分かって、スッキリ。何日間かけて、小出しに読んでしまったから、前後の繋がりを忘れかけたので、本作品は一気に読むべし。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51GcPNWyMmL.jpg"], [{"id":165113,"item_id":5115750,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15792885%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15792885%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165114,"item_id":5115750,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304202?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304202","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165115,"item_id":5115750,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Frankupshop%2Fmb40413042028u.html 画像URL:https://item-","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"}], 金田一耕助シリーズには鍾乳洞がよく登場しますが、この作品も鍾乳洞が登場し、23年前の殺人事件の犯人と思われる人物が名前を変えて現れるという、金田一耕助シリーズの定番とも言える展開になっています。映像化は1978年と1988年、いずれも古谷一行の金田一耕助でテレビドラマ化されています。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1978年 1988年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"古谷一行"},{"key":"時代背景","value":"昭和28年"}], 「八つ墓村」の鍾乳洞は探索や逃走がメインでした。こちらは探索よりも追跡がメインです。事件は鍾乳洞で起こっているという活劇の舞台としての鍾乳洞です。八つ墓村は村全体を巻き込む大掛かりな物語になっていますが、こちらは基本的にスケールが小さいものです。こじんまりまとまっていますが、破綻がなく手堅いミステリーに仕上がっています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51m40hDKo9L.jpg"], [{"id":165119,"item_id":5115764,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899115%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899115%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165120,"item_id":5115764,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304121?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304121","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165121,"item_id":5115764,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0000940077.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"}], 金田一耕助シリーズとしては、珍しく映像化されていない作品です。そのためにやや忘れられがちな作品ですが、江戸川乱歩の作品のように怪人が現れるスタイルの探偵ものです。頭の回転の良さから「悪魔の寵児」と言われる殺人鬼、怪人「雨男」の謎を金田一耕助が解き明かしていきます。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"-"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"-"},{"key":"時代背景","value":"昭和33年"}], 表現が独特でおもしろかったです。やっぱりラストが衝撃。最後まで全く犯人の予想がつきませんでした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51rhWL%2BpPLL.jpg"], [{"id":165124,"item_id":5115771,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo-omatome%2F4041304067%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo-omatome%2F4041304067%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165125,"item_id":5115771,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304067?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304067","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165126,"item_id":5115771,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784041304068.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"}], 1955年に発表された金田一耕助シリーズの一つですが、ヒロインの回想という形で物語が進んでいきます。金田一耕助の登場シーンは多くないですが、独特の世界観は十分に味わえる作品です。映像化は映画1本、テレビドラマ4本が制作されていますが、テレビドラマのうち1本は設定だけをドラマ化したもので、金田一耕助ものとは言い難いです。また古谷一行主演の1993年の作品も設定を一部残してストーリーは別のものになっています。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1956年 1977年 1988年 "},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"片岡千恵蔵 古谷一行 小野寺昭"},{"key":"時代背景","value":"昭和30年"}], 展開が早くて、面白い。主人公の立場に感情移入出来て、ハラハラする。映画化して欲しいなぁ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51axAo7zzJL.jpg"], [{"id":165407,"item_id":5116565,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899107%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899107%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:16","updated_at":"2020-12-10 02:04:16"},{"id":165408,"item_id":5116565,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304075?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304075","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:16","updated_at":"2020-12-10 02:04:16"},{"id":165409,"item_id":5116565,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784041304075.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:16","updated_at":"2020-12-10 02:04:16"}], 1945年~1946年に雑誌「男女」に掲載された長編小説「夜歩く」は。推理小説家屋代寅太の語りで進められていきます。「八つ墓村」「悪魔の手毬唄」とともに岡山三部作と言われることもあります。金田一耕助の登場は後半になりますが、それまでのおどろおどろしい展開が金田一の登場により、すっきりと解決していく爽快感があります。二度テレビドラマ化されています。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1978年 1990年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"古谷一行 小野寺昭"},{"key":"時代背景","value":"昭和23年"}], 有名な作品に隠れる形で相対的には目立たない本作品ですが、ミステリー小説としても金田一ものとしても醍醐味を十分に味わえる名作だと思います。探偵の出番は後半だけですが、彼が出てくると本当にホッとします。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51WkAs7FhaL.jpg"], [{"id":165130,"item_id":5115788,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo%2F4041304679%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo%2F4041304679%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165131,"item_id":5115788,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000J86C5K?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000J86C5K","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165132,"item_id":5115788,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Frankupshop%2Fs74041304687ae.html 画像URL:https://item-","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"}], 「悪霊島」は横溝正史の最後の長編小説であり、金田一耕助シリーズとしても最後の作品であり、まさにシリーズの集大成ともいえる小説です。舞台はそれまでにも金田一耕助シリーズには何度も登場した岡山です。映像化は映画が1度、テレビドラマが2度制作されています。映画のキャッチコピーは原作にあるセリフをもとにした「鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい」でした。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1981年 1991年 1999年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"鹿賀丈史 片岡鶴太郎 古谷一行"},{"key":"時代背景","value":"昭和42年"}], ページ数が多いにも関わらず、一気に読みました。今までの金田一シリーズの集大成とでも申しましょうか、昭和42年当時の世相や時代背景をも取り込み、構想なされた素晴らしい作品です。横溝作品特有のおどろおどろしさもあるが、なぜか「八つ墓村」や「吸血蛾」ほど凄惨には感じなかった。犯人は大概の人は想像がつくと思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/514w9nTOtOL.jpg"], [{"id":165134,"item_id":5115798,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899121%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899121%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165135,"item_id":5115798,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B009GPM6FM?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B009GPM6FM","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"},{"id":165136,"item_id":5115798,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsuruga-ya%2F3z27552.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:07","updated_at":"2020-12-10 02:04:07"}], 「病院坂の首縊りの家」は1954年に連載されたものの、未完のままに終わった「病院横町の首縊りの家」を加筆して完成させたものです。未解決の殺人事件が起こった場所で20年後に再び事件が起こったという設定で、金田一耕助が20年にわたる因縁の事件を解決し、その後行方をくらましてしまうというストーリーです。発表された作品としては「悪霊島」が最後ですが、金田一耕助の最後の事件は「病院坂の首縊りの家」になります。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1979年 1992年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"石坂浩二 古谷一行"},{"key":"時代背景","value":"昭和28年 昭和48年"}], 石坂浩二の病院坂の首くくりの家が好きで、読み始めました。内容は違うんですが、面白いですね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MMmGUWDPL.jpg"], [{"id":165137,"item_id":5115802,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015579255%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015579255%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165138,"item_id":5115802,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304385?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304385","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165139,"item_id":5115802,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041304385.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 「仮面舞踏会」は作者自身が毎年避暑に行っていたという軽井沢が舞台の推理小説です。1962年7月から連載されたものの、1963年に作者の風邪で中断し1974年に完成されました。上流階級の避暑地として知られる軽井沢を舞台に、往年の名女優の周辺で起こる殺人事件を金田一耕助が解き明かしていく推理物で、比較的怪奇色は抑えられています。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1978年 1986年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"古谷一行 小野寺昭"},{"key":"時代背景","value":"昭和35年"}], 著者の膨大な作品群の中では、すっかり忘れ去られてしまった感があるが、紛れもなく晩年の横溝正史が生み出した名作の一つに数えられるべき作品。雑誌での連載と中断、その後十数年の時を経て、新たに800枚の書下ろしを加えて文庫570頁の大作となったが、大作の名に恥じない。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51JLuixkf0L.jpg"], [{"id":165143,"item_id":5115808,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899109%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899109%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165144,"item_id":5115808,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304113?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304113","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165145,"item_id":5115808,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerotwo%2Fzw404130411378.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 映像化されることも多金田一耕助シリーズの人気作です。舞台は伊豆の月琴島。絶世の美女、大道寺智子をめぐる殺人事件の謎を金田一耕助が解き明かしていきます。おどろおどろしさは比較的抑えられているので、初めて金田一耕助シリーズを読む人にもおすすめの一冊です。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1952年 1978年 1990年 1994年 1998年 2006年 "},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"岡譲司 石坂浩二 古谷一行 役所広司 片岡鶴太郎 稲垣吾郎 "},{"key":"時代背景","value":"昭和26年"}], 資産家の養女で月琴島に住む美女、大道寺智子が島を出て東京に来るのを阻止せんと舞い込む脅迫状、果たしてそれに呼応するかのように起こる連続殺人、そしてその背景には、19年前に島で起きた密室殺人があったという本書、横溝(金田一もの)の初読者にお勧めである。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51iQNLR5FTL.jpg"], [{"id":165146,"item_id":5115819,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899103%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899103%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165147,"item_id":5115819,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304083?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304083","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165148,"item_id":5115819,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041304083.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 「本陣殺人事件」は金田一耕助が最初に取り組む事件を描いた推理小説です。日本家屋では難しいと言われた密室殺人を描いています。金田一耕助シリーズの怪奇色や怪しい雰囲気は、この作品から始まりました。金田一の名推理は最初の事件から健在です。金田一耕助ファンは必読の一冊です。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1947年 1975年 1977年 1983年 1992年 "},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"片岡千恵蔵 中尾彬 古谷一行 片岡鶴太郎 "},{"key":"時代背景","value":"昭和12年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51%2B2CLXhP-L.jpg"], [{"id":165149,"item_id":5115830,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899112%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899112%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165150,"item_id":5115830,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304024?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304024","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165151,"item_id":5115830,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041304024.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 岡山の鬼首(おにこべ)村を舞台に起こる殺人事件を描いています。手毬唄の歌詞に沿って殺人が行われていくという興味深いシチュエーションで、映像化も多い人気作です。1961年の映画で金田一耕助役を演じたのは高倉健でした。テレビドラマは5作が作られていますが、そのうちの1971年の作品は設定を利用して書き換えられたもので、金田一耕助は登場しません。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1961年 1977年 1990年 1993年 2009年 "},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"高倉健 石坂浩二 古谷一行 片岡鶴太郎 稲垣吾郎"},{"key":"時代背景","value":"昭和30年"}], 金田一耕助シリーズでは獄門島と並び最高傑作です。枡屋・秤屋と言う二つの名家、金田一作品のよくあるシチュエーションにして、最もイメージがある構成なのは本作であると思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512J%2BJon3RL.jpg"], [{"id":165152,"item_id":5115836,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899105%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899105%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165153,"item_id":5115836,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304040?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304040","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165154,"item_id":5115836,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784041304044.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 推理小説の定番というべき密室殺人を描いた作品です。太宰治の「斜陽」や実際の事件「帝銀事件」などの要素を取り入れていて、読み応えのある一冊になっていて、7度の映像化、ラジオドラマ、舞台化、漫画化もされている人気作です。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1954年 1977年 1979年 1992年 1996年 2007年 2018年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"片岡千恵蔵 古谷一行 西田敏行 片岡鶴太郎 稲垣吾郎 吉岡秀隆"},{"key":"時代背景","value":"昭和22年"}], 横溝小説を幾つか読みましたが、個人的にはこの巻が一番好きです。金田一探偵は、事件が起きた後に解答を出す形態が多く、本編もそれに類するのですが、それでも事件予防の努力をしたり、遠征したり冒険活劇的な要素もあり、非常に楽しめました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51hWDcjR7sL.jpg"], [{"id":165155,"item_id":5115840,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899104%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899104%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165156,"item_id":5115840,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304032?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304032","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165157,"item_id":5115840,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fwindybooks%2Fs-9784041304037.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 封建的な因習が残る瀬戸内海の孤島、獄門島が舞台の人気作です、金田一耕助シリーズとしては2作目に当たる作品で、俳句を用いた「見立て殺人」を描いています。ヒロイン早苗は金田一耕助が唯一愛した女性として知られています。7度の映像化があり、舞台化もされています。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1949年 1977年 1990年 1997年 2003年 2016年  "},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"片岡千恵蔵 石坂浩二 古谷一行 片岡鶴太郎 上川隆也 長谷川博己 "},{"key":"時代背景","value":"昭和21年"}], 「ミステリ」でなく、懐かしい古典的探偵小説として、横溝の、日本の、否、世界のタンテイ小説史上最高の傑作。ネタバレになるので書けないがトリックの一つは日本の土俗的雰囲気の中できわどいミスディレクションが駆使されていて、何回読んでもため息が出るほど。この素晴らしさを評価できる方こそ本当の「探偵小説」ファンといえるでしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51OF-WrgwDL.jpg"], [{"id":165158,"item_id":5115848,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899102%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899102%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165159,"item_id":5115848,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304016?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304016","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165160,"item_id":5115848,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041304016.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"}], 映像化の数が多く、金田一耕助シリーズでおなじみの岡山・洞窟などが登場し、登場人物が多く読み応えのある長編小説です。推理小説としてだけでなく、ミステリー、ホラーとしても楽しめます。1977年の映画化の際にはキャッチコピーとなった「たたりじゃ~!」というセリフが流行語になりました。この時に金田一耕助を演じたのは渥美清でした。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1951年 1969年 1977年 1978年 1991年 1995年 1996年 2004年 2019年 "},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"片岡千恵蔵 金内吉男 渥美清 古谷一行 片岡鶴太郎 豊川悦司 稲垣吾郎 吉岡秀隆"},{"key":"時代背景","value":"昭和23年"}], 昔の映画バージョンでは「たたりじゃあ」というキャッチコピーが印象的過ぎて、おどろおどろしいだけの話なのかと思っていた。しかし今読んでみると、実に痛快な冒険小説である。面白いし、読みだしたら止まらない。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51aiOJQR8cL.jpg"], [{"id":165163,"item_id":5115857,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899106%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F899106%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 02:04:08","updated_at":"2020-12-10 02:04:08"},{"id":165164,"item_id":5115857,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041304059?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041304059","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 02:04:09","updated_at":"2020-12-10 02:04:09"},{"id":165165,"item_id":5115857,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041304059.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 02:04:09","updated_at":"2020-12-10 02:04:09"}], 「犬神家の一族」は1976年の映画化により、金田一耕助シリーズのブームを作った作品と言っても良いでしょう。それ以降、金田一耕助シリーズが次々と映像化され、現在でも「犬神家の一族」は金田一耕助シリーズの中でもダントツの知名度があり、登場人物や劇中のシーンのパロディ化がされることもあります。おどろおどろしさはあるものの、物語は比較的わかりやすく、初めて金田一耕助シリーズに触れる人にもおすすめです。, [{"key":"長さ","value":"長編"},{"key":"映像化","value":"1954年 1976年 1977年 1990年 1994年 2004年 2006年 2018年"},{"key":"金田一耕助役俳優","value":"片岡千恵蔵 石坂浩二 古谷一行 中井貴一 片岡鶴太郎 稲垣吾郎 加藤シゲアキ "},{"key":"時代背景","value":"昭和24年"}], 横溝作品中でも知名度のある作品。昭和の因習や土着的雰囲気、複雑な人間関係含め映像よりも先にやはり原作を読むに限ると思った。, 金田一耕助シリーズは横溝正史原作の人気推理小説で、名探偵金田一耕助の魅力と独特な世界観で、一気に読み進むことができる作品です。金田一耕助は架空の人物ながら、独特な魅力があるので映像化されることも多く、映像から金田一耕助シリーズの作品を知った人も多いことでしょう。そこで膨大な作品から、どれを選べば良いのか、選び方の一例をご紹介します。, 金田一耕助シリーズの小説は映像化されることが多く、多くの俳優が金田一耕助を演じています。テレビシリーズも含めると映像化された作品は非常に多く、映像化された作品から読みたいものを見つけることも困難です。興味があってもじっくり本を読む時間がない人は、まず映像化された作品の中から興味があるものを選んでみましょう。, 古谷一行は日本で一番金田一耕助を演じた回数が多い俳優で、すっかり金田一耕助のイメージがついています。メジャーな人気の「犬神家の一族」や「八つ墓村」をはじめとして、あまり知られていない短編まで、いろいろな作品で金田一耕助役を演じ続けました。, 1977年の「犬神家の一族」に始まり2005年の「神隠し真珠郎」まで30年近くも金田一耕助を演じ続けていた古谷一行の扮装は、ほぼ小説のままです。まず映像を見てから興味があれば小説を読んでみると良いのではないでしょうか?なお金田一耕助シリーズとして映像化されることが多い「真珠郎」は金田一耕助シリーズではなく、由梨麟太郎という探偵が登場します。, 石坂浩二は初めて原作に近いスタイルの金田一耕助を演じ1976年に「犬神家の一族」を大ヒットさせた俳優として知られています。「犬神家の一族」の他にも「悪魔の手毬唄」「獄門島」「女王蜂」「病院坂の首縊りの家」で金田一耕助を演じました。, 石坂浩二が演じた金田一耕助シリーズは監督が市川崑で、一本の映画としても面白く仕上がっているので、映像を見てから原作を読むと、非常に入りやすいことでしょう。, 金田一耕助を演じた俳優は石坂浩二と古谷一行だけでなく、1940年代~1950年代の片岡千恵蔵にはじまり、高倉健、中尾彬、渥美清、西田敏行、豊川悦司、上川隆也、中井貴一、役所広司、稲垣吾郎、長谷川博己、吉岡秀隆など、実力派の人気俳優が演じています。, 金田一耕助役の俳優だけでなく、金田一耕助シリーズの映像化作品は犯人役などの出演者も豪華なことが多く、出演者に好きな俳優がいれば、そのシリーズを見てみるのも一つの選び方になるでしょう。いろいろな俳優が演じる金田一耕助像と自分が原作から受ける金田一耕助像を比べてみるのも面白いです。, ランキングでご紹介したのは長編小説ばかりですが、金田一耕助シリーズには短編集も数多く、長編小説と一緒に収録されているものや、短編だけを集めた短編集などがあります。短編小説でも独特な世界は十分に味わえますので、長編を読む時間があまりない方は短編小説から始めてみるのはいかがでしょう?, 金田一耕助シリーズは短編も映像化されたものがあります。小説を読むのが苦手な人は、まず映像化された作品を見て雰囲気をつかんでから、原作に挑戦してみてはいかがでしょうか?, 古谷一行の「名探偵・金田一耕助シリーズ」では「霧の山荘」「人面瘡」「香水心中」などの短編が映像化されています。また2016年には池松壮亮が金田一耕助に扮した短編シリーズがNHKBSプレミアムで制作され放送されました。映像化されたのは「黒蘭姫」「殺人鬼」「百日紅の下にて」の短編3作です。, 「金田一耕助の冒険」は横溝正史が新たに書き下ろした短編集で、タイトルは全て「〇の中の女」となっています。さっと読み進められるので、金田一耕助の世界をちらっと覗いてみたい人におすすめです。, また「金田一耕助の冒険」の中の作品「瞳の中の女」を原作として、古谷一行主演で「金田一耕助の冒険」という映画が1979年に作られましたが、こちらはパロディなどを盛り込んだミステリー・コメディ映画でした。, 金田一耕助シリーズには、漫画化されたものも多くあります。小説よりも視覚に訴えるところが大きいので、わかりやすくなっているのが特徴です。小説よりも漫画を読むのが好きという人は、一度好きな漫画作家の金田一耕助シリーズを読んでみてはいかがでしょう?, 日本で最初に金田一耕助シリーズが漫画化されたのは、影丸穣也の「八つ墓村」です。発表されたのが少年誌であったので、冒険活劇的な仕上がりになっています。とても原作に忠実に描かれているので、手っ取り早く金田一耕助の世界を知るには最適な一冊です。影丸穣也は1979年に「悪魔が来りて笛を吹く」の漫画化も行っています。, 少女漫画作家のささやななえ(ささやななえこ)も1978年に「獄門島」と「百日紅の下にて」を漫画化しています。少女漫画誌に掲載されただけあり、ストーリーも女性向きのものが選ばれ、金田一耕助は美男に描かれていました。きれいな絵で女性でもストーリーに入りやすく、本格的に金田一耕助シリーズの世界に入るきっかけとなり得る作品です。, 平成以降、女性漫画雑誌に漫画化された金田一耕助シリーズが掲載されることが多くなり、たくさんの作家が金田一耕助シリーズを描いてきました。その中でもJETの金田一耕助シリーズは原作に忠実で、原作の世界観を表しているという評価が高いです。, JETが描いた金田一耕助シリーズは「悪魔の手毬唄」の他にも「獄門島」「八つ墓村」「悪魔が来りて笛を吹く」などのメジャーなものから「悪魔の寵児」や「睡れる花嫁」などのあまり知られていない作品まで、とても数が多いです。好きな作品や映像化されていない「悪魔の寵児」などを漫画で触れてみるのもおすすめです。, 横溝正史の推理小説の中でも金田一耕助シリーズは映像化されることも多く、内容は知らなくても、作品の名前は聞いたことがあるという人がほとんどでしょう。金田一耕助シリーズを読みたくてもじっくり本を読む時間がないという人には、映像化された作品や短編、漫画化されたものなどがありますので、ぜひ金田一耕助の魅力と昭和レトロな独特の世界観に触れてみてください。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年09月24日)やレビューをもとに作成しております。, 【2020年最新版】泣ける映画人気おすすめランキング40選【邦画から洋画まで幅広く紹介!】, 1954年 1977年 1979年 1992年 1996年 2007年 2018年, 1951年 1969年 1977年 1978年 1991年 1995年 1996年 2004年 2019年, 1954年 1976年 1977年 1990年 1994年 2004年 2006年 2018年.