★姉のブログからこのブログに来て下さった方★. ブログに寄って下さりありがとうございます旦那さんが永眠した後たくさんのお優しいお言葉ありがとうございましたお一人お一人にお礼の返信できずすみませんでした。コロナの事も考え以前から、、、子供達と3人で見送るつもりでいました。 パパ闘病記→はむりんのブログ . (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 二人を失った悲しみの日々から前を向いて生きていく自分自身のためにも思いを書き残していきます。, 愛する家族、恋人、友人ががんになったときにできること、悔いのないお別れをするために。, このときの親としての気持ちと、同じ思いをして欲しくないので書きました。読んでください。. ヒデ兄です本日2015年1月15日午前2時22分森田英義は永眠致しました 嫁ちゃんとお見舞いを交代し自宅にいた母と兄が病院に駆けつけるまで頑張って待っててくれてありがとう がんブログ 森田秀吉闘病記 メディア関係者様各位. 突然脳腫瘍で倒れた姉…。【膠芽腫】と戦う姉の闘病記(看病の日々)や姉の子供達のこと。残された家族の目線で綴ります。, 前回の記事から再度容態が悪くなり、夜明け頃かけつけましたが本人の頑張りがあり少しずつまた復活し、また今晩は大丈夫だろうと思っていた矢先のことでした。, 幸い、子供たちも姉を看取ることが出来ました。子供たちを待っていたかのように到着後、子供たちの呼びかけに意識朦朧の中反応し、かすかな声を上げ、とても安らかに眠りにつきました。, 落ち着いてから記事を書こうと思いましたが、逆に何かをしていないと落ち着かず、また今まで心配や姉の回復を祈って下さった皆様のことを考えると、きちんと報告せねばと思いご報告させて頂きました。, 病気発覚のご報告から約9か月間、本当にありがとうございました。ネットの中のみでの付き合いですが、姉は本当に支えられ、子供たちのために奮闘してこれたのだと思います。, ブログを書き、時にコメントを書き、そんな普通の生活をしていた姉がまさかこんなことになってしまうとは本当に人の命は儚いです。, 私は姉のブログを読み返すのには気持ちの整理がつかず、まだまだ時間がかかりそうですが、たまにこんなやり取りしてたなぁとか思い出してくれたら幸いです。, そして妹の私にも優しくして下さり、本当に本当にありがとうございました。励ましや、私や母の体調・子供たちのことを心配して下さったりと、本当に感謝しきれないです。, どうぞ皆様もあまり無理をせず、体調には本当に気をつけてくださいね゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。. 突然愛する我が子が、愛する娘が小児がん・白血病と宣告されたら。娘の異変に気づき、病院にいったときは「風邪だろう」くらいにしか思っていませんでした。あの日から、家族とがんの戦いがはじまりました。私たち家族のような後悔をする人が減りますように、 中枢神経原発悪性リンパ腫や、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫など、小児や女性、20代にも増加傾向にある悪性リンパ腫。しかし症状を早期に発見できれば、抗がん剤などの化学療法で日常生活を取り戻す人も。治療方針に役立つ闘病記ブログをご紹介します。 闘病記を小説にする事をやり遂げて 他にもお土産を持って会いにいくからね。 その時は、またタバコ吸いながら、お酒飲んで沢山語ろうね。 天国にいっても愛し続けるから. 闘病日記 Ⅱ '07.11月~'08.5月 再発後~再移植 '08.9.5; 日記Ⅱ ~happy days~ 再移植退院後~エピローグ '08.6月~08.9月; 軌跡「キセキ」 ~父子の軌跡ブログ~ '08.10月~ '08.7.7; 心のノート 感じたことや気持ちを短歌にしてみました。 '08.7.10 小児がんになると、治療や患者さんへの精神的ケアはもちろんのこと、医療費の面がとても心配になります。 今回は私たち家族が実際に体験したことを通して、小児がんの医療保険の必要性を書いてみたいと思います。 小児がんに医療費はほとんどか... 白血病で闘病した娘は2回転院をしたことがあります。 その転院先の病院で感じた不安、不満を書き残していきます。 病院は病気を治すところです。しかし「それだけ」ではないはずです。 転院の経緯 娘は最初に入院した病院(A病... 小児白血病は大人と違い、初期症状がわかりにくい傾向にあります。 それは子供が自分の不調などを親に伝えきれず、高熱など、表面化してから親が気づくことが多いからです。 今回は小児白血病の初期症状のチェック項目を娘の白血病体験を経て考... 白血病の娘には骨髄移植という治療法が提案され、2回移植を受けることができました。 骨髄移植を受けるには、ドナーさんの存在が必要不可欠です。 骨髄移植のドナーは全国的に不足しています。 何故なのか、そして骨髄移植しか道がない... 小児がん(白血病)の娘の命がもう数日もないというとき、呼吸管理と全身管理の安定のために人工呼吸器をつけることになりました。 人工呼吸器をつけるということはどういう事なのか、主治医に提案され、葛藤し、決断に至るまでのことを思い出しながら... あまり思い出すことのなかった、娘のがんの闘病記について、ブログ代わりに書き残します。 記憶を整理、思い出しながらなので辻褄が合わない、おかしい箇所があるかもしれません。 娘ががんばった証を読んでください。 そして…... 「こんな小さいのになぁ…がんばってなぁ…お見舞いもいく。退院したら腹いっぱいまた食わせっから」. 2020年9月にアメリカ人の旦那を脳腫瘍(膠芽腫)で亡くしました。 闘病生活はたったの6ヶ月ですが、言葉通り闘った6ヶ月でした。 闘病生活のこと、アメリカでアラフィフ未亡人になったこれからのことを、ブログに書いて行きたいと思います。 いつも笑顔でいたい、明るく元気でいたいそんなママのホームページです。天使ちゃんになってしまった次男、ハル闘病記や、仙台周辺の公園情報からお料理のレシピ、など載せています。どうか『普通に生活できる幸せ』を感じてください。 新しい 病気などしたことなかったパパ 入院生活→永眠→そして今5歳になった子供. 健康が一番ですね、成長中の子供なのに管姿は見てて心が痛いものです。 それでは、最初のご挨拶はここまでとさせていただきます。ごゆっくりどうぞ。 綾人くんはh24年5月24日朝6時6分になくなりました。 長い闘病生活が終わりました。 天使ママパパ夫婦(子供あり)ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 - 家族ブログ 新着記事一覧(全86件) 過去の記事 > 2007年04月23日. 病床六尺〜ステージ4トリネガ若年性乳がん再発転移しちゃった系OL. 最期まで精一杯小児がんと闘った小さな戦士たち。姿は見えなくなっても、家族やお友だちの心の中で生き続けている彼らのがんばった様子が記録された本です。天使になった子どもたち・亡くなった子どもの闘病記のまとめ。亡くなるまでの詳細な日記なども含まれています。 娘の闘病記録は妻がつけていました。 ノートにして5冊くらいありました。 娘の逝去後も1冊分つけていたと記憶しています。 これらの闘病記録ノートは妻ががんで亡くなったとき、妻に持たせて火葬しました。 それが永眠した妻の希望でした。 今頃、天国で娘と読み返しているかもしれません。 そのため、手元にノートがないため、記憶を探りながらになります。 後から書き足す前提で書くので、ちょこちょこ読みに来てください。 ちぐはぐしていてもご了承くださいね。 妻の闘病記ブログはこちらです。 >… ... がん 闘病記(永眠)ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。 公式ジャンル「入院・闘病生活」の総合ブログランキングページです。入院・闘病生活ジャンルで一番人気のブログは「30代ママナース。兄の自殺。悪性脳腫瘍の旦那の在宅介護、死別を経て再婚。〜絶望未亡人からの這い上がり物語〜」です。 フォローする. 後輩が、子供の撮影に35mmf2のレンズはどうでしょうか? というので、久しぶりにブログ拝見いたしました。 突然のことで、驚いております。 ハル君、ご家族のことを思うと言葉がみつかりません。 どうか回復に向かわれますよう、心よりお祈りいたします。 :*・゚, 本当にこの病気は憎いですね。まだまだ原因が解明されていない病気です。なぜそんな病気にかかってしまったのだと悩み・苦しみ、不安な日々を送られている気持ちは本当に良くわかります。, このような形になってはしまいましたが、私の姉のように奇跡を起こし続けられる者もいるのです。, 本人の【生きたい】という気持ち。生きることへの執着心。それが強ければ強いほど頑張れるのだと思います。だから挫けず、この病気と闘って下さい。, ブログのタイトルにもあるように、脳腫瘍に負けたくない。私は負けたとは思っていません。初めの宣告は余命一ヶ月です。, 体力的に無理だと言われた化学治療も出来、意識がなかった姉が記憶障害はあるものの意識を回復し、一時は食事まで取れるようになりました。だから絶対に諦めないで下さい。, 本人の目線では伝えられませんが、メッセージなど下されば何かお力になれることもあるかもしれません。, 昨日のことでまだまだ何も信じられず、現実が見えていませんが、まだ全てが終わったわけではありません。まだまだ頑張らないとですね!. がん 闘病記(永眠)ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 - 病気ブログ 若年性乳がん再発転移 stage4 化学療法中 ⭐️トリネガ27歳右胸2b→34歳左胸1b 右左異部発生乳癌 →2016年12月転移発覚 肺.胸膜,縦隔リンパ節転移 →2017年3月余命宣告2週間で入院するも奇跡的に復活。 tobyo(闘病)は、60000件以上の闘病記・ブログに蓄積された、患者の貴重な体験や知識へアクセスできる最大級の闘病ポータルです。がん患者話題ランキング(tobyoがんチャート)登場! いつもブログを読んでくださり、応援してくださるみなさん。12月4日、午前0:21分にひまわりが旅立ちました。とても穏やかでした。長い間本当にありがとうございました。この一週間の間、僕も病院には通っていましたが、ブログを更新するゆとりがなく日が過ぎていました。 病気発覚のご報告から約9か月間、本当にありがとうございました。ネットの中のみでの付き合いですが、姉は本当に支えられ、子供たちのために奮闘してこれたのだと思います。 インターネットで公開している闘病ブログに、続けて書き込んだ。 がんになってよかった 京都大工学部3年の山口雄也さん(21)=京都市左京区。 毎日1人に2000ポイントが当たる楽天ブログラッキーくじ ... 【フォローする】 【ログイン】 パパ闘病記→はむりんのブログ < 新しい記事 ... 病気などしたことなかったパパ 入院生活→永眠→そして今5歳になった子供. 癌闘病ブログは、随時追加更新してゆきます。 カテゴリー: 癌の闘病記 | パーマリンク ← 前の投稿. 子宮頸がんにかかられた方の治療や闘病生活の参考になるようなブログを10選紹介します。20代で発症した方など、様々なステージの方がいます。同じ病気で戦っている方の体験は心強いです。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. パパ永眠 カテゴリ:カテゴリ未分類. 再会するまで待っててね。 ブログで応援してくれた読者様、 支えてくれた Homepage / Uncategorized / 癌 闘病 ブログ 永眠. 突然愛する我が子が、愛する娘が小児がん・白血病と宣告されたら。 娘の異変に気づき、病院にいったときは「風邪だろう」くらいにしか思っていませんでした。, 娘は生来とても活発な子で、男の子に混じってチャンバラ遊びをするような子で、幼稚園でも元気過ぎるといわれるくらいのおてんばさんでした。, しかし、その日に高熱をだし、市販の薬で解熱するものの、また上がってきて、そのたびに薬で解熱というのを繰り返しました。, 最初の熱から1週間経って、治りが悪い、風邪が重症化したのだろうかと病院に連れて行きました。, 「これは風邪の熱じゃない。大きな病院で詳しく検査してもらってください」と、その場で大学病院に予約を入れるように言われました。, 後部座席で寝ている娘をみて、「大きな病気?そんなハズはない。こんなに元気なのに」と、思ったものです。, 目の前が真っ暗になって、「この子は生きられるのか」「まだこんなに小さいのに」「治るのだろうか」という思いがいつまでも頭にぐるぐる回って、医師の説明があまり入ってきませんでした。, 病院の個室で私たち夫婦と医師がいて、医師が病気のこと、これからのことを説明している。, 現実感はほとんどなく、ドッキリの看板を持った友人が「びっくりした?(笑)」と出てくるんじゃないかと思ったくらいです。, 翌日入院がきまり、入院の支度のために、一旦帰って着替えやタオルなどをバッグに詰めていると、娘は旅行に行くと思ったのかはしゃいでいました。, 入院前に元気とスタミナをつけてもらおうと、その日の夜は馴染みの焼肉店にいきました。, 娘は焼肉が本当に大好きで、「カルビとタン塩が一番好き!」と小さいながらもツウな事を言っていました。, 店長が涙ぐんで「こんな小さいのになぁ…がんばってなぁ…お見舞いもいく。退院したら腹いっぱいまた食わせっから」と仰ってくれました。, 娘は店長を「キンニクマンのおじちゃん(焼肉と結びつけたのでしょうか?)」と呼び、お見舞いを本当に心待ちにしていました。, いつもと様子が違うと思ったら、様子見や「風邪だろう」と思わずにすぐに病院に連れて行ってください。, 取り越し苦労でもいいのです。元気だ、問題ないと安心を得られるだけでもいいのではないでしょうか。, 私たち夫婦は、娘の不調に気づきながら、高熱がでたのに市販薬で治るだろうと一週間も自宅で休ませるだけでした。, 結果、白血病の進行に影響がでる期間ではなかったですが、様子見をしてしまったことへの後悔は今もあります。, ※娘の闘病記のメインはこちらです。よろしければ一緒にお読み下さい。>>小児がん闘病記~白血病発病から最期まで~. 入院生活→永眠→そして今5歳になった子供 pr ... 蜜柑日記 癌闘病記 蜜柑のブログ Decolog 子供 永眠 2013年 妻が子宮頸がんになって 親友 あいつら 子宮頸がん末期闘病 闘病記195 二日後 納棺 最凶最悪の癌 歯肉がん闘病記 闘病ブログ・病気の治療記録・体験談ブログなどを、効率よく検索・閲覧することができるサービスです。このページでは「お知らせ」に関する情報を掲載しています。 今日、パパは亡くなりました。 朝から確かに呼吸もおかしかったし、白目向いたりで・・・・ 朝ごはんもあまり食べなかった。 でも、昼には病院へ連れて行くし、疲れているなら寝かしてあげようと思ってた。 朝は少し会話した。 子供が3歩歩いたところをみて 「みたみた?