iPhoneタッチパネルの反応が急に悪くなったことはありませんか?画面が割れているわけでもないのに、iPhoneの反応が悪い。 規則性はなく、急に反応して、また急に反応が悪くなる。 ぜひ一度、フィルムを剥がして確認してみてください。, 画面がバキバキに割れているのはもちろんのこと、落としたときに一部割れてしまい、タッチパネルが反応しなくなることがあります。, 落としたときの傷が原因で液晶の液が漏れていると、その部分はタッチしても反応しないということが起こります。, 画面割れを放置すると様々な弊害が生じるので、今現在画面が割れている方は一刻も早く修理しましょう。, 「お尻のポケットに入れていてそのまま座ってしまう」「満員電車で圧迫されてしまう」など、主に外部からの圧力が原因で本体が湾曲することがあります。, 手を洗った後にそのまま使ったり、入浴時に使用して風呂場内の湯気で水濡れ状態になってしまったりということもあるので、注意が必要です。, バッテリーの経年劣化などが原因でバッテリーが膨張し、タッチパネルが浮き上がってきてしまうこともあります。, タッチパネルが浮き上がるので接触が悪くなり、タッチパネルが反応しない原因になるのです。 iPhoneのタッチパネルが反応しない原因と、対処法を解説します。対処法を実践しても問題が解決されない場合は、修理店を利用してみましょう。正規修理店と非正規修理店の違いや修理にかかる時間や費用もまとめました。おすすめ修理店や保険も紹介します。 iPhoneに使われているタッチパネルは、静電気を利用して動きを感知しています。 もし指先が乾燥して通電しない状態では反応しなくなります。 iOSに問題が発生すると、何らかの原因でタッチパネルが反応しない、もしくは反応しにくいという事態が起こることがあります。, iOSが古いままだと更新されたバージョンまでのパフォーマンスしかできません。 . iPhoneのタッチパネルが反応しないことがたまにあるという場合は、まずiPhoneの画面を柔らかい布などで拭いてみましょう。. バージョンアップ後のiOS対応のアプリなどを追加していけば、当然重くなっていきます。 先日、突然「 画面のタッチパネルが全く反応しない 」症状が発生しました。 タッチパネルが反応しないので、iPhoneのホーム画面を表示したりはもちろん、というか すべての操作が不能に! ※サイドにある電源ボタンやボリュームボタンのみ操作可能。 画面を割らないように分厚いガラスフィルムを貼っている方や、2枚重ねにしている方もいるでしょう。, しかし、それが原因でタッチパネルが反応しにくい、もしくは反応しなくなっていることもあります。 タッチパネルが反応しづらい原因と対処法とは. 2.「アクセシビリティ」を選択 iPhoneのタッチパネルが反応しないならiCracked(アイクラックト)に修理を依頼しましょう たとえ、Apple Care+に加入していても、修理が終わるまで日数がかかるのが難点です。古い機種だと保証期間が過ぎているかもしれません。そんなとき「自分でiPhoneの画面交換をしてみよう」と考える方も多いのではないでしょうか? iPhoneのタッチパネルは指の静電気に反応して作動します。 指が乾燥していると静電気が起こりずらくなり . iPhoneのタッチパネルが反応しないときの対処方法!たまに反応しなくても要注意!. もし最新でない場合はiOSのアップデートを行います。, 失敗しないiPhoneの正しいアップデート方法が知りたい方は、こちらの記事が参考になります。, 最新バージョンでないまま修理に行くと、Apple正規代理店等では修理を受け付けてくれない可能性が高いです。, 場合によっては1回では直らず、2回、3回と電源を入れ直したら直ったという声もあるので、ぜひ数回試してみてください。, もしタッチパネルが反応せず、「スライドで電源をオフ」でスライドすることができない場合は、[ホームボタン]と[電源ボタン]を同時に押し続けることで強制再起動をすることができます。, iPhone Xの場合、[音量(大)ボタン]を押してすぐ離し、その後[音量(小)ボタン]を押してすぐ離した後、電源ボタンを10秒ほど押し続けることで強制再起動が可能です。, iOSのバージョンアップや再起動でも解決しない場合はiTunesに接続し、リカバリーモードから初期化をしてみましょう。, 初期化をすると、当然ですがiPhoneは工場から出荷されたときと同じ状態になっています。, 初期化されたら初期設定画面に従い、設定を完了してタッチパネルが反応しないのが直っているかどうか確認してみてください。, 「iPhoneのリカバリーモードってなんだっけ?」という方は、こちらも併せて読んでおきましょう。, リカバリーモードでもタッチパネルが反応しない場合は、DFU復元を行うと良いでしょう。, 注意点としては、リカバリーモードはApple社が推奨している方法なのに対し、DFUモードに関しては非公式の方法です。, DFU復元を行う際は自己責任で行いましょう。 現在 iPhoneX を使っています!. . 今回はそんな、iPhone6sのタッチパネルが反応しなくなる不具合の原因と対処法についてご紹介します。 灰色のバーが現れてタッチスクリーンが反応しない. HOME » iPhone » iPhoneのタッチパネルが反応しないときの対処方法!たまに反応しなくても要注意!, iPhoneを使っていて「タッチパネルが反応しない」という経験はありませんか?仮に、たまに起こることであっても、不便なので気になることでしょう。 Apple正規店は日本国内に数が少ないため、iPhoneを修理したい人にとって近隣にある非正規店は、とても依頼しやすい場所なのです。しかし、非正規店に依頼して、「失敗した…」と感じている人がいるのも事実です。 iPhoneのタッチパネルがたまに反応しない! 静電気が原因のことも iPhoneに限らず、スマホのタッチパネルの多くは静電容量方式を採用している。 3.「3D Touch」を選択「3D Touch感度」のスライドバーを「弱い」に変更, 3D Touchの感度を弱にしておくと、軽いタッチでも3D Touchが反応するようになります。設定画面の画像をタップしながら感度を調節してみてください。, これまでご紹介してきた方法を試してみてもiPhoneのタッチ反応が改善されない、または反応がみられない場合には、タッチパネルの故障の可能性があります。意外と多いのが、液晶割れによるタッチ不良です。画面が割れていると、部分的にタッチパネルが反応しなくなることがあるのです。そもそも割れたまま使うのは、内部にダメージを広げてしまうことにもなりかねませんので、タッチ不良にかかわらず早めの対処が必要です。, また、画面には問題がないように見えても、これまでに落としたり水没したりしたことがあれば、内部にそのダメージが蓄積されて反応不良を起こしている場合もあります。また、バッテリーが劣化して内部で膨張している場合にも、画面を圧迫してタッチが反応しなくなることがありますので注意が必要です。, 特に、「たまにタッチが反応しないことがあったけれど、最近はさらに反応が悪くなった」という場合には、内部でダメージが進んでいる可能性が高いです。その場合、放っておくと全く使えなくなってしまうこともありますので、そうなる前に早めに点検や修理を依頼しましょう。, iPhoneのタッチパネルの故障でお困りなら、スマホスピタルへご相談ください。全国各地の店舗で持ち込み即日修理が可能です。, キャリアやApple Storeの修理の場合、本体は預かり修理になるため、手元に戻るまで時間が必要です。さらに、スムーズに修理を依頼するには事前に来店日時の予約も必要になりますし、修理時には初期化でデータが消されてしまうため、バックアップからの復元が必要になるなど、何かと手間がかかります。, スマホスピタルなら、予約なしでの店舗持ち込み修理に即日対応しています。また、故障している部分のみを修理しますので、初期化の必要がなく、原則データが消えることがありません(ただし、修理依頼前は念のためバックアップをお取りください), 修理を終えたiPhoneが手元に戻ったら、すぐに今まで通り使用することができて便利です。スマホスピタルなら正規店に相談する時間と同じ位の時間で、修理まで終わってしまいます。, iPhoneの修理はキャリアやAppleの補償期間を過ぎている場合、代金は高額になってしまいますが、スマホスピタルなら正規の修理金額と比べるとお手頃です。さらに、アプリ割を使用すれば、修理代金から2,000円の割引が受けられます。修理依頼の時点で、費用や修理にかかる時間もわかりますので安心です。また、修理後は3か月間の保証もついています。, iPhoneはタッチが正常に認識できなくなると大変不便です。タッチパネルの反応がおかしいときは、まず画面の清掃や調整を行ってタッチパネルの故障なのかどうかを判断してみましょう。タッチパネルは、故障すると反応しないだけならまだしも、予期しない誤動作を起こすこともあります。また、放っておくとデータにアクセスできなくなる可能性もありますので、タッチパネルがおかしいな、と感じたら早めに対処しましょう。, スマホの底面にある差し込み口は、充電などで頻繁にUSBケーブル(iPhoneの多くはLightningケーブル)を抜き差しします。しかし、次第に差込口がゆるんで、ケーブルをしっかり差し込めなくなるケースも少なくありません。 iPhoneのタッチパネルが、全く反応しない原因の一つに、ソフトウェアの問題というものが考えられます。 これは、ソフトウエアが何らかの原因によって、タッチパネルの動作に干渉し、挙動がおかしくなるのが原因とみられています。 「ポケットにiPhoneを入れていたら落ちて画面が割れてしまった」「手が滑ってiPhoneを地面に落として画面にひびが入った」など、落としてiPhoneの画面が割れてしまった人も多いと思います。画面が割れても使い続けてもよいのでしょうか。また、画面が割れて修理に出... 日本では多くの方が使用しているiPhoneですが、使っていくうちに調子が悪くなることがあるかと思います。自分の持っているiPhoneがどのような状態なのか、またトラブルが起きたときどのように対処するのか、などiPhoneの状態にまつわる記事をまとめています。ぜひお... iPhoneを作動させるためには、iOSが必要であり、これは簡単にいえばiPhoneを動作させるためのシステムといます。パソコンでいえばOSにあたるものであり、これがなければiPhoneは正常に作動しません。また、iOSは常に最新版がリリースされており、ひとつの機種でもア... iPhoneをリカバリーモードにする方法となってしまったときの解除法|初期化時の注... iPhoneユーザーの方は、iPhoneが動かなくなるなど何らかのトラブルを経験したことはありませんか?そのようなときに役立つのが、iPhoneのリカバリーモードです。本記事では、iPhoneをリカバリーモードにする方法や、リカバリーモードを解除する方法を解説しています... iPhoneが故障したとき、どのような対対処をすればいいのでしょうか。どこに修理に出せばいいのか、自分で修理できるのか、修理費用など気になる点がいくつもあります。本記事では、iPhoneが故障したときの修理方法に加え、症状別の対処法や、地域別のおすすめiPhone... iPhoneを買うタイミングはいつ?買い替え時期・安く買う方法・おすすめモデル解説!. 機種変更でバックアップを取る際、ちょっとしたミスでデータが消えてしまうことがあります。そんな事態を回避するために、データ移行前の準備や手順、バックアップデータの復元までを解説します。自宅にインターネットがない方、パソコンを持っていない方向けの方法... iPhoneのタッチパネルがたまに反応しない原因と対処法|おすすめ修理業者・費用まとめ | iPhone・iPad, iPhoneにピッタリのおすすめ格安SIMを比較|iPhone SEは利用可能?乗り換え方法も, WiMAXプロバイダ6社を比較した1番おすすめはこれ!料金・速度・注意点【2021年】, iPhoneのタッチパネルがたまに反応しない原因と対処法|おすすめ修理業者・費用まとめ. 今回は、自分でiPhoneの画面交換をする手順や注意点について紹介していきます。, 以前までは、iPhoneを修理できる店舗は、Apple正規店一択でした。しかし、最近では非正規店でiPhoneを修理してもらう人もたくさんいます。 iPhoneに使われているタッチパネルは、静電気を利用して動きを感知しています。 もし指先が乾燥して通電しない状態では反応しなくなります。 iPhoneのタッチパネルの画面が反応しなくなったときは、画面の汚れをきれいに拭き取り、再起動やタッチ調整機能、3DTouch機能を調整して見ましょう。それでも反応しないときはApple保証があれば正規店、なければ専門の修理店に出すしかありません。 iPhoneを機種変更したいと思った時、気になるのは価格とどのモデルを選べばいいかということです。どうせ買い換えるならなるべく安く、お得に機種変更したいですよね。本記事では、iPhoneの機種変更を考えている方に向けて、安く購入する方法機種の選び方をついてを... 最新iPhoneを購入したいけれど、せっかく購入するならお得に購入したいという方必見です。キャリア各社(ドコモ・au・ソフトバンク)でお得に購入する方法を紹介します。最新iPhoneのスペック・カメラ性能・価格・発売日もまとめているので参考にしてください。新型i... iPhone機種変更時のデータ引き継ぎ方法!クイックスタート・iTunes・iCloudの移行手順. iPhoneの画面を傷つけないための必須アイテムである保護シートですが、長い間使っていると一部が浮かび上がってしまったり、スマホと保護シートの間に埃が入ってしまい、タッチパネルがうまく反応しなくなることがあります。 Apple Care+に加入すれ、ば2年間が保証対象となります。, 先述の通り、こちらの無償交換の対象は外的損傷がないことが条件となります。 この記事では、【iPhone】タッチパネルが反応しない時の「電源オフ」方法について紹介しています。 iPhoneで何かしら不具合が出たときなどにはまず再起動するのがセオリーなのですが、タッチパネルが反応しない場合、電源ボタン長押しで「スライドで電源オフ」が出来ません。 目視で確認できる外部的な要因と、本体内部に問題がある内部的な要因について解説します。, iPhoneの画面割れや、指紋・皮脂などによる汚れを防ぐためのものが画面保護フィルムです。, 実は、保護フィルムが原因でタッチパネルが反応しにくくなっていることがあります。 タッチパネルが反応しなくなってしまった場合は、まず最初にソフトウェアの問題を疑ってみましょう。. iPhoneで何かしら不具合が出たときなどにはまず再起動するのがセオリーなのですが、タッチパネルが反応しない場合、電源ボタン長押しで「スライドで電源オフ」が出来ません。 iPhoneの画面をカバーしている保護シートに問題がないか確認する. 通電対策は指に吐息をかけてから操作. 非正規店に修理を依頼して失敗した事例を紹介しつつ、失敗しない非正規店の選び方について解説します。. iPhoneのタッチパネルがたまに反応しない! 静電気が原因のことも iPhoneに限らず、スマホのタッチパネルの多くは静電容量方式を採用している。 そこから段々と不具合が発生していくことが多いのです。, 使用しているiPhoneの状態が気になる方やトラブルが見受けられる方は、ぜひ以下の記事を読んでiPhoneの買い替えを検討してみてくださいね。, この項では、iPhoneのタッチパネルが反応しなくなったときに自分でできる具体的な修理方法についてお伝えします。, 少しでもタッチパネルが反応する場合は、[設定]→[一般]→[ソフトウェア・アップデート]で、iOSのバージョンが最新かどうかを確認しましょう。, 全く反応しない場合は、iTunesにつないでPC上で確認してみてください。 3.「タッチ調整」をオンにする, 「タッチ調整」の詳細は、下に続くメニューで設定します。画面に触れてタッチとして認識されるまでの時間を調整する「保持連続時間」、一定時間内の複数回タッチを1回のタッチと認識する「繰り返しを無視」する設定、タッチ開始位置、もしくは最後にタッチした位置をタップと認識する「タップ補助」の設定機能がありますので、必要に応じて調整してみましょう。, 中には、通常の動作では反応するものの、3D Touchの認識がうまくできないこともあるでしょう。3D Touchについても、アクセシビリティから感度の調整ができます。, 1.iPhoneの「設定」アプリを開き「一般」を選択 iPhoneのタッチパネルが反応しない原因とは. この場合の対処法は、強制終了して再起動してみることです。. こちらはiPhone 5で以前あったように、Apple社での無料交換の対象になる場合があります。, また、膨張したバッテリーは大変危険ですので、確認次第すぐにApple正規代理店へ持っていくことをおすすめします。, タッチパネルが反応しない内部要因としては、iOSというiPhoneのシステムに問題が発生していることが考えられます。, iOSとは、iPhoneのアプリ運用やプログラム操作を行っているシステムで、iPhoneの基盤となっている部分です。 まずはiPhone6sの画面上部を見てみてください。ここに灰色のバーが現れていないでしょうか? iPhone 11の画面の一部が反応しない場合の確認方法. iPhoneを使っていて「タッチパネルが反応しない」という経験はありませんか?. 反応しなくなった場所はアプリのメニューアイコンがある位置で、ここが使えないと相当不便です。 2.「アクセシビリティ」を選択し、「タッチ調整」を選択 タッチパネルが反応してくれない原因になります。 保護シートやガラスフィルムの影響 . iPhoneのタッチパネルは指の静電気に反応して作動します。 指が乾燥していると静電気が起こりずらくなり . iPhoneのタッチパネルの画面が反応しなくなったときは、画面の汚れをきれいに拭き取り、再起動やタッチ調整機能、3DTouch機能を調整して見ましょう。それでも反応しないときはApple保証があれば正規店、なければ専門の修理店に出すしかありません。 まさに今、私のiPhone5のタッチパネルが反応しなくなり、焦ってauショップに駆け込もうとしていました! その前にダメもとでネットを調べてみようと思い、このページにたどり着きました〜。 再起動のしかたとか全然知らなかったので勉強になりました! iphoneのタッチ操作ができない・・・ 画面の一部分だけが操作できない・・・ 画面下部のロック解除のスライドが出来ない・・・ キーボード入力が押せない・・・ 突然タッチパネル(画面操作)が反応しなくなった 事例も多くああるようです iPhoneのタッチパネルがたまに反応しないことがあるというレベルではなく、タッチパネルが一切反応せず一切のタッチ操作できないこともあります。 このようにタッチパネルが全く反応しない場合は、iPhoneのどこかしらが故障している可能性が高いです。 iPhoneのタッチパネルの一部(画面最下部のライン一帯)が反応しなくなり、OSのアップデートや端末の再起動など色々な方法を試してみましたが改善せず・・・. タッチパネルが反応しづらい原因と対処法とは. iPhoneの画面をカバーしている保護シートに問題がないか確認する. 再起動に成功したら、不要なデータやアプリを削除してストレージの空き容量を確保します。. iPhoneの画面を傷つけないための必須アイテムである保護シートですが、長い間使っていると一部が浮かび上がってしまったり、スマホと保護シートの間に埃が入ってしまい、タッチパネルがうまく反応しなくなることがあります。 タッチパネルが反応しない時に試してみること. All Rights Reserved. タッチパネルが反応しない時に試してみること. たまに反応しなくても要注意!. タッチパネルが反応してくれない原因になります。 保護シートやガラスフィルムの影響 . iPhoneの画面上にホコリや汚れなどがあると、タッチが正常に反応しなくなることがあります。. DFUモードによる復元の方法は以下の通りです。, そのほか、iPhoneが故障したときの対処法や、地域別のおすすめ修理店を紹介した記事もあるので、iPhoneを直したい方、iPhoneが故障したときのために備えたい方はご覧ください。, 対処法を試してもタッチパネルが反応しない場合は、iPhoneの修理業者に修理を依頼しましょう。, iPhoneのタッチパネルが反応しないならiCracked(アイクラックト)に修理を依頼しましょう, iCracked(アイクラックト)は、総務省の登録修理業者で、経験豊富な技術者が高品質のパーツを使用して修理する安心のサポート店です。 対処法を試してもタッチパネルが反応しない場合は、iPhoneの修理業者に修理を依頼しましょう。 iPhone修理専門業者に依頼する iCracked. まさに今、私のiPhone5のタッチパネルが反応しなくなり、焦ってauショップに駆け込もうとしていました! その前にダメもとでネットを調べてみようと思い、このページにたどり着きました〜。 再起動のしかたとか全然知らなかったので勉強になりました! iOS(iPhone / iPad)を使っていると、画面の反応が悪くなり、タッチパネルが正常に動作しないことがあります。そこで本記事では、タッチパネルが壊れて反応しないiPhoneを修理せず使う活用方法を紹介します。大きく下記2パートに分け AppleCare+に加入の場合は、iPhone 5以降の機種は一律11,800円で交換できます。, 加入していない場合ですと、機種によって値段が変わりますので、こちらをご確認ください。, iPhoneを買い換えるべきか悩んでいる方は、iPhoneに安く機種変更する方法や買い替えタイミングを解説した記事を参考にしてください。, もし、最新のiPhoneへの機種変更を検討している方なら、最新iPhoneのお得購入方法を紹介していた記事もありますので、ぜひご参考にしてください。, 突然起きるiPhoneのトラブルのために、普段からぜひやっていただきたいのがバックアップです。, WiFiにつないだ状態にしておけば、iCloudなどでバックアップが可能、iTunesに繋いでおけばパソコンにバックアップできます。, 修理をしてもまたいつ故障して修理が必要になるかわかりません。 「iPhoneのタッチパネルの反応が鈍くなった」「まったく反応しなくなった」と困っていませんか? タッチパネルが上手く反応しないと誤操作にも繋がって不便だし、全く反応してくれないとiPhoneで何もできなくなってしまうのでとても困りますよね。 iPhoneやipadのタッチパネルの反応がたまにしないときの原因は、画面に張っている保護ガラスや保護フィルムかもしれません。 タッチパネルは人間の指の静電気に反応していますが、保護ガラスや保護フィルムが静電気を邪魔してタッチの反応が悪くなることがあるのです。 iPhoneのタッチパネルが反応しない・動かない場合は、何らかの問題がiPhoneで発生しているということになります。本記事ではiPhoneのタッチパネルが反応しない・動かない場合の原因と対処法を詳しく解説していきます。 iPhoneのタッチパネルが反応しない、そんなときにしたいこと iPhoneの表面のガラスはタッチパネルになっていて、従来の物理キーよりも直感的な操作ができますが、「ちゃんと触れているのに反応しない…」と思うこともあるでしょう。 タッチパネルがたまに反応しないときに試すこと. 通電対策は指に吐息をかけてから操作. 今回は、なぜスマホの充電差し込み口がゆるんでしまうのか、原因と対処方法を紹介します。, 落としたり、ぶつけたりするなどしてiPhoneの画面が割れると操作が難儀するだけでなく、指を怪我する恐れがあります。また、画面が割れたまま放置をすると、いずれ故障するかもしれません。 画面にタッチしているのに、反応してくれないというのはとても不便です。この章ではそんなiPhoneのタッチパネルが反応しづらい状況に原因と対処法についてご紹介します。 画面上のゴミ、汚れ iPhoneのタッチパネルが反応しない? そんなときに試すべき5つの対処法. 反応しなくなった場所はアプリのメニューアイコンがある位置で、ここが使えないと相当不便です。 また、タッチパネル以外の故障になる場合もあります。, スマホ保険はiPhoneにかけられる保険で、画面割れや故障、水濡れしたときの修理代や、盗難紛失を補償してくれます。, スマホ保険に加入しておくことで、iPhoneが故障した際に安心して修理を依頼することができます。, また、紛失や盗難にも対応可能など、故障以外の理由に対応してくれるのもおすすめする理由の一つです。, iPhoneのタッチパネルが反応しない原因から、自分でできる具体的な対処法、おすすめの修理業者までご紹介しました。, © MarketEnterprise Co., Ltd. All rights reserved. タッチパネルが反応しないのは、使用環境が原因の場合もあれば、タッチパネルの故障が原因の場合もあります。. タッチパネルが反応しないのは、使用環境が原因の場合もあれば、タッチパネルの故障が原因の場合もあります。ここでは、iPhoneのタッチパネルが反応しないときの対処方法についてご紹介します。対処方法をすべて試してみて改善されないようであれば、故障ですので修理が必要になります。, iPhoneのタッチパネルが反応しないからといって、必ずしも故障しているというわけではありません。iPhoneは精密な機械ですので、故障していなくてもちょっとしたことで反応が悪くなることもあります。故障かどうかを見極めるためにも、まずは次のことを試してみてください。反応が戻る場合があります。, iPhoneの画面が皮脂などで汚れてしまうと、うまくタッチが反応しないことがあります。画面は直接タッチするため、指紋や手の汚れが付着してしまうことも多いです。ガラスに傷がつかないよう、柔らかい布やクリーニングクロスで拭いてみましょう。このとき、汚れが入り込んでしまわないように、ケースやフィルムは外しておいてください。また、誤作動防止のため、電源も落としておきましょう。画面が暗い方が皮脂汚れもよくわかります。, 清掃が終わったら、iPhoneを再起動してみてください。再起動後正常にタッチが認識されるようになれば、汚れが原因だったと考えて良いでしょう。iPhoneはいつもタッチして使うため、汚れやすいものです。定期的に清掃することをおすすめします。, 画面が汚れないようにする目的で保護フィルムを貼っている人も多いでしょう。しかし、フィルムは商品によってiPhoneと相性が良くない場合があります。また、フィルムが静電気を帯びていて、タッチを妨害している可能性もありますし、フィルムの傷や、フィルムと画面の間にホコリが入り込むことによっても反応が悪くなることがあります。タッチを確認するときは、必ず剥がした状態で判断しましょう。フィルムを剥がせば問題なくタッチが認識されるようなら、別のフィルムを選択してください。, iPhoneのタッチパネルは、人間の体内に流れる微弱な電流を感知して反応する静電容量式となっています。一般の手袋をしていると反応しないのもそのためです。, 静電容量式のタッチパネルでは、タッチする指が極端に乾燥していたり湿っていたりすると、タッチパネルが正常に動作しないことがあります。指が乾燥していると、電流が流れにくくなりタッチの反応が悪くなりますので乾燥には注意しておきましょう。また、逆に雨の日など通常よりも指や画面が湿っている場合も、反応が不安定になります。, タッチがうまく反応しないときは、ほかの人にタッチしてもらって反応するかどうかを確かめてみるとわかりやすいです。, iPhoneのタッチ感度は調整ができるようになっています。タッチの癖によっても反応が悪くなることがありますので、自分に合った調整を行うことで反応が改善されることがあります。設定の変更はアクセシビリティから行います。, 1.iPhoneの「設定」アプリを開き「一般」を選択 スマートフォンは、現代の生活ではなくてはならないものになってきています。 iPhone 11/XR/XS/Xでチャットしたり、ゲームしたりする時に、タッチパネルが反応しない場合がありますか?どう触っても動きが鈍くて、イライラしてしまいます。そういう場合はどうしますか?次のページはiPhone 11/XR/XS/Xのタッチパネルが反応しない場合の対処法をご紹介します。 iPhoneは全面が液晶画面で、文字入力やネットサーフィンなどすべての作業を指でタッチして操作します。しかし、iPhoneを使用しているとまれにタッチパネルが反応しない、動作がおかしくなる時があるようです。誤作動すると勝手にアプリを開いてし iPhoneの画面が壊れ、またはタッチパネルが反応しなくなると、パスコードを入力できなくなった場合は、どうやってiPhoneの画面ロック解除しますか?この文章は、iPhoneのタッチパネルが反応しない時に画面ロックを確実に解除できる方法を3つご紹介します。 その中でも圧倒的なシェアを誇るのがiPhoneです。, いきなりiPhoneの「タッチパネルが反応しなくなった」「画面が動かなくなった」なんてことになれば不安になるでしょう。, 本記事では、iPhoneのタッチパネルが反応しなくなってしまう原因とその対処法についてご紹介します。, タッチパネルが反応しなくなる原因はいくつかあります。 iPhoneのタッチパネルが反応しない、そんなときにしたいこと iPhoneの表面のガラスはタッチパネルになっていて、従来の物理キーよりも直感的な操作ができますが、「ちゃんと触れているのに反応しない…」と思うこともあるでしょう。 iPhoneは全面が液晶画面で、文字入力やネットサーフィンなどすべての作業を指でタッチして操作します。しかし、iPhoneを使用しているとまれにタッチパネルが反応しない、動作がおかしくなる時があるようです。誤作動すると勝手にアプリを開いてし iPhoneのタッチパネルの一部(画面最下部のライン一帯)が反応しなくなり、OSのアップデートや端末の再起動など色々な方法を試してみましたが改善せず・・・. 画面にタッチしているのに、反応してくれないというのはとても不便です。この章ではそんなiPhoneのタッチパネルが反応しづらい状況に原因と対処法についてご紹介します。 画面上のゴミ、汚れ iPhone 11の電源を一度入れ直してみよう; iPhone 11の画面に貼っている保護シートの劣化がないか? iPhone 11が上記で改善されない場合にはタッチパネルセンサーの故障の可能性が高い 仮に、たまに起こることであっても、不便なので気になることでしょう。. iPhoneのタッチパネルが反応しない時の対処方法. iphoneのタッチ操作ができない・・・ 画面の一部分だけが操作できない・・・ 画面下部のロック解除のスライドが出来ない・・・ キーボード入力が押せない・・・ 突然タッチパネル(画面操作)が反応しなくなった 事例も多くああるようです どうも、フォネットです!iPhoneの画面をタッチしていると、「あれ、タッチパネルが全然、反応しなくなった…」ということ、ありませんか?しかも、あまりに長いと「故障かな・・・」と疑ったりして、心臓に悪かったりしますよね^^;そういった時に、 万が一、iCrackedの修理パーツで初期不良が生じた場合も90日間の保証期間を設けています。, また、iCracked Storeでは対面カウンターで修理を行っており、お客様はその全行程を目の前で見ることができるので、プライバシーの詰まった端末を預けることに抵抗がある方におすすめです。, もし落として画面を割ってしまっても即日修理が可能なiCracked Storeへ予約をしてから来店すれば、通常待ち時間もゼロで案内される点も魅力です。, iPhoneのタッチパネルをとにかくすぐ修理をしたいという方には、アイサポでの修理がおすすめです。, 修理は即日可能で、持ち込みであれば10分~30分と、とにかく早く修理を終わらせてくれることで評判です。, また、長年経験を積んだプロが修理を行っていますので、技術力の高さにも定評があります。, iPhoneの製造・販売を行うAppleStoreはもちろん、ヨドバシカメラやカメラのキタムラなどにもAppleの正規サービスプロバイダがあります。, 正規サービスプロバイダは基本的に本体交換という方法をとっていて、「iPhoneの保障期間内であること」「外的損傷がないこと」を満たしていれば無償で交換してもらえます。, しかし、本体交換なので、バックアップをとっていないとデータが消えてしまうので注意してください。, iPhoneの保証期間は通常であれば購入から1年間。 Copyright © スマホスピタルマガジン. 最近のiPhoneは防水となっていますが、以前は防水ではなかったので全体を強固に覆ってくれる防水機能の高いカバーなどを利用されている人も多かったです。 反応が鈍くなったときの対応策は? ―― 冬場にタッチパネルが反応しにくくなることには理由があるんですね。 対応策はないのでしょうか? 尾笹「対応策としては、①指の乾燥を改善させる。②スマホの画面を「オフ・オン」する。 iPhoneのタッチパネルが反応しなくなる原因は幾つか考えられるため、その数だけ対処法があります。ここでは、代表的な5つの対処法を紹介します。 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの 無断複写・転載・公衆送信等を禁じます, iPhoneのタッチパネルが反応しない原因と対処法、おすすめの修理業者をまとめました。落下してタッチパネルが反応しない、パスコードが入力できずロック解除できない等のiPhoneのタッチパネル不良の原因と、再起動といった簡単にできる対処法をご紹介。バックアップの取り方もお伝えします。. iPhoneのタッチパネルが反応しない8つの原因と5つの対処法を解説!タッチパネルが反応しない状態から復活させるには?最悪修理になった場合いくらかかるの?保証は適用できるの?タッチパネルが反応しない修理にかかる時間は?などお悩みの問題を解決していきます。